Qhohzyojix2nohd12k65

神奈川

CATEGORY | 神奈川

鎌倉で食べたいうなぎのお店6選【2018年】老舗のお店や予約方法など

2018.09.27

鎌倉には、明治から創業している老舗や著名人も訪れていた「つるや」や、予約必須のお店など人気のうなぎの名店がたくさん揃っています。ここでは、鎌倉の観光途中でも立ち寄りやすいお店や鎌倉で人気のお店などおすすめのうなぎ屋や、予約の方法などをご紹介します。

  1. 鎌倉は老舗のうなぎの名店揃い
  2. 鎌倉でうなぎを食べる際の注意点
  3. 鎌倉のおすすめうなぎ屋1:つるや
  4. 鎌倉のおすすめうなぎ屋2:茅木家
  5. 鎌倉のおすすめうなぎ屋3:山水
  6. 鎌倉のおすすめうなぎ屋4:浅羽屋本店
  7. 鎌倉のおすすめうなぎ屋5:うなぎ専門店 うな菊 大船店
  8. 鎌倉のおすすめうなぎ屋6:鰻専門店蒲焼 はま吉
  9. 鎌倉のうなぎ屋は観光にもおすすめ
  10. まとめ
鎌倉には、川端康成などの著名人が通っていた老舗うなぎ屋をはじめ、名店が揃うエリアです。昔ながらの調理方法を受け継いでいるお店や行列になるお店なども多く、予約をしなければ1時間以上待つこともあるお店ばかりです。ここでは、鎌倉の観光途中でも立ち寄りやすいお店や鎌倉でおすすめのうなぎ屋をご紹介します。
うなぎ屋に来店する時は、事前に予約が必要かどうかを調べておく必要があります。店舗によって予約をしておかなければうな重が食べられないお店や予約のできないお店などさまざまです。運が良ければすぐにお店に入れ、15分から20分ほどでうな重が提供されるお店もあります。
しかし、中には予約をしておかなければ1時間以上待つお店もあるため、事前にお店に予約が必要かどうか電話で確認をしておくほうが安心で、予約が必要な場合は早めに予約しておきましょう。
つるやは、2013年ミシュラン一つ星のお店で、川端康成などの著名人も通ったと言われている老舗中の老舗です。つるやは伝統的な調理方法を受け継ぐお店で、注文を受けてからさばくため予約なしで来店すると1時間近く待つことになります。つるやに来店する際は予約が必須なので、事前に電話をしておきましょう。
営業時間は11:30から19:00とこれから夜ご飯という時には閉店してしまいます。つるやでは炭をおこしてうなぎを調理しているため、ランチの後に休憩をはさみ、ディナーに再度営業を開始するというスタイルはできないのです。伝統的な調理方法の老舗ならではのこだわりです。
毎週火曜日は定休日です。予約をしていれば安心ですが、やはり平日のほうがやや人が少なくなるため、平日に来店できる人は平日がおすすめです。
お重のデザインに、鎌倉彫りがあしらわれているところにも老舗を感じることができます。小川糸さんの小説「ツバキ文具店」にも登場するうなぎ屋として知られていて、ツバキ文具店の聖地巡りとしてつるやを訪れる人も多くいます。
小説の中で「二世帯住宅」と表現された二段中入れ重は、5000円ほどするとても贅沢なうな重ですが、うなぎとご飯の下にはさらにうなぎとご飯が隠れる豪快な一品です。ツバキ文具店のファンならぜひ体験しておきたいメニューです。
茅木家は、鎌倉の絶景とともにおいしいうなぎをいただけるお店です。つるやと同じように人気のある老舗です。茅木家は2階にも席がありますが、人気店のため予約をしていたほうがスムーズに入店できます。甘すぎないあっさりとしたタレがふわふわの柔らかいうなぎと相性抜群です。きも吸は別料金ですが、うな重と一緒に注文する人が多いです。
本格的なうなぎを食べることができるためうなぎをしっかりと堪能したい人にはおすすめのうなぎ屋です。土用の丑の日になるとうなぎが完売してしまうことも多いため、早めに来店するのがおすすめです。親子丼や玉子丼などうなぎ以外のメニューがあるのも茅木家が人気の理由になっています。
