Aq0z80yjn6oa1bucgfuq

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄の安いシーズンは?【2018年度版】~海・台風情報まで~

2018.09.18

沖縄に行くのに安いシーズンを考える時、オフシーズンである冬や平日を思い浮かべますが、海を楽しむことを考えるとやはり7月8月の真夏、そして9月10月の初秋の時期も外せません。今回は安い時期と9月10月の沖縄旅行のリスク、泳げる時期についてお話したいと思います。

  1. 沖縄旅行に行くのに安い時期は?海を楽しむ為に台風シーズンを要チェック!1・9月10月の旅行、台風リスクはある?
  2. 沖縄旅行に行くのに安い時期は?海を楽しむ為に台風シーズンを要チェック!2・冬の沖縄
  3. 沖縄旅行に行くのに安い時期は?海を楽しむ為に台風シーズンを要チェック!3・泳げるのはいつからいつまで?
  4. 沖縄旅行に行くのに安い時期は?海を楽しむ為に台風シーズンを要チェック!4・台風シーズンに旅をする!
  5. まとめ
9月10月に沖縄旅行を計画する際「台風がきたらどうしよう?」と考える方は多いと思います。通常旅行を予約する際は会社や学校の休み、飛行機の空き状況なども考えて数か月から遅くとも数週間前に予約するのが普通ですから、その時点では当日の天気予報は神のみぞ知る、という感じですよね。できるだけ台風のリスクを減らして夏の沖縄を楽しみたい!となったらどうすればよいでしょうか?
最近は異常気象が続き、一概には言えませんが一般的に言って台風が多いのは7月末から9月末までです。そこで筆者がおすすめするのは、沖縄の梅雨があける6月末から7月上旬の半月くらいの間です!この時期は雨も少なく、キラキラの海が楽しめる絶好の旅行シーズンなのですが、実はまだ学校が夏休みに入っていないので旅行代金は超ピークではないんです。基本的に旅行代金が高くなるのは7月の海の日あたりから8月31日までと考えると良いでしょう。
その時期が難しいとなると、次は10月の上旬あたりがまだギリギリ海も楽しめる時期ではありますが、風向きによっては薄手のウエットなどを着用した方が良いかもしれません。
旅行代金だけを考えると、冬の沖縄旅行も外せません。沖縄とはいえ四季がありますので、真冬にビーチで泳ぐことはできませんが、リゾートホテルの中には屋内プールがあるところも多いのでそういったホテルを予約すれば真冬の沖縄でもリゾート気分を楽しむことが出来ます。
年末年始、連休を除けば真冬の沖縄は比較的旅行代金も安く抑えられますので、割り切って冬ならではの沖縄の楽しみを探すのも楽しいです。真冬でも気温は20度くらいはありますので、小春日和の中、夏には暑くてフウフウ言ってしまう首里城などの観光が快適に出来ます。なにより冬の沖縄で大人気なのはホエールウオッチング!慶良間周辺で冬に見られることが多いクジラを観察してみませんか?
3月には海開きがあり、10月上旬までは泳げるとされている沖縄ですが、実際に3月4月、そして10月は海から上がると外気温がそこまで高くはないので若干寒いと感じると思います。暑い外気温にひんやりとした海水!という季節が6月から9月まで、ウエットスーツなどで寒さ対策をすれば十分に泳げてビーチリゾートが楽しめる季節が4月~5月、10月上旬までと考えると良いと思います。
ゴールデンウイークを除けば、5月も天気が良く旅行代金が安い時期ですので海がメインでなければおすすめの旅行シーズンです。
どうしても会社の休みが取れない!夏休み時期しか子供の休みがない!という方も多いと思います。実際に筆者も子供が小学校に入ってからは長期休みしか旅行に行けませんので、ハイシーズンの旅行を仕方なくしています。でも沖縄のハイシーズンはそのまま台風のハイシーズンともなり、かなりリスクがあるような気がしてどうしても予約をためらってしまうんですよね。
台風が怖い!でも8月しか休みがとれない!そんな時。もう、台風の心配に関しては諦めて最悪屋内だけでも楽しめるホテルを押さえておきます。 子供向けの室内アクティビティが多いホテルや、館内にミニ水族館がある、動物がいる、宝探しが出来る、室内スイミングプールが充実している、など、探せば比較的沢山出てきます。 台風が来てしまうと最悪なのが、貸し別荘のような一棟貸しのコンドミニアム系です。実は大昔ですが、こういったスタイルのキッチン付きの貸し別荘を予約していて、台風で閉じ込められてしまった経験があります。キッチン付きなので自炊だったのですが、とにかく材料も買いに行けないしビールと缶詰とお菓子だけで食いつなぐという大変な目にあいました。当時は子供がいなかったので、ビールとお菓子があれば台風も笑い話になりましたが、ファミリー旅行では避けたいシチュエーションだと思います。
いかがでしたか?台風のリスクがある沖縄旅行ですが、やはりキラキラの海は諦めたくないですよね。比較的長く海が楽しめる沖縄ならではの気候を利用して楽しいビーチリゾートをお楽しみくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BbVyeGAHJ4b/?hl=ja&tagged=%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%A9