N6ertl9jnmpddhskofh7

東京

CATEGORY | 東京

東京から箱根までのアクセス2018年版!ロマンスカーなどおすすめのアクセス!

2018.09.27

秋になればいよいよ温泉シーズンの到来。今年は東京から箱根へ温泉旅行に行きませんか?ここでは東京から箱根までのおすすめのアクセス方法をまとめます。新幹線や高速バスの他、小田急ロマンスカーもまとめますので箱根へ行く際は是非参考にしてくださいね。

  1. 東京から箱根までのおすすめアクセス方法①小田急電鉄で行く
  2. 東京から箱根までのおすすめアクセス方法②JRで行く
  3. 東京から箱根までのおすすめアクセス方法③高速バスで行く
  4. 東京から箱根までのおすすめアクセス方法④車で行く
  5. まとめ

小田急線で行く

小田急線を利用する場合は、まず始発の新宿駅から終着の小田原駅まで行きます。乗車料金は快速急行なら乗り換えなしで片道大人880円(小人半額)。約1時間半で到着します。小田原駅からは箱根登山電車で箱根湯本駅を目指しましょう。料金は大人片道310円(小人半額)。約14分で到着します。

小田急ロマンスカーで行く

小田急ロマンスカーは新宿~箱根湯本間を走る特急電車。料金は大人片道2,280円と高めですが、乗車時間は約85分。かなり速いですよね。また乗り換え不要で、真っすぐ箱根湯本に行けるのも高ポイントでしょう。追加料金を払えば展望席やサルーン席(ボックス席)が楽しめる車両もありますよ。ロマンスカーは全席指定のため事前予約が必要となります。電話の他、インターネットでの予約も可能です。

JR東海道本線で行く

JR東海道本線を利用して東京から箱根へ行く場合は、まず東京から小田原まで行きます。小田原で下車したら箱根登山電車に乗り換えて箱根湯本を目指しましょう。乗車時間は東京~小田原間の普通電車が約1時間22分、快速急行が約1時間11分。小田原~箱根湯本間は約14分です。
料金は東京~小田原間が大人片道1,490円、小田原~箱根湯本間が大人片道310円ですので合計1,800円になります。また東京から小田原までは湘南新宿ラインの特快や快速アクティーなども利用できますので、いろいろ検討してみてくださいね。

新幹線で行く

新幹線を利用する場合は、まずJR東海道新幹線に乗って東京から小田原を目指します。小田原からは箱根登山鉄道で箱根湯本を目指しましょう。新幹線はとにかく速い!乗車時間は東京~小田原間が約40分。料金は乗車券、特急券合わせて3,540円とやや高めですが、あっという間に小田原に着いてしまいます。到着後は約14分で箱根湯本駅に到着。1時間かからずに東京から箱根まで行くことができるでしょう。
[JR東海の公式WEBサイト] http://jr-central.co.jp/

小田急箱根高速バスで行く

小田急箱根高速バスは本数が多く、箱根での停留所も多いのが魅力的。箱根線や東京線の他、羽田空港から真っすぐ箱根まで行ける羽田線もありますので飛行機利用の人にもピッタリです。ただ停留所が多い分、乗車時間はやや長め。そのため時間に余裕を持って乗車するのをおすすめします。乗車料金も下車する停留所によって変わりますが、2,000円前後と考えておけば間違いないでしょう。

JRバス関東で行く

JRバス関東は、小田急箱根高速バスに比べると本数も停留所も少ないですが、その分乗車時間が短いのが特徴です。早く箱根に行って観光したり温泉に入ったりしたい人にはとくにおすすめ。出発地点は東京駅のみとなっています。乗車時間は終着の箱根桃源台まで行くと約2時間。料金は下車する停留所によりますが、終着まで行っても大人片道2160円です。早割もありますので是非利用しましょう。
車で東京から箱根まで行く場合は、まず東名高速に乗り、厚木ICから小田原厚木道路へ乗り換えましょう。その後、小田原西ICに着いたら西湖バイパスに乗り、山崎ICで降ります。そこから国道1号をしばらく進めば、箱根湯本に到着です。ちなみに東京ICから東名高速に乗った場合、山崎ICまでの通常料金は2,000円前後となります。
東名高速ではなく圏央道や首都高から来る場合は、海老名JCTあるいは海老名ICから小田原厚木道路へ入りましょう。その後は、東名高速と同様、小田原西IC→西湖バイパス・山崎IC→国道1号を通り、箱根湯本に到着です。
ここでは東京から箱根までのおすすめのアクセス方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?乗車時間が長かったり料金が高かったり、どの方法にもメリット・デメリットがあることがわかりますね。
そのため、どの方法が最も良いということはありませんので、旅の予算やスケジュールにピッタリのアクセス方法を選びましょう。箱根旅行を思いきり楽しんできてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.ashinari.com/2007/12/04-003591.php