Wajai8a16f1g5nwgtvrk

神奈川

CATEGORY | 神奈川

箱根でケーブルカー2018年版!料金や時刻表など役立つ情報をご紹介!

2018.09.26

秋のレジャーはケーブルカーで箱根登山をしませんか?特に紅葉の時期には美しい景色が楽しめるでしょう。ここでは箱根登山ケーブルカーのお役立ち情報をまとめます。料金や時刻表やおすすめスポットなど役立つ情報をご紹介しますので、お出かけの際は参考にしてくださいね。

  1. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報①箱根登山ケーブルカーとは?
  2. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報②箱根登山ケーブルカー路線図
  3. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報③乗車時間と時刻表
  4. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報④乗車料金と支払い方法
  5. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑤お得な切符
  6. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑥おすすめの季節は6月から7月
  7. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑦トイレがあるのはどの駅?
  8. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑧食事をするならどの駅がおすすめ?
  9. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑨おすすめのお土産は?
  10. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑩ケーブルカーの次はロープウェイに乗ろう
  11. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑪【おすすめスポット】ポーラ美術館(強羅駅)
  12. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑫【おすすめスポット】強羅温泉(強羅駅)
  13. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑬【おすすめスポット】宮城野 早川堤(強羅駅)
  14. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑭【おすすめスポット】箱根強羅公園(公園下駅)
  15. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑮【おすすめスポット】箱根写真美術館(公園下駅)
  16. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑯【おすすめスポット】カフェ プレジール・ドゥ・ルフ(公園下駅)
  17. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑰【おすすめスポット】ローズガーデン(公園上駅)
  18. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑱【おすすめスポット】箱根マイセンアンティーク美術館(公園上駅)
  19. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑲【おすすめスポット】早雲山展望テラス(早雲山駅)
  20. 箱根でケーブルカー!お役立ち情報⑳【おすすめスポット】CAFE Ryusenkei(早雲山駅)
  21. まとめ
箱根登山ケーブルカーとは、箱根登山鉄道の終着駅である強羅駅と早雲山駅とを結ぶケーブルカーのこと。箱根登山鉄道ケーブルカーは関東地方では最も古く、日本では2番目に古いケーブルカー路線とされています。
箱根登山鉄道が開業した1919(大正8)年から3年後の1921(大正11)年12月に開業しました。この路線建築に使われた装置は全てスイスから現物を輸入。現在に至るまでスイス製の車両が使われています。

箱根登山ケーブルカーの詳細情報

箱根登山ケーブルカーの最初の駅は強羅駅。箱根登山鉄道の終着駅がケーブルカーの始発駅となっています。始発駅の強羅駅から終着駅の早雲山駅までは全部で6つの駅があります。強羅駅に続いて公園下駅、公園上駅。その後、中強羅駅、上強羅駅を過ぎ、最後の早雲山駅に到着します。
たった6つの駅を進むだけですが、強羅駅と早雲山駅との標高差はなんと200m。かなり勾配の強い斜面を登ることがわかりますね。早雲山駅に近づくにつれて、次第に空気が薄くなるのを感じる人もいるでしょう。

箱根登山ケーブルカーの路線図

始発駅の強羅駅から終着駅の早雲山駅までの乗車時間はわずか10分ほど。全長1.2㎞の距離を10分かけてゆっくりと安全に登っていきます。強羅駅と早雲山駅の始発と終電の時刻はどちらも同じ。始発が7:41、終電が19:07です。
箱根登山鉄道とは時刻も本数も違いますので、登山鉄道からケーブルカーに乗り換える際は注意が必要です。必ず最新の時刻表をチェックしましょう。

箱根登山ケーブルカー 時刻表

強羅駅から早雲山駅までの乗車料金は、大人片道420円です。ケーブルカーに乗る前に箱根登山鉄道(小田原駅~強羅駅間)を利用する場合、乗車料金は合わせて大人片道1090円、往復で2180円となります。
箱根登山ケーブルカーで料金を支払う際は、必ず現金を用意しましょう。登山鉄道ではPASMOやSuicaといった電子マネーが使えますが、ケーブルカーでは不可。料金が払えないなんてことのないように、くれぐれも気をつけて下さいね。

