Atvorltc5bwikpzaz1xy

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄のおすすめハンバーガーランキングBEST18【2018年度版】

2018.09.22

沖縄と言えば美味しいグルメは色々ありますが、ハンバーガーも沖縄で必ず食べたいメニューのひとつです。今回は那覇をはじめ名店が揃う本部周辺の巨大なボリュームで食べ応え満点のおすすめ沖縄ハンバーガーについてご紹介したいと思います。

  1. 沖縄のハンバーガー事情
  2. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介1・キャプテンカンガルー
  3. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介2・A&W
  4. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介3・BurgerShop H&S
  5. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介4・GORDIES OLD HOUSE(ゴーディーズ・オールドハウス)
  6. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介5・BOASORTE(ボアソルチ)
  7. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介6・3S café(スリーエスカフェ)
  8. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介7・石垣島キッチン Bin
  9. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介8・Zooton’s(ズートンズ)
  10. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介9・ToTo la Bebe Hamburger (ととらべべ ・ハンバーガー)
  11. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介10・BONES B.B.Q. & Steak(ボーンズ バーベキューアンドステーキ)
  12. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介11・Eightman's SEA BURG(エイトマンズ・シーバーグ)
  13. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介12・BABYBABY HAMBURGER&BOOKS(ベイビーベイビーハンバーガー&ブックス)
  14. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介13・BENJAMIN BURGER(ベンジャミン・バーガー)
  15. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介14・PECOS(ペコス)
  16. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介15・JETTA BARGER M,ARKET(ジェッタバーガーマーケット)
  17. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介16・ウッディーズ
  18. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介17・氾濫バーガー チムフガス
  19. 沖縄で巨大なハンバーガーが食べたい!おすすめのショップをご紹介18・jef
  20. まとめ
和な琉球料理からアメリカンな洋食までがガッツリと楽しめる沖縄料理。グルメを楽しみに沖縄旅行の計画を立てる人もいるほど、沖縄の食の魅力は奥深いものがあります。 中でもハンバーガーは、老舗はもちろん、ここ数年はオープンラッシュとなっていて常に進化が止まらない状況です。東京では味わえない、ワイルド且つ繊細なハンバーガーを沖縄では見つけることが出来るでしょう。
沖縄本島北部にある、美ら海水族館から車ですぐのところにある有名ハンバーガーショップ。高速を使えば那覇からのアクセスも良いので、本部方面に遊びに行く際、キャプテンカンガルーで腹ごしらえをしてから行くのがおすすめです。ランチタイムには行列必須、少し時間をずらしていくのもいいですね。
おしゃれな店内はカフェのような雰囲気で、サーフィン雑貨などが飾られていて南国ムードたっぷり。大きな窓からは名護湾の美しい海が望めます。
名物のスパーキーバーガーはとにかくジャンボ!その嵩高さは口を普通に開いただけでは食べられないほど巨大なんです!噛み応えのあるバンズにしっかりとしたパティ、そこに一緒に挟まるアクセントのフライドオニオンの香ばしさが最高のハーモニーを生み出しています。ベースで働く外国人のファンも多く、まるで外国にいるかのような錯覚にもおちいるキャプテンカンガルー。因みに店名はカンガルーですが、もちろんカンガルーのお肉は使用しておりません。
沖縄のハンバーガーチェーンとして一番に思い出すのがこちら「A&W」です!食べ応えのあるバンズに馴染みのあるパティ、ワイルドな味わいを求めに、沖縄に来たら必ずA&Wでハンバーガーを食べてルートビアを飲む!と決めているファンも多いショップです。
那覇はもちろん、沖縄全土にブランチのあるバーガーショップですので、思い立ったらすぐに食べられるのも嬉しいですね。
恩名村にあるハンバーガーショップがBurgerShop H&Sになります。観光地としても有名な恩名村のホテルロードにありますので、観光中にも見つけやすいのが特徴です。外観もインパクトのあるカラフルな店舗ですが、店内は広くないのでランチタイムは行列必須かテイクアウト目当てが良いでしょう。
身体に優しいハンバーガー作りを目指していて、アレルギーなど申告すると可能な限り対応してくれるのも嬉しいポイントです。また、おすすめのよくばりバーガーは、一口では食べきれないような大きさでボリュームたっぷり!お腹を空かせて訪問したいお店です。
北谷町の海岸線を抜け、ベースの外国人住宅を通り越した馬場公園近くにある在沖縄アメリカ人から絶大な人気を誇るハンバーガーショップが「GORDIES OLD HOUSE」となります。スタッフこそ日本人ですが、時間帯によっては客層の100%がアメリカ人という、本気で外国に来てしまったかのような錯覚に陥ることが出来る本格派のハンバーガーショップです。
とくに巨大なアメリカンサイズでおすすめなのが1450円の「スペシャルバーガー」!こだわりの大きなバンズにも挟み切れないパティ、ベーコン、目玉焼き、チーズは全て贅沢に炭火で焼かれており、そこにフレッシュなレタスやトマトが彩りを添えています。とにかく大満足なボリュームと迫力に、サーブされた瞬間に初めての人はどよめいてしまう事請け合いです。
那覇からは車で30分かかりますが、ハンバーガーの為だけにドライブする、それだけの価値がある本格派のハンバーガーはいかがですか?
