Sf69vqgvm5exu1tnbffy

北海道

CATEGORY | 北海道

北海道の美瑛を観光!おすすめスポットやホテル、アクセス情報も【2018年】

2018.10.05

丘の町として有名な北海道美瑛町。その美しい風景に心を奪われた人も多いのではないでしょうか。この記事では北海道が誇る一大観光地・美瑛町の観光おすすめスポットを、ホテルも含めて、一挙に20カ所お教えします。車があると、アクセスがすごく楽になりますよ。

  1. 北海道・美瑛おすすめスポット その1 青い池
  2. 北海道・美瑛おすすめスポット その2 白ひげの滝
  3. 北海道・美瑛おすすめスポット その3 セブンスターの木
  4. 北海道・美瑛おすすめスポット その4 四季彩の丘
  5. 北海道・美瑛おすすめスポット その5 マイルドセブンの丘
  6. 北海道・美瑛おすすめスポット その6 ぜるぶの丘・亜斗夢の丘
  7. 北海道・美瑛おすすめスポット その7 パッチワークの路
  8. 北海道・美瑛おすすめスポット その8 ファーム富田
  9. 北海道・美瑛おすすめスポット その9 新栄の丘展望公園
  10. 北海道・美瑛おすすめスポット その10 美瑛放牧酪農場(美瑛ファーム)
  11. 北海道・美瑛おすすめスポット その11 ファームズ千代田
  12. 北海道・美瑛おすすめスポット その12 富良野・美瑛ノロッコ号
  13. 北海道・美瑛おすすめスポット その13 白金温泉
  14. 北海道・美瑛おすすめスポット その14 新富良野プリンスホテル
  15. 北海道・美瑛おすすめスポット その15 ポテトヴィレッジ 美瑛ポテトの丘
  16. 北海道・美瑛おすすめスポット その16 ホテル・ラヴニール
  17. 北海道・美瑛おすすめスポット その17 白金四季の森 ホテルパークヒルズ
  18. 北海道・美瑛おすすめスポット その18 白金温泉郷 森の旅亭びえい
  19. 北海道・美瑛おすすめスポット その19 絵織の丘レンタルハウス
  20. 北海道・美瑛おすすめスポット その20 美瑛の丘の宿ほおずき
  21. 最後に
ここ数年で一気に美瑛の有名観光スポットの一つとなった通称「青い池」。正式名称は「白金青い池 」。Appleのパソコンの壁紙に使われてから、一気に有名になりました。ここまで美しい青い色の理由はまだ解明されていません。もともとこの池は人工池で、十勝岳の火山泥流災害を防止するための堰堤の副産物として、たまたま作られたものにすぎませんでした。そんな無名の池がとある富良野在住のカメラマンの目にとまり、彼が撮影した写真が、あの有名なAppleのパソコンの壁紙となりました。
季節ごとに色を変えるこの「青い池」。アクセスは、車では旭川空港から約30分の距離。JR美瑛駅から約20分で到着します。冬季は例年11月上旬~翌3月下旬に夜のライトアップの期間中だけ訪れることができますので、ご注意を。ほとんどの富良野や美瑛のホテルからTAXIなどで、アクセスが可能です。ちなみに、ここは意外と小さな池なので、時期によってはかなり混むかもしれません。
「青い池」を生みだした、文字通りの源流がこの「白ひげの滝」です。美瑛町の温泉街白金温泉街すぐそばにあります。美瑛の観光名所の1つで、落差30mの滝を下って流れ落ちる水には、崖の途中からアルミニウムまざり、美瑛川へ注ぎ込みます。そして、太陽の力と光の散乱を補う硫黄や石灰成分などがまじりあい、その結果、青い池が生まれたといわれています。
そのため、この滝が流れ込む美瑛川も「ブルー・リバー」として良く知られています。マイナスイオンに囲まれた、とても癒される空間です。滝へのアクセスは車で、道道966号線経由を経由して、美瑛市街地から約25分の距離。美瑛市内のホテルからもアクセス可能です。観光バスの駐車場もあります。
美瑛の昔からの観光名所の一つが、この「セブンスターの木」。1976年にたばこのパッケージに描かれたあの木が、今も変わらず、美瑛町の町に生きています。この木はもともと、「北瑛の一本木」と地元の人に呼ばれていましたが、いつの間にか「セブンスターの木」の名前の方が有名になりました。
