N34dnmyxkigj9osuejdm

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄残波岬のおすすめ10選【2018年度版】~レストラン・ダイビングなど~

2018.09.18

沖縄の最西端にある残波岬は美しい海岸線が続きお天気の日はダイビングなどのマリンスポーツが楽しめます。残波岬灯台からの眺めも抜群でインスタ映えもばっちりです。沖縄残波岬の旅を有意義に過ごすために今回はレストランやダイビングなどおすすめのスポットをご紹介します。

  1. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~①:天気の良い日は残波ビーチで海水浴
  2. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~②:ロイヤルホテル沖縄残波岬にお泊り
  3. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~③:残波岬灯台でオーシャンビューを満喫
  4. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~④:残波岬公園でのんびり
  5. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~⑤:スカイレストラン 「ラ・ファール」でフレンチ
  6. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~⑥:レストラン残波苑で気軽に贅沢
  7. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~⑦:青の洞窟でダイビング体験
  8. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~⑧:さんご畑で苗作り体験
  9. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~⑨:ジンベエザメ体験ダイビング
  10. 沖縄残波岬でおすすめのスポット|グルメ・ダイビング・レストランなど~⑩:ジンベエザメ グラスボート(餌付けショー付き)
  11. まとめ
沖縄北ICから車で約30分のところにある「残波ビーチ」は、コバルトブルーの海と白い砂浜が美しい沖縄の代表的なリゾートビーチです。ビーチの長さは約30m、幅50mと広く磯遊びやアスレチック、バーベキュー、さまざまなマリンスポーツなどが楽しめます。
遊泳期間は4月から10月末までとなっており、天気の良い日は夕暮れまでビーチでたっぷり遊べます。このビーチには監視所、売店、トイレ、シャワー、更衣室、ロッカー、自動販売機、クラゲ防止ネットなどがあり設備も充実しています。すぐ後ろにある「ロイヤルホテル沖縄残波岬」に宿泊すれば時間を有効に使って沖縄の旅を満喫できます。
沖縄を代表する景勝地残波岬に建つビーチリゾートホテル「ロイヤルホテル沖縄残波岬」は、残波ビーチのすぐそばでマリンスポーツの拠点でもあります。毎日ビーチスタッフが見回りをしてくれるので困ったことは何でも相談できます。ガーデンプールやビーチでのマリンスポーツなど宿泊しながら家族みんなでエンジョイできるのでおすすめです。
天気の良い日、ガーデンプールでは物足りないという場合は、ホテルおすすめのマリンアクティビティを体験してみるのもおすすめです。さまざまなアクティビティの受付けができるので色々チャレンジするのも良いのではないでしょうか。また、カヌーやビーチバレーなどビーチレンタルも充実しています。子供連れにも優しいホテルとして認定されており、カップルでも家族連れでも満足できるホテルです。
南西諸島随一の高さといわれる「残波岬灯台」は、高さが約31mあり灯台に中は登れるようになっています。天気が良ければ頂上からは粟国島や久米島、渡名喜島などの絶景を見ることができます。360°のオーシャンビューは一生忘れられない感動的なシーンです。
平成30年5月7日(月)~平成30年11月15日(木)まで改修工事を行っているためこの期間は残念ながら参観はできませんが、夕日浮かぶ灯台のシルエットや、青空に凜とそびえ立つ白亜の灯台は最高のインスタ映えなので、散歩がてらの撮影におすすめです。
残波岬にある自然豊かな公園で、きれいに整備された遊歩道はベビーカーや車椅子でも快適に散策できます。四季折々の植物たちを歩きながら眺めることができ、遊具がたくさん並んだいこいの広場では大人から子供まで楽しく遊ぶことができます。
脱街絶壁の岩場は有名な釣りのスポットです。天気が良く波が穏やかな日ならのんびり釣りを楽しむことができます。その際は波打ち際は危険なので近付かないようにしましょう。灯台手前には高さ7mの巨大シーサーが口を空いてドーンと立っている光景も印象深く、写真撮影ポイントとしておすすめです。
