Ryobhlluxc1h6szmgdmg

北海道

CATEGORY | 北海道

小樽の観光スポットで外せないのはここ!2018年最新情報

2018.05.22

北海道の有名な観光スポット小樽。ガラスやオルゴール、きれいな運河といった、おしゃれなスポットがたくさんあります。もちろんそれだけじゃなく、食べ歩きにもおすすめな小樽のグルメスポットもいっぱいです。そんな小樽の観光スポットを紹介します。観光の参考にして下さい。

  1. ①天狗山
  2. ②小樽水族館
  3. ③祝津マリンランド
  4. ④小樽運河
  5. ⑤日本銀行小樽支店 金融資料館
  6. ⑥小樽三角市場
  7. ⑦毛無山展望所
  8. ⑧おたるワインギャラリー
  9. ⑨大正硝子館
  10. ⑩海鳴楼
  11. ⑪小樽総合博物館 運河館
  12. ⑫小樽堺町通り商店街
  13. ⑬小樽貴賓館
  14. ⑭メルヘン交差点
  15. ⑮祝津パノラマ展望台
  16. ⑯小樽出抜小路
  17. ⑰北一アウトレット
  18. ⑱北一ヴェネツィア美術館
  19. ⑲青の洞窟
  20. ⑳手宮公園
  21. まとめ

小樽を代表する観光スポット

小樽市のシンボルのひとつと言われている天狗山。普段はスキー場ですが、雪のない季節はビュースポットとして親しまれています。散策するのももちろんですが、ロープウェイもあるので気軽に山頂を目指すことができます。山頂からは小樽市内や石狩湾などを見渡すことができます。そして夜には北海道三大夜景の一つに選ばれている、綺麗な夜景を見ることもできます。また、夜景を見ながら食事をする事ができるレストランもあるので、デートスポットとしても非常におすすめできる場所です。他にもシマリスと触れ合う事ができるシマリス公園やパワースポットと言われている神社もあります。昼と夜で全く違った楽しみ方ができる小樽の観光に外せないスポットです。

小樽の観光では外せないスポット

大規模な水族館!という感じではなく、ローカルな雰囲気の水族館ですが、内容は充実しており、地元に愛されている穴場の観光スポットです。北海道、そして小樽の海辺にあるということを前面に出しており、ここでしかできない工夫された展示の仕方がされています。中でも『海獣公園』と呼ばれるアザラシやトドなどの海獣が過ごしているエリアは、海を仕切ってそのままプールにするというこの立地だからこそできる展示の仕方で、プール内には海藻もあれば、ウニやナマコなども当たり前のように住んでおり、プールというよる海そのものです。水族館でありながら、海獣達が自然に近い形で暮らしているという事も魅力の一つです。また、北海道ならではの魚達もたくさんおり、ダイナミックなサイズに思わずびっくりすると思います。また、小さな子どもが楽しむことができるタッチプールもありますが、このタッチプールがまた外せない魅力です。日本一冷たいタッチプールと言われているとにかく冷たいその水温もぜひ体験してみるべきです。小樽の魅力がたくさんつまった素敵な水族館にぜひ行ってみましょう。

小樽水族館に併設されたのんびり楽しむことができる観光スポット

小樽水族館のすぐ隣にある遊園地で、水族館と同じくこじんまりとしているアットホームな場所です。入園自体は無料で、回数券を購入して各アトラクションで使用するシステムです。こじんまりとしているとはいえ、バイキングやメリーゴーランド、ゴーカートなど一通りのアトラクションが揃っており、一番人気の観覧車は天気がよければ札幌市JRタワーが見えるほどです。水族館と共に子どもも一緒に楽しめるおすすめのスポットなので、水族館と一緒に行ってみましょう。

