Es461fqik9tqtgdanom5

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

今だから行きたい!ベトナム観光のおすすめスポットを厳選ピックアップ

2018.04.24

日本からのアクセスも良く、人気観光国としてお馴染みのベトナム。フランス統治時代の古い建物や世界遺産など、おすすめ観光スポットも盛りだくさん。あとはキッチュでかわいいベトナム雑貨のお土産など、今だからおすすめしたいベトナムの観光情報をご紹介します。

  1. ベトナムの気候について
  2. ベトナム各地のおすすめ観光シーズン
  3. 街ごとに異なる魅力を持つベトナム主要都市のご紹介
  4. ベトナムおすすめ観光スポット1:ハノイ旧市街
  5. ベトナムおすすめ観光スポット2:オペラハウス(ハノイ大劇場)
  6. ベトナムおすすめ観光スポット3:タンロン遺跡
  7. ベトナムおすすめ観光スポット4:ドンスアン市場
  8. ベトナムおすすめ観光スポット5:ハロン湾
  9. ベトナムおすすめ観光スポット6:ミーケビーチ
  10. ベトナムおすすめ観光スポット7:五行山 (マーブル マウンテン)
  11. ベトナムおすすめ観光スポット8:ダナン大聖堂
  12. ベトナムおすすめ観光スポット9:フエ
  13. ベトナムおすすめ観光スポット10:ミーソン遺跡
  14. ベトナムおすすめ観光スポット11:ホイアン
  15. ベトナムおすすめ観光スポット12:サイゴン中央郵便局
  16. ベトナムおすすめ観光スポット13:サイゴン大教会(聖マリア教会)
  17. ベトナムおすすめ観光スポット14:市民劇場(サイゴン・オペラハウス)
  18. ベトナムおすすめ観光スポット15:ドンコイ通り
  19. ベトナムおすすめ観光スポット16:チョロン(中華街)
  20. おわりに
まずはじめに、ベトナムの気候についてご説明します。ベトナムは日本と同じように縦に長い国土を持つ国なので、南北では気候が若干異なります。北部にある首都ハノイより北側は若干の四季がありますが、基本的には北部は温帯気候、南部は熱帯性気候に分類されます。

乾季と雨季

ホーチミンなどの南部地方には「乾季」と「雨季」があります。一般的に乾期は12月~4月、雨季は5月~11月となっています。乾季の間は一日中晴天が続く日が多く、特に3月と4月頃は猛暑となります。雨季の間は「スコール」と呼ばれる突発的な豪雨が15分~45分程度集中的に降るのが主な特徴です。
南北に細長いベトナムは地域によってそれぞれ観光のベストシーズンが違っています。「北部」、「中部」、「南部」の3つのエリアに分けて、それぞれの気候とベストシーズンをご紹介します。ベトナム旅行の計画を立てるときには、ぜひこのおすすめ観光シーズンを参考にしてくださいね。

北部ハノイの気候とベストシーズン

ベトナムの中で唯一四季が感じられる北部ですが、日本のようなはっきりと分かれた四季ではありません。6月~8月は猛暑と湿気や雨が多いので、観光シーズンとしてはあまりおすすめできません。9月下旬頃からは秋が始まり、12月~2月頃までは冬の季節となり、半袖では寒いほどの気温なので長袖やアウターが必要です。したがって、おすすめの観光シーズンは9月下旬からの秋シーズン、もしくは3月、4月の春シーズンということになります。

中部の気候とベストシーズン

中部地方のおすすめ観光シーズンは、2月~8月です。8月以降になると徐々に降水量が多くなってきて、雨がひどい場合には道路が冠水してしまうことがよくありますので注意が必要です。

