Dixwybqg4rhs2wyg6j7i

東京

CATEGORY | 東京

東京のおすすめ温泉ランキングTOP12【2018年度版】~日帰り・カップル~

2018.09.21

大都会東京で、日頃の疲れを癒したりリラックス効果のある温泉に行きたい! そう思っている人も多いはず。東京には気軽に行ける温泉が沢山あります。 今回は東京のおすすめ温泉ランキングTOP12と温泉の効果的な利用方法をご紹介いたします!

  1. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】おすすめ温泉ランキングご紹介!
  2. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】1位 大江戸温泉物語
  3. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】2位 星のや東京
  4. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】3位 東京ドーム天然温泉 スパ ラクーア
  5. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】4位 蒲田温泉
  6. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】5位 天然温泉 久松湯
  7. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】6位 天然温泉平和島
  8. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】7位 水月ホテル鴎外荘
  9. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】8位 京王高尾山温泉 極楽湯
  10. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】9位 前野原温泉 さやの湯処
  11. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】10位 末吉温泉 みはらしの湯
  12. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】11位 兜家旅館
  13. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】12位 地鉈温泉
  14. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】天然温泉と人工温泉の違い
  15. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】疲れに利く入浴法➀全身浴
  16. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】疲れに利く入浴法②半身浴
  17. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】疲れに利く入浴法③足湯
  18. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】温泉で注意すること➀
  19. 【東京でおすすめ温泉~日帰り・カップル・安いなど~】温泉で注意すること②
  20. まとめ
東京都内には温泉街も顔負けの本格的な天然温泉が沢山あります。 今回はそんな都内温泉の中でも人気の高い12か所をランキング形式で発表! 是非、利用してみてはいかがでしょうか?
温泉(おんせん)は、地中から湯(熱水泉)が湧き出している現象や場所、湯そのものを示す用語である。その熱水泉を用いた入浴施設やそれらが集まった地域(温泉街、温泉郷)も一般に温泉と呼ばれる。人工温泉と対比して「天然温泉」と称する場合もある。 熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係に地熱などにより地下水が加温される非火山性温泉に分けられる。含まれる成分により、様々な色、におい、効能の温泉がある。 広義の温泉(法的に定義される温泉):日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされる(後節の「温泉の定義」を参照)。温泉が本物か否かといわれるのは、温泉法の定義にあてはまる「法的な温泉」であるのかどうかを議論する場合が一般的である(イメージに合う合わないの議論でも用いられる場合がある)。アメリカ合衆国では21.1度(華氏70度)、ドイツでは20度以上と定められている。

