Vbawueaezdxvhg2danqm

北海道

CATEGORY | 北海道

東京近郊の北海道のアンテナショップは?おすすめ商品などご紹介【2018年】

2018.09.27

東京近郊には北海道商品が購入できるアンテナショップがあります。北海道物産展は期間限定ですが、アンテナショップは通年北海道の商品が購入できるので、お土産や贈答品選びにおすすめのスポットです。東京近郊の北海道のアンテナショップやおすすめの商品をご紹介します。

  1. 東京近郊・北海道のアンテナショップ1:北海道うまいもの館コピス吉祥寺店
  2. 東京近郊・北海道のアンテナショップ2:北海道フーディスト
  3. 東京近郊・北海道のアンテナショップ3:丘のまち美瑛
  4. 東京近郊・北海道のアンテナショップ4:まるごと北海道雷門物産本舗
  5. 東京近郊・北海道のアンテナショップ5:北海道どさんこプラザ有楽町店
  6. 東京近郊・北海道のアンテナショップ6:函館市アンテナショップ
  7. 東京近郊・北海道のアンテナショップ7:巣鴨で北海道
  8. 東京近郊・北海道のアンテナショップ8:北海道・あさひかわ物産販売店
  9. 東京近郊・北海道のアンテナショップ9:北海道物産店ぐるめどさんこ市場
  10. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品1:ソフトクリーム
  11. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品2:ノースマン
  12. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品3:ソフトカツゲン
  13. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品4:赤いサイロ
  14. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品5:MenBis
  15. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品6:じゃがポックル
  16. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品7:牧家の白いプリン
  17. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品8:ビタミンカステーラ
  18. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品9:マルセイバターサンド
  19. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品10:ロイズ
  20. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品11:ブラックサンダー
  21. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品12:ふらの雪どけチーズケーキ
  22. 北海道のアンテナショップ・おすすめ商品13:コアップガラナ
  23. まとめ
吉祥寺駅から徒歩2分の場所にあるコピス吉祥寺地下にあるアンテナショップです。ほっけ、にしん、チーズ、バター、ジンギスカンなど北海道の農産品や加工品を販売しています。北海道の酪農メーカーの牛乳を使用したソフトクリームの販売もあります。「北海道うまいもの館」はほかにも練馬区「光が丘IMA店]、町田「ぽっぽ町田店」、「ららぽーと立川立飛店」など都内で4店舗展開しています。

詳細情報

【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-4コピス吉祥寺A館B1【電話番号】0422-27-2904【定休日】1月1日、不定休【営業時間】10:00~21:00
東京駅の八重洲口の目の前にあり、品数1000以上と都内最大級の品揃えがあるアンテナショップです。北海道の農産品、水産品、乳製品、菓子などが購入できます。
毎週金曜日には「北海道札幌プリン」や「オランダ焼き」などの北海道スイーツが入荷されています。人気商品のため土・日曜には売り切れてしまう商品で、早めにお店を訪れて購入するのがおすすめです。店頭で購入できる「夕張メロンソフト」も人気のスイーツです。

詳細情報

【住所】東京都中央区八重洲2丁目2−1ダイヤ八重洲口ビル1F【電話番号】03-3275-0770【定休日】年中無休【営業時間】10:00~20:00
有楽町駅、交通会館の地下1階にあるアンテナショップです。美瑛町直結で仕入れたじゃがいも・トウモロコシ・小麦などの農産品を中心に扱っています。美瑛ファームで生産されるジャージー牛乳を使用したソフトクリームが人気商品です。ソフトクリームはプレーン、小豆、ハスカップジャムの種類から選べます。お土産に人気の名物「あんぎっしりあんぱん」も販売されています。

詳細情報

【住所】東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F【電話番号】03-6269-9747【定休日】年末年始【営業時間】10:00~19:00
2004年から営業している、銀座線「浅草駅」A5出口から徒歩2分の場所にあるアンテナショップです。カニ、ジンギスカン、牛乳、チーズなど畜産物や乳製品を中心に販売しています。北海道限定のインスタントラーメンや乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」など、北海道では定番の商品まで販売されています。浅草・雷門通りの近くにあるので、観光で訪れた際におすすめのアンテナショップです。

詳細情報

【住所】東京都台東区雷門2-12-10北陸銀行ビル1F【電話番号】03-3842-0510【定休日】年中無休【営業時間】10:00~19:00
1999年に開店した有楽町駅前の東京交通会館にあるアンテナショップです。北海道スイーツを中心に販売していますが、コロッケなどのお惣菜やソフトクリームの販売もあります。年末はカニが店頭に並び、直接販売のほか、カニの発送も受け付けています。
有楽町店のほか、都内には池袋店、吉祥寺店と合わせて3店舗のアンテナショップを展開しているので、お近くのショップにアクセスするのがおすすめです。