箱根登山ケーブルカー 運賃表

箱根登山ケーブルカーに乗る際は、お得な切符を上手に使いましょう。日帰り旅行なら1日乗車券がおすすめ。箱根登山鉄道とケーブルカーが丸1日乗り放題。どの駅でも乗り降り自由です。料金は大人1,540円となっています。一方、箱根に宿泊するなら箱根フリーパスがおすすめ。
登山電車やケーブルカーの他、ロープウェイ、海賊船、登山バスが丸2日間乗り放題。箱根を周遊するのにピッタリの切符です。料金は大人4,000円となっています。またお得な切符は美術館や温泉などで優待券や割引券になることもあります。旅行の日程や予算に合わせて利用してみましょう。

箱根登山ケーブルカー お得な切符の詳細情報

箱根登山ケーブルカーに乗るなら、おすすめの季節は6月から7月。この季節は沿線にあじさいが咲き誇り、車窓からの景色がとても良いのです。箱根登山鉄道では沿線のあじさいをライトアップして、夜のあじさい号を臨時運行しています。機会があれば是非乗ってみましょう。
箱根登山ケーブルカーは登山鉄道より標高が高い場所にありますので、7月に入ってからの方があじさいが綺麗に咲き誇ります。水色やピンクのカラフルなあじさいを車窓から楽しみましょう。

あじさい電車の詳細情報

箱根登山ケーブルカーの路線でトイレがあるのは、始発の強羅駅と終着の早雲山駅のみとなっています。
そのうち強羅駅には多機能トイレやベビーベッドもありますので、障がいのある人や小さな子連れの人は強羅駅でなるべく準備をしておきましょう。
もし箱根登山ケーブルカーの沿線で食事をするなら、強羅駅をおすすめします。強羅駅内にはサンモリッツというカフェがありますし、駅周辺には蕎麦屋やお好み焼き屋、ラーメン屋、とんかつ屋などもあります。
飲食店の他にもいろいろなお店がありますのでお菓子や飲み物などを買うこともできますよ。強羅駅周辺を散策して、美味しそうなお店を探してみましょう。

箱根登山ケーブルカー各駅周辺の飲食店情報

箱根登山ケーブルカーのお土産を買うなら、強羅駅前にある四季の彩というお店に行ってみましょう。なかでもおすすめは、強羅地区にある豆腐屋さんの豆乳を使用した「箱根銀豆腐キャラメリゼバウム」。キャラメリゼが香ばしい大人気のバウムクーヘンです。
また雲助だんごもおすすめ。店内で手作りのものも食べられますし、お土産用もありますよ。こちらもお土産として人気があります。他にもいろいろありますので、気に入ったものを探してみましょう。

おすすめのお土産やグッズの詳細情報

終着駅の早雲山駅に到着したら、次はロープウェイに乗ってみましょう。早雲山駅は箱根登山ケーブルカーの終着駅でもあり、箱根ロープウェイの始発駅でもあります。
ロープウェイから見る箱根の景色は最高!大涌谷駅では富士山、ロープウェイの終着駅・桃源台駅では芦ノ湖も見られるます。桃源台駅からはさらに箱根海賊船に乗って、芦ノ湖をクルーズすることができますよ。

箱根ロープウェイの詳細情報

ここからは箱根登山ケーブルカー沿線のおすすめスポットをご紹介します。まず最初にご紹介するポーラ美術館はクォリティの高い本格的な美術館。とくにルノワールやピサロ、ドガなど印象派を代表する芸術家たちの絵画を楽しむことができます。
モネに至っては日本最大の19点ものコレクションが見られる非常に有名な美術館です。料金は大人1,800円(個人)。小中学生は土曜日無料で入館できますので、子連れの観光にもおすすめです。

