Gujiizlsvzkg2xgpcrj2

埼玉

CATEGORY | 埼玉

秩父の博物館・美術館・資料館!旅行で行きたいおすすめ4選!【2018年】

2018.10.01

秩父には観光や食べ物、伝統工芸品など、たくさんの魅力がありますが、その魅力をさらに深めるために、博物館や美術館に訪れてみてはいかがでしょうか。有名な秩父銘仙の資料館や、大人気の博物館もあります。ご家族でも楽しめるスポットをまとめました。

  1. 秩父に行こう!
  2. 秩父のおすすめ美術館・博物館その1:埼玉自然の博物館
  3. 秩父のおすすめ美術館・博物館その2:秩父祭り会館
  4. 秩父のおすすめ美術館・博物館その3:秩父銘仙館
  5. 秩父のおすすめ美術館・博物館その4:やまとあーとみゅーじあむ
  6. まとめ
秩父といえば、芝桜に夜祭りなど、有名どころも多いのですが、秩父文化をより一層知るために、博物館や美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか?秩父のまた別の見方ができて、楽しめること間違いありません。
はじめにオススメするのが、埼玉県立自然の博物館です。埼玉県が運営しており、埼玉の自然の歴史を詳しく学ぶことができます。入り口には、全長12メートルあるサメの模型が来場者たちを迎えてくれます。そのサメの歯の化石の展示があり、こちらの化石は1986年に1000万年前のこの地の地層で発見されたそうで、フォトスポットとしても人気です。
中は、地層などの詳しい展示から始まり、奥に行くと恐竜の展示があります。パレオパラドキシアという海獣など、1500万年前の秩父の海で生活する姿を模型で展示してあります。そして、大人気なのが、触ることができる剥製たちです。キツネ、サル、タヌキなどが触れて、大人も子供も大興奮です。また、入り口ではクイズの紙がもらえるので、その答えを探しつつ、博物館内をめぐると、最後にオリジナルカードをもらえるというプレゼントもあります。
秩父といえば、日本三大祭りの1つ、「秩父夜祭り」が人気です。その秩父夜祭りをテーマにした資料館で、屋台や 笠鉾などが飾られています。春や秋のお祭りシーズンになると、お囃子の実演もあり、こちらも大人気の催し物です。
そして1番の人気は、「秩父夜祭り」の3Dシアターで、まるで本当のお祭りに参加しているような疑似体験ができるところです。臨場感あふれるこのシアターで、夜祭りに参加した気分を味わえるので、ぜひ一度は行ってみてください。こちらの資料館は、近くにつれて、お囃子の音色が聞こえてくるので、入る前から楽しむことができます。
秩父の伝統織物といえば、「秩父銘仙」が有名です。明治時代に発展した秩父銘仙の博物館です。レトロな建物は、秩父銘仙の工場跡地をそのまま使ったものなので、見るだけで明治時代を彷彿とさせます。実際使われていた機織り機が展示されていたり、製造工程を順を追って解説しているので、どのように職人が作っていたのかがよくわかります。
随時入れ替えをしている、着物の紹介では、レトロモダンな柄が可愛らしい、秩父銘仙独特の柄を楽しむことができます。また、型染め体験室、織体験室、染場・染体験室などが、予約をすると体験できます。また、珍しい型彫りの実演も毎月行われてるので、こちらも必見です。
羊山公園内にある、日本が誇る巨匠、棟方志功の作品を収蔵した美術館です。棟方志功の作品の保有数が、なんと全国一というこの美術館では、たっぷりと作品を堪能することができます。版画作品の他にも、襖絵や書も展示されていて、他にも多くの収蔵品が展示されています。
また、棟方志功本人が写っているビデオ上映も非常に人気で、棟方志功の人柄や作品へのこだわりというのがわかりやすく紹介されています。12月の「秩父夜祭り」の時は休館になってしまうので、確認してから来館するのがおすすめです。
入館料:小学生 300円 、中学生 300円 、高校生 500円、大学生 500円、大人 700円/住所:埼玉県秩父市大宮6175-1 /アクセス:西武鉄道西武秩父駅から徒歩で20分/営業時間:10:00~16:00/休業日:[火] 祝日の場合翌日 ※冬季休館あり
秩父には芝桜や夜祭りなど、有名なところも多いのですが、秩父という街をさらに楽しむために、ぜひ博物館や美術館に訪れてみて下さい。お祭り以外の、楽しい発見がありますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://photopin.com/download/aHR0cHM6Ly9mYXJtNS5zdGF0aWNmbGlja3IuY29tLzQyODMvMzU1MTY3MzA1%0AODFfN2VlMTY1OWIzYy5qcGc=%0A?photo_id=35516730581&search_term=chichibu