Bohlzavbfcqio5osl1xq

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄3泊4日旅行プラン10選【2018年度版】~カップルおすすめ~

2018.09.22

カップルの距離を縮める3泊4日の沖縄旅行は、沖縄ならではの観光スポットを巡りながら感動を共有する旅です。見どころ満載の沖縄で充実した時間を過ごせるよう。今回はカップルで行く沖縄の3泊4日旅行で役に立つプランを持ち物や予算を含めご紹介します。

  1. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット①:世界遺産「首里城」
  2. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット②:外人住宅
  3. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット③:国際通り
  4. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット④:美浜アメリカンビレッジ
  5. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット⑤:古宇利島
  6. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット⑥:Cafeフクルビ
  7. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット⑦:美ら海水族館
  8. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット⑧:道の駅許田やんばる物産センター
  9. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット⑨:COMMUNITY&SPA那覇セントラルホテル
  10. カップルにおすすめの沖縄3泊4日旅行プラン<予算や持ち物情報も~>|観光スポット⑩:ヴィラ・デラ・セーラ
  11. 沖縄旅行3泊4日のおおよその予算は?
  12. 沖縄3泊4日旅行の持ち物とは?
  13. まとめ
沖縄観光で絶対外したくないのが世界文化遺産に登録された「首里城」です。1429年から約450年間続いた琉球王国の歴史を知ることから沖縄旅行がスタートします。「高貴」の象徴である朱色に塗られた正殿や北殿、中国と日本の建築の融合の美しさなどを首里城公園の敷地を歩きながらじっくり鑑賞しましょう。
首里城は石垣と城門が多いお城として有名ですが、中でも牌楼形式の「守礼門」は特にエレガントで豪華さがあります。昔は庶民に上の方にある美しい門という意味で「上の綾門」と呼ばれていました。最後の「久慶門」まで所要時間は約1時間半。途中「鎖之間」で琉球王朝時代の菓子とお茶を味わうのもおすすめです。
沖縄で注目を浴びているおしゃれなエリア「外人住宅」は、米軍の軍人や家族のために建てられた住宅で、白壁や箱型の洋風なたてものは雑貨屋やカフェなどに利用されています。周囲にはマンションやショッピングセンターなどがありますが、ここだけは昔懐かしいレトロな雰囲気が残されておりノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。
古さをあえて残した建物が味わい深いカフェで、二人優雅にティータイムはいかがでしょうか。テラス席で沖縄の美しい空と海を感じながらスイーツやコーヒーをいただきましょう。それぞれのお店は個性豊かでオリジナリティに溢れています。ほとんどが11:00オープンなので、昼から夕方にかけてカップルでのんびり散策するのにおすすめです。
沖縄那覇市の繁華街「国際通り」には約1.6kmのエリアにお土産店や雑貨屋などさまざまなショップが立ち並び、ショッピングやスイーツグルメの食べ歩きが楽しめます。琉球ガラスの名店でオリジナルの琉球ガラスのアクセサリーをペアで揃えるのはいかがでしょうか。
スイーツの人気店が並ぶあたりでは、沖縄の定番であるブルーシールアイスクリーム、シークヮーサーシャーベット、雪塩ソフトなどスイーツの食べ歩きも楽しみの一つです国際通りをショッピングをしながらじっくり歩く場合約2時間ほどで、意外と体力を使うためゆいレールを上手に使いながら国際通りを満喫する方法もおすすめです。
沖縄県中頭郡にアメリカのウエストコーストをイメージした「美浜アメリカンビレッジ」があります。ショッピングやアミューズメント施設が多数入っているのでカップルで一日中楽しむことができます。また、沖縄で唯一の観覧車からは美浜の街が一望できます。
レストランやカフェも数えきれないほどありますが、カップルにおすすめはアメリカンテイストなハンバーガーが味わえる「A&W」やマリンリゾート感あふれる「サザンダイニング・チュラティーダ」。カジュアルイタリアンの「路caffe Vicolo」、タコスが人気の「TACOS CAFE Taco Loco」などです。カーニバルパークミハマの「ダビッド村 」でペアのお土産をゲットしましょう。
沖縄本島北部約8kmにおよぶ「古宇利島」は、小さな離島でありながら古宇利大橋が開通したことにより車で気軽に行けるためますます人気の観光スポットなっています。ビーチでのアクティビティ、サンセット夜は満天の星など魅力は数えきれないほどです。
また、車で走っているとさとうきび畑や古民家など沖縄らしいのどかな風景が流れ心が癒されます。人気スポット「ハートロック」や「オーシャンタワー」、アダムとイヴの伝説が残るパワースポット「チヌグ浜」などカップルで訪れたい場所がたくさんあります。レンタサイクルでゆっくりと散策するのも良い思い出になるのではないでしょうか。