宜野湾市に2017年4月にオープンした比較的新しいハンバーガーショップが「ボアソルチ」。遊び心満載の店内はアメリカンな小物がここそこに飾られていて、まるでアメリカの田舎町に遊びに来たかのような気持ちになります。
こちらのお店の嬉しいところは、ハンバーガーを注文したお客様に限り、カウンターのサラダバーが食べ放題なんです!どうしても野菜不足になりがちなハンバーガーランチもこれでバランスがとれそうです。
おすすめのオリジナルハンバーガーは、なんと2種類のチーズが挟まっているんです!トロトロに溶けたチェダーチーズにカリカリに焼かれたチーズの食感がクセになるハンバーガーを是非楽しみに来てくださいね!
嘉手納にある「3S・cafe(スリーエスカフェ)」のハンバーガーの特徴は、なんといっても沖縄特産の紅芋入りのバンズです。薄紅色のバンズはコクがあり噛みしめるほどに味わいが広がるオリジナルです。
実はこちらのスリーエスカフェは2016年に鳥取県で開かれたハンバーガーの大会で特別賞に輝いている本格派なんです!
甘味が広がる紅芋のバンズと塩味のあるベーコン、肉厚のパティ、レタスやトマトが挟まっているバーガーは食べ応えも抜群!こちらのお店の嬉しいところは子連れへの配慮です。キッズメニューも充実していますので、子供連れでも気兼ねなく来店できるのがありがたいですね。ランチタイムはお得なセットとなっており、単品のバーガーを頼んでもフレンチフライが付いてきます、ママ友との子連れランチに是非利用したいお店です。
那覇から30分、北谷町にある石垣牛のパティが食べられることで有名なのが「石垣島キッチンBin」です。夜間はナイトマーケットを楽しむことが出来る北谷のローカル有名スポットハンビータウン。もとはアメリカ軍の基地があったロケーションなので、現在でも日本の風景とは少し違う建物などが立ち並び、黄色一色の石垣島キッチンBinの外観も意外なほど街の中に溶け込んでいます。
とにかく贅沢な食材を使うBinのハンバーガーは旨味がたっぷりと評判です。石垣牛を贅沢にミンチにしてコクのあるバンズに挟んでおり、そこにたっぷりのモッツアレラチーズを挟んだ石垣牛モッツァレラチーズバーガーが一番のおすすめです。夜は20時には閉店してしまいますので、早めのディナーでぜひ腹ごしらえをしてから夜遊びに行くのがいいですね!
那覇で一番人気!と評判のハンバーガーショップが「ZOOTON'S」ズートンズになります。国際通りからも徒歩でアクセス可能なこちらのお店、まるで外観はおしゃれな雑貨屋さんのような雰囲気です。
那覇の中心地というそのロケーションの良さから、ハンバーガーマニアはもちろん、アメリカンな雰囲気をちょっと味わいたい!という観光客までその客足は途絶えることがありません。ボリュームたっぷりの大きなハンバーガーですが、味わいはサッパリとしておりペロリと食べられます。中に挟まっているフレッシュオニオンの辛味が良いアクセントになっています。
またズートンズのハンバーガーはその提供スタイルが可愛らしく、インスタ映えもバッチリです。お皿にケチャップで書かれたニコニコマークに、とっても幸せな気分になりそうです。
沖縄美ら海水族館のある沖縄本島北部の本部、住宅街の中にひっっそりと建つのが「ととらベベハンバーガー」です。那覇からのアクセスは少し時間がかかりますが、北部観光の際にはぜひ立ち寄って頂きたいハンバーガーショップになります。
沖縄の古民家を再利用した雰囲気のあるお店で頂けるのは、バンズからパティ、ベーコンに至るまでが全て自家製と言うハンバーガーメニューの数々です! 一番のおすすめは特注のミンスミートを使った「ととらバーガー」760円!パティ、バンズにレタスにトマトというシンプルなハンバーガーですが、まるでステーキを食べているかのような食べ応えにはバーガーファンの間でも定評があります。
個性的なのは、なんとゴーヤを使ったタルタルソースや自家製のピクルスも食べ逃せません。是非、沖縄のハンバーガーを「ととらべべ」に食べに来てくださいね!