ロイヤルホテル沖縄残波岬の13階にあるスカイレストラン「ラ・ファール」。地上42mから一望する東シナ海の大パノラマに感動しながら、朝、昼、夜どの時間帯もシェフ自慢の贅沢な本格フレンチが味わえます。沖縄の食材を中心に、厳選した食材を使った上質な料理を堪能できる素敵なレストランです。
全席80席で朝食は6:30~9:30、ランチは12:00~14:00、ディナーは18:00~21:00となっています。おすすめ秋のはイタリアンランチです。メインディッシュはサーロインステーキ又は本日の魚料理から選ぶことができ、後はアクアパッツァ、豚肉サルティンボッカ、温野菜のバーニャカウダソース添え、キノコのリゾット、ティラミスなどビュッフェタイプです。2018年9月1日~2018年11月30日の期間利用でき、この時期以外は季節ごとのプランをご利用できます。
残波ロイヤルホテルの近くにあるゴルフ場に併設されたレストランで、沖縄料理や中華料理が美味しいと評判です。リーズナブルなのにボリュームがあり味も文句なしということで大人気のお店です。座敷席や個室、ラウンジ、ステージ席など席の種類もバラエティーです。
人気メニューは「パター」。豚足のから揚げで、外はカリッとしていて中はトロっとした食感が魅力です。「チャンピオンステーキ」はとにかくボリューム満点で大満足のメニューです。他にも週替わりのランチや円卓料理のコース、定番の「五目スープそば」や「沖縄ソーキそば」など多彩なメニューが揃っています。ランチにもディナーにもおすすめのレストランです。
沖縄で最も人気の高いダイビングスポット「青の洞窟」は、青い光が広がる神秘的で魅惑的な世界。海水の浸食によってできた洞窟で、太陽光線が反射することにより独特な青い色に輝くことで知られています。特に早朝から午前中が一番青が美しい時間帯としておすすめです。自然の偶然がたまたま重なり合ってできた不思議なエリアで、優雅なマリンスポーツを楽しみましょう。
魚たちは人にとても慣れているので自分のほうから近付いて来てくれます。珊瑚もきれいなこの洞窟はマリンスポーツ初心者にも優しいスポットです。ロイヤルホテル沖縄残波岬での受付けや各旅行サイトのプランなどが利用できます。じっくり楽しむなら混雑を避けた早朝7:00~9:00か、15:00~の時間帯がおすすめです。
映画「てぃだかんかん」のモデルにもなった沖縄で有名なサンゴの養殖施設です。ここでは色とりどりのサンゴを観察したりふれあったり、苗作り体験などができます。10万株、120種類のサンゴや200種以上の生き物たちおり地上にいながらまるで海中に潜っているかのような気分になれます。
ガイド付きの「ハッピープラン」はガイドさんと一緒に、説明を聞きながらさんご畑をまわれる楽しいツアーなのでおすすめです。サンゴの苗づくり体験はココでしかできない貴重な体験なので、ぜひ1株でも残してみてはいかがでしょうか。サンゴの苗は1株3,500円で、前日17時までの予約でOKです。
水族館でしかみたことがないジンベエザメを間近でみることができるのが「ジンベエザメ体験ダイビング」です。海中イケスにいるジンベエザメを約50cmの距離で観察することができ、ダイビングの前にしっかり講習があるので初めての方でも安心です。
トップマリン残波店なら水中カメラがレンタルできるので一生の思い出として記録を残すことができます。レンタル料は2,600円とお手軽価格なのでおすすめです。ツアーの開催場所は読谷村都屋漁港沖合いで、集合場所までの送迎もできます。その場合は前日の18:00までに予約が必要です。また、沖縄残波岬ロイヤルホテルでもこの体験が出来るので参照ください。
スタッフがジンベエザメに餌付けするショーが見られる「ジンベエザメグラスボート」は、海中のイケスにいるジンベエザメを船底のガラス面から観察することができる楽しい体験です。海に潜ることがないので小さなお子さまでも保護者同伴ならOKです。
スタッフがジンベエザメをグラスボートの間近まで近づけてくれるので迫力満点です。天気が急変し雨になっても船にはビニールのカーテンがあるので濡れる心配がありません。所要時間は約75分間で2名以上の予約となっています。沖縄の海中を見て見たい、けれどダイビングやシュノーケルは苦手という方におすすめの体験です。
いかがでしたでしょうか。沖縄残波岬でおすすめのスポットを幾つかご紹介しました。沖縄を代表する観光スポット残波岬には、沖縄ならではのグルメや楽しめるマリンスポーツがたくさんありました。マリンアクティビティは残波岬ロイヤルホテルでも幾つか受付けができるので、天気の良い日はやはりビーチに出て思い切り沖縄の風を感じましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BntVvK8H1yV/?tagged=%E6%AE%8B%E6%B3%A2%E5%B2%AC