Xwmd7qiott9vrvimabgy

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄の花火大会ランキングTOP5【2018年度版】~スケジュール情報~

2018.09.21

沖縄は年間を通して温暖な気候なので、夏が終わっても暖かく、花火大会が9月や10月にも開催されています。ここでは、沖縄の人気花火大会をランキング形式でご紹介し、花火を部屋から見ることができるホテルの場所などもご紹介します。

  1. 沖縄の2018年花火大会スケジュール
  2. 沖縄の人気花火大会ランキング5位:恩納村美ら海花火大会
  3. 沖縄の人気花火大会ランキング4位:はごろも花火フェスタ
  4. 沖縄の人気花火大会ランキング3位:浦添てだこまつり
  5. 沖縄の人気花火大会ランキング2位:シーポートちゃたんカーニバル
  6. 沖縄の人気花火大会ランキング1位:海洋博公園花火大会
  7. 沖縄の花火大会番外編1:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
  8. 沖縄の花火大会番外編2:シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  9. 沖縄の花火大会番外編3:ロイヤルホテル沖縄残波岬
  10. 沖縄の花火大会番外編4:ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート
  11. 沖縄の花火大会が見れるホテル1:ホテルオリオンモトブリゾート&スパ
  12. 沖縄の花火大会が見れるホテル2:センチュリオンホテルリゾート ヴィンテージ沖縄美ら海
  13. 沖縄の花火大会が見れるホテル3:ゆくりなリゾート沖縄うりずん
  14. 花火大会当日にホテルに宿泊したい場合
  15. まとめ
沖縄は温暖な時期が長いため9月や10月にも花火大会があるのが特徴です。ここでは、沖縄の人気花火大会をランキング形式でご紹介し、花火大会が見えるホテルもご紹介します。花火大会が見えるホテルでは、花火大会当日の特別プランが用意されていることもあるため、記念日や誕生日など特別なお祝いにもおすすめです。
恩納村美ら海花火大会は、約3500発の花火が打ち上げられる人気の花火大会です。2018年の開催は10月6日の土曜日で、これから旅行を計画することもできます。一尺玉の大きな花火も見どころの一つです。場所はムーンビーチ特設会場で開催され、マリンアクティビティも楽しむことができます。
当日は臨時駐車場も用意され、臨時駐車場から会場まではシャトルバスが運行されるためとても便利です。花火大会は20時からですが、17時からライブも開催される大きなイベントです。
はごろも花火フェスタは2017年に15万人もの人が来場した大きな花火大会です。場所は宜野湾海浜公園で開催され、花火の見どころは20発も打ち上げられる尺玉です。開催日は9月29日と30日で、両日とも花火が打ち上げられます。
浦添てだこまつりは、毎年7月に開催されていたイベントですが、2018年は10月に開催されます。場所は浦添運動公園で、青年エイサーも見どころの一つです。沖縄は10月にも花火大会が多く開催されるのが嬉しいポイントです。
シーポートちゃたんカーニバルは2017年には10月に開催されましたが、今年は例年通りの7月に開催でした。場所は北谷公園サンセットビーチで開催され、駐車場があるため子供連れの家族でも安心して楽しむことができます。シーポートちゃたんカーニバルは、お昼からイベントは開始されていて、エイサーやステージ、会場アトラクションなど楽しみがたくさんあるイベントです。
特設会場では、スタンドアップパドルやアクアクルーズなどの体験ができるため、子供がいる人にはぜひおすすめのイベントです。朝から受け付け開始になるので、子供連れの家族は朝から参加するのがおすすめです。
海洋博公園花火大会は、7月に開催された花火大会です。場所は海洋博公園エメラルドビーチで開催され、お昼には子供が楽しめるビーチアトラクションが開催されているのも魅力です。花火は2万人の観覧定員があり、1人1枚での整理券受け取りのため、朝8時に整理券をもらいに行く必要があります。
