Ymycmrsj0736pgoicvqc

埼玉

CATEGORY | 埼玉

秩父へ日帰り電車旅!おすすめ観光スポットやプランをご紹介【2018年】

2018.10.06

都内からも行きやすく、グルメに観光に満載の人気の観光地、秩父。そんな秩父に、電車に乗って日帰りで遊びに行ってみませんか?秩父は日帰りでもアクティビティや観光が楽しめる、とても楽しい街です。そんな秩父の外せない観光スポットと、おすすめのプランをまとめてみました。

  1. 大人気の秩父で日帰り旅行を楽しもう!
  2. 秩父日帰り旅プラン人気スポットその1:三峯神社
  3. 秩父日帰り旅プラン人気スポットその2:羊山公園
  4. 秩父日帰り旅プラン人気スポットその3:アウトドアセンター長瀞
  5. 秩父日帰り旅プラン人気スポットその4:満願の湯
  6. 秩父日帰り旅プラン人気スポットその5:秩父神社
  7. 秩父日帰り旅プラン人気スポットその6:わへい蕎麦
  8. 秩父日帰り旅プラン人気スポットその7:安田屋
  9. おすすめ秩父日帰り旅プラン:モデルコース
  10. まとめ
都内からのアクセスも良く、グルメに観光にとても楽しいスポット、秩父。都内からは電車ですぐです。池袋からですと、2時間弱で行けてしまうのが秩父最大の魅力でもあります。また、都心から1番近いSLとして名高い「秩父鉄道パレオエキスプレス」や、ローカル鉄道として有名な「秩父鉄道」など、鉄道ファンだけでなく、観光客からも絶大な人気を誇る電車での旅がおすすめです。
電車で秩父を巡りたいと言う方は、まずは秩父鉄道に乗るのがおすすめ。秩父鉄道は、埼玉県の「羽生駅」から出発し、「熊谷」・「長瀞」・「秩父」・「三峰口」を結んでいる電車です。在来線の他に、期間限定の電車、春から秋まではSLが走るという、とても楽しい鉄道です。観光スポット周辺でも停車駅がありますので、秩父巡りには大人気の秩父鉄道に乗ると、電車旅もできて楽しみ方がより増えます。秩父のちょっと遠い人気スポットを回るプランを考えている方は、駅でレンタカーを借りると良いです。そんな秩父日帰り旅のプランに欠かせないスポットをご紹介します。
秩父日帰り旅で、まずは訪れたいのが関東屈指のパワースポットとして名高い「三峯神社」です。見た目も極彩色で美しく、天空のパワースポットと呼ばれるだけあって、非常に神秘的な雰囲気を味わうことができます。関東一、標高の高いところに建てられているため、霧に包まれることも多い「三峯神社」。秩父の少し奥まったところにありますが、絶対に訪れたいスポットの1つです。
「三峯神社」は、一歩入るだけで、雰囲気の違いが感じられるほどのパワースポット。とある社長さんが仕事がうまくいかなくて神社にお参りに行ったところ、急に仕事が忙しくなり始めたと言う話が有名で、今では超人気のスポットとなっています。主なご利益は、願望実現・仕事運・金運・心身浄化です。関東屈指のパワースポットで、パワーチャージしてください。
秩父屈指の観光スポットである有名な芝桜は、この羊山公園で見ることができます。4月上旬から5月上旬にかけて、一面の絨毯のように咲き誇る芝桜は見ものです。毎年多くの観光客が訪れ、その美しさを楽しんでいます。また、芝桜が咲く前の時期には桜の花、夏には菖蒲、秋には紅葉と、四季折々の花々が見られます。
また、芝桜の時期には「芝桜まつり」が毎年開催されており、たくさんの出店も出て、大人気の催し物です。公園の一角にはふれあい広場もあり、羊や山羊、ウサギなどと遊べるところもあります。また、やまとあーとみゅーじあむには、日本の巨匠、棟方志功の作品を見ることができ、1日中のんびりと遊べる公園としても人気です。
長瀞駅からあるいてすぐのところにある「アウトドアセンター長瀞」では、長瀞の代名詞である天然記念物の岩畳でのラフティングが楽しめます。岩畳は緩やかな流れが多いため、お子様から大人まで幅広い年齢層でラフティングが楽しめます。インストラクターがいるので、川遊びが初めての人でも安心して、たっぷりと楽しむことができます。
ラフティング半日コースやBBQ付きコースなど、盛りだくさんのアクティビティが選べますので、天然記念物の岩畳を楽しみたいという方にはとてもおすすめです。ラフティングだけではなく、滝で記念撮影や船上でのエクササイズなど、とても楽しい内容が含まれているので、アクティブ派の方は長瀞でのラフティングは非常におすすめです。
せっかく出かけるのだから、観光名所の他にもゆっくり休みたいと言う方におすすめなのが、「満願の湯」です。自然に囲まれた静かな森の中で、ゆっくり温泉を楽しむことができます。宿泊ももちろんできますが、人気の秩父温泉を、日帰りで楽しめると言うことで、とても人気のスポットとなっています。
