O09tvfqmzrvmaypjdnsp

岡山

CATEGORY | 岡山

岡山のグランピング施設まとめ!おすすめ5選【2019年版】

2019.04.18

最近グランピングという新しいキャンプスタイルが幅広い人から注目を集めています。岡山にもグランピングが体験できるスポットが増えてきました。ここでは宿泊OKなところや、人気の牛窓や、ビアガーデンでのグランピングなど、岡山の注目グランピングスポットをご紹介します。

  1. 岡山のグランピングスポット①ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ
  2. 岡山のグランピングスポット②おかやまファーマーズマーケット ノースヴィレッジ
  3. 岡山のグランピングスポット③SkyGardenGlamp Almin(アルミン)
  4. 岡山のグランピングスポット④Glamping & Cafe ベースビーチ
  5. 岡山のグランピングスポット⑤REALBBQ GARDEN 岡山
  6. まとめ
蒜山高原にある、ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジは、日本でも珍しい、木と木の間に張られ、宙に浮かんだグランピングスペースでのグランピングが楽しめます。中にはゆったりとしたソファやテーブルなどが配置されています。他にもTHE NORTH FACE製のドーム型のグランピングテントも選べます。これらのグランピングスタイルの場合は宿泊のみ利用が可能です。
バーベキュー食材セット(1人前3,240円)も用意されていますし、BBQに必要な器具も貸してもらえますので、手ぶらでグランピングが可能です。また他にもビレッジ内にはレストランもありこちらで手軽に食事をとることも可能。施設内にはキッズアドベンチャーという、アスレチックもありますので、お子様も1日楽しんで遊べます。日本名水百選に選ばれた「塩釜冷泉」も是非味わってみてくださいね。
勝央町にある、農業公園「おかやまファーマーズマーケット ノースヴィレッジ」は、アスレチックやミニ動物園、芝生広場、農業収穫体験、そして宿泊施設まで揃っている、1日中遊べるレジャースポットです。
こちらでは豪華なグランピングとまではいきませんが、イージーグランピングという、リーズナブルに楽しめるグランピング施設があります。必要なものはすべて準備されているので、着替え一つでグランピングが体験できます。テントの中はガーランドが飾られていたり、可愛らしい内装。アウトドアはちょっと苦手という女子でもテンションがあがりそう。
岡山天満屋から徒歩3分、福武ジョリービルの屋上にあるSkyGardenGlamp Almin(アルミン)は、チーズフォンデュや肉料理、アヒージョなどのお食事を楽しみながらグランピングが楽しめるレストランです。ゆったり贅沢な個室気分で美味しいお料理を頂けます。
他にもテーブル席もあり、こちらは暖かい時期にはビアガーデンとして利用されています。宿泊はハードルが高いけれどグランピングを気軽に体験してみたいという方にはおすすめのスポットです。テント席は数が少ないので、早めのご予約を。
日本のエーゲ海といわれる、瀬戸内市牛窓町をご存知でしょうか。牛窓がエーゲ海と呼ばれる所以は、美しい海や温暖な気候もそうですが、牛窓のノスタルジックな街並みがとても風情があり、恋人の聖地として認定されたほど、ロマンチックな場所としても知られています。そんな牛窓にオープンしたのがGlamping & Cafe ベースビーチというグランピングでバーベキューや季節メニューが楽しめるスポットです。
面倒な準備はすべてお店がやってくれるので、あとは楽しむだけ。海を見ながらの優雅なグランピングを体験できます。海の家を改装したというお洒落なカフェが隣接していますので、グランピングの後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。グランピングは日帰り利用のみで、昼の部・夜の部の2部制になっています。完全予約制なので、早めにご予約されることをおすすめします。
最後にご紹介するのは、本格バーベキューとビアガーデンが楽しめるREALBBQ GARDEN岡山。岡山天満屋の屋上にあります。こちらには1日1組限定になりますが、グランピングをしながらバーベキュー料理とビールが楽しめます。
一般のビアガーデン席と同様、飲み放題食べ放題の他、グランピングでは丸鶏チキンや、骨付きステーキ、スパークリングワインを樽で提供という贅沢さ。これで男性:5500円・女性:4500円はかなりお得かも。2018年は10月6日(土)までの営業となっていますので、ご利用はお早めに。
岡山でグランピングが体験できる注目スポットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。岡山にも泊まりでゆっくり楽しむグランピングや、会社帰りなどに気軽に楽しめるグランピングなど、魅力的なスポットがあるようです。是非早めに予約してグランピングを体験してみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bl9c1vznJMd/?tagged=%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%82%84%E3%81%BE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88