うな丼とうな重は2種類ずつサイズがあり、値段の高いうな丼と値段の安いうな重は同じ値段になっており、入れ物の違いだけになっています。気分を味わいたい人はうな重を注文するほうがおすすめです。
山水はうな丼が人気のお店です。ランチのうな丼はとてもお手頃価格で食べることができ、きも吸、漬物、サラダ、デザートまでつくとても豪華なセットです。ランチのうな丼は予約することができず、注文後10分ほどで提供されますが、うな重は1時間前までに予約が必要です。
ランチのうな丼はサイズが3種類あり、エルが通常のサイズです。うなぎが2倍のったダブルはたくさん食べたい男性にはとてもおすすめです。他のお店では通常のサイズのうな重を食べる値段で倍のうなぎを食べることができます。エルダブルになるとさらにボリューム満点で、ガッツリ食べたい人にはおすすめです。
山水は、出前注文も受けているのが他のお店とは違うポイントです。鎌倉市が配達エリアになっていて、4000円以上の注文なら配達料や手数料なしで配達してくれるのが人気の秘密です。回収容器での配達か、使い捨て容器での配達かを選ぶことができるのも素晴らしい点です。
夜のメニューではうな丼が1800円からととてもリーズナブルで人気があります。他には、蒲焼やうな重もサイズが豊富でその日食べれそうな量で注文できるのも嬉しいポイントです。
浅羽屋本店は、明治40年創業の老舗で、こちらもつるやと同じで川端康成などの著名人も通っていたお店だと言われています。うな重の他にうな丼やうなぎ蒲焼膳、骨せんべいなどがあります。
うなぎ以外にもメニューがあるのも人気の秘密で、うなぎが苦手な人とも一緒に食事をすることができます。人気メニューは鎌倉らしくしらす御膳。生しらすの時期であれば、生しらすに釜揚げしらす、刺し身や天ぷらをたべることができるおすすめのメニューです。
うなぎ専門店 うな菊 大船店は、リーズナブルにうな重を食べることができるお店です。一番リーズナブルな梅であれば1500円ほどでうな重を楽しむことができるのが魅力です。11:45にオープンしますが、すでに11:00には名前を記入できる予約台帳が準備されます。
店内がいっぱいの時は、台帳に名前と電話番号を記入しオーダーをしておきます。順番が来る頃には電話をかけてくれるため、お店の前で待っておく必要がありません。お店は不定休や時間より遅い開店、早い閉店なども多いようなので、来店の際は注意が必要です。
うなぎ専門店 うな菊 大船店の最寄り駅は大船駅ですが、鎌倉駅から電車に乗れば10分ほどで行くことができます。
鰻専門店蒲焼 はま吉は、藤沢駅にあるため鎌倉駅からは電車で20分ほどかかりますがおすすめのお店です。鰻専門店蒲焼 はま吉のうなぎはとてもやわらかくふわっとしているのが特徴です。メニューは3種類のうな重とうな丼の他に単品の蒲焼や白焼きがあります。
うな丼は昼のみの限定メニューですが、リーズナブルでとてもおすすめです。どのメニューもきも吸とお浸し、漬物がついています。予約なしでも席が空いていれば20分ほどでうな重が提供されますが、お客さんが多いため予約をしておくと安心です。
ランチタイムにはビールが350円で飲めるのはお酒好きには嬉しいポイントです。しっかり味のついたうなぎとビールは相性抜群です。
鎌倉にあるうなぎ屋は、鎌倉駅からアクセスしやすい場所に多くあるため鎌倉観光にもおすすめです。神社や大仏など鎌倉をたくさん歩いて観光した後にはぜひ鎌倉のうなぎ屋へ訪れてみてください。事前に予約をしておけば好きな時間に来店でき、来店後すぐにうなぎを食べることができます。
鎌倉でおすすめのうなぎ屋をご紹介してきました。鎌倉には明治創業の老舗や炭火で焼き上げるお店など名店ばかりが揃うエリアです。土用の丑の日はもちろん平日でも予約をする方が安心の人気店ばかりで、ぜひ訪れてほしいお店ばかりです。鎌倉観光と一緒にぜひ鎌倉のうなぎ屋へ訪れてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-1865271/