古宇利島の人気スポット「ハートロック」のすぐそばにある「Cafeフクルビ」は高台にあることで絶景カフェとして人気です。沖縄らしいさとうきび畑に囲まれた穏やかな風景の中に佇んでいます。ランチなら「やんばる島豚ハンバーグ」や「タコライス」、ティータイムなら「ドラゴンスムージー」、「シークァーサースムージー」に「アイスクレーププレート」「サトウキビアイス」などがおすすめです。
夜は21:00まで営業しているので、オリオン生やハイボール、カクテル、ワインなどカップルでお酒を楽しむのも素敵ではないでしょうか。フクルビからのサンセット、夜には美しい星空を眺めながら語り合うひとときも愛おしいものです。お泊りは古宇利島のおしゃれなヴィラがおすすめです。
世界最大級の大水槽「黒潮の海」で有名な沖縄の人気スポット「美ら海水族館」は海洋博公園内にあます。大水槽は全長8.7mもあり、サメやエイ、マンタなどの回遊魚が優雅に泳いでいます。サンゴの大規模飼育がされている「サンゴの海」では自然光を採りいれた沖縄の海が忠実に再現されています。
飼育が困難といわれる珍しい生き物が見られる深海の水槽など約70種類を鑑賞することができます。美しい海を眺めながらレストラン「イノー」で沖縄食材のランチビュッフェがいただけます。ラフテの煮込み、紅いもの天ぷら、もずく酢、フーチャンプルーなど沖縄ならではのメニューがずらりと並んでいます。また、「黒潮の海」を眺めながらゆったり寛げる「カフェ・オーシャンブルー」ではタコライスやナポリタン、スイーツなども人気です。
日本一の道の駅といわれる「やんばる物産センター」は沖縄県名護市、許田ICをおりてすぐのところにあります。やんばるの素晴らしさがたくさん詰まった見どころあふれる観光スポットです。ここは沖縄本島北部、やんばる観光の玄関口でもあることから年間約150万人の人がやってきます。沖縄本島北部12市町村の名産品が並ぶコーナーではお土産選びに迷うほどです。
特産品や沖縄のグルメ、各観光施設のチケットなども取り扱っており、特に沖縄北部でしか採れないというパイナップルは貴重なのでお土産におすすめです。ドライブの途中で立ち寄り、ご当地グルメの揚げたての「サーターアンダギー」や「沖縄風天ぷら」、「マンゴーソフト」などをいただきましょう。ランチはレストランで本格鉄板ステーキがおすすめです。
沖縄観光の拠点に最適な人気のホテル「COMMUNITY&SPA那覇セントラルホテル」は、国際通りまで徒歩1分、那覇空港から車で約15分、ゆいレール見栄橋駅から徒歩5分と各スポットへのアクセスが便利です。沖縄では珍しい天然温泉の大浴場「りっかりっか湯」があり、「紫雲泉」と「桃源泉」を日替わりで楽しめます。
「地産地消」が基本のレストラン&ラウンジには「ちむどんcaféきーぬしちゃ~」や「那覇うまい処九年母亭」「カフェラウンジ・グランブルー」があり、それぞれ心もお腹も満たされる満足いく内容です。特に九年母亭のディナーでは沖縄ブランド豚キビまる豚を堪能できる「キビまる豚と島野菜のしゃぶしゃぶ」がおすすめです。まろやかな沖縄の味を二人でじっくり満喫しましょう。
沖縄県北部に位置する古宇利にある1日2組だけのおしゃれなヴィラ「ヴィラ・デラ・セーラ」。高台にあるので素晴らしいエメラルドグリーンの素晴らしオーシャンビューが魅力です。夜には二人で満天の星空を眺めながら語り合うことができます。
海にそのまま流れ込むような雰囲気のプライベートプールで、誰にも邪魔されず二人心ゆくまで楽しめます。11月から4月までは温水になっているので水着を忘れないようにしましょう。沖縄の食材をふんだんに使った食事は、部屋まで運んでくれるので、テラスやプールサイドなど好きな場所でゆっくりいただくことができます。ディナーは3日前まで予約をすれば「アグーのしゃぶしゃぶセット」や「パスタセット」などが堪能できます。
7月の沖縄旅行は、費用が特に高くなる時期なので予算多めのプランが必要です。「海の日」あたりからは大幅にアップするので費用を安く抑えたい場合は素泊まりプランの利用かハイシーズンをずらした時期がおすすめです。
ハイシーズンではない通常の場合大人片道「航空券」がJAL・ANAで約10,000円~46,000円位。「宿泊費」は立地や観光地などで異なりますが那覇市内のスタンダードホテルの場合、カップルでダブルまたはツイン利用14,000円位です。それに3泊4日分の朝・昼・夜の食事代、お土産代などのおおよそをプラスして計算しましょう。
沖縄旅行では最小限度の日用品、着替えなどを持ち現地でレンタルできる物は多いに活用することをおすすめします。「日用品」:ハンカチ・ポケットティッシュ・日焼け止め・生理用品(女性の場合)・虫よけスプレー・かゆみ止め・洗顔用品など・常備薬・パジャマなど「貴重品類」保険証・クレジットカード・航空券・運転免許証「着替え類」下着・靴下・帽子・ストール・水着など。
他に携帯充電器や地図、雨具、ビーチサンダルやカメラ&三脚、酔い止め薬、サングラスなど必要に応じて持ち物に加えると良いでしょう。
いかがでしたでしょうか。カップルで行く沖縄3泊4日の旅行プランにおすすめの観光スポットをご紹介しました。おしゃれなスポット、美味しいグルメ、素敵なホテルでの優雅なひとときなど、二人で刻むとっておきの思い出作りに役立てましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bn-ifO0h9LT/?tagged=%E6%B2%96%E7%B8%84