南部ホーチミンの気候とベストシーズン

南部地方のおすすめ観光シーズンは、12月~4月の乾季のシーズンです。ただし、3月~4月は非常に暑い日が続きますので、乾季の中でもベストシーズンと言えるのは、比較的過ごしやすい1月~2月になります。
ベトナムには数多くの観光スポットがあり、各地域によってそれぞれ特色が異なっているのも魅力の一つ。遺跡や古都、世界遺産、フランス統治時代の建物、ビーチリゾートなど、誰にとっても楽しみやすいベトナムの主な観光エリアをご紹介します。

【北部の主な都市】 ハノイ

ハノイは歴史と文化が密接しているベトナムの首都。約1000年の歴史を持つ古都として、由緒ある寺院やフランス統治時代のコロニアル建築など、見どころが満載です。お土産探しに使えるかわいいベトナム雑貨のお店や、おいしい屋台のローカルグルメなどが堪能できる、観光地として人気の高いエリアです。

【中部の主な都市】 フエ

ベトナム最後の王朝、阮(グエン)王朝の都の都として栄えた街、フエ。世界遺産にも登録されたグエン王朝時代の王宮跡や寺院など、風格のある建築物が見どころで、歴史好きの方におすすめのエリアです。

【中部の主な都市】ダナン

古くから国際貿易港として栄えた中部最大の商業都市、ダナン。リゾート開発が進むこの街の見どころは、何といってもモダンで美しい砂浜ビーチです。他にもフランス統治時代の建築物や、おしゃれなカフェなどが並ぶ賑やかなメインストリート、お土産が買える市場なども充実しています。また、ダナン近郊には世界遺産の「ミーソン聖域」や「ホイアンの古い街並み」といった魅力的な観光スポットがあります。

【南部の主な都市】 ホーチミン

その昔「サイゴン」と呼ばれていたホーチミンシティは、首都のハノイをも凌ぐベトナム最大の商業都市です。フランス統治時代のシックなコロニアル様式の建物と近代的な高層ビルが共存するエネルギッシュな街で、ショッピングからグルメまでたっぷり楽しめるとあって観光客に大人気のエリアとなっています。
ハノイ最大の観光エリアとして人気の高い「ハノイ旧市街」。古き良きベトナムを体感できるハノイ旧市街は、ハノイのランドマークでもある「ホアンキエム湖」の北側に位置し、細い通りに様々なお店が密集していて、街全体が大きなスーパーマーケットのような雰囲気なのが特徴です。
ベトナムのローカル雑貨やセンスの良いおしゃれな雑貨のお店もたくさんありますので、お土産のお買い物には最適のエリアです。また、雰囲気の良いカフェなどもありますので、お土産探しに疲れたらベトナムコーヒーやローカルグルメで休憩しましょう。

お土産雑貨おすすめショップ①:Tan My Design

上品で洗練された雰囲気が人気のショップで、繊細で上質な刺繍雑貨を扱う外国人観光客に人気のお店です。1階はブティックのとカフェ、2階は刺繍の巾着や普段使いの雑貨などがたくさん並んでいます。どれも素敵なデザインなので、自分用のお土産としても最適です。
住所:61 Hang Gai | Hoan Kiem District, Hanoi 10000, Vietnam

