Xm39ahd2ipeadvszheww

京都

CATEGORY | 京都

嵐山の天龍寺完全攻略8【2018年度版】~御朱印やアクセス方法まで~

2018.09.22

京の都・花の都「京都」。京都は日本を代表する観光地で歴史ある寺社仏閣や世界遺産など見所がいっぱいです!京都の中でも人気のスポット嵐山。嵐山を代表する天龍寺。庭園や竹林の素晴らしいお寺です。気になる天龍寺の御朱印やアクセス方法、駐車場情報など徹底解説いたします。

  1. 京都
  2. 【嵐山】天龍寺の庭園や竹林、御朱印、駐車場情報1 「嵐山」
  3. 【嵐山】天龍寺の庭園や竹林、御朱印、駐車場情報2 「渡月橋」
  4. 【嵐山】天龍寺の庭園や竹林、御朱印、駐車場情報3 「天龍寺」
  5. 【嵐山】天龍寺の庭園や竹林、御朱印、駐車場情報4 「庭園」
  6. 【嵐山】天龍寺の庭園や竹林、御朱印、駐車場情報5 「御朱印」
  7. 【嵐山】天龍寺の庭園や竹林、御朱印、駐車場情報6 「駐車場」
  8. 【嵐山】天龍寺の庭園や竹林、御朱印、駐車場情報7 「拝観料」
  9. 【嵐山】天龍寺の庭園や竹林、御朱印、駐車場情報8 「周辺の見所」
  10. まとめ
「千年の都」、「日本人の心のふるさと」とも言われる京都は、街中に多くの世界遺産があり、文化都市ときて、また国際観光都市として世界中に知られている場所です。京都を訪れる観光客は、年間5千万人にものぼり、国内はもとより世界各国から多くの人が訪れています。太平洋戦争の被害をほとんど受けなかった京都には、数多くの文化的遺産や古い街並みが当時のまま残り、京都市内には、二千あまりの自社仏閣があり、日本の国宝の20%、重要文化財の40%が京都に集まっています。
歴史の古い京都には、貴重な文化財が数多く残されており、美術・工芸・建造物など2000点以上が国の重要文化財に指定されています。その中の200点が国宝となっています。 京都の世界文化遺産は、清水寺・仁和寺・平等院・下鴨神社・上賀茂神社・東寺・龍安寺・金閣寺・西芳寺・銀閣寺・天龍寺・醍醐寺・西本願寺・高山寺・宇治上神社・延暦寺・二条城。 二条城以外は皆、自社仏閣で、平等院と宇治上神社以外は全て京都市内にあります。

京都の洛外・洛中

京都では、街の中心部を「洛中」、その周辺地域を「洛外」と呼んでいます。「洛」とは「都」のことで、首都が東京に移った今でも「洛」というと京都を意味しており、「京洛」とも呼んでいます。今でも「上洛」というと京都に行くことで、東京に行くことは「上京」といいますよね。京都の街中は、碁盤の目のようになっており、1つ1つの通りに名前がついています。「六条七条通りすぎ、八条越えれば東寺道、九条大路でとどめさす」という言葉が昔から残されているように、似たような街並みが続く京都の街で、子供達が迷子にならないように小さいときから、唄われてきた言葉です。
桂川の右岸にある京都市西京区の「嵐山」。京都でも人気の観光スポットです。嵐山は昔から名勝地として人々から愛されてきた場所です。北にそびえる小倉山とは桂川を隔てて、標高382メートルの嵐山という山がそびえており、その山の山麓周辺を「嵐山」と呼ぶようになりました。「花の嵐山」とも言われ、春には桜の名勝、夏には船遊び、秋には紅葉で彩られ、冬には雪景色が美しい場所です。山と水の織りなす四季それぞれの赴きは、たくさんの詩や歌、たくさんの小説や文学作品の舞台にもなってきた所です。
嵐山というと「渡月橋」。渡月橋は、桂川にかかる橋で、嵐山というと渡月橋というように全国にその名を知られている橋です。上皇が、「月が渡る様子は、まるでこの橋のようだ、、、以後、この橋を渡月橋と呼ぼう」とおっしゃられたので、この橋を渡月橋と呼ばれるようになつたという言い伝えがあります。渡月橋の他にも、法輪寺橋や御幸橋とも呼ばれることもあります。現在の渡月橋は昭和9年に立て替えられたもので、橋の上からの眺めは素晴らしく、時代劇などにもたびたび登場しが、桂川北岸の臨川寺の前からの眺めが一番綺麗だと言われています。

