Tta9e1gfylng9bscups4

カメルーン

CATEGORY | カメルーン

カメルーンの治安は?旅行前にチェック!【2018年度版】

2018.09.18

アフリカ中部に位置するカメルーン。サッカーで有名な国ですが、果たして治安の実情はどうなんでしょうか。海外旅行の際に一番に気になるのは現地の治安ですよね。今回は、カメルーンで安全な観光旅行をするために知りたい治安状況についてご紹介いたします。

  1. 【カメルーンの治安を知る前に】外務省による海外安全ホームページ
  2. 【カメルーンの治安を知る前に】外務省による危険レベル1〜4
  3. カメルーンの治安の実態
  4. 現地滞在時の安全対策と注意事項
  5. カメルーンの治安まとめ
引用: https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/303/019/medium/IMG_1449.JPG?1497317194
外務省による「海外安全ホームページ」では、現地の治安情勢や感染症などの安全情報を国または地域ごとに危険レベル1〜4に分けて発信しています。この情報は現地の状況によって変動する場合があるため、渡航前にその都度チェックし現地の情勢を把握しておきましょう。
引用: https://www.anzen.mofa.go.jp/info/image/hanrei_s.gif

レベル1:十分注意してください

レベル1に該当する地域・国へ観光旅行などで渡航する場合、滞在時の安全対策を徹底するように促す注意喚起です。地図上では黄色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル2:不要不急の渡航はやめてください

レベル2に該当する地域・国への渡航は禁止されていませんが、特別な理由がない限りは渡航を控えるように促す注意喚起です。観光を目的とした渡航は控えた方が無難でしょう。地図上では山吹色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル3:渡航禁止勧告

レベル3に該当する地域・国への渡航を禁止するように呼びかけた勧告です。現地滞在中の日本人は別の地域への退避を余儀なくされる可能性があります。地図上ではオレンジ色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル4:退避勧告

レベル4に該当する地域・国に滞在中の日本人に対して別の地域への退避を呼びかける勧告です。危険な地域であるため渡航は以ての外です。地図上では赤色に塗られた地域がこれに該当します。
引用: https://www.anzen.mofa.go.jp/attached2_master/2018T044/2018T044_1_Detail.png
上の画像は2018年9月の時点で外務省が発信しているカメルーンの安全情報です。極北州全域にレベル4、北部州のチャド・ナイジェリアと国境を接する周辺地域、中央アフリカと国境を接する周辺地域ではレベル3が発令されていますので、この地域へは立ち入らないようにしましょう。
引用: https://skyticket.jp/guide/wp-content/uploads/3132756967_8422133b4a_z-e1488335734772.jpg
西部のナイジェリアとの国境周辺地域と、レベル3に該当しない北部州の中心部あたりはレベル2が発令されていますので、観光旅行での渡航はやめましょう。首都ヤウンデなどを含むそのほかの地域は全域でレベル1が発令されており、滞在の際は十分な安全対策が必要です。
引用: https://public.potaufeu.asahi.com/d573-p/picture/12527235/ceb6b60a9e93f67bfaef4b6d1dec5d31.jpg
極北州などのレベル3〜4に該当する地域では、イスラム過激派組織による大規模テロが多発しているため絶対に近寄らないでください。
引用: https://pictogram-illustration.com/material/251-pictogram-illustration.jpg
旅行客が多く訪れる地域では、強盗・窃盗・殺人などの一般犯罪が発生しており、特に首都ヤウンデなどの都市部では旅行客をターゲットとした強盗が多発しています。空港・レストラン・ホテル・街中などの人が多く集まる場所では特に注意しましょう。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/11/32/29/src_11322986.jpg?updated_at=1530745213
また、空港から都市部へのアクセスなどでは乗合のタクシーは極力避け、貸切タクシーを利用するようにしましょう。乗合タクシーで一緒に乗った乗客から強盗を受ける被害も多々あるためです。
引用: http://farm1.static.flickr.com/211/505464841_bd46bea04c.jpg
基本的な防犯対策として、外出の際は最低限の手荷物に抑え多額な現金を持ち歩かないようにしましょう。また、空港や都市部・市場などの人混みでは貴重品バッグの管理に気をつけましょう。人通りの少ない道を歩いたり、夜間に外出したりする行為は絶対にやめてください。
引用: https://taptrip.jp/system/App/Blog/thumbnails/000/010/676/large/906bb10d316237ef91853af7ff4efdf1.jpg
今回はカメルーンの治安状況についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。全土を通して、治安が安定しているとは決して言えない国ですので、滞在時の安全対策を徹底して楽しい旅行にしてくださいね。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1a/d9/cdeabaf7973422b6b8ad7bb313f9888d.jpg
特に、空港・街中・市場などの人が多く集まる場所や、ホテル・レストランなどの旅行客が集まる場所はテロやひったくりの狙い目となりますので、細心の注意を払って行動するように心がけてください。「日本とは違う」といった意識が自身の身を守ることにつながりますので、最後までくれぐれも油断を解かないように気をつけましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://skyticket.jp/guide/wp-content/uploads/3132756967_8422133b4a_z-e1488335734772.jpg