小樽が誇る綺麗なビュースポットを観光しながら食べ歩き

小樽を語る際には外せないスポットで、その美しい運河と立ち並ぶレンガ造りの建物のコラボレーションは絶妙です。そしてなんと言ってもこの近辺にはたくさんのグルメスポットもあるので、食べ歩きをしながら散策することができます。カフェやざんぎ、スイーツ、蕎麦など色々な種類があるので何を食べ歩きするか迷ってしまうほどです。美味しいものを食べ歩きながら散策し、のんびりと過ごした後はぜひ夜のライトアップされた小樽運河の姿も見てみましょう。昼間の綺麗な景色とはまた違った、幻想的な景色を見ることができます。雪が降ると更に風情があり、寒さも忘れて見とれてしまうほどです。色んな楽しみ方が詰まっている魅力たくさんの小樽運河は小樽観光で外せないスポットなので、必ず行ってみてください。

観光しながら金融の歴史について学べるスポット

北のウォール街と呼ばれていた当時の建物を利用してできた、金融に関する資料が展示されている資料館です。金融の歴史と言われると少し難しく、楽しめるかどうか分からないと思う方もいらっしゃると思いますが、意外と面白い!という声が多く、建物の外観の魅力もあり、外せない無料の穴場スポットとして知られています。第二次世界大戦後から今までのお札の展示や映像で紹介する銀行の業務など、子どもでも興味を持てるような工夫がたくさんあります。金庫の中に入ったり、一億円(もちろん本物ではありませんが)を持ち上げてみるといった体験もあるので、大人も楽しめるのではないでしょうか?興味を持った後だと、最初は難しくてあまり興味がなかった金融の歴史についても不思議と見てみようという気持ちになるかもしれません。無料なので気軽に立ち寄ってみましょう。

新鮮な海の幸を食べ歩き!賑やかな雰囲気の観光スポット

小樽駅の近くにある市場で、カニやウニ、ホタテに魚といった新鮮な海の幸がたくさんあり、安く買うことができます。お土産などもここで買うことができるので、非常に便利な市場となっています。たくさんのお店から声をかけられたり、個性あふれる店員との会話や値引きのお願いなど、市場ならではの雰囲気を楽しむことができます。もちろん買い物だけでなく、新鮮な海の幸を食べ歩きすることもできます。複数のお店があり、それぞれ海鮮丼がメインですが、刺身やカニ汁、あぶり焼きなど、食べ歩きに丁度いいメニューも豊富です。また、市場で購入した海の幸をその場で調理してもらえるといったサービスもあるので、オリジナルメニューも作れるかもしれません。観光しながら小樽の海の幸を食べ歩きできる、外せないスポットの一つなのでお腹をすかせて行ってみましょう。

美しい景色を楽しめる小樽のドライブスポット

ドライブによく利用されているスポットで、小樽市街や石狩湾、美しい山並みを見ることができます。小樽の観光スポットでは天狗山が有名ですが、実は天狗山よりも高い場所にあるので、毛無山からの眺めも外せないスポットなのです。こじんまりとしており、とても静かな展望所なのでのんびりと景色を楽しむことができます。時期によっては美しい紅葉を見ることができるそうで、四季折々の姿を持つのも魅力です。もちろん夜には素晴らしい夜景を眺めることができます。人混みもあまり感じることなく、静かに楽しめる夜景なのでデートにも外せない素敵なスポットです。

ワイン好きには外せない、国産のワインが味わえる観光スポット

北海道では不可能と言われていたワイン作りを長年の試行錯誤と研究により可能にした歴史について展示してあるワイナリーです。また、工場内を見学したり映像を見ながらワイナリーの成り立ちや、ワイン作りについて学ぶ事ができます。基本的には無料なのですが、有料での醸造所内ツアーもあり、こちらは専門スタッフが見学に付き添い、解説をしてくれたりとご要望に合わせたワイン講座を楽しむことができます。高級なワインのテイスティングができる他、ワインのラベル貼りを体験できるコースもあり、ここでしか手に入らない非売品のワインなどをお土産にもらうこともできます。とにかくワインの種類が豊富で、ワイン好きの人にはぜひとも訪れてほしいスポットです。もちろんワインを買うこともでき、試飲も可能なので、自分好みのワインを実際に味わって選ぶことができるのも嬉しいですね。店内で味わえるソフトクリームもぜひ味わってほしいです。

