Vgdkb4udq633xznivsip

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄のプールはいつまで?おすすめプール10選【2018年度版】

2018.09.18

沖縄は1年を通して快適に過ごすことができる場所です。夏場にはプールが人気で沖縄県内にはたくさんのプールがあります。ホテル内のプールや県民プール、スライダーがあるプールなどさまざまな種類があります。ここでは、沖縄のおすすめプールをご紹介します。

  1. 沖縄のプールはいつまで?
  2. 沖縄のおすすめプール1:リザンシーパークホテル谷茶ベイ
  3. 沖縄のおすすめプール2:ルネッサンスリゾートオキナワ
  4. 沖縄のおすすめプール3:ホテルモントレ沖縄
  5. 沖縄のおすすめプール4:糸満市体育施設西崎プール
  6. 沖縄のおすすめプール5:シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  7. 沖縄のおすすめプール6:北谷公園水泳プール
  8. 沖縄のおすすめプール7:嘉手納町兼久海浜公園ウォーターガーデン
  9. 沖縄のおすすめプール8:オキナワ マリオット リゾート&スパ
  10. 沖縄のおすすめプール9:ロイヤルホテル 沖縄残波岬
  11. 沖縄のおすすめプール10:ホテル日航アリビラ
  12. まとめ
沖縄は、日本の他の地域に比べて暖かい気候であることは有名ですが、海開きが3月頃にある地域もあるのはご存知でしょうか?プールも沖縄ではだいた3月終わりから4月頭にオープンするところが多く、しまるのは10月終わりのところが多く、冬には閉館している場所が多くなります。他の地域に比べると長く遊ぶことができるのも沖縄の魅力です。ここでは、沖縄でおすすめのプールをご紹介します。
リザンシーパークホテル谷茶ベイでは、4月から10月の間に屋外プールが解放されます。宿泊者は無料で、宿泊者以外でも大人1000円とリーズナブルな価格で楽しめるのがおすすめのポイントです。さらに7月から9月の間は18時からナイトプールも営業していて、光る浮き輪やピカピカボールなどを有料レンタルすることもできます。
さらに、室内プールは温水プールになっていて冬でも泳ぐことができます。子供が遊べる道具からタオルやラッシュガードもレンタルできるため手ぶらで行っても楽しむことができるのも魅力です。さらに、夏にはビーチの上でジャンボスライダーを楽しむことができるイベントもあるため、プールだけでなく海も楽しみたい人にはおすすめです。
キッズスペースもあるため子供連れの旅行にも最適です。料金がリーズナブルなので宿泊せずに利用できるのも高いポイントです。
ルネッサンスリゾートオキナワでは、大型日除けを設置しているため、日焼けを気にする女性にもおすすめのプールです。ホテル宿泊者なら無料で楽しむことができるのも魅力です。さらに、ルネッサンスリゾートオキナワのプールは冬も営業していて1年中楽しむことができるのも魅力です。冬を含む10月から6月は17時までの営業と時間が少し短くなりますが、プールに入れるのはとても嬉しいポイントです。
屋外にも室内にも5mのウォータースライダーが設置されているため子供から大人まで楽しむことができます。さらに、室内には15mのループスライダーがあり、とても人気です。ホテル宿泊者以外は3240円の施設利用料が必要です。
ホテルモントレ沖縄のプールは、宿泊者は無料ですが宿泊者以外は5000円の利用料が必要です。しかし、海のような波を体感できるウェイブプールを楽しむことができます。さらに、メインプールは話題のインフィニティプールになっているため女子旅にもおすすめです。
さらに、4mほどのキッズ用スライダーがあるため子供も楽しむことができるのも嬉しいポイントです。そして、バブルヒルプールも子供におすすめの柔らか素材でできたドーム型滑り台です。転んでも痛くないので安心して遊ぶことができます。
室内プールは別料金ですが、滑り台付きのキッズプールがあります。さらに天然温泉に入ることができたりサウナやジムも完備されているためゆっくり楽しみたい人は室内プールがおすすめです。
糸満市体育施設西崎プールは、県外利用者は大人750円というとてもリーズナブルな料金で楽しむことができるプールです。施設はとても広く、室内プールは冬も利用することができます。さらに、10回分の値段で11回使える回数券や1ヶ月通える定期券もあるため、ダイエットや運動目的で通いたい人にも人気があります。
屋外プールは5月から9月までの営業と他のプールに比べて少し短くはなりますが、ウォータースライダーも2基あり、70mの大きなスライダーなので大人も楽しむことができます。
シェラトン沖縄サンマリーナリゾートでは、屋外プールと室内プールがあります。ホテルの宿泊者であれば屋外プールは無料で利用できます。ホテルに宿泊していない場合は大人5400円のリゾートパスが必要になるため少し高いですが、屋外プールでは2種類のウォータースライダーを楽しむことができます。ウォータースライダーの大きさは県内最大級です。
室内にあるプールでは、ジェット噴流バスや30cmのキッズプールもあるため家族連れでも楽しむことができるのでおすすめです。屋外プールにも30cmのキッズプールが用意されています。ウォータースライダーは年齢制限があるので安心です。
北谷公園水泳プールは、子供連れや、しっかり泳ぎたいにおすすめのプールです。北谷町外の大人なら400円で利用することができ、滑り台付きのプールと50mプールが完備されています。50mプールはコース分けされているため、ウォーキングする人、しっかり泳ぎたい人、家族で遊びたい人がそれぞれ楽しめるのも魅力の一つです。
プールサイドでは飲食可能、プール内でも水着を着ていればTシャツが着用できる、フィンやシュノーケルの利用可能などルールが少し緩めなのでしっかりマナーを守れる人なら楽しく遊ぶことができます。追加料金でレーンの貸切もできるため、人に迷惑をかけずに楽しみたい人にはとてもおすすめです。
嘉手納町兼久海浜公園ウォーターガーデンは町内の人なら無料、町外の人でも大人200円で利用することができる素晴らしいプールです。幼児の料金は300円と大人より高い料金になっています。嘉手納町兼久海浜公園ウォーターガーデンは、町内の子供たちが水に触れながら体力向上や健康づくりを目的に作られた施設なので子供連れの家族におすすめのプールです。
オキナワ マリオット リゾート&スパのプールは、全長170mの沖縄最大級のプールです。47.5mのウォータースライダーや子供用ぷーるもあり、大人から子供まで楽しむことができます。ウォータースライダーは身長制限がありますが、ウォータースライダーを利用できない子供には滑り台が用意されているため安心です。
プールは、宿泊者は無料ですが、宿泊者以外でも有料で利用することができます。さらに期間限定でプールサイドバーがオープンするので女子旅にもおすすめです。
ロイヤルホテル 沖縄残波岬のプールは宿泊者以外でも大人1500円というリーズナブルな価格で利用できるのが魅力です。さらに7月終わりごろから8月末まではナイトプールも営業しています。子供用プールもあるため、大人も子供も楽しむことができます。
ホテル日航アリビラのガーデンプールは宿泊者専用ですが30cmの浅いプールもあるため子供連れの家族におすすめです。冬の時期は営業時間が短くなりますが、冬でもプールを利用することができます。プールのタオルも貸し出ししてくれるため安心です。夕方には美しい景色を見ることもできます。
沖縄のおすすめプールをご紹介してきました。沖縄には、ホテル内の豪華なプールや、県民プール、冬でも楽しめる室内プールなどさまざまなプールがあります。大人から子供まで楽しめる場所が多いためぜひ沖縄のプールに遊びに行ってみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/QWJ39062Dpc