ポーラ美術館の詳細情報

■神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山 1285 ■TEL 0460-84-2111 ■営業時間 9時~17時(入館は16時30分まで) 年中無休(ただし展示替のための臨時休館あり) ■アクセス 箱根登山ケーブルカー強羅駅からタクシー10分・施設めぐりバス「温生花園」行き13分
次にご紹介する強羅温泉は、1919(大正8)年の箱根登山鉄道開通に伴って本格的な開発が始められた温泉。現在の源泉数は46箇所。5つのタイプの泉質を楽しむことができます。タイプによってお湯の色合いが異なり、5色のパステルカラー温泉とも呼ばれています。
もし日帰り入浴がしたければ、強羅駅前にある「薬師の湯 吉浜」がおすすめ。料金は大人800円です。美肌効果の高いお湯が堪能できるでしょう。

強羅温泉の詳細情報

次にご紹介する宮城野 早川堤は桜の名所として有名。約150本のソメイヨシノが600mに渡り咲き誇ります。見ごろは毎年4月上旬から中旬。強羅駅から徒歩で来ること可能です。夜には2週間ほどライトアップが実施され、とても幻想的な桜の夜景が楽しめます。
ライトアップ期間は桜の開花状況に合わせて変わりますので、強羅観光協会の公式WEBサイトをこまめにチェックしましょう。6月下旬から7月上旬には蛍も見ることができるおすすめスポットです。

宮城野 早川堤の詳細情報

■神奈川県足柄下郡箱根町宮城野626-11 ■アクセス 箱根登山ケーブルカー強羅駅から車で約6分 徒歩約15分
次にご紹介する箱根強羅公園は、日本初のフランス式整形庭園として1914(大正3)年に開園されました。広い園内には陶芸やとんぼ玉のハンドメイドなどが体験できるクラフトハウス、茶室、熱帯植物園といった様々な施設が設けられています。また花の名所としても有名。
毎年8月16日に行われる大文字焼きもこの公園から見ることができますよ。ちなみに入園料金は大人550円(一般税込)ですが、1日乗車券や箱根フリーパスを持っている人は無料になります。箱根の自然に囲まれながら公園散策を楽しみましょう。

箱根強羅公園の詳細情報

■神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300 ■TEL 0460-82-2825(受付9~17時)■営業時間 9~17時(入園は16時半まで) 年中無休 ■アクセス 箱根登山ケーブルカー公園下駅から正門まで徒歩約1分
次にご紹介する箱根写真美術館は、2002(平成14)年に開館した小さな美術館。常設展示では館長・遠藤桂の写真展が楽しめます。四季折々の富士山がとても素敵ですよ。2階のギャラリーでは国内外で活躍する新進気鋭の写真家による企画展などが実施されています。
ミュージアムショップでは富士山柄の風呂敷やカレンダー、ポストカードなどが販売されています。記念に1枚いかがでしょうか?観覧料金は大人600円、子人300円。6歳以下は無料となっていますので、子連れの家族旅行にもおすすめのスポットです。

箱根写真美術館の詳細情報

■神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-432 ■TEL/FAX 0460-82-2717 ■営業時間 10~17時(夏期6月末~8月末頃まで110~18時(最終入館)) 火曜定休(祝日を除く) ※展示入替等による臨時休業あり ■アクセス 箱根登山ケーブルカー「公園下駅」下車すぐ 「強羅駅」下車徒歩5分
次にご紹介するプレジール・ドゥ・ルフは、箱根写真美術館に併設するカフェ。美術館で写真を楽しんだあとコーヒーを飲みながらゆっくりした時間を過ごして欲しい、そんな思いから生まれた場所です。
季節や展示内容に合わせてメニューは変わりますが、美味しいカレーやスイーツを味わうことができるので人気のカフェです。ただ残念なことに臨時休業が多いので、チェックしてから行くのをおすすめします。

