Oie9vjlnelaqdtelp8n3

長野

CATEGORY | 長野

【2018年】軽井沢で食べ歩き!おすすめの食べ歩きグルメランキング10選!

2018.09.27

軽井沢は、毎年夏に多くの人が訪れる避暑地、別荘地として有名なリゾートです。軽井沢には観光スポットもたくさんありますが、食べ歩きにおすすめの名物グルメも豊富です。ここでは、軽井沢の食べ歩きやテイクアウトにおすすめの名物グルメをご紹介します。

  1. 軽井沢は食べ歩きの名物グルメがたくさん
  2. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ1:ガトゥ・デ・クロシェット
  3. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ2:ちもと総本店
  4. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ3:寺子屋本舗
  5. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ4:Craft Pudding Plant
  6. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ5:ミカドコーヒー
  7. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ6:ころっけやさん
  8. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ7:杉養蜂園
  9. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ8:リビスコ
  10. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ9:軽井沢キッチン
  11. 軽井沢の食べ歩きにおすすめ名物グルメ10:沢屋ジャム
  12. まとめ
軽井沢は、8月の平均気温が20度ほどと、他のエリアよりもかなり涼しいことで知られているため、毎年夏になると多くの人が軽井沢へ訪れます。軽井沢には、食べ歩きの名物グルメが多く、とても楽しく過ごすことができる場所です。食べ歩きとしてその場で食べるのはもちろん、テイクアウトしてその日の夜の宿泊先や家に帰ってから楽しめるフードもたくさんあります。ここでは、軽井沢の食べ歩きにおすすめの名物グルメをご紹介します。
ガトゥ・デ・クロシェットは、チーズタルトが有名なお店です。サクサクのタルト生地と、とろとろで甘さ控えめのチーズが絶妙なタルトです。1つ300円と若干高めですが、食べ歩きにはもちろん、お土産や家で食べるためにテイクアウトする人も多くいる人気のメニューです。
通常のチーズタルトの他に、信州ブルーベリーの入った味もあり、食べ比べもおすすめです。クッキーなど他のメニューもあるため、お土産にもぴったりです。
ちもと総本店の一番人気メニューはちもと餅です。ちもと餅はもちもちしたお餅の中に食感の良いクルミが絶妙な人気商品です。テイクアウトももちろんできますが、その場で食べるほうがより一層おいしくいただくことができます。
醤油味の焼き団子も人気があります。2本で350円ほどとリーズナブルな価格なので、多くの人が購入しているおすすめの商品です。
さらに、夏になれば天然氷のかき氷も販売されます。軽井沢の中で天然氷のかき氷を販売しているお店は少ないため、夏に軽井沢に訪れたらぜひかき氷を食べてみてください。
宇治金時や宇治ミルク、いちごなど種類も豊富で、白玉を追加することもできるためバリエーションは豊富です。暖かい時期ならおしるこもおすすめです。
寺子屋本舗は、出来立てのおかきを食べることができるお店です。一番人気のあるメニューは串ぬれおかきです。焼き鳥のように串にささったぬれおかきは、食べ歩きでも食べやすくとても人気があります。甘い醤油のしみ込んだぬれおかきは噛めば噛むほど深い味わいを感じられます。
出来立てで食べられるおかきは種類も豊富で、15種類近くのおかきの中から選ぶことができます。値段も120円から200円とお手頃で、たべあるきにも最適です。
