H3jlml3xlqtcq9g4xj1o

京都

CATEGORY | 京都

嵐山から金閣寺への行き方は?【2018年度版】~バスやタクシーなど~

2018.10.05

嵐山観光の一環で金閣寺にいこうと思っている方でも、どのような行き方で行けばよいか迷いやすいです。金閣寺にいくにはバス、タクシーといったコースの中から、ご自身の行く方法にあっている方法でより快適に嵐山観光を楽しんでください。

  1. 嵐山から金閣寺へのコースを解説します!
  2. 嵐山から金閣寺へ電車・バスで行く方法
  3. 嵐山から金閣寺へタクシーで行く方法
  4. 嵐山から金閣寺へ徒歩で行く方法
  5. 嵐山から金閣寺へいく方法まとめ
京都でも人気の観光スポットとしてあげられるのが金閣寺ですが、そんな金閣寺への嵐山からの行きかたを解説しましょう。行き方にはバスを使った方法や、電車で行く方法、徒歩などをご紹介いたします。是非参考にしてみてください。

電車・バスで行くコース

嵐山から金閣寺に電車とバスを乗り継いでで行くには京福電鉄の「嵐山駅」から出発します。そこから同じ京福電鉄の「帷子ノ辻駅」まで行き、その後、北野線に乗り換え「北野白梅駅」に行きましょう。ここでバスに乗り継ぎます。バス亭が徒歩3分のところにあるので京都市営バスの「北野白梅町バス停」でバスに乗り、「金閣寺道バス停」までいき下車、そこから4分歩けばつきます。

電車・バスを乗り継いだ場合にかかるコスト

バスと電車を乗り継いだ場合にかかるコストは運賃は合計で450円です。(嵐山駅から北野白梅町駅220円、北野白梅町バス停から金閣寺道バス停までが230円)所要時間は合計で25分程度かかりますが乗り換えのときに3分程度あるいたり、金閣寺まで徒歩で4,5分はかかるのでもう少し余裕を見たほうがよいでしょう。

バスのみで行くコース

嵐山から金閣にバスで行く方法はまず嵐山から市バスに乗りましょう 市バスの「嵐山天龍寺前」というバス停から「西ノ京円町」を目指しましょう。(京都バス利用の場合は嵐山というバス停からいけます)「西ノ京円町」に着いたら市バスに乗り換えて「金閣寺道」のバス停を目指しましょう。

バスのみでいく場合にかかるコスト

バスでかかるコストは経済コストが合計460円(嵐山から西ノ京円町230円、西ノ京円町から金閣寺道230円)となっており、時間は合計で約30分かかりますが、バスを待つ時間も計算に入れるともう少しかかるでしょう。また、金閣寺道のバス停から金閣寺までは徒歩で5分程度かかります。

車・タクシーでいくコース

タクシーで行く方法は、大きな注意はありませんが、観光シーズンなどは拾いにくかったり渋滞などで、スムーズに観光が出来ないなどのリスクを考慮しましょう。また、タクシーを拾うのに適しているのは「阪急嵐山駅」、「渡月橋」、「嵯峨嵐山駅」の周辺で狙うと簡単です。

かかるコスト

タクシーでいく場合は時間コストは約25分程度、運賃についてはだいたい2610円から3200円程度を見ていたほうがよいようです。タクシーのメリットは、人数が多ければその運賃コストを下げることが出来ることにあり、デメリットは時間が約束されていないので渋滞など考えられる場合は電車など利用すると便利でしょう。

徒歩でいくコース

実は、嵐山(渡月端)から金閣寺までは徒歩で歩いても行くことができます。行き方の特に決まったルートはありませんが、グーぐるなどの地図を頼りに、歩いてみるのもよいでしょう。観光名所ではない、京都の自然な町並みを見ながら歩くのもひとつの楽しみかもしれません。

かかるコスト

かかるコストとしては当然経済的コストはゼロです。移動距離は7km近くなり、体力的に厳しいかもしれません。成人の平均スピードで歩いた場合、1時間30分くらいかかる距離です。ルートは大通りや京福線の沿線や仁和寺仁王門前からきぬかけの路を通っていくルートですと比較的わかりやすいでしょう。
いかがでしたでしょうか。金閣寺へ嵐山から行く方法にはいくつかのルートがありました。それぞれにメリットデメリットがありますので、よく考えて選択すればきっと快適な京都嵐山観光が出来るでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/%E4%BA%AC%E9%83%BD-%E9%87%91%E9%96%A3%E5%AF%BA-%E6%97%A5%E6%9C%AC-2895857/