L5tnutcqth2eznbpj3qv

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

【最新版】ニューヨークの街並みの特徴は?観光での街並みの楽しみ方をご紹介

2019.09.13

ニューヨークの街並みは、エリアによってさまざまな特徴があり、歩くだけで観光を楽しむことができます。ここでは、ニューヨークならではの高級な街並みはもちろん、綺麗な夜景や歴史的な背景のある街などニューヨークの特徴ある街並みの楽しみ方をエリアごとにご紹介します。

この記事に登場する専門家

Qjqs3qaggt7h9h870rb3

Webライター

happyyazu

マレーシアに住んで9年目を迎えます。マレーシアを拠点として東南アジア諸国を始め、世界各地を旅行するのが趣味です。旅行先では、あえて目的地を決めずに街歩きをするのが好きで、街歩きをしながら小さな発見をするのを楽しみにしています。そんな発見を元にした情報をお届けできれば嬉しく思います。

  1. ニューヨークは特徴のある街並みで観光におすすめ
  2. ニューヨークの街並みの特徴1:アッパーイーストサイド
  3. ニューヨークの街並みの特徴2:ハーレム
  4. ニューヨークの街並みの特徴3:ブルックリン
  5. ニューヨークの街並みの特徴4:マンハッタン
  6. ニューヨークの街並みの特徴5:セントラルパーク周辺の博物館
  7. ニューヨークの街並みの特徴6:ティファニー店とその周辺
  8. ニューヨークの街並みの特徴7:グランド・セントラル・ターミナル
  9. ニューヨークの街並みの特徴8:自由の女神
  10. ニューヨークらしい街並みを楽しもう!

ニューヨークは、ハーレムやロウアーマンハッタン、ソーホーなどエリアごとにさまざまな特徴があり、街歩きをするだけで楽しむことができます。ここでは、観光にもおすすめのニューヨークの魅力をエリア別にわけてご紹介します。

アッパーイーストサイドは、ゴシップガールの舞台にもなった高級住宅街です。ここにくれば、セレブな雰囲気を味わうことができるおすすめの観光スポットです。

中でも、セリーナとチャックが住んでいた設定のパレスホテルは、今でもゴシップガールファンが訪れる観光名所となっています。

ハーレムは、アフリカンアメリカンと呼ばれる黒人のコミュニティが広がる特徴的なエリアです。過去には治安が悪いと言われていたこともありますが、最近では雰囲気も変わり、ニューヨークの人気観光スポットになっています。その中でもゴスペル鑑賞は日本人にもとても人気があり、毎週日曜日には多くの人が協会に訪れています。

アートも多く、街歩きをするだけで楽しむことができるハーレムは、地下鉄で気軽に遊びに行くことができます。地下鉄の125丁目で降りればすぐにハーレムの雰囲気を味わうことができます。

ブルックリンは、マンハッタンからブルックリンブリッジを渡ったエリアで、今マンハッタンよりもおしゃれな街として人気が出ている街です。ブルックリンブリッジは徒歩で渡ることができ、最寄り駅から散歩がてら歩く人も多く見かけます。

ニューヨークと言えばマンハッタンをさすほど有名な場所で、観光スポットがたくさんあるエリアです。マンハッタンの中はさまざまなエリアに分けられていますが、マンハッタンの人気観光スポットは日本人にもとても人気があります。その中でも一番おすすめなのがやはり夜景です。トップオブザロックやエンパイアステートビルには展望台があり、マンハッタンを一望することができます。

大都会のマンハッタンで自然を味わうことができるのがセントラルパークです。芝生の上に寝転がることもできるセントラルパークはニューヨーカーたちが思い思いの楽しみ方をしています。旅行中であっても、本を読んだり昼寝をしたり日常的にできることを楽しんでみてください。

Uic8n8pwwmr8okrxpvrp

セントラルパーク周辺にはたくさんの博物館があります。世界的に貴重な資料が数多く収められているので、博物館巡りをするのも楽しみの1つです。


また博物館を始め、セントラルパーク周辺にはホットドックやチュロスが売っている移動販売が並んでいて地元の人が気軽にランチを楽しんでいます。


ニューヨークに来たら一度は本場のチュロスやホットドックを食べてみたい!と憧れている方も多いのではないでしょうか。


移動販売者でホットドックなどを購入し、博物館の石畳に座ってランチを楽しむことができます。博物館の中を見学する時間がないという人でも博物館の外観を楽しめますし、気分はニューヨーカです!