花火大会当日には、美ら海水族館が23時まで営業しており、花火大会後に行くことができることも話題です。臨時駐車場も用意されており、臨時駐車場から会場まではシャトルバスも運行されています。
沖縄では、リゾートホテルが独自に花火を打ち上げている場所も多くあります。ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでは、毎年夏になるとホテルから花火が打ち上げられます。400発以上の花火が夜空に打ち上げられます。2018年は8月4日、11日、12日、13日、18日、25日と主に週末やお盆のスケジュールで打ち上げられました。
ホテルに宿泊していれば部屋のバルコニーから大迫力の花火を見ることができます。ホテルに宿泊したい人は、花火の日程が出たら早めに予約をするのがおすすめです。雨天の場合は中止になるため注意が必要です。
シェラトン沖縄サンマリーナリゾートは、7月の終わりから8月まで、定期的に花火が打ち上げられています。2018年は水曜日と土曜日のスケジュールで打ち上げられ、お盆の間は毎日開催されていました。3分間の打ち上げですが、迫力ある花火を見ることができます。
ロイヤルホテル沖縄残波岬では、なんと7月から8月にかけて2日に1回のスケジュールで花火が打ち上げられています。迫力のある花火を楽しみたいのなら、宿泊がおすすめです。
ホテルモントレ沖縄スパ&リゾートも7月から8月にかけて週に2回ほどのスケジュールで開催されています。ホテルに宿泊すれば迫力のある花火を見ることができるため、誕生日や記念日などの宿泊にもおすすめです。ホテルで打ち上げられる花火は、雨天中止の場合が多いため、天候が悪い時のスケジュールの調整は大変です。
ホテルオリオンモトブリゾート&スパは、海洋博公園花火大会を部屋から見ることができます。バルコニーに出れば大迫力の音と一緒に花火を楽しむことができます。海洋博公園花火大会は大人気の花火大会なので、ホテルの料金もあがる可能性があります。宿泊したい場合は早めの予約がおすすめです。
センチュリオンホテルリゾートヴィンテージ沖縄美ら海でも海洋博公園花火大会を見ることができます。センチュリオンホテルリゾートヴィンテージ沖縄美ら海では、花火大会の特別プランがあり、スペシャルディナーバイキングを楽しめるプランを予約することもできます。
ホテルは海洋博公園花火大会の会場まで徒歩5分の場所にあるため、会場にもとても行きやすいのはもちろん、ホテルのプールサイドからも花火を鑑賞することができます。記念日などの思い出作りにもおすすめです。2ヶ月前くらいから特別プランの販売が開始されるため、宿泊したい人は、早めに予約をする必要があります。
ゆくりなリゾート沖縄うりずんは、美ら海水族館から徒歩5分ほどと便利な場所にあるホテルで、海洋博公園花火大会にも近いのが特徴です。さらに、ペンションタイプの部屋なら花火大会だけでなく、お庭でバーベキューや手持ち花火を楽しむこともできるため家族連れにとてもおすすめのホテルです。
花火大会当日のホテル宿泊は、とても人気があります。1年前から翌年の花火大会日の予約を取る人も多いため、日程が決まったら早めに予約をする方がおすすめです。ホテルの部屋から見れれば人混みを気にせずにゆっくり楽しめるのが一番嬉しいポイントです。
ホテルの部屋から見るのはもちろん、歩いて会場まで行けるホテルなら会場まで行くこともできます。それでも帰りは渋滞に巻き込まれることもなく歩いて帰ってくることができるためとても楽です。ぜひ一度、花火大会当日に会場近くのホテルに宿泊してみてください。
沖縄の2018年人気花火大会スケジュールを解説してきました。沖縄は温暖な気候が長く続くため、花火大会が9月や10月にも開催されます。花火大会会場近くのホテルでは、花火大会当日の特別プランを用意しているホテルも多くあるため、ぜひ花火大会の日程に合わせて沖縄旅行を計画してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/Vj7bjhUv5lc