小樽観光で外せない硝子細工を体験できる観光スポット

レトロな建物の中で体験することができる硝子工芸がとても人気で、お土産として持って帰ることができるというのも嬉しいですね。大正硝子本店では買い物をすることができますが、近隣にある店舗では実際に硝子の製作体験が可能です。硝子工芸にも色々な種類があり、それぞれの店舗によって体験できる内容が異なるので、自分がどの体験をしたいか事前にチェックし、予約を忘れないようにしましょう。

世界に一つしかないオルゴールが作れる観光スポット

旧第百十三銀行小樽支店だった歴史ある建物を利用してできたオルゴール館です。ここでしか買うことができない海鳴楼ブランドのオルゴールがたくさんあるだけでなく、オルゴール製作体験工房も併設されており、世界に一つしかないオリジナルのオルゴールを作る事ができます。お気に入りの曲やボックスを選び、自分でデコレーションしていく簡単な体験なので子どもでも大丈夫です。カフェなどもあるので、子どもが製作体験をしている間にゆったりと休憩するのもありですね。大切な旅の思い出作りにぜひ行ってみてください。

小樽の歴史について学ぶ事ができる観光スポット

小樽運河の近くにある博物館で、小樽の歴史や昔の暮らしなどが展示されてあり、大人から子どもまで楽しむことができるスポットです。『旧小樽倉庫』を活用しており、建物自体も歴史を感じる事ができるレトロな作りとなっています。展示されている資料はアイヌの時代から近代の発展に至るまでの小樽の歴史やニシン漁に関するものや、北海道と本州を結んだ北前船に関するもの、そして自然に恵まれた小樽の動植物などがあり、分かりやすく小樽について学ぶ事ができます。縄文時代の小樽のコーナーでは、シュミレーターにて火起こしの体験もできます。入館料も安く気軽に行きやすいスポットなので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

地元の美味しいものがたくさん味わえる食べ歩きに外せないスポット

小樽運河に次ぐ小樽の外せない人気スポットで、歴史的建造物が立ち並ぶレトロな街並みです。その外観を楽しむのももちろん一つの魅力ですが、この通りには地元のグルメがたくさんあり、食べ歩きスポットとしても外せない通りです。スイーツはもちろん、海鮮丼や寿司などの海の幸にジンギスカンといった北海道らしい食べ物もたくさんあります。他にもラーメンや唐揚げ、浜焼きにバーなど、豊富なジャンルが揃っています。ここに来たら食べ歩きをしない訳にはいきません。地元の味を存分に堪能してください。

ニシンの歴史と味を知ることができる観光スポット

小樽の歴史を語る際には忘れてはならないニシン漁ですが、この小樽貴賓館はそのニシン漁にて繁栄した網元が建造した貴重な豪邸です。にしん御殿と呼ばれる『旧青山別邸』は北海道屈指の美術豪邸で、その贅沢っぷりから伝わる当時のニシン漁の繁栄がどのくらいすごかったか、ということが伝わります。庭園や高級感あふれる部屋だけでなく、洗面所やトイレにまで贅を尽くした豪邸は見る価値があります。また、そのニシンを味わうことなできるのも魅力の一つです。ニシンを食べるには外せないスポットなので、行った際はぜひとも食べてみてください。

小樽観光の目印のスポット

小樽堺町通り商店街の終着点の交差点です。観光スポットの中にあるので景観を楽しむスポットで、レンガ造りの建物やレトロな街並みが並ぶ交差点には異国の空気が漂います。観光客がたくさんいるので難しいかもしれませんが、その交差点の中でも一際目立つ常夜灯と一緒に写真を撮ってみましょう。インスタ映えする素敵な写真になると思います。特におすすめなのは雪の降る夜の風景です。ここが日本であることを忘れてしまうような幻想的な世界へと変わります。商店街に行った際には一緒に行ってみてください。