Pmtoavsjnaxauifw547t

ニューヨークの街並みの特徴の1つはリスを見かけることです。大都会のニューヨークをチョロチョロ走っているリスを特にセントラルパーク周辺の街並みでよく見かけました。


セントラルパークがとてつもなく壮大で大きいので、野生のリスも生息しやすいのでしょうか?


私たちが、アメリカ自然史博物館でホットドックを食べていた時、ふと気づいたらリスが人間を恐れる様子もなくその辺を走り回っていました。大都会のニューヨークでホッとする光景です。

Iucp9behddvpshufob9m

先ほどご紹介したマンハッタンの中でも特に街歩きを楽しみたい場所はティファニー本店の周辺です。オードリヘップバーンの代表作の1つ「ティファニーで朝食を」でも有名なティファニーの建物。


今でも愛され続けるこの映画にまつわる建物を一目見たいという人も多く、この「TIFFANY&CO.」の看板の横で記念写真を撮る観光客もいます。

Bqcprl17eoi7m4ctjgwh

とても大きく堂々としたレトロな建物が印象的です。この周辺はティファニーだけでなく「コーチ」や「ルイヴィドン」「トランプ・タワー」もあり見応え十分の場所です。


レトロな建物が立ち並び、石だたみの道路が続いていて周辺の街並みがとてもおしゃれです。壮大な建物が続いているので、目的地を設定せずぶらぶらと歩くのにも最適です。ニューヨークに行ったら是非散歩してみたい街並みです。

ティファニー本店のアクセス情報

住所:727 5th Ave, New York,NY 10022

電話:212-755-8000

Onzpnay90dkioszflysk

ニューヨークらしい場所として忘れたくないのはグランドセントラル駅です。1913年に設立された駅は100年以上経った今でも現役で、ニューヨーク市民に毎日利用されています。交通手段として欠かせない場所です。


駅の規模も大きいのですが、グランドセントラル駅の魅力はなんと行ってもその建物の壮大さです。


天井に星座の絵画が描かれていたり、あちこちに綺麗な装飾が施されていたりと、駅というより美術館に来ているような気分になります。


実際に公共の乗り物に乗る予定がない人でも、観光スポットとして訪れるのにおすすめの場所です。ニューヨーカーたちはこんな素晴らしい駅を利用しているのかと、うらやましくなりそうです。

グランドセントラル駅のアクセス情報

場所:89 E 42nd St, New York, NY 10017 アメリカ合衆国

ニューヨークと言えば自由の女神というほど人気のある観光スポットです。自由の女神のあるリバティー島へ行くには、チケットを購入した後空港と同じような厳しいセキュリティーチェックを受けてやっと船に乗ることができます。

自由の女神は、台座までは簡単に入ることができますが、ぜひおすすめしたいのが自由の女神の冠部分までのぼることです。冠部分には3か月ほど前からチケットを予約しないと中に入ることはできません。自由の女神の冠部分の中は螺旋階段になっていて、一人ずつしかのぼることしかできません。そのため1日に登れる人数が限られています。

旅行日程が決まったら一番に自由の女神の冠部分にのぼるチケットを予約してほしいおすすめの観光スポットです。さらに、自由の女神を遠くから見るのもおすすめです。遠くから見るためには、スタテン島行きの無料フェリーがおすすめです。サンセットの時間に合わせて行けば美しい景色を見ることができます。

ニューヨークの特徴ある街並みを、エリアごとに分けてご紹介してきました。ニューヨーク観光は街歩きするだけで楽しむことができるため、いろいろなエリアを歩いてみてください。場所によってそれぞれの特徴がある街並みでいろいろな写真を撮ってみてください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/9zQkRU9IsDk