詳細情報

【住所】東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館1階【電話番号】03-5224-3800【定休日】年中無休【営業時間】10:00~20:00
自由が丘駅徒歩5分、ローソン京橋駅前店内にあるアンテナショップです。国産「ふじりんご」を使用したアップルパイ、函館ロールケーキショコラ、松前漬など函館市の限定商品を取り揃えています。函館のご当地キャラクター「イカール星人」のグッズも販売されています。コンビニ店内にあるため、24時間アクセスできる便利なアンテナショップです。

詳細情報

【住所】東京都世田谷区奥沢5-41-11【電話番号】03-3721-2207【定休日】年中無休【営業時間】24時間営業
巣鴨地蔵通り商店街にあるアンテナショップで、北海道の乾物、調味料、お菓子を中心に扱っています。人気商品は「ねこぶまんま」、「がごめ刻み昆布」などの昆布で、ふりかけとしてご飯にかけたり、豆腐の薬味、料理のダシに使用したりと使いやすく、お土産にも喜ばれやすい商品です。店頭販売だけでなく、代金引換の商品宅配サービスも電話で受け付けています。

詳細情報

【住所】東京都豊島区巣鴨3-15-15たけやまビル1階【電話番号】03-3940-4533【定休日】年中無休【営業時間】10:00〜18:00
北海道・旭川市の特産品をメインに販売しているアンテナショップです。「ビタミンカステーラ」、まんじゅうの「蔵○(くらまる)」などのスイーツや旭川ラーメンのインスタント麵などが販売されています。ご当地キャラあさっぴー、ゆっきりんなどのグッズも購入できます。
定期的にイベントが開催されており、イベント時期には食品の試食も可能です。コンビニのアンテナショップのため、24時間アクセスできる便利なお店です。

詳細情報

【住所】東京都新宿区新宿6-27-30・B1F【電話番号】0166-73-9850【定休日】年中無休【営業時間】24時間営業
横浜ジョイナス店地下にあるアンテナショップです。花畑牧場の商品「生キャラメル」、「とかりんとう」、「もちっぷす」などのお菓子や「ふらの雪どけチーズケーキ」、「夕張メロンピュアゼリー」、「おもっちーず」などのスイーツ、「いか道産子めし」、「バタじゃが」、「山わさび醤油漬け」などの特産品が販売されています。
食品のほか北見ハッカスプレーや馬油など北海道メーカーの生活用品の取り扱いもあります。横浜ジョイナス店のほか、横浜ベイクォーター店、川崎アゼリア店の3店舗があります。

