Pbmjfypcvbpe1464nazf

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾観光にベストな時期?おすすめの理由や現地の様子を解説

2018.05.02

「旅行に行きたい国」の上位に必ずランクインしている人気の台湾。 せっかく台湾に観光に行くなら、ベストな気候や時期に行きたいですよね? ここではおすすめな観光時期や、台湾の現地の様子などをまとめていきたいと思います。

  1. 1、台湾旅行、安く行くならこの時期を狙おう!
  2. 2、逆に高くなってしまうNG時期はいつ?
  3. 3、台湾の気候は?乾期の時期もおすすめ!安く行くならこの時期
  4. 4、台湾の気候は?雨期の時期もおすすめ!安く行くならこの時期
  5. 5、かき氷でも有名な台湾。狙いたいおすすめの時期は?
  6. 6、人気なマンゴーの旬に合わせて行くなら、この観光時期がベスト
  7. 7、台湾名物。ランタンのお祭りを見逃せないおすすめ観光時期
  8. 8、台湾のお祭りで日本とは違う楽しみ方ができる時期
  9. 9、敢えて行こう!おすすめの台湾年末年始の観光時期
  10. 10、まとめ

台湾旅行でオススメの安い観光時期といえば

台湾旅行をとにかく安く行きたいと考えている人は、特に2月がおすすめの安い時期と言えます。 お正月明けの2月は比較的どこの国でも、他の月と比べて安く行けますが、台湾も例外ではありません。 日本では2月は最も寒い時期となりますが、台湾では日本ほど寒くもないので、過ごしやすくオススメと言えます。 ですが南国ではないので、しっかりと寒さ対策や準備が必要です。
安い時期とは言っても、2月は台湾の旧正月(春節)に当たる時期でもあります。 この時期はお店や交通機関が休みに入ってしまう場合があるので、旧正月と旅行が重なってしまう人は予め下調べした方が良さそうです。 旧正月を除いた、2月の初旬や、月末などは比較的安く旅行できるので、オススメですよ。

NGな避けたい観光時期は

一年を通してどうしても高くなってしまう時期は、GWや年末年始などの大型連休がやはり旅行代金は高くなってしまいます。 格安ツアーを組んでも、最低でも7万円~15万円くらいの旅費がかかってしまうので、なるべくなら避けたいところですよね。 特に年末年始は世界中からも観光客がこぞって来るので、混雑も避けられない状況と言えるでしょう。 なかなかゆっくり観光と言うのも気持ちが休まらず難しいかもしれません。
なるべく旅行費用を安く抑えたい人は、やはり安い時期を狙って行くことをオススメします。 今はLCCなどの格安飛行機も多く出航しているので、上手に使って行くと安く旅行することも可能ですよ。 また有給休暇などが使えるなら、大型連休は避けて旅行に行くことも良さそうです。

乾期の時期に台湾観光もオススメ

台湾には乾期と雨期の時期があります。 雨期の時期は湿度が多く、ジメジメしていたり、雨の日が比較的に多くなってしまいます。 その逆に乾期の時期は、雨も降りにくく気候も穏やかなので、旅行日には最適な時期だと言えるでしょう。 乾期の時期はだいたい11月~2月くらいになるので、この時期に旅行の計画を立ててみるのもオススメです。
気候も過ごしやすいこの時期に、首都の台北だけではなく、第2の首都と言われている南部の高雄も人気な観光スポットとなっています。 日本統治時代の面影が残る下町や、隠れグルメなどもあるので、首都の台北とはまた一味違った、観光ができますよ。

雨期の時期も実は観光に狙い目?

反対に、台湾の雨期の時期は5月辺りから~雨期の時期に入ります。 上記で述べたように雨期の時期は、湿気でジメジメしたり、突然のスコールが降ったりと天気が読めない時期となってきます。 せっかくの旅行なのにジメジメとした湿気や雨だと気分も下がりがちになってしまいますよね。 ですがGWを過ぎた後は、雨期の時期とも重なることもあり、安く台湾に旅行に行けるので、安い時期に旅行に行きたい人にはオススメです。
同じ安く行ける2月の旧正月の時期とは違い、お店も開いているので、雨期の時期でも天気に恵まれれば狙い目の時期と言えます。 またもし雨が降ってしまっても、地下街のショッピングや、観光名所の一つ「故宮博物館」など台湾は見どころがたくさんあるので、飽きずに観光できますよ。

一度は食べたい、台湾のかき氷!狙う観光時期は?