お土産雑貨おすすめショップ②:Ajisai

「日本人好みのかわいいデザインの雑貨を多数取り揃えている」と、ハノイ市内で有名な雑貨のセレクトショップです。バッチャン焼きの陶器類や刺繍入り巾着など、かわいくて定番のベトナム雑貨が揃っています。日本語が通じるので、安心してお買い物できますよ。
住所:No.8 Nha Chung Street, Hang Trong Ward,Hoan Kien District, Hanoi 10000, Vietnam
ホアンキエム湖の南側、フランス植民地時代に建てられたハノイを象徴するコロニアル建築です。
特に夜のライトアップによって映し出される荘厳な姿は、一見の価値ありです。
ハノイにある世界遺産「タンロン遺跡」。ベトナム李王朝時代のお城があった場所で、別名「ハノイ城」とも呼ばれます。「タンロン」とは昇龍という意味をもつハノイの旧名です。
まだ発掘作業は続いていますが、李王朝時代の遺跡はもちろん、ベトナム戦争時に使われた地下室なども見学することができます。
ハノイの二大市場のうちの一つで、生活用品やプチプラ雑貨、生鮮食品などが揃う大きな市場です。何でも揃うドンスアン市場はハノイ市民だけでなく観光客にも人気で、気軽な散策やバラマキ用のお土産探しなどにはおすすめのお買い物スポットです。
ハノイ市内から約4時間程度の距離にある、ベトナムの世界遺産で一番有名なのがハロン湾です。広大なハロン湾は、石灰岩からなる大小1,600もの島々がそそり立つ、水墨画にも似た神秘的な景観が特徴です。
現地で手配可能なハロン湾クルーズツアーなどもあり、シーカヤックや鍾乳洞でできた洞窟見学、海上に浮かぶ漁村を訪れるなど、アクティビティも充実しています。
数社ある現地ツアー会社によってもプランが違っていますし、クルーズツアーは半日、またはクルーズ船で宿泊する1泊2日ツアーなど、自分に合ったプランを選べるのも魅力です。特に、船からハロン湾を眺めるサンセットクルーズはとても人気がありますよ。
US版フォーブス誌「世界の綺麗なビーチ6選」に選ばれた、ダナンで人気のビーチです。2011年以降と比較的近年にリゾート開発が進んでいるため、都会的で洗練された美しいビーチが特徴。約1kmほども続く白い砂浜ビーチ沿いには、リゾートホテルやレストラン、おしゃれなカフェなどが並んでいて、一日中のんびりと過ごすことができます。
大理石でできた五行山はマーブルマウンテンとも呼ばれ、ダナンの象徴とも言える最大の観光名所です。
この山には色々な仏像や寺院が配置されていて、エキゾチックな雰囲気と神秘的な景観が素晴らしい「ホア・ギエム洞窟」はまさに必見です。
フランス統治時代の1923年にダナンで唯一建てられたカトリック教会で、ピンク色の外観もフォトジェニックな人気の観光スポット。残念ながら、普段は内部に入れませんが、日曜日のミサの時間に行けば中に入ることもできます。
ダナンから北に約3時間の場所にあるフエは、ベトナム最後の王朝「阮(グエン)王朝」の都として栄えた都市です。

フエ王宮

旧市街地の真ん中に位置する世界遺産の「フエ王宮」。広大な敷地面積を誇る王宮の内部は、残念ながらベトナム戦争によりほとんど破壊されてしまいました。しかし、現存する建物の中国式建築様式を見るだけでも、当時の王朝の繁栄をうかがい知ることができます。

カイディン帝廟

フエの郊外にあるカイディン帝の墓陵で、ヨーロッパ様式を取り入れたとても豪華な造りとなっています。壁や天井は陶器やガラスを使ったモザイクのような装飾がされていて、フエにいくつかある帝廟とは異なった様式美を持っています。

「ノンラー」はフエの特産品

ベトナムのお土産屋さんなどでもよく見かける伝統工芸品「ノンラー」ですが、ここフエがノンラーの主な産地となっています。フエのノンラーは品質が高く、透かし模様や刺繍の入った美しいノンラーの特産地としても知られています。ノンラーの工房見学もできるほか、技術者と一緒にノンラーづくりを体験することもできます。ハノイやホーチミンなどの観光地で買うよりも断然安いので、フエに来たらぜひノンラーをお土産に買ってみませんか?
ダナンから車で約1時間の場所にある「ミーソン遺跡」は、6世紀から13世紀頃まで栄えたチャンパ王国の遺産として登録されている世界遺産です。
遺跡の建物は自然崩壊に加え、ベトナム戦争によって一部破壊されてしまっていますが、石像や壁面のレリーフなど見どころはまだまだたくさん残っています。
ダナンから車で約1時間半の距離にある、色とりどりの「ランタン」が有名な街、ホイアン。街全体が「ホイアンの古い街並み」として世界遺産登録されていて、日本、中国、ベトナムの建築様式が混じった歴史的建造物とともに街中に吊るされた色彩豊かなランタンが人気の観光エリアです。