日本全国にある大江戸温泉、東京にはお台場にあります。お台場なので都内からも好アクセスで、日帰りで温泉旅行気分を味わうことができます。そんな大江戸温泉物語、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分を味わうことができ、テーマパーク的な人気もあります。食事や縁日、散策を楽しんだら、天然温泉につかってゆっくり疲れを癒しましょう!露天風呂や様々な種類のお風呂があるので、長時間でも楽しむことができます。また、屋上足湯は美しい東京の夜景を見ながらリラックスできるので非常に人気!温泉だけではなく、様々な楽しみ方ができるのも魅力的な温泉です。
東京駅のすぐそば、大都会の大手町にある、日本でも有名な旅館、星のや東京。大都会の東京・しかも最上階の17階に天然温泉があるというので驚きです!高級旅館なだけあり、お値段もかなり張ってしまいますが、たまには自分にご褒美を。強塩温泉は、冷え性や肩こり、抹消循環障害などにも効果的で、普段の仕事の疲れを癒してくれること間違いなし。オフィス街にあるということもあり、仕事帰りに利用する方も多いようです。内風呂だけではなく、露天風呂もあり、ゆっくりと贅沢な時間を過ごすことができます。
その名の通り、天然温泉を使用したスパ施設である東京ドーム天然温泉 スパ ラクーアでは、海外の高級ホテルのプールのようなきれいでおしゃれな施設の中で温泉を楽しむことができます。東京ドーム天然温泉 スパ ラクーアは都内の女性に大人気。様々なイベントなども行われているほか、温泉だけではなく、レストランやスパなども充実しています。丸1日滞在してゆっくりと癒すの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?特に女性同士の利用の場合は、お得に利用できるレディースデーがおすすめです!
東京都内では、下町感溢れているレトロな温泉も人気です。昭和12年創業の蒲田温泉では、ワンコインという安い価格で天然温泉を楽しむことができ、おすすめです。黒湯という色の黒い温泉が人気で、地元の方で連日にぎわっています。他にも大田区内では様々なところで黒湯が沸きだされているので、是非行ってみてはいかがでしょうか?
今、東京都内でとっても人気の温泉、天然温泉 久松湯では、天然温泉に入りながらプロジェクションマッピングを楽しむことができるんです!入浴中、リラックスしながらただボーっとしているのも良いですが、それだけでは少し退屈になってしまうときってありますよね。そんなときにきれいなプロジェクションマッピングを見たら、より楽しめること間違いなし!また、料金も非常にリーズナブルでなんと460円!とってもおしゃれで最新の天然温泉がワンコイン以下で利用できるので、是非行ってみてはいかがでしょうか?
天然温泉平和島は、天然温泉はもちろん、様々な種類のお風呂を楽しむことができる人気の温泉です。また、羽田空港にも近いので、旅行中の方や、前泊している方もおすすめです!空港行きの送迎バスもあるので、そのまま空港に行くことも可能です!24時間営業なので、深夜便や早朝便でお風呂に入りたいけれど入れない・・・なんて方でも利用しやすいので、都内の方はもちろん、旅行中に使用したい方にもおすすめです!
非常に歴史が長く、東京都内の天然温泉で第一号に認定されたのが、この水月ホテル鴎外荘。その名の通り、森鴎外ゆかりの地として知られているほか、なんと名作舞姫を執筆した部屋まで今も残っているそうなので日本史ファンや文学好きの方には溜まりません!非常に歴史が長く、風情のある外観・内装は都内には思えず、温泉旅行b気分を味わうことができます。また、宿泊でなくても、2時間利用や、日帰り利用などもできるので是非行ってみてはいかがでしょうか?
都内でも人気の観光スポット、高尾山。連日多くの人がハイキングや散策に訪れる人気の山ですが、ハイキング帰りに利用することができるのが京王高尾山温泉 極楽湯です。この温泉では、なんと7種類もの温泉を楽しむことができるうえ、外の景色も非常に美しいので普段の都会での生活を忘れてリラックスすることができます。もちろん、日帰りでの利用もできるので、ハイキング後そのままゆっくり温泉を楽しんだら、施設内でお食事をいただいて帰るコースがおすすめです!
池袋や新宿からもすぐの東京23区内にある板橋では、都会とは思えないような美しい温泉、前野原温泉 さやの湯処があります。また、ここ 前野原温泉 さやの湯処では源泉かけ流しが非常に人気で、都内や埼玉方面からも気軽に来ることができると温泉好きの人に非常に人気の高い温泉です。古家をリノベーションした、歴史情緒を感じながらもどこか現代風なデザインの温泉は、非常におしゃれ!日帰り温泉のほか、お食事も楽しむことができるので都内にいながらも旅行に来たかのような気分をあじわえておすすめです! 
伊豆諸島の八丈島にある末吉温泉 みはらしの湯では、海の目の前で入ることができる露天風呂が大人気!都内の温泉の中でも非常に人気で絶景スポットともいわれています。塩化物泉の天然温泉で、非常に美しい緑色をしています。水着着用で入ることができる温泉もあるので水着もあればもっていきましょう!八丈島に旅行に来た方はもちろん、都内からも日帰りで楽しむことができるので是非、行ってみてはいかがでしょうか?
奥多摩檜原村ちかくの秘境に位置する兜家旅館は、昔話にでてくるようなレトロな雰囲気の茅葺き屋根の旅館。日帰り温泉も楽しむことができ、観光客や、温泉好きの方にも非常に人気です。秋川渓谷を見ながら楽しむことができ、風情のある景色の中アルカリ泉でリラックスすることができます。温泉好きでまだ行ったことのない方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?
東京都新島村・式根島にある地鉈温泉では水着を着用して利用できる混浴露天風呂が無料で楽しめます。そのままの自然の温泉なので満潮や潮の満ち引きなどによって湯の量や温度が変わるのも面白いです。東京都内のみならず、日本全国でもなかなか見ることができない本当の天然の温泉なので日帰り温泉や宿泊でも是非利用してみてはいかがでしょうか?他にも無料で利用できる温泉はたくさんあります。是非、水着をお忘れなく楽しんでくださいね!
天然温泉と人工温泉は以下のように定義はかなり異なります。ですが、効果はそんなに変わらないとされています。一般的に温泉街などは温泉が沢山湧き上がる地域が温泉街になっていったとされていますが、最近では都内などでも天然温泉の温泉は非常に増えています。
天然温泉の定義とは、以前紹介した温泉の定義そのものです。地熱などで温められた地下水というのが伝統的に使用されてきた温泉の語の定義で、それ以外に温泉法という法律で決められた定義もありましたね。 人工温泉は、こういった温泉の特徴を人工的に再現した温泉です。つまり、25度以上で湧出する地下水以外の水を温めて、温泉の成分を人工的に加えたもののことを指します。温泉を再現するためには、鉱石を加えたり入浴剤を加えたりなど様々な方法がありますが、いずれの場合でも温泉法の温泉として適応・禁忌症などをうたうことは出来ません。 ただ、人工温泉で加える成分が医薬部外品の製造認証を受けている鉱石の場合には、その鉱石の成分によって効能をうたうことができます。効能が表示できるならば、一般的な利用者にとっては温泉とあまり変わらないという印象かもしれません。こういった温泉のことを準温泉(準天然温泉)として、人工温泉の中でも差別化をして売り込んでいる場合も多く見られます。