露天風呂からは、長瀞の清流と満願滝を見ることができるという贅沢な温泉です。泉質は水素イオン濃度9.3phの全国でも有数の高いアルカリ性です。入ればお肌がツルツルになり、日頃の疲れをしっかりと洗い流してくれること間違いなしです。四季折々の秩父の自然を眺めることができるので、いつ行っても楽しめて疲れを癒すことができます。温泉好きでなくとも楽しめる温泉の1つです。
秩父に行ったら是非訪れたいパワースポットの1つ、「秩父神社」は、秩父でも人気の神社です。秩父神社は三峯神社と違って、市街地にあるのにもかかわらず、静かで柔らかな雰囲気が特徴です。学業成就・縁結びの神様で、美しい建物は、埼玉県の重要文化財にも指定されています。
こちらの建物は権現造と言われる様式で、日光東照宮の大工としても有名な左甚五郎の作品です。また、秩父神社には武甲山の伏流水を使って占う、「水占い」が大人気です。200円を納めて、4種類の巻紙式のおみくじから好きな色のおみくじをチョイスします。こちらは、開いても何も書かれていませんが、決してミスではありません。池におみくじをつけてみると、なんと、文字が浮かび上がってくるのです。近くには備え付けのビニール袋が用意されているので、持ち帰りたい方はそちらに入れて持ち帰ることができます。
秩父のグルメとして有名なのが「蕎麦」です。数々の名店がひしめく、蕎麦の激戦区でもある秩父ですが、そんな中で地元民にもとても愛され続けている「わへいそば」は、一度ご賞味いただきたい蕎麦の1つです。行列ができることもあるので、お昼時には混雑を覚悟して行くことをおすすめします。
人気店というだけあって、強いコシと香りが食欲をそそる味です。どのメニューを選んでも間違いないのがこの「わへいそば」の強みです。プラス代金にはなるのですが、おすすめしたいのが、お蕎麦のつけ汁をくるみ汁に変更することです。このくるみ蕎麦は、秩父の名物で、秩父産のくるみをすりつぶして、つけ汁に合わせたもので、独特の旨味と香ばしさ、そしてほんのりとした甘みに、箸が止まらなくなること間違いありません。
秩父名物のご当地グルメといえば「わらじカツ丼」です。わらじのように大きなカツが、丼からはみ出しているという、フォトジュニックなご当地グルメ。秩父市内と小鹿野にある「安田屋」さんは、このわらじカツ丼が楽しめるスポットとして大人気です。この「安田屋」が、わらじカツ丼の元祖なので、ぜひ足を運んでみてください。
メニューはこのわらじカツ丼のみで、枚数を選ぶだけというシンプルさ。よく叩かれた柔らかい口当たりのお肉に、甘辛天丼のようなお味のタレがよく染み込んで、あっさりしていながらもしっかりとした味わいを楽しむことができます。男性は2枚、女性は1枚を選ぶのがおすすめです。1枚で注文すると切れ目を入れてくれるので、とても食べやすいです。食べきれない場合は持ち帰れますの安心できます。大人気店で、オープンからすぐに行列となってしまいますので、早めにお店に行くことをおすすめします。
営業時間: [火~金・土・日] 11:30〜17:00 /定休日: 毎週水曜日 /住所:埼玉県秩父市日野田町1-6-9/アクセス:駅からのアクセス 西武秩父線 / 西武秩父駅 徒歩11分(850m) 秩父鉄道 / 御花畑駅 徒歩14分(1.1km) 秩父鉄道 / 影森駅 徒歩23分(1.8km)/電話:0494-24-3188
秩父鉄道を使って電車の日帰りプランでしたら、ゆったりと熊谷から乗り降りしてみてはいかがでしょうか?熊谷でまずは朝ごはんを食べ、長瀞に着いたらラフティング、秩父駅周辺で神社や公園を楽しんだ後は、三峰口駅まで行き、三峯神社でパワーチャージして帰るのがおすすめです。
西武鉄道の特急で秩父へ行くのもおすすめです。西武池袋駅から西武秩父駅へ。秩父神社でお参りしたり、仲見世通りでお土産やグルメを楽しんでから、温泉にゆったり浸るのも最高の秩父旅になります。カフェ巡りや買継商通りなどでレトロな街並みを散策して1日を贅沢に使うのも良いですね。
秩父はレトで情緒あふれる街並みと、美しい自然に囲まれた大人気スポット秩父。都内からも電車1本で行けるという手軽さで、さらにこれからも目が離せない観光地です。日帰りでも充分に楽しめるので、ぜひお出かけしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://photopin.com/download/aHR0cHM6Ly9mYXJtOC5zdGF0aWNmbGlja3IuY29tLzcyMDIvNjk5MDkwMzU1%0ANl8zYzk1MDY4NDNjLmpwZw==%0A?photo_id=6990903556&search_term=chichibu