来遠橋(日本橋)

1593年に日本との友好関係の象徴として、当時ホイアンにいた日本人たちが架けたとも言われる屋根付きの特徴的な橋です。夜はライトアップされて、昼間とはまた違ったオリエンタルな雰囲気が楽しめます。
19世紀末にフランス人によって建てられた郵便局は、ホーチミンの中でも最も人気の観光スポット。今も現役の郵便局の中は天井の高い空間になっていて、広い局内の中央部分にはお土産コーナーもあり、化粧品や定番のベトナム雑貨などが並んでいます。
ホーチミン市のシンボル的存在の、19世紀末に建てられたレンガ造りのカトリック教会です。ローマ教皇から「バシリカ(一般の教会堂よりも上位の教会堂)」としても認められてる由緒正しい教会で、尖塔が2つ綺麗に並んでいる外観と色鮮やかなモザイクが美しいステンドグラスがフォトジェニックな見どころとなっています。
ホーチミン観光の中心地としておなじみの市民劇場は、「サイゴンオペラハウス」とも呼ばれるフランス統治時代に建てられたコロニアル建築様式の美しい劇場です。
夜には美しくライトラップされ、日中とはまた違った雰囲気を楽しめるため夜景鑑賞スポットとしても人気があります。
劇場自体は今も現役で、「AO SHOW」というベトナムの習慣などを表現したアクロバティックショーは、観光客の間でも近年話題となっています。
ドンコイ通りはホーチミンのメインストリートで、市民劇場などの歴史的建造物が多く「プチパリ」などと呼ばれている人気のエリア。道沿いにはおしゃれなカフェ、レストラン、雑貨店、スパなどが軒を連ね、だいたい20時~24時頃まで営業しています。特に、おしゃれなベトナム雑貨が揃うエリアとしても有名ですので、品質の良いお土産を探すなら、ドンコイ通りがおすすめです。

お土産雑貨おすすめショップ①:Saigon Kitsch

フランス人デザイナーが手掛けたオリジナル雑貨は、どれもデザイン性が高いものばかり。Tシャツやクッションカバーといった布製品から、マグカップ・食器・箸・コースターといった日用雑貨など、キッチュでかわいい雑貨が揃っています。
住所:43 Ton That Thiep, Dist1, Ho Chi Minh City 70000, Vietnam

お土産雑貨おすすめショップ②:Authentique Home

ホーチミンでは数少ないバッチャン焼を主に扱うお店です。おしゃれでモダンな焼き物が多数揃っていて、センスの良い茶器や器類から、クッションカバーなどのインテリア系の雑貨まで扱っていますので、ローカル市場では出会えない素敵なお土産をお探しの方におすすめです。
住所:113 Le Thanh Ton Street, District 1, Ho Chi Minh City 70000, Vietnam
ホーチミンの中華街エリアで、中華料理店や寺院などが数多く並び、中国とベトナムをミックスしたような独特の雰囲気が漂う観光スポットです。チョロンでは、「ティエンハウ寺」や「チャータム教会」などの観光スポットがあります。

ビンタイ市場

「チョロン」はベトナム語で「大きな市場」という意味で、ビンタイ市場は「チョロン」そのものといった巨大な屋内市場です。大小ひしめく様々な店舗には、ベトナムコーヒーやお菓子などの食品、アオザイなどの衣料品やかわいいローカル雑貨、陶器、コスメに至るまで、ベトナムのほとんどのお土産が一堂に揃っています。
これまでベトナムのおすすめ観光スポットなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?各地域によって気候も特徴もまるで違う魅力的たっぷりのベトナム。観光のベストシーズンを参考に、楽しい旅行を計画してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/26/20/53/coffee-3264067_960_720.jpg