小樽の穴場観光スポットから眺める美しい日本海

小樽水族館から歩いていくことができる展望台で、壮大な日本海を眺めることができます。意外と人混みもなく、のんびりとその絶景を楽しむことができます。美しい青一面の海ももちろんですが、夕方には素晴らしい夕焼けスポットとその姿を変えます。また、冬の荒れた海もまた何とも言えない魅力があり、雪で白く染まった山肌と冬の海のコラボレーションは、感動します。運が良ければ野生のトドを見ることができるという事も出来るそうです。記念撮影にも向いているロケーションなので、小樽水族館や祝津マリンランドに行った際には、一緒に行ってみて損はないスポットです。

たくさんの飲食店が集まった屋台村で食べ歩きを楽しもう

小樽運河の近くにある屋台村で、たくさんのお店で賑わう食べ歩きを楽しめるスポットです。もちろん海鮮丼など、海の幸をたくさん味わえる事ができるのですが、ジンギスカンや唐揚げ、ソフトクリームにクレープなど、それ以外の味も楽しむことができるスポットなので、食べ歩きをおすすめします。敷地内には展望台もあるので、小樽の景色も一緒に味わって見てください。

観光のお土産がお得にそろうスポット

小樽が誇る北一硝子のアウトレット店で、販売中止になったものや試作品といった訳あり商品を比較的安く購入することができるスポットです。タンブラーや醤油さし、箸置き、ペアグラスなど、訳あり商品とは言っても普段使うのには全く問題のない商品が数多くあるので、北一硝子を自宅用やお土産に買いたいという人にはおすすめです。ガラス製品だけでなく、ワインや洋酒も売っているので、グラスと一緒に購入して北一硝子で味わうというのもいいですね。飲食店もあり、食べ歩きもできるのも魅力の一つです。ラーメンや定食だけでなく、北海道の焼きとうもろこしやざんぎ、ポテトなどテイクアウトできるものが多い他、味も見た目もインパクトがあるソフトクリームなどがあるので、買い物と一緒に食べ歩きも楽しんでみましょう。

イタリアのヴェネツィアをモデルにした小樽の観光スポット

古都ヴェネツィアの古くから受け継がれた、豊かな文化を展示してある美術館で、外観ももちろんですが、中の作りもオシャレでイタリアの空気を感じる事ができます。美しいヴェネツィアグラスの展示やレースガラスなど、硝子が有名な小樽によくマッチした美術館です。イタリアにちなんだドレス等の衣装を着て記念撮影ができるコーナーも人気で、子ども用の衣装もあります。家族全員でイタリアに来たかのような集合写真を撮るのもいいですね。ゆったりと休憩することができるカフェもあるので、のんびりと優雅な一時を過ごしましょう。

スリルある航海が楽しめる観光スポット

ボートとカヌーの二種類で楽しむことができるスポットで、美しく幻想的な青色の海を楽しむことができます。ボートでのスリルのある航海も魅力で、子どもでも乗ることができるので家族皆で楽しむことができます。カヌーの場合は洞窟内に入ることもできます。人気のスポットなので、予約をしっかり確認してからいきましょう。

小樽の穴場の花見スポット

小樽の街と海を見渡すことができる公園で、のんびりとした一時を過ごすことができます。地元の人々には桜の名所として親しまれており、正に穴場のスポットです。青い空と海をバックに咲く桜の美しさはとても素敵です。桜の時期に小樽を訪れた際はぜひ行ってみてください。
今回は魅力いっぱいの小樽の観光スポットをご紹介しました。 旅行プランの参考にしていただければ幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BhwOJlCBS20/