三船祭り

渡月橋の周辺では、毎年5月の第三日曜日に、「三船祭り」が行われて、毎年約10万人の人が訪れます。三船祭りは、宇多天皇が舟を浮かべて詩歌管弦を楽しまれたということから、舟遊びが再現されたお祭りで、20隻あまりの舟を浮かべて、王朝さながらの雅びやかな行事が繰り広げられます。このお祭りは嵯峨野の東の外れにある車折神社の例大祭です。
歴史に名高い「天龍寺」。世界遺産にもなっている天龍寺は、足利尊氏が後醍醐天皇の冥福を祈るために創建した臨済宗天龍寺派の大本山です。かつても亀山天皇の離宮であった場所に建てられたものです。
足利将軍の壮大な支援を受け、広大な寺域と多数の子院があり、京都五山第一位の格式を誇っていました。何度も火災にあい、段々と縮小してしまいましたが、創建された同時は、今の境内の広さの10倍はあったといわれています。
このお寺は庭園が美しいことでも知られており、地泉回遊式て家湯で、池のまわりには自然石や滝があり見事な庭園です。建物は新しいですが、開山の夢窓疎石の作による庭園は「槽源池庭園」と呼ばれ、昭和30年5月に国の史跡・特別名所として一番目に指定されました。 法堂の天井には日本画家の加山又造による「八方睨みの龍」として評判があり、見所の一つにもなっています。また、天龍寺造営の費用をまかなうため、足利尊氏が特別に船を仕立てて大陸との貿易にあたらせ、その船を「天龍寺船」と呼んだということは、学校の歴史の教科書にも登場する有名なお話です。この貿易事業は、その後の日本経済に大きな貢献を残したということです。また、京都にある南禅寺や大覚寺とともに「湯どうふ」が天龍寺の名物にもなっています。
天龍寺の御朱印は、御朱印所で頂けます。天龍寺の御朱印は、京都五山第一位にふさわしい達筆で綺麗な御朱印です。御朱印帳も購入することができ、天龍寺のオリジナル御朱印帳も1200円で販売しています。
Smtgpsoatg0oicls2ik5
引用: blogs.c.yimg.jp/res/blog-a3-78/egacite/folder/1511591/65/60877365/img_10?1302434064
100台収容可能な駐車場あり。乗用車1台1000円
Jymfmujt1gd87mkclrf0
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/42/62/62/src_42626273.jpg?1456086588
Wbfsbsr9nukvqgy9gsb9
引用: blog-imgs-53.fc2.com/k/y/o/kyoto1966/45-3.jpg
拝観料(庭園) 大人500円、小・中学生300円、未就学児無料 (諸堂)庭園拝観料+300円

野宮神社

天龍寺の北側にある野宮神社。縁結びや、子宝、安産にご利益のある神社として知られています。かつて新しい天皇が即位するごとに、天照大神のみつえしろとして伊勢神宮に赴く齋宮に選ばれた皇女が、出発する前に潔斎を行っていた場所と伝えれています。また野宮神社から大河内山荘にかけては美しい竹林が広がり、インスタ映えのスポットとしても大変人気があります。

大河内山荘

天龍寺の西側にある「大河内山荘」。大河内山荘は、あの有名な丹下左膳をはじめ、数々の時代劇に出演した映画スター、大河内伝次郎が30年あまりの歳月をかけて造った別荘です。約2万平方メートルという広い敷地には、回遊式庭園となっており、松や苔の緑が美しく、展望台もあり、その展望台からは京都市街が一望でき、眼下には桂川の流れも望むことができ、ビュースポットにもなっています。敷地内には多くの建物があり、そのほとんどが国の登録有形文化財に指定されています。大河内伝次郎が別荘として使用していたころは、片岡千恵蔵や京マチ子、山田五十鈴といった共演者が招かれていたそうです。現在は有料で一般公開しており、そこで抹茶や和スイーツを頂くことがでぎす。

亀山公園

中之島公園とと共に「嵐山公園」とも呼ばれますが、園内に亀山天皇の火葬塚があることから一般的に「亀山公園」と呼ばれるようちなりました。四季を通して一年中美しい公園ですが、特に桜のと紅葉の美しい名所として知られています。展望台もあり、そこから見る桂川の眺めがとても美しいです。
京都五山の第一位、天龍寺はいかがだったでしょうか?こちらを参考に天龍寺の散策をお楽しみください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://photo1.ganref.jp/photo/0/1b675b226c638d357f37824b6757dbec/thumb5.jpg