この近くには駐車場も、トイレもあるので、観光旅行中の休憩にはもってこいです。また、ちょうど道路沿いに気があるので、アクセスも抜群です。しかし、周りの畑はすべて私有地です。畑に入って写真を取らないでください。アクセスは、車で、JR美瑛駅から約13分。意外と町からちかいのです。
美瑛町の一大観光テーマパーク、それが「四季彩の丘」です。地平線まで続く14ヘクタールもの敷地のなかに、四季折々の花畑が広がります。インスタ映えナンバーワンの場所です。なにしろ、とにかく広いので、園内の移動は「カート」を使うのがおすすめです。また「ノロッコ号」と呼ばれるトラクターが引く乗合バスに乗ることもできます。
園内には花畑のほかにも、アルパカ牧場があったり、レストランがあったりするので、1日中遊ぶことができます。また、レストランで食べるジャガイモのコロッケはここの隠れた名物です。園内にホテルはありませんが、観光客に対応したペンションがあるので、一日で遊び足りない人は、ここに泊まってしまいましょう。
「四季彩の丘」へのアクセスは車が便利。入場料は基本的に無料ですが、乗り物は有料です。また、花畑の維持管理費用として一人あたり「200円」相当の募金がお願いされています。
四季彩の丘公式WEBサイト https://www.shikisainooka.jp/
セブンスターに続いて、マイルドセブンの登場です。1973年にここで、マイルドセブンのCMが撮影されました。何十本ものカラマツが等間隔で植えられている風景は、どこかヨーロッパの田舎道を思い起こさせます。ちなみにこのカラマツは、もともと防風林として植えられていました。この場所は、非常に風が強いのです。
この近くに観光名所というのは特にありません。じっくり、風景と対話しましょう。アクセスは車が一番、ですがこの近くには駐車場がありません。少し離れた街中にある駐車場からのんびり歩いて、ここにたどり着きましょう。美瑛町内に宿を取った人は、TAXI利用が一番便利です。
ここも美瑛町屈指の観光テーマパークです。年間約30種類もの花々を楽しむことができる花畑で、有名なケンとメリーの木があるのもここです。園内にはレストランやお土産売り場もあり、一日中遊ぶことができます。園内の移動はバギーかカートを利用しましょう。
ちなみにこの園内に、ホテルなどの宿泊施設はありません。アクセスはJR富良野線の美瑛駅から車で約5分の距離。美瑛の町からすぐです。ここの夏のひまわり畑は全国的に有名ですが、春や秋にも美しい花が咲き乱れます。冬季休業期間あるので、ご注意ください。
ぜるぶの丘・亜斗夢の丘公式WEBサイト http://biei.selfip.com/index.html
美瑛を代表する景色の一つが「パッチワークの路」でしょう。地平線の向こうまで、様々な野菜が植えられた畑の景色が続きます。もともとは、地元の農家さんたちが営む普通の景色でしたが、いつの間にか、観光地になってしまいました。
基本的にこの土地はすべて農地なので、勝手に私有地に入ってはいけません。また、働いている人の邪魔にならないように行動してください。ちなみに、このあたり、とにかく土地が広いので、アクセスはレンタサイクルか観光タクシーがおすすめです。両方ともJR美瑛駅の周りにあります。
日本のラベンダー業界、あるいはアロマテラピー業界において、抜群の知名度を誇るのが「ファーム富田」です。この美瑛がこのファームの地元なのです。見える範囲すべてがラベンダーに覆われた風景は、世界的に北海道の名物となっています。
「ファーム富田」が位置するのは富良野市。とは言っても、美瑛町のお隣です。夏の間、JR富良野駅から出る「ノロッコ号」という観光列車でアクセスが可能です。ここに行くなら、朝早くいくことをお勧めします。他に観光客がいなくてとても静かですし、ラベンダーの香りは、朝が一番強いのです。ちなみに「ファーム富田」へは24時間出入りが可能です。車でアクセスする人のために、500台の車が駐車可能な駐車場が完備されています。
このファームに咲いているのは、ラベンダーだけではありません。カラフルなポピーも楽しめる、「山の彩りの畑」も見どころの一つです。また、ここの名物は、ラベンダー色のソフトクリーム。訪れたときには、忘れずに食べましょう。
