Tnfel0ydj9f2b34rw6ht

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄の人気グラスボート7選【2018年度版】~子供も楽しめる~

2018.09.30

沖縄旅行では人気のアクティビティを楽しみたいですよね。3世代での旅行など、家族みんなで子供も楽しめるグラスボートがおすすめです。ブセナ海中公園や那覇からのツアーなど、今回は季節も関係なく沖縄の海中風景が楽しめるグラスボートについてお話したいと思います!

  1. 沖縄旅行の楽しみ方
  2. グラスボートや体験ダイビング!ビーチアクティビティの選び方
  3. 沖縄で子供に人気のグラスボートを楽しみたい!那覇発のツアーからブセナテラスまでご紹介1・ブセナ海中公園
  4. 沖縄で子供に人気のグラスボートを楽しみたい!那覇発のツアーからブセナテラスまでご紹介2・新原ビーチ
  5. 沖縄で子供に人気のグラスボートを楽しみたい!那覇発のツアーからブセナテラスまでご紹介3・川平湾(石垣島)
  6. 沖縄で子供に人気のグラスボートを楽しみたい!那覇発のツアーからブセナテラスまでご紹介4・マリンショップマーメイド
  7. 沖縄で子供に人気のグラスボートを楽しみたい!那覇発のツアーからブセナテラスまでご紹介5・シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  8. 沖縄で子供に人気のグラスボートを楽しみたい!那覇発のツアーからブセナテラスまでご紹介6・オルカ号
  9. 沖縄で子供に人気のグラスボートを楽しみたい!那覇発のツアーからブセナテラスまでご紹介7・ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
  10. まとめ
家族で沖縄を旅行するとき、やはり重要なのは飛行機の時間とホテル選びだと思います。特に小さいお子さんが一緒の場合は、無理のない時間帯、できればお昼頃の飛行機にして子供の機嫌が悪くならないように工夫する、ホテルも赤ちゃん連れであれば一棟貸しの別荘やヴィラなど周囲の音が気にならずに過ごすことが出来るでしょう。
もしも子供が4歳以上くらいであれば、やはり沢山のアクティビティを提供してくれる大型リゾートホテルの方が、親も楽ですし子供も思い切り楽しめるのでおすすめです。
また、移動手段はレンタカーが便利!レンタカーで時間に縛られることなく水族館にビーチにドライブに、と家族での沖縄旅行を思い切り楽しんでくださいね。
ホテルによって、提供しているビーチアクティビティは様々です。もしもやりたいアクティビティが決まっていれば、ホテルの予約前に必ずメニューを調べておきましょう。大概のホテルはホームページに詳細な料金まで掲載しているはずです。
また、自分のご両親と子供、という3世代で沖縄旅行に行く場合、旅のアレンジを丸々任されてしまう場合も多いはずです。親は「よく分からないから任せる」と言うけれど・・・実際に何を予約していいのか迷いますよね。ポイントは自分の親と子供の年齢でしょう。赤ちゃんと70代の親であれば、全員で参加するものとして考えると体験ダイビングなどはまず無理で、グラスボートや離島ピクニック、フィッシングなどが向いているかもしれません。グラスボートはホテルのツアーにある場合もありますし、ホテルからの送迎で別の施設にあるマリンセンターなどで行うことも多いようです。
30分で終わるアクティビティも多いですし、アイランドホッピングなど半日かかるものもありますので、家族の希望とスケジュールを見て考えると良いですね。
またグラスボートやボートフィッシングなど、船にのるアクティビティの場合は心配な人は酔い止めの薬を準備しておくと安心です。
最初にご紹介するのは、高級ホテルとして知られるザ・ブセナテラスの側にあるブセナ海中公園です。
ブセナテラスと言えば少し奮発しても泊まりたい、憧れの超高級リゾートホテルです。アジアンチックなお部屋から見える美しい海、静かでラグジュアリーなロビー、一流のブーランジェリーのような美味しいパンが並ぶ朝食、パラソルが映える海が見えるプールなど、隅々まで考え抜かれたハイエンドなホテルではあるのですが、外のプールにはスライダーもあり子供連れのファミリー層にも人気があります。そんなブセナテラスのビーチアクティビティにはクルーズや体験ダイビング、シュノーケリングツアーなどがありますが、グラスボートツアーはブセナテラスから歩いて行けるブセナ海中公園でのみ取り扱っています。
もしも初めての家族旅行など、記念になる旅行であれば是非ブセナテラスに宿泊してブセナ海中公園でグラスボートを楽しんでみてくださいね!またブセナ海中公園では海中展望塔という、ボートに乗らずに海中風景をたのしめる施設もありセット料金がお得です。