Craft Pudding Plantは、信州のブランド卵「浅間小町」で作られた窯出しプリンが人気のお店です。2017年にオープンしたばかりのお店ですが、新しい軽井沢の名物となっています。1つ300円とお手頃で、テイクアウトやお土産にぴったりです。
プレーンの他にモカやカボチャもあります。テイクアウトの他に手土産にも喜ばれるおすすめプリンです。テレビでも放送されたことがある人気のお店です。
軽井沢にソフトクリームのお店はたくさんありますが、一番おすすめのソフトクリームはミカドコーヒーのモカソフトです。行列もできるほど人気のお店ですが、並んででも食べる価値のあるソフトクリームです。とても濃厚なのに苦みもありすっきりした味わいのモカソフトは、ジョンレノン夫婦も通っていたと言われています。
モカソフトはコーンかカップを選ぶことができますが、カップにするとプレーンのトッピングがついてきます。モカソフトとプレーンの相性は抜群で、気分で選ぶことができるのも人気の秘密です。
ころっけやさんは、2004年にオープンしたお店で、手作りのコロッケを販売しています。コロッケ屋さんですが、特製のメンチカツはとても人気で多くの人が購入しています。作り置きはしていないのでいつでも揚げたてを食べることができるのも人気の理由です。
ポテトコロッケや塩チーズコロッケ、かぼちゃコロッケなど種類も豊富でどれを買うか迷ってしまうほどです。テイクアウトできますが、やはりその場で出来立てを食べるのがおすすめです。
ソフトクリーム好きの甘党におすすめなのが杉養蜂園のはちみつ入りソフトクリームです。300円とお手軽な価格で食べ歩きにもおすすめです。杉養蜂園には、はちみつ入りソフトクリーム以外にもたくさんの商品が販売されています。体にいいものも多く、店内を見るだけでも楽しむことができます。他のお店とは違うソフトクリームをぜひ試してみてください。
リビスコは、新鮮な牛乳と生のフルーツを使って毎朝手作りするジェラートが人気のお店です。「オブセ牛乳」は一番人気のメニューで、牛乳のおいしさにこだわったシンプルで新鮮なジェラートです。
他にもロイヤルミルクティーやキャラメルラテ、抹茶、クリームチーズ、生チョコ、モアバナナなど数多くのフレーバーがあるため迷ってしまうほどです。
さらに季節限定のフレーバーも多く、春にはデコポンやホワイトグレープフルーツ、夏には夏いちごやスイカ、ブルーベリー、秋は巨峰やりんご、冬になるとみかんなど1年を通して通いたくなってしまうようなメニューのラインナップです。
軽井沢キッチンは、1970年まで営業されていた「三笠ホテル」で提供されていたカレーパンが再現されているということでとても人気があるお店です。三笠ホテルの焼き印もついたカレーパンはテイクアウトして食べ歩きをするのにぴったりです。ゴロゴロしたチキンもたっぷり入っているためお腹にもたまりやすいおすすめメニューです。
テイクアウトする時は、テイクアウト専用の受付があるため、スムーズに購入することができるのもおすすめのポイントです。軽井沢高原生ビールもあるため、カレーパンのお供にも人気があります。
沢屋ジャムでは、ピロシキが人気を集めているお店です。1950年代の沢屋が創業したばかりのころ、軽井沢に住んでいたロシア人の経営するロシア料理屋で人気だったピロシキを再現した人気の商品です。毎日手作りしているピロシキは数量限定のため、早い時間に売り切れてしまうこともあります。ピロシキを購入する場合は早めの時間に来店がおすすめです。
もちろんジャムも人気で、多くの人が買いに来ています。ジャム作り体験教室も開催されていて、コースによってブランチやランチ、アフタヌーンティー、工場見学などが含まれています。前日の午前中までに予約必須ですが、とてもいい記念になるためおすすめです。ジャムにはたくさんの種類があり、オンラインショップでも販売されています。ギフトとしても人気のあるジャムとなっています。
軽井沢の食べ歩きにおすすめの名物グルメをご紹介してきました。甘いものからしょっぱいものまで種類も豊富なため誰と行っても楽しめるのが魅力です。ぜひ、軽井沢に訪れたら食べ歩きに挑戦してみてください。お腹がいっぱいになってもテイクアウトできるものも多いため、家での楽しみに買って帰るものおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-1898542/