Etmfzyt6vrsxebrxdjhl

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

ニューヨークのブルックリン橋へ行こう!歩き方や夜景スポットなど【2018年】

2018.09.21

芸術に、観光に、ファッションにとエキサイティングな街ニューヨーク。そのニューヨークのおすすめ観光スポットの一つ、ブルックリン橋。そのブルックリン橋のおすすめ歩き方や、夜景スポットなどご紹介します。夜景がきれいなレストランやバーなども紹介します。

  1. ブルックリン橋って
  2. ニューヨークのブルックリン橋、そのおすすめ歩き方や夜景スポット:ブルックリンからの歩き方
  3. ニューヨークのブルックリン橋、そのおすすめ歩き方や夜景スポット:マンハッタン側からの行き方
  4. ニューヨークのブルックリン橋、そのおすすめ歩き方や夜景スポット:注意したいこと
  5. ニューヨークのブルックリン橋、そのおすすめ歩き方や夜景スポット:夜景スポット
  6. 最後に
ニューヨークの観光スポットの一つ、ブルックリン橋。よくガイドブックなどに書かれているのは遠くからブルックリン橋を見て観光するのですが、やっぱりこの橋は自分で渡りたいですよね。タクシーなどを使って車ではもちろん渡れるのですが、自転車や徒歩でも渡ることができます。昼間にゆっくりと渡ることも出来るのですが、夜景を見ながら歩くのもおすすめです。そんなブルックリン橋の徒歩での渡り方をご紹介します。
ブルックリンからのブルックリン橋への行き方は2通りあります。
でも近いほう便利な法の一つをご紹介します。 行き方は、キャッドマンプラザ・イーストに沿った高架線下の階段からアプローチします。
階段の最寄りの地下鉄の駅は、地下鉄A/C線「ハイストリート」(high street)駅から徒歩約4分、または地下鉄F線「ヨークストリート」(York Street)駅で、徒歩約6分です。
もう一つのティラリーストリート(Tillary Street)とアダムストリート(Adams Street)の交差点を経由した行き方もあるのですが、徒歩8分とちょっとかかるので、紹介するのはやめておきますね。
ニューヨーク旅行に行く場合、ほとんどの方は観光にも便利なマンハッタンにホテルを手配すると思います。 今回はマンハッタンに宿泊している方や、マンハッタン観光の途中にブルックリン橋を観光する場合の歩き方をご案内します。
マンハッタン側からブルックリン橋へ行く場合は、地下鉄の駅からすぐです。最寄りの地下鉄駅は4、5、6線の「ブルックリンブリッジ・シティーホール(Brooklyn Bridge City Hall)」駅です。その他にはN/R線「シティーホール」駅、2/3線「パークプレイス」駅からでも徒歩5分ぐらいです。
ニューヨークのブルックリン橋は歩行者用と自転車用とに白線で分けられています。 ただその幅はそんなに広くなくきっちりと分けられているわけではないので、観光客が多い場合などは注意しましょう。平日の昼などは結構自転車は速度を出しているのでそれも注意しましょう。
橋の上にはトイレがありません。渡りきるのに30分はかかりますのでチャレンジする前にはトイレを済ませておきましょう。
そして夏の暑い時期は、橋にはコンビニや売店などもないので、熱中症に気をつけてドリンクなどは前もって準備しましょう。
以前は「LOVE LOCK」とも言われ、たくさんの鍵やイヤホンがぶら下げられていました。でも2016年以降は、これらのものをブルックリン橋にくくりつけると、罰金刑が課せられるようになりました。違反者には約100ドルの罰金となりますので、気をつけてくださいね。
夜景を楽しみたい場合、ブルックリンからマンハッタン方向へ歩くのがおすすめなので、マンハッタン側にホテルをとっている方はいったん、地下鉄でブルックリン側に行ってから歩きましょう。
こちらから歩くと、美しく光り輝く夜景の摩天楼、ガイドブックでよく見るニューヨークの夜景写真が見られます。
ライトアップされたブルックリン橋、きらきらするマンハッタンの眺望は最高です。
それ以外ではブルックリンハイツプロムナードです。この二つのスポットは近くにあるので両方観光することができます。
ブルックリンブリッジパークは、橋をはさんで南側と北側の両方から見るのがおすすめです。ブルックリンハイツプロムナードはちょっと高台になっているので、自由の女神も見ることができます。
なおガイドブックのような夜景を撮影したい方は、撮影用の三脚を用意しましょう。
ニューヨークのブルックリン橋はニューヨークに行ったときには必須の観光スポット。そのブルックリン橋を観光するのに、注意すべきことや、おすすめ歩き方や夜景スポットをご紹介しました。ニューヨークに行ったときはぜひブルックリン橋を観光してくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bn2TRkJg0-I/?tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E6%A9%8B