ファーム富田公式WEBサイト http://www.farm-tomita.co.jp/
次の観光名所は、夕日の名所です。「新栄の丘展望公園」は日本有数の夕日観賞スポットとして、日本だけでなく、海外からの観光客にも人気です。遠くに十勝岳連峰を望むこの公園は、近隣のジャガイモ畑や小麦畑に囲まれた風景の中にあります。
ここの公園には、駐車場も完備されているため、車でのアクセスがおすすめです。他の美瑛の絶景スポットと比較すると、観光客の姿も少ないので、のんびり景色が楽しめます。ここでお弁当をたべるのもいいかもしれません。
美瑛は酪農の町でもあります。そんな美瑛の代表的な牧場の一つが、この美瑛放牧酪農場、通称美瑛ファームです。主に乳牛を育てており、特にジャージー牛とブラウンスイス牛を放牧しています。その牛乳はこのファームでチーズやアイスクリームやソフトクリームになります。
よって、ここの名物は、ソフトクリーム。とにかく牛乳の味が濃く、おいしいと評判なのです。乳しぼり・バター作りの体験メニューもあります。なお、冬季休業のため、11月から4月に見学することはできません。おいしいソフトクリームが食べたくなったら、迷わず美瑛ファームを目指しましょう。アクセスは、美瑛町の町内から、車で20分ほど。美瑛町のホテルから、TAXIで気軽にアクセスができますね。
美瑛放牧酪農場(美瑛ファーム)公式WEBサイト http://www.biei-farm.co.jp/
こちらも美瑛にある牧場です。ファームズ千代田では、牛や馬、ヤギ、羊などの動物が広大な敷地にのんびり暮らしています。もちろん、彼らと触れ合うこともできます。ここの「ふれあい牧場」は年中無休で入場料無料。好きなだけ動物たちと遊ぶことができます。
近年、美瑛は和牛の里として有名です。「ファームズ千代田」内にあるレストランでは、びえい和牛を味わうことができます。びえい和牛は、日本酒「男山 」を製造したときに出る酒粕の生酵母が配合された、この牧場独自の飼料で育った牛です。柔らかく味わい深いびえい和牛をぜひ、味わってください。
ファームズ千代田公式WEBサイト http://www.f-chiyoda.com/
北海道は夏の間様々な観光列車が運行されます。その中でも人気の列車の一つが、この「富良野・美瑛ノロッコ号」です。毎年6月から9月までしか走らない、期間限定の列車です。その名のとおり、ものすごーくのんびり走る列車なので、景色の良い場所では最高速度30km/hぐらいのスピードです。
「富良野・美瑛ノロッコ号」が運航するのは、旭川ー富良野間(1日2往復)。と美瑛・富良野間(1日2往復)。この間にファーム富田のある「ラベンダー畑」駅があります。旭川ー富良野間の所要時間はわずか90分ほど。ささやかな列車の旅ですが、景色を楽しむには最高の乗り物です。ただし、とても人気が高い路線なので、人の多さには我慢しましょう。
美瑛に一番近い温泉地がこの「白金温泉」。前述の「青い池」や「白ひげの滝」も近い温泉街です。美瑛町の中心地ではなく、このあたりに宿をとって、マイナスイオンを吸収するのもよい旅行になるかもしれません。ちなみに、この温泉地までは、JR美瑛駅からバスで35分ほど。車でのアクセスがベストでしょう。
ここの温泉はどこのホテルでも、天然かけ流しです。また、ホテルの中には、日帰り入浴できる施設もあります。船室は、ナトリウムやカルシウム、硫酸塩や塩化物泉を中心としており、その効能は幅広く神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性、病後回復にまできくといわれています。
びえい白金温泉観光組合公式WEBサイト http://www.biei-shiroganeonsen.com/index.html 
ここからは、美瑛や美瑛の近くのホテル情報をお送りいたします。まず、美瑛の隣町の富良野にある「新富良野プリンスホテル」をご紹介いたしましょう。富良野市内のホテルの中で、最も宿泊施設の完備されたホテルです。温泉もあり、のんびりできること請け合いです。