湯を使う風呂が一般的でなく、衛生に関する知識や医療が不十分であった時代には、温泉は怪我や病気に驚くべき効能がある、ありがたい聖地であった。各温泉の起源伝説には、鹿や鶴や鷺(サギ)などの動物が傷を癒した伝説や、施浴などを通して入浴を奨励する仏教の影響で弘法大師等高名な僧侶が発見した伝説が多い。このような場所は寺や神社が所有していたり、近隣共同体の共有財産であったりした。 明治時代になると温泉の科学的研究も次第に盛んになった。昭和以降は温泉医学及び分析化学の進歩によって温泉の持つ医療効果が実証され、温泉の利用者も広範囲に渡った。 1931年(昭和6年)、九州大学が豊富な温泉資源に恵まれた別府温泉に温泉治療学研究所を設置したのをはじめ、温泉療法の研究が国立6大学に広がり盛んになった。1935年(昭和10年)には日本温泉気候学会が設立され、温泉気候およびその医学的応用に関する学術的研究が進む。日本温泉気候学会から改称された日本温泉気候物理医学会は、温泉療法医・温泉療法専門医の認定を行っている。三朝温泉ではラジウムの効能に目を付けて1939年(昭和14年)に温泉療養所が設けられるなど、温泉と近代医学を結びつける温泉療法の研究が行われてきた。また太平洋戦争後は原子爆弾被爆者別府温泉療養研究所が開設され、被爆者援護においても温泉療法の研究が行われた。 いわき湯本温泉近くにある競走馬リハビリテーションセンターの馬の温泉のように、競走馬の湯治として活用されている温泉施設もある。 日本の環境省は、温泉法第18条などで、温泉の効用に当たる「適応症」と、逆に温泉に入ることで病状が悪化する可能性のある「禁忌症」を定めている。かつて妊娠中の女性が温泉に入ると、流産や早産を招くという意見があったが、科学的根拠は無く、妊婦が温泉に入っても健康上の問題はないとされる[3]。

せっかく温泉に来たなら、たださっとはいるだけではもったいない!効果を意識しながら、ゆっくりと温泉を楽しみましょう!そこでおすすめの入浴法をいくつかご紹介いたします!まず1つ目は全身浴。全身浴とは肩までお湯につかる入浴法のことを指し、入ったときに1番疲れが取れる入浴法です。この方法は、心臓には負担がかかるのでいきなりではなく、まずは半身浴などからスタートするのがおすすめ。炭酸風呂などでは心臓の負担が少ないとされているのでおすすめです!全身浴をすることで全身の血の巡りが良くなって体温もあがり、疲れがとれます!
次にご紹介するのが半身浴。その入浴法はご存知の方も多いはず。へその位置まで入浴する方法で、下半身を主に温めることができる入浴法です。心臓に負担をかけずに、体を温めることができるので心臓が弱い方にもおすすめです。下半身を温めることで全身のめぐりが良くなり、血行促進などの効果ができます。長時間お風呂につかるとのぼせてしまうという方はまずは半身浴からスタートしてみてはいかがでしょうか?
最後にご紹介するのは、「足湯」です。最近では街中にも足湯スポットが増えてきていますが、「足しか入っていないのに効果あるの?」と思っている方、必見!足湯だけでも体にはとても効果的なんです!足にはおおきな血管があるため、足を温めることによって全身の血行が促進され、体も非常にあたたまります。温泉には入る時間がないけれどリラックスしたい!という方はぜひ足湯を利用してみてはいかがでしょうか?
温泉を利用するにあたって注意することがいくつかあります。まず1点目は、入浴後に体を冷やすものを食べたり飲んだりしないことです。体が温まった状態で急につめたいものを体に入れると、体がびっくりしてしまったり、お腹を壊してしまう場合も。特に、温泉上がりに牛乳!は有名ですが、あまり冷えすぎたものを飲んでしますとお腹を負わす可能性大なので注意が必要です。
せっかくの温泉だから、長い時間つかろう!サウナに長時間いよう!などと考えている方、要注意です!普段しないようなことを急にすると、特に温泉などの場合倒れてしまう可能性も。。。無理をせず、自分のペースで楽しみましょう!また、水分補給を忘れずこまめに水分を取ることも重要です。お風呂が苦手という方は無理をせず、こまめに出入りをしたり、全身浴ではなく半身浴で楽しむことをおすすめします!
いかがでしたでしょうか?東京都内には日帰りや都内からでも気軽に行ける温泉が沢山あります。また、天然温泉も数多く、日帰りながらも温泉旅行に来たかのような気分を味わうことができておすすめです!日頃の疲れを癒すことができる温泉でリラックスタイムを楽しんでくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.flickr.com/photos/147418056@N08/33236752705