カフェ プレジール・ドゥ・ルフの詳細情報

■神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-432 箱根写真美術館内 ■TEL 0460-82-2717 ■営業時間 10:00-18:00(L.0.17:00) 火曜定休 ※不定休あり ■アクセス 箱根登山ケーブルカー「公園下駅」下車すぐ 「強羅駅」下車徒歩5分
次にご紹介するローズガーデンは、箱根強羅公園内にある薔薇園です。西門から入ってすぐのところにありますので、西門へ徒歩1分の公園上駅で下車するのをおすすめします。このローズガーデンでは約140種、1000株の薔薇が咲き誇ります。
見ごろは春と秋の年2回。春は5月下旬から6月下旬、秋は10月中旬から11月上旬となっています。箱根強羅公園の入園料金を払えば、ローズガーデンも無料です。上品な甘い香りを思いきり満喫しましょう。

ローズガーデンの詳細情報

■神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300 箱根強羅公園内 ■TEL 0460-82-2825(受付9~17時)■営業時間 9~17時(入園は16時半まで) 年中無休 ■アクセス 箱根登山ケーブルカー公園上駅から西門まで徒歩約1分
次にご紹介する箱根マイセンアンティーク美術館では、主に18世紀以降に製作されたマイセン磁器の作品を鑑賞することができます。ここでしか見られない古マイセン作品が楽しめますので、磁器や陶器をコレクションしている人にはたまらないでしょう。
美術館を見終わったら、併設されているカフェで一休み。庭園を眺めながらコーヒーでも飲みましょう。入館料金は大人1600円ですが、公式WEBサイトにあるインターネット割引を利用すると100円OFFになります。マイセン美術館に行く際は是非利用してくださいね。

箱根マイセンアンティーク美術館の詳細情報

■神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-653 ■TEL 0460-83-8855 ■営業時間 9~17時半(最終入館17時) 年中無休 ■アクセス 箱根登山ケーブルカー強羅駅から徒歩12分 公園上駅から徒歩6分
次にご紹介する早雲山展望テラスは、箱根登山ケーブルカーの終着駅・早雲山駅にある展望テラス。早雲山駅周辺の人気観光スポットの1つです。テラスの標高は757m。利用料金は無料です。
箱根外輪山や強羅の街並みが一望できますし、晴れた日なら相模湾まで見渡せます。夕暮れ時や日沈後も素晴らしいロケーションが楽しめますよ。とくに湘南の夜景はカップルに大人気。紅葉のシーズンもおすすめです。

早雲山展望テラスの詳細情報

■神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300 ■TEL 0460-82-3052 ■営業時間 24時間開放 定休日なし ■アクセス 箱根登山ケーブルカー「早雲山駅」下車すぐ
最後にご紹介するCAFE Ryusenkeiは、主に箱根や西湖、伊豆をベースにしている移動型カフェ。1967年製のキャンピングカー・AIRSTREAMを現在の電気自動車で牽引しながら移動しています。もちろんテイクアウトOKですが、AIRSTREAMの車内にはおしゃれなイートインスペースもあります。寒い日には是非利用してみましょう。
本格的なドリップコーヒーの他、ワインやビールなどのお酒も堪能できます。キーマカレーも食べられますので、腹ごしらえにもピッタリ。早雲山駅で出店する日については、公式WEBサイトのスケジュールでチェックしましょう。

CAFE Ryusenkeiの詳細情報

ここでは箱根登山ケーブルカーのお役立ち情報をまとめてみましたが、いかがでしたか?ケーブルカーで行ってみたいおすすめスポットがいろいろありましたね。
秋のレジャーではケーブルカーを利用する人もきっと多くなるでしょうから、お出かけの際は是非この記事の情報を参考にしてくださいね。箱根登山を思いきり満喫しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.ashinari.com/2010/01/12-032789.php