台湾と言えば、「かき氷!」と言う人も多いほど台湾のかき氷はとても有名です。 日本にも店舗が出来るほど有名なかき氷なので、台湾に旅行に行った際には、本場の味を食べてみたいと思う人も多いのではないでしょうか? 台湾では基本的に1年中かき氷を食べることができます。
「かき氷を食べること」も旅行の目的に入っているならば時期を選ぶことはとても重要です。 例えば、台湾と言えばマンゴーが有名ですが、冬の時期に行ってもマンゴーのかき氷を食べることは難しいです。 季節によって収穫されるフルーツが変わるので、マンゴーならば春~夏、冬はイチゴとかき氷に入るフルーツも変わってきます。 自分の好きなフルーツの時期に合わせて、本場のかき氷を食べたり、グルメツアーの台湾旅行もオススメです。

台湾名物マンゴー!食べごろはいつ行けばいい?

そんな「本場のマンゴーを食べてみたい!」と思う人は、台湾の旅行を4月~8月の時期に計画を立てることをオススメします。 かき氷とマンゴーの組み合わせはダントツで人気なメニューなのでこの時期に旅行に行くと、旬のマンゴーを美味しく食べることが出来ますよ。 またかき氷以外でも、そのまま完熟のマンゴーを食べても良いですし、お土産として渡すのも人気なようです。 この時期は暑さも出てくるので、台湾で人気のタピオカジュースにマンゴーを混ぜても良いですよね。 季節限定の台湾名物のマンゴーを美味しい時期に食べるなら、夏前には旅行の計画を立てましょう。
夏休みぎりぎりになってしまうと、旅行代も値が上がるほか、旬のマンゴーもどんどん出払ってしまう可能性が高くなります。 5月の大型連休以降は比較的旅行代金も下がるので、過ぎた辺りが旅行にオススメの安い時期と言えます。

台湾のお祭りで日本とは違う楽しみ方ができる観光時期

日本と同じように台湾にもお祭りの季節があります。 日本は夏にお祭りが開かれることが多いですが、台湾では旧暦の1月15日の時期にお祭りが多くおこなわれています。 1番人気のあるお祭りは、やはりランタンで邪気払いをする、ランタンフェスティバルではないでしょうか。 何千個とある色とりどりのランタンを見れるのは、この旧暦の時期だけなので、見る価値大と言えるでしょう。 とても幻想的で、インスタ映えも間違いないです。
開催の日にちや場所は、毎年違っているので、ランタンフェスティバルに行く際には事前の下調べが必要になります。 ちなみに2018年では、台湾南部の「嘉義」で3月2日~11日までおこなわれていました。 年に1回のお祭りなので、この時期に合わせて台湾に旅行するのもオススメです。

スリルを楽しむなら爆竹、花火祭り!

日本ではなかなか味わえないスリル満点なお祭りを楽しみたいなら、台南にある爆竹祭りがオススメです。 テレビなどで、危険なお祭りとして、一度は見たこともある人が多いのではないでしょうか。 約100万発を超えるロケット花火や、爆竹を使った過激なお祭りが、台湾の台南にあります。 このお祭りは世界10大危険祭りの一つにも挙げられているので、参加する際には十分注意が必要です。
開催される日にちは、毎年台湾の旧暦の旧正月からだいたい15日目におこなわれています。 爆竹祭りは、2日間で開催されますが、1日目は初心者用、2日目が本番と別れているようです。 爆竹祭りは、爆竹以外にもパレードなどもあるので、見どころも満載です。 日本にはない大迫力のお祭りを楽しみたいなら、毎年開催されている爆竹祭りの時期に合わせての旅行もオススメです。

台北101でカウントダウン

上記で年末年始は、「旅行代も値上がり、人混みも溢れかえっている」…と話しましたが、あえて、安い時期ではない海外でカウントダウンを体験してみるのも、素敵な旅行の想い出になりますよ。 台湾のカウントダウンはその壮大さ故に、毎年たくさんの観光客が集まるほど人気な年越しとなっています。 約500mを超える台北101から上がる花火は迫力満点で圧巻の一言です。 また台北101のカウントダウン時期は台湾のアーティストが無料でライブもおこなっているので、台湾の音楽が好きな人にもオススメです。
旅行の値段は高くなってしまいますが、台湾でカウントダウンや年明けを見て過ごすのも良いですよね。 資金や環境への配慮で中止になる可能性もある、台北101のカウントダウンを一度は体験してみてはいかがでしょうか?
いかがでしたでしょうか? 台湾にはたくさんの観光名所や綺麗な街並みがたくさんあります。 安い時期に行くのもオススメですが、美味しい食べ物や、開催されているイベントの時期に合わせて、観光+イベントを楽しむのも忘れられない旅行のイベントになるのではないでしょうか。
その時期にしかおこなわれていないイベントや、旬の食べ物の時期もぜひチェックして、素敵な台湾の旅行を計画してみてくださいね。