沖縄のうるま市にあるバーベキューレストランで味わえるのは、本格派の沖縄ハンバーガーです!自然が豊かな緑深い道を進んでいくと、アメリカンな雰囲気の「BONES B.B.Q. & Steak」を見つけられます。店内の天井は高く解放感たっぷり!BBQの香ばしい香りが漂い、お店に一歩入るだけでお腹が鳴ってしまいそうです。
おすすめは、ハンバーガーの大会で優勝したこともある「阿麻和利バーガー」。沖縄特産の人参を練りこんだバンズにゴーヤーのピクルス、沖縄の塩ぬちまーす、ソースにも沖縄の甘酒を使うというこだわりのハンバーガーなんです!
豚ロースのベーコンの旨味が広がる本格的な沖縄バーガーは一度食べたら癖になること間違いなしですよ。
那覇からもアクセスの良い、瀬長島ウミカジテラスの中に2017年8月にオープンしたのがこちら、Eightman's SEA BURGです!
こちらのバーガーショップの特徴は何と言ってもフィッシュバーグ!カリカリに揚げられたフィッシュミートがオリジナルのバンズに挟まり、食べ応えも抜群です。なんといってもおすすめは「チーズフィッシュバーガー」です!メカジキ、シイラ、ソデイカなどのシーフードをミックスして作られたパティは濃厚なチェダーチーズと相性も抜群です。お買い物ついでに是非、Eightman's SEA BURGお立ち寄りください!
那覇の国際通りにある新しいグルメスポット「国際通り屋台村」にあるBABYBABY HAMBURGER&BOOKS。ゆっくりと本を読みながらハンバーガーを食べることが出来る、那覇の新名所となっています。
沖縄出身のアーティストなどの個展なども不定期に開催していて、沖縄カルチャーの発信場所としても機能しているBABYBABY HAMBURGER&BOOKSのおすすめはグリルドトマトチーズバーガー!とにかく大きいハンバーガーに挟まったボリュームたっぷりのパティとトロトロに焼けたトマトが食欲をそそります!国際通りに遊びに来たら、ぜひBABYBABY HAMBURGER&BOOKSにお立ち寄りください!
那覇からは少し距離がありますが、行くだけの価値がある「ベンジャミンバーガー」。屋我地島(やがじしま)という小さな島と本島北部は橋で繋がっている小さな島の、素朴な集落の中にあるお店はつい見逃してしまいそうなほど沖縄の風景に溶け込んでまさに隠れ家のようです。
一番人気は王道のベーコンチーズバーガー!ふかふかに焼き上げられたオリジナルバンズに挟まったパティは厚みもたっぷり、BBQソースのフレイバーが癖になります。
バーガーと共に供されるフレンチフライもカリカリでハンバーガーの味を引き立てます。持ち帰りもできますので、目の前のビーチで大きなハンバーガーにかぶりつくのも最高ですね。 マッシュルームバーガーやチリバーガーなど、何度通っても飽きの来ないメニューの豊富さもこのベンジャミンバーガーの魅力です。
お酒を楽しむことが出来るバーガーショップ、まるでその佇まいはハンバーガーBarのよう。那覇空港からも近いので、旅行最終日のディナーにも最適です。
ハンバーガーBarですので、バーガーショップとしては珍しくランチ営業をしていないペコス。18時にオープンしてなんと閉店は26時!オリジナルのカクテルなども充実していますので、飲みの〆にハンバーガーというのも楽しそうですね。
いまや、沖縄観光では必ず行きたいスポットとなったのがアメリカンビレッジです。入り組んだフロアはまるで迷路のようで、お目当てのショップをすぐに見つけるのは至難の業!そんなロケーションにある超穴場ハンバーガーショップ、それがJETTA BARGER MARKETです。
おすすめは価格もリーズナブルなテリヤキチキンサムライバーガー!オリジナルのスパイシーなテリヤキソースを使ったジャパニーズアメリカンなハンバーガーとなっています。他にもテキサスバーガーなど、これぞアメリカンハンバーガー!という定番のハンバーガーもローカルのアメリカンに人気です。
