Oic46gvyvvk6z66ltukz

北海道

CATEGORY | 北海道

函館のお土産海鮮編【2018年版】おつまみや朝市でのお土産など

2018.09.18

北海道を代表する観光スポットの函館に行った時に、どのようなお土産を買いますか。函館には多くのお土産がありますが、おすすめしたいのは函館らしい海鮮のお土産です。このページでは函館の海鮮とおつまみにもなる海鮮の加工品をおすすめのお土産としてご紹介します。

  1. 函館のおすすめ海鮮お土産1 「カニ」
  2. 函館のおすすめ海鮮お土産2 「イカ」
  3. 函館のおすすめ海鮮お土産3 「ウニ」
  4. 函館のおすすめ海鮮お土産4 「イクラ」
  5. 函館のおすすめ海鮮お土産5 「水産加工品」
  6. 函館の海鮮お土産はここで買おう
  7. 函館のお土産は海鮮で決まり
函館に行った時に食べてみたいのが海鮮料理。この海鮮を代表するものにカニがあります。このカニを函館のお土産とすることに人気です。1月から5月と9月から10月にかけてオホーツク海や知床半島沖で獲れるタラバガニ、5月から6月と9月から10月に利尻礼文沖や江差沖で獲れる紅ズワイガニ、網走沖で1月から6月に獲れるアブラガニ、えりも岬から根室沖で1月から6月に獲れる花咲ガニ、4月から6月にオホーツク海・7月から10月に根室沖・11月から3月に釧路近辺で獲れる毛ガニなど、北海道は本州のカニとは異なり1年を通してカニが獲れるカニ大国です。函館でお土産として買えるカニには、活きカニの他に、獲れたてのカニを船上で茹でたものや、陸揚げ直後に茹でた浜茹でが用意されています。函館のお土産には、おかずにもおつまみにもなる海鮮のカニがおすすめです。
函館といえばイカといわれるほど、函館で人気の海鮮がイカです。函館でお土産として購入することができるイカは、スルメイカ と ヤリイカの2種類。イカは西日本の海で生まれるといわれていて、秋に生まれたイカの群れは5月下旬から6月上旬に松前沖を通って津軽海峡に入り、冬に生まれたイカの群が6月下旬から7月下旬頃に恵山沖を通って津軽海峡に入ってきます。2通りのルートをたどったイカの群れが函館周辺に集まってきます。イカが函館を代表する海鮮といわれている理由がここにあります。このイカは、刺身でも焼いても煮ても美味しく食べることができるのに加えて、塩辛などおつまみにもできるので函館海鮮のお土産としておすすめします。
北海道は、全国のウニ漁獲高の約40%のウニが獲れるところです。函館が面している津軽海峡は、日本海と太平洋をつなぐ海峡です。函館周辺エリアではバフンウニが9月から11月にかけて、ムラサキウニが11月から5月にかけて、日高エリアでは3月下旬から5月中旬にかけて、知床エリアでは1月中旬から6月下旬にかけて解禁を迎えます。函館に北海道各地で漁獲されたウニが集まってきて、海鮮のお土産として販売されています。ウニはおつまみとしても人気がある海鮮ですが、普段の生活では新鮮なウニはなかなか手に入りません。函館に行った時には、海鮮のお土産としてウニを購入してみてはいかがでしょうか。函館の海鮮お土産のウニは、重くなくかさ張らないおすすめのお土産です。
イクラはサケの魚卵です。北海道では、サケが川をさかのぼるのを待っていたように秋の味覚として生筋子からイクラを作ります。シーズン初期のサケの魚卵は筋子として流通するものがほとんどで、筋子をばらしても卵の膜が安定してくるシーズン中期以降のサケの魚卵がイクラに加工されます。塩漬けや醤油漬けにしてパックされたものや瓶詰されたものを、函館海鮮のお土産として函館朝市などで購入することができます。
函館は海鮮の宝庫で、お土産としての海鮮も人気がありますが、ここでおすすめするのは海鮮を加工した水産加工品です。函館名物のイカを加工したイカそうめん・一夜干しイカ・のしイカ・イカの塩辛や津軽海峡周辺で獲れるホタテ乾燥貝柱・貝ひもなどおやつにもおつまみにもなる水産加工品が数多く売られています。函館のお土産として海鮮の加工品をおすすめします。朝市の鮮魚店や乾物店・お土産店で購入することができるおすすめのお土産です。

函館朝市

函館朝市は、JR函館駅のすぐ横にある海鮮を中心とした市場。えきに市場・市民市場・塩干市場・協和会・寿店会・穂生会・渡島蔬菜テナント会・個人店会・ どんぶり横丁市場などに分かれていて、お土産の買い物だけでなく食事や食べ歩きもできる観光スポットでもあります。函館朝市では、ほとんどの函館海鮮土産が揃います。
海鮮お土産が買えるおすすめのお店
函館朝市ヤマヨ  北海道函館市若松町9-9
大和水産     北海道函館市若松町11-8
広海水産      北海道函館市若松町9-22
函館カネニ 朝市店 北海道函館市若松町9−23

はこだて自由市場

はこだて自由市場は、北海道函館市新川町1-2にある海鮮を中心にAM8:00〜PM5:30まで営業している市場。観光客だけでなく函館市民も買い物に行く市場なので、変わった魚やお土産が見つかることがあるおすすめの市場です。日曜日は休業なのでご注意を。

中島廉売

中島廉売は、北海道函館市中島町22−7にある地元民中心の市場です。函館朝市やはこだて自由市場だけでは満足できない時に足を延ばしてみてはいかがでしょうか。営業時間・定休日は各店舗で異なっています。函館駅から五稜郭や函館空港に向かう途中にあります。
函館に行った時のお土産は、海鮮がおすすめ。貰った人も送った人も満足できる函館らしいお土産が海鮮です。ここでご紹介した海鮮以外に、ホタテ・シャケ・まぐろなど美味しい海鮮も揃っています。加工されておつまみに最適なお土産も無視できません。函館朝市な海鮮お土産が買いやすいスポットがあるので、お土産の調達に苦労しません。留守宅や届け先に、旅行から帰る予定日の翌日に到着するように宅配便で送付することもおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2012/03/01/00/36/snow-crab-19745_960_720.jpg