詳細情報

【住所】神奈川県横浜市西区南幸1-4相鉄ジョイナス地下1F・ダイヤキッチン内【電話番号】045-620-8530【定休日】年中無休【営業時間】10:00~21:00
北海道のアンテナショップではソフトクリームがほとんどのお店で販売されています。北海道の酪農メーカーの牛乳を使用したミルクソフトが定番ですが、夕張メロンソフトやハスカップ、てんさい糖など北海道の素材を使用したソフトクリームも人気です。ソフトクリームの販売は人気が高く、土日は店頭に行列ができる店舗もあるので、早めにお店を訪れるのがおすすめです。
「ノースマン」は東京ではあまり見かけないお菓子ですが、北海道・札幌ではお土産・贈答品に定番のお菓子です。北海道の老舗菓子メーカー「千秋庵」で製造されているお菓子で、北海道産の小豆をパイ生地で包んだ焼き菓子です。ノースマンはこしあんとかぼちゃの風味があり、9月2日頃〜10月中旬頃までは期間限定で栗風味のノースマンも販売されています。
「千秋庵」で販売されている北海道産の純良バター使用の「小熊のプーチャンバター飴」、新鮮なバターとミルクを生地に加えた銘菓「山親爺」などのお菓子もアンテナショップや物産展で販売されています。
雪印メグミルクが製造する、北海道限定の乳酸菌飲料です。元は栄養補給の飲料「活源(かつげん)」として製造されていた飲料ですが、現在は乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」として販売されています。ヨーグルト風味で甘みがあり、北海道では50年以上販売されているロングセラー商品です。乳製品を扱うアンテナショップで取り扱いが多い商品です。
北海道・北見の老舗菓子メーカー清月の銘菓です。北海道産の牛乳、バターなどを使用した濃厚なチーズケーキで、テレビ番組でも人気商品として紹介されました。JALのスーパーシート茶菓にも採用されている信頼性の高いお菓子で、お土産にも人気です。
清月では「赤いサイロ」のほか、「バウムラスク」のお菓子も評判があります。こちらは北海道産の卵・バター・牛乳を使用したバウムクーヘンをラスクにしたもので、北海道知事賞を受賞した銘菓でもあります。年齢を問わず食べやすく、北海道のお土産・お茶菓子として選ばれています。
北海道・北見でハッカ商品を製造する「北見ハッカ通商」から販売されているお菓子です。「メンビス」はラングドシャークッキーの間にミント味のチョコを挟んだものと、ミント色のホワイトチョコを挟んだものがセットになっています。チョコミントのお菓子が好きな方におすすめの商品です。アンテナショップや通販では4枚入り、12枚入り、大箱のギフトセットから購入できます。
カルビー「ポテトファームブランド」が製造しているスナック菓子で、北海道産100%のじゃがいもをスティック状にして揚げています。プレーンの塩味はオホーツクの塩を使用しています。アンテナショップや物産展では定番のお菓子で、プレーンのほかスープカレー・鮭とば・焼きとうきび・ほたてしおなどの種類もあります。
「ポテトファームブランド」が展開している「じゃがピリカ」、「じゃがリムセ」などのじゃがいものお菓子や「いも太とまめ次郎」「いも子とこぶ太郎」などじゃがいもに枝豆や昆布を混ぜたお菓子も人気です。お菓子以外には「ほっとポテト」、「ほっとコーン」、「ほっとオニオン」などポタージュスープのシリーズも販売されています。
北海道・伊達市の牛乳「だて牛乳」を使用したミルクプリンです。風船にミルクプリンが入っており、つまようじで風船を割って食べます。もちもちした弾力のある触感が特徴です。ミルクプリンのほか、バニラと焦がしバターの風味がする「牧家のクレームブリュレ」や「牧家の塩キャラメルプリン」、「牧家飲むヨーグルト」を使用したクリームチーズケーキなどの商品もアンテナショップでは人気の商品です。
北海道旭川にある老舗菓子メーカー・高橋製菓で製造されているカステラです。大正10年に考案されたカステラで、当時の食料不足から「安く、栄養価の高いお菓子を作りたい」という目的で製造が開始されました。カステラ生地にビタミンB1とB2が入り、卵や砂糖の配合を減らして日持ちがするように作られています。1本86円と100円で購入できるので、お土産用にまとめ買いする人も多い人気のお菓子です。
1933年創業、北海道の老舗菓子メーカー・六花亭の「マルセイバターサンド」は、ほとんどのアンテナショップで販売されている銘菓です。柔らかい小麦の生地に北海道産牛乳使用のバター、ホワイトチョコ、レーズンを混ぜたフィリングを挟んだお菓子です。ロングセラー商品で年齢を問わず食べやすく、お茶菓子として評判があります。
北海道の生チョコレートとして人気のものはロイズの商品です。特に売れているのは「オーレ」という北海道産の生クリームを使用したもので、物産展だけでなくバレンタインデーの時期にもデパートなどでよく販売されています。
ロイズの生チョコレートにはプレーン以外にもホワイトチョコ、シャンパン、抹茶風味などさまざまな種類があります。ポテトチップチョコレート「オリジナル」は塩味のポテトチップスをチョコレートでコーティングしたもので、こちらもロイズのお菓子として人気の商品です。
北海道のお菓子を扱うアンテナショップでは、北海道限定のブラックサンダーが販売されています。「白いブラックサンダー」は北海道産ミルクを使ったブラックサンダーです。「白いブラックサンダー」のほか、「メローンなブラックサンダー」という北海道産ミルクを使用したメロンチョコレートのブラックサンダーも販売されています。
ミニサイズのブラックサンダーは12個入りで400円ほど、個包装入りのものは12袋入り、20袋入り、48袋入りのものが販売されているので、ばらまきのお土産にもおすすめのお菓子です。
富良野の雪どけをイメージしたベイクド・レア・チーズケーキです。「ふらの牛乳」を使った生クリーム、特製山ぶどうジャムの4層構造で、冷凍してから半解凍することで雪解けのようなふんわりした味わいが楽しめます。ホールタイプと1/8カットのものがあり、お土産や自分用のスイーツとして購入するのもおすすめです。
「ふらの雪どけチーズケーキ」にはチョコレートバージョンの「チーズケーキショコラ」もあり、こちらはケーキの生地がチョコレート味になっています。スフレタイプのミニチーズケーキは、ひと口サイズでお土産に人気の商品です。
北海道限定の炭酸飲料として人気なのが「コアップガラナ」です。昭和35年から販売されているロングセラー商品で、北海道のソウルドリンクとして定着しています。ガラナはブラジルでとれる果実で、カリウム、カルシウム、アミノ酸など栄養分を多く含んでいます。
「コアップガラナ」の見た目・味はコーラに似ている炭酸飲料で、「ホワイトガラナ」など白いガラナの飲料や、北海道の老舗珈琲店「美鈴珈琲」とコラボした「箱館カフェ・ド・ガラナ」、ガラナ本来の旨みを最大限に引き出した「金のガラナ」なども販売されています。
東京近郊の北海道のアンテナショップやおすすめ商品についてご紹介しました。北海道の商品は人気が高いので、デパートでも北海道物産展が開催されていますが、アンテナショップでは通年北海道の商品を購入することができます。お土産・贈答品選びに迷ったときはアンテナショップで北海道の商品を選ぶのもおすすめです。ぜひ足を運んでみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/9fIz6IJLqv/?tagged=%E3%81%A9%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%93%E5%B8%82%E5%A0%B4