沖縄の海というと、本部など北部の海が有名ですが、南部にあるビーチも素朴でとてもきれいです。沖縄本島の南部にある新原ビーチでは、リーズナブルにグラスボートを楽しむことが可能です。
また、みーばるマリンセンターではバーベキューの申し込みなどもできますので、那覇のリーズナブルなホテルに宿泊して1日遠出して海を楽しむのにもってこいのビーチです。那覇ではなく、新原ビーチに泊まりたい!となると少し難しく、南部はリゾートホテルが少ないのですが、おすすめなのは「百名伽藍」です。行き届いたサービスと静かな空間が楽しめる穴場高級ホテルです。
住宅街の奥にある静かなビーチ、新原。賑やかではない海遊びが好きな方に向いています、隣に広がる百名ビーチとつなげると、なんと全長2000mにもなる広々とした気持ちの良い砂浜が広がっています。是非が大人の海遊びを楽しみたくなったら新原ビーチを思い出してみてくださいね。
グラスボートで有名なのは、沖縄本島だけではありません。石垣島の川平湾も美しい水中風景が楽しめる絶好のグラスボートポイントとなっています。
マリンハウスぐるくんで申し込めるグラスボートからは、透明度の高い石垣島の海を堪能できます。なんと川平湾はミシュランの3つ星を取っているほどの美しい海なので、シュノーケリングが出来ない季節などに旅行された際でも海の中を見ることができるのは嬉しいポイントですね!
こちらのマリンハウスぐるぐん、定価でも1080円と沖縄本島のグラスボートよりもリーズナブルなのですが、ネットで事前予約をするとさらに割引になるシステムもあるんです。これから石垣島旅行を考えている方は是非チェックしてみてくださいね!
沖縄北部に店舗があるマリンショップマーメイド。なんとこちらのショップはクロワッサンアイランドとして知られている水納島にマリンハウスを持っており、透き通った海でマリンスポーツを楽しむことができるんです。ダイビングやシュノーケリングなどもちろんおすすめで美しい熱帯魚をたくさんみることが出来るのですが、海で泳ぐのが苦手なゲストにとってちょっとハードルが高いですよね。でもそんな時、グラスボートなら安心です!水納島の美しいサンゴ礁と熱帯魚を見ながら、一緒に乗船したスタッフが色々と解説をしてくれます。ダイビング中には話すことはできませんが、グラスボートならその場で気になった生物の話を聞けるのが楽しいですね。
恩名村にあるシェラトン沖縄サンマリーナリゾートでは、ホテルアクティビティならではの手軽さでグラスボートを申し込むことが可能です。 ホテル前の海で、サンゴ礁やお魚を楽しむことが出来るグラスボートツアーが1日6便も出ているんです!ホテルアクティビティの中では比較的リーズナブル、30分のライドが1500円で楽しめます。那覇からも近いので便利ですね。
こちらのオルカ号は気軽に那覇で楽しめるグラスボートとして有名です。空港からたったの15分の距離ですので、観光の隙間にちょっとだけ時間が余ってしまった!帰る前にま少し海を見たい!など使えて便利ですね。
こちらのオルカ号でなんと言っても楽しいのは、普通のグラスボートと違って海の中を見るガラスが船底ではなく目の前にあることです。半潜水艦のような造りになっており、なんと沖縄の美しい大迫力の海中景色をパノラマで眺められます!料金は普通のグラスボートよりも少しお高い3000円ですが、この迫力を目の前にしたら納得の料金です。
恩名村にある大型リゾートホテル、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートはマリンアクティビティが充実していることでとても有名です。海上アスレチックのオーシャンパークなど、子供が大喜びするアトラクションの他に勿論グラスボートに乗ることもできますよ!
こちらのホテルのグラスボートは海中展望船/サブマリン Jr. Ⅱといい、さすがのホテルクオリティの大きさです。夏場だけの運行となっていますが、こちらのグラスボートも那覇のオルカ号と同じくガラスが目の前にあり大迫力が楽しめます。1クルーズ30分で3000円となっています。
いかがでしたか?泳がなくても沖縄の美しい海の中、サンゴ礁や熱帯魚を楽しめるグラスボートは赤ちゃん連れにもお年寄りにもおすすめです。次の沖縄旅行では是非グラスボートをお楽しみください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bnu55MXl6XW/?hl=ja&tagged=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88