ここのホテルの目玉の一つが、「ニングルテラス」と呼ばれる場所です。これはこのホテルに隣接したショッピングできるエリアであり、クラフトマン製品にあふれた様々な品物に出会うことができます。木工製品・革靴・銀細工と種類も豊富なので、見ているだけでもたのしめますよ。
新富良野プリンスホテル公式WEBサイト http://www2.princehotels.co.jp/furano-area/summer/
「ポテトヴィレッジ 美瑛ポテトの丘」は美瑛の丘の中でも最も美しいパッチワークの丘に建つ、ログハウスです。宿はドミトリーとペンション(個室)とコテージの3種類があります。ドミトリーは男女別部屋です。ペンションは2人部屋・3人部屋・4人部屋と種類があるので友達同士での旅行などにいいかもしれません。
ここの丘の敷地内にレストランがあり、その夕食は評判が高いので有名です。またコーヒーも美瑛で採れた大豆をブレンドした大豆コーヒーを食後に楽しむことができます。
ポテトヴィレッジ 美瑛ポテトの丘 公式WEBサイト https://www.potatovillage.com/
「ホテル・ラヴニール」に宿泊する最大のメリットはそのアクセスにあるといってもよいでしょう。JR美瑛駅のすぐ隣、徒歩2分の立地です。明るい室内はツインルームやデラックスツインルームがメインです。
また、このホテルでは、「手作り体験」を開催しており、美瑛で採れた小麦や牛乳を使ってパンやピザ、アイスクリームづくりを体験することができます(前日までに要予約)。
ホテル・ラヴニール 公式WEBサイト http://www.biei-lavenir.com/index.html
前述の白金温泉に位置するホテルの1つが「白金四季の森 ホテルパークヒルズ」です。温泉はもちろん天然かけ流し。日帰り入浴もOKなので、気軽に温泉に浸かることができます。なお、温泉だけでなく露天風呂やサウナも併設されています。洋室・和室・コテージ全部合わせると175室もある、大きなホテルです。
食事はバイキング形式が中心。なお、昼食のついた日帰り温泉プランもあります。
白金四季の森 ホテルパークヒルズ 公式WEBサイト http://www.biei-hotelparkhills.com/index.html
こちらも美瑛の白金温泉にあるホテル「白金温泉郷 森の旅亭びえい」です。山間部の傾斜を利用して建設されたのは、離れをふくめた、純和風の宿です。客室はわずか17室。静かなたたずまいの温泉宿なのです。そのため、近年海外からの観光客も、数多く宿泊する用になった模様です。
このホテルでエステも受けることができます。夜は、とにかくのんびりしたい人向けの宿です。
白金温泉郷 森の旅亭びえい 公式WEBサイト http://www.biei-hotel.com/
美瑛で家一軒を全部借りて、過ごすことができるのが、この「絵織の丘レンタルハウス」です。キッチン・バスルーム・サロン・ベットルームがある平屋の家に泊まることができます。このレンタルハウスは旭川空港からわずか15分。レンタカーを借りればすぐの距離です。
スキー場へも1時間ほどで行くことができますので、冬に友人同士や家族でスキーに行くのに利用すると安上がりかもしれません。ちなみにペットも一緒に泊まれます。
絵織の丘レンタルハウス 公式WEBサイト http://biei-eori.com/
美瑛に広がる手作りの森にたたずむお宿が「美瑛の丘の宿ほおずき」です。この宿では美しい美瑛の丘の風景を独り占めにして眺めることができます。ちなみに、冬季も営業しているため、冬の美瑛を知りたい人には、とても良い宿でしょう。
お部屋は2人用から3人用が中心。大切な人と、のんびりしたい宿です。
美瑛の丘の宿ほおずき 公式WEBサイト http://www.biei-hozuki.jp/
四季折々に美しい表情を見せる町美瑛。観光を楽しむのもよいですが、疲れたときほっと一息付ける場所でもあります。夏だけでなく、他の季節の美瑛の魅力を知る方がもっと増えますように。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BfArXgMFoFi/?tagged=%E5%86%AC%E3%81%AE%E9%9D%92%E3%81%84%E6%B1%A0