カナダ出身のオーナーが作るウッディーズのハンバーガーは、一切日本人に寄せない味付けが大人気の本格的アメリカンハンバーガーとなっています。那覇からもアクセスの良い豊見城市にあり、南部では最強クラス!と言われるハンバーガーショップに数えられています。
とくにおすすめなのが、ブルーチーズを使用した「ブルーチーズバーガー」です!塩味の強いブルーチーズがしっかりとした味付けのパティと合い、そのチーズの香りとも相まって絶妙なフレイバーを醸し出し癖になること間違いなしです!筆者の連れはブルーチーズが苦手だったのですが、ここのブルーチーズバーガーは全く臭みが気になることなく食べきれましたので、ブルーチーズが苦手な人にこそお試しいただきたい絶品バーガーです!
那覇から車で15分!というアクセスの良いハンバーガーショップが「氾濫バーガー・チムガフス」です!チムガフスがあるのは「瀬長島/ウミカジテラス」という那覇から程近い比較的新しい商業施設とあって地元人にも大人気なんです。
氾濫バーガー、名前だけ聞いてもそのインパクトは大、ですが、とにかくチムガフスのハンバーガーはお皿の上で大氾濫!といった雰囲気のその大きさにまず圧倒されること間違いなしです。チムガフスとは沖縄弁で「満足」という意味なのだそうで、大きさだけでも大満足のハンバーガーショップとなっています。
おすすめはなんと言ってもオリジナルのハンバーガー!200グラムの超特大パティに、100グラムの厚切りベーコン、しっかりとした歯ごたえのバンズ、レタスもたっぷり挟まっていてなんと総重量は500グラム越え!特徴的なのは、挟まっているチーズが溶けるチーズではなくカリカリに焼かれたチーズなんです。ソースは卵を使用したオリジナルタルタルを使用していて、大きくてそしてバランスの良いハンバーガーとなっています。 値段はドリンクとポテトを付けると1600円超えとなってしまいますが、それに見合うだけのボリュームですよ!
最後にご紹介するのは沖縄生まれのファストフードチェーン「jef」です。jefではなんと沖縄特産のゴーヤーを使ったハンバーガー「ぬーやるバーガー」が食べられるんです。主流のグルメバーガーとは一線を画する、沖縄のハンバーガーはある意味インスタ映えもバッチリです!
jefは那覇をはじめ、沖縄南部を中心に4店舗展開していますが、沖縄のフレッシュな食材を積極的に使用しており、地産地消のメニューが半数以上という「おきなわ食材の店」に公式に登録されています。
那覇店ではできないのですが、なんとjefの豊見城店ではドライブインスタイルを採用しています。店舗の広い駐車場に車を停めて電話で店員さんに注文すると、車までハンバーガーを配達してくれて車内でハンバーガーが食べられるというアメリカンスタイルです。
やはりこちらでぜひお試しいただきたいのが「ゴーヤーハンバーガー」!です。大きさはそこまでジャンボとう訳ではありませんが、香ばしいセサミバンズに、ゴーヤーの入った玉子焼き、沖縄名物のスパム、そしてスライスチーズが挟まっていてボリュームは十分です。 ちなみにセットで頼むと、フレンチフライを同料金でゴーヤーフライにチェンジすることも可能なので、ゴーヤー好きには是非お試しいただきたいセットとなっています。 ゴーヤーの苦味もしっかりと感じられる味付けのぬーやるバーガー、マヨネーズとスパムとゴーヤーの相性を是非お試しください。
いかがでしたか?とにかく大きくてボリュームたっぷりのハンバーガーが食べられる沖縄のバーガーショップ!是非次の沖縄旅行では肉汁たっぷりのハンバーガーをお楽しみください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bn5npzkAZQm/?hl=ja&tagged=%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC