F1bn0k1yox9ah4pdhuhc

中華人民共和国

CATEGORY | 中華人民共和国

マカオの天気・気温は?【2018年度版】~予報や服装もご紹介~

2018.09.30

カジノのほかにも、たくさんの世界遺産など観光スポットも充実しているマカオ。マカオへ旅行の際には、天気や気温はもちろん台風情報や予報も気になりますよね。今回は、そんなマカオの天気や気温・旅の服装などについて一挙ご紹介いたします。

  1. マカオの天気の前に:マカオの基本情報
  2. マカオの天気の前に:マカオの気候
  3. マカオの天気【春・3〜4月】
  4. マカオの天気【夏・5〜9月】
  5. マカオの天気【秋・10〜12月】
  6. マカオの天気【冬・1〜2月】
  7. マカオの天気:湿度について
  8. マカオの天気は夏が長い
  9. 【台風情報・天気予報】マカオの台風シーズンについて
  10. 【台風情報・天気予報】マカオの「台風シグナル」について
  11. 【台風情報・天気予報】マカオで台風が来た時の過ごし方
  12. マカオの天気別・旅の服装【春・3〜4月】
  13. マカオの天気別・旅の服装【夏・5〜9月】
  14. マカオの天気別・旅の服装【秋・10〜12月】
  15. マカオの天気別・旅の服装【冬・1〜2月】
  16. マカオ旅行の服装で注意すべきポイント
  17. マカオの天気から見る観光ベストシーズンは10〜12月
  18. マカオのイベントシーズン
  19. マカオのセールシーズンは夏と冬
  20. マカオの天気・服装・台風情報まとめ
引用: https://tabizine.jp/wp-content/uploads/2015/02/28981-01.jpg
日本から直行便で約5時間半ほど、香港からフェリーで1時間半ほどに位置するマカオは、連日多くの旅行客で賑わっています。マカオに訪れる旅行客の多くは、中国本土からの旅行客と香港からの旅行客が占めていると言われており、中国本土と香港のホリデーシーズンには特に賑わいを見せています。マカオといえばカジノのイメージを持っている方もいらっしゃるかと思いますが、マカオの魅力はそれだけではありません。
引用: https://imagef.navi.com/images/templates/HONGKONG/1001428/b7e99fd62f2d7c5a_S.jpg
グルメやファッション・ショッピングなどはもちろんのこと、数多くの世界遺産や夜景などの観光スポットも充実しており、街中はヨーロッパ風の雰囲気が感じられて異国情緒あふれる街並みが特徴的です。今回は、そんな魅力たっぷりで色々な顔を持つマカオを訪れるにあたって必ず役立つ情報として、気になる天気や旅の服装の情報と、台風情報や台風予報の調べ方などを一挙ご紹介いたしましょう。
引用: http://www.w-tabi.com/photo/a00013-map.gif
マカオは中国本土と南シナ海に囲まれた場所に位置しているため、大陸気候と海洋気候の特徴が合わさった亜熱帯気候に属しています。現地の年間平均気温は22.6度・年間平均湿度は79%という高温多湿な気候です。マカオには、日本ほどはっきりしたものではありませんが一応四季が存在し、大まかに春が3〜4月・夏が5〜9月・秋が10〜12月・冬が1月〜2月に分けられます。
引用: https://macaunavi.com/wp/wp-content/uploads/converted_file/photos/2499.jpg
しかし、四季とはいっても季節と季節の境目が非常に曖昧で、春先にはもうかなり気温が上昇していますし、夏は暑さが厳しく秋には残暑が厳しいといった特徴があります。夏が長いマカオですが、夏は雨がよく降る時期な上に台風シーズンでもあるため、旅行の際には心構えが必要ですね。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/thumbnails/imk/travelogue_album/10/10/65/650x_10106529.jpg?updated_at=1367884155
冬は年間を通して最も気温が下がる時期ですが、一番寒くなる時期でも平均で14度ほど気温があるので日本の冬のような厳しさはないでしょう。では、以下よりマカオの天気・気候を四季別に詳しくみて行きましょう。
引用: http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/img/img05/sakura02.jpg
春にあたる3〜4月は、南東の風の影響により気温と湿度が徐々に上昇し始め、日中の気温が20度を超える日が多くなってきます。天気の良い日の日中の気温は25度を超えることも珍しくなく、日差しもかなり強くなってきます。しかし、天気の悪い日や夕方以降は気温が低くなり少し肌寒く感じられる日もあるかと思いますので体調管理に気をつけましょう。
引用: http://www.knt.co.jp/cpn/report/kansai/kaigai/151023/img/cntImg01.JPG
また、時々霧がかかったり雨が降ったりすることも増える季節なので、雨具を持参しておくと良いでしょう。天気の良い日の紫外線対策の際にも使えるように、晴雨兼用傘を利用するのが合理的かと思います。
引用: http://www.worldfolksong.com/classical/common/img/05/sunflowers01.jpg
春が終わる頃からさらに気温が上昇し、それと比例するかのように湿度もどんどん上昇してきます。マカオの夏は非常に高温多湿で、平均気温はおよそ28度・湿度は90%近くにまでなる日が続きます。合わせて、夏はマカオでいう雨季にもあたり、雷を伴う豪雨が頻繁に降る時期となります。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180718/22/olemp/0e/0a/j/o0983072614231541568.jpg?caw=800
さらに、台風や嵐などが頻発する時期でもあるため、飛行機やフェリーの遅延の原因となっています。こういった理由により旅のリスクが多くなるため、夏のマカオ観光旅行は適さないとされており、観光のオフシーズンと言われています。
引用: https://www.esthe-station.co.jp/wp-content/uploads/2017/12/233c32abda8169e6862fe2cc61df7f43_m.jpg
厳しい暑さの夏が終え、10月に入ると中国大陸からの風による影響で暑さが和らぎ、気温と湿度がようやく落ち着きます。さらに涼しい日々が続く11月はとても快適な滞在ができ、マカオ観光旅行のベストシーズンだとされています。
引用: https://shimizudaily.tokyo/wp-content/uploads/2018/08/macauspot3-1024x768.jpg
平均気温は20度以下となり、気温とともに湿度も低下する上に降水量もかなり減るためまさに快適な季節です。日本の秋のような気候であるこの時期では、街歩きも快適に楽しむことができそうですね。
引用: https://www.1242.com/lf/asset/uploads/2016/12/66b202f80d34b97d35539aa73b12f564_sw680.jpg
マカオは基本的には年間を通して温暖な気候ですが、1〜2月には短い冬が来ます。シベリアから流れ込む冷気の影響で、年間を通して最も気温が下がる時期であり、平均気温は15度前後となっております。こう聞くと日本の冬よりは寒くないような印象を受けることでしょう。
引用: http://2.bp.blogspot.com/_cHodmotLOsw/TUqlS_1Iy4I/AAAAAAAAB74/yA5AjHwCwow/s1600/IMGP1201.JPG
確かに、日本の冬に比べるとマカオの冬は厳しくありませんが、中には日によって10度を下回る気温を記録することもあるため、いくらマカオが温暖だとはいえ油断は禁物です。旅の服装として、サッと上から羽織れるジャケットなどの防寒具は必携です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRuCpfU2blw16HczzIFHrvpBXuNoG-mm-vvvfhACwO15nmoIxHOaw
マカオは年間を通して温暖な気候で、年間の平均気温は23度前後となっております。気温と比例するかのように湿度も非常に高く、特に都市部の年間の平均湿度は80%程度とのことです。
引用: https://www.daikin.co.jp/naze/html/images/d002_page003.png
そのため日本の夏よりもさらに蒸し暑く、湿度が非常に高いため体感温度がかなり上昇すると思います。カラッとした暑さではなく蒸し蒸しした暑さなため、体調管理に気をつけましょう。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180714/14/dreamworkskeypersons/e2/5c/j/o0640042614228761993.jpg
年間を通して温暖な気候であるマカオの一年の中でも、特に厳しい暑さを誇る夏。しかも、マカオの夏は約5ヶ月間もの間続き、四季の中でも最も長いです。また、豪雨や雷雨・台風などの天候不良が多いのもこの時期で、上述のとおりマカオの夏は観光旅行にとことん適しておりません。
引用: https://www.sankei.com/images/news/170824/wor1708240012-p6.jpg
夏場のマカオでは、滞在中はもちろのこと、マカオへのフライトとマカオから日本へのフライトにも影響を及ぼす危険性があるため、夏場の旅行はかなりのリスクを背負っているということを理解しておきましょう。
引用: http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/f/810x540/img_5ffa2b1e2b2169d688b10b71c06cfe77198270.jpg
マカオの気候を語る上で外せないのが台風。観光の際には、天気予報と同時に台風情報をいち早く知っておきたいですよね。マカオは南国に位置しており台風の発生源にもほど近いため、台風による暴風・豪雨などの影響をまともに受けやすい場所に位置している街です。具体的な数字で表すと、マカオには年間で平均5回程度大き目の台風が上陸するそうです。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170823%2F12%2F153032%2F73%2F960x720xe501358ab6ebc0a14a2f7ef0.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
マカオ付近に台風が接近すると、後に紹介する「台風シグナル」という台風警報(予報)が発令されます。台風情報による警報シグナル8を越えた場合には、マカオ全域の公共交通機関が停止する上に、マカオ半島とタイパ島を結んでいる橋も通行止めとなりますので、都市の交通網は完全にストップすると考えて良いでしょう。
引用: https://imagef.navi.com/images/templates/HONGKONG/80003636/eca817b9c595db6d_S.png
台風シーズンの観光旅行には、常に台風情報を収集し天気予報もこまめにチェックした上で、こういったリスクも被る可能性があるため注意が必要です。
引用: https://www.mybus-asia.com/local_report/images/99-0.jpg
日本も台風が来たら、各地に注意報や警報などの台風情報が発令されますよね。マカオでも同じように、台風の予報を発表したり台風情報が発信されます。マカオでは、「台風シグナル」という発生中の台風の警戒度を国民に知らせて対策を促すシステムがあり、それに忠実に従うよう促されています。マカオの台風情報の予報・警報にはトータル5つのレベル分けをされた警報があり、簡単に解釈するとそれぞれ次のような意味を示します。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180914/18/coconutcake-coffee/26/22/j/o0566108014265909710.jpg?caw=800
シグナル1は、800km圏内に台風が近づいてきているため注意を促す注意喚起です。シグナル3はもう台風が来ており、風が強いため外出や船の出航には注意するよう促す注意喚起です。ちなみにこの時点で、現地の幼稚園は休園となります。シグナル8は台風が直撃しており、暴風圏内にいることを知らせる警報です。外出禁止となり、上述のように公共交通機関や橋は通行止めとなります。シグナル9にもなると大型台風を指しますので、めったに発令されることはありません。最大レベルであるシグナル10は超大型の台風のことを指し、発生頻度は10年に1度あるかないかくらいだと言われています。マカオではシグナル3以上が発令されると、メディアで常に台風情報や今後の予報などを放送しているそうです。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/15/kuroikigi/41/cf/j/o0980055114012849619.jpg?caw=800
「マカオに降り立ったはいいものの台風が来てしまった。せっかく来たのだから、台風情報や天気予報での情報収集を怠らず観光をしよう!」といって、外出したりするのは大変危険です。特に、台風情報を発信する台風シグナル8が発令されていれば、問答無用で外出は不可能です。
引用: https://imagef.navi.com/images/templates/HONGKONG/5029216/e5d17c8ab8b6b4c5_S.jpg
こんな時には、ホテル内にあるカジノで過ごすようにしましょう。正直なところ、台風シーズンで台風上陸中のマカオの過ごし方はこれ以外にありません。台風シーズンにマカオ滞在中の場合は、マカオの気象庁である「SMG」の天気予報や台風情報を随時チェックするようにしておきましょう。スマートフォンなどに初めから入れられてある天気予報アプリを見るよりも正確な天気予報や台風情報を入手できるでしょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRci3MMu8Lo2ws3GWptTueC5p-fKGjPAUFKfrlvseDkYNgvfaU8
マカオの春の服装としては基本的には日中の外出時はTシャツにジーンズで十分ですが、建物内の冷房対策や朝晩の冷え対策にジャケットなどの防寒着やカーディガンなどの上からサッと羽織るものを持っていくようにしましょう。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/11/26/95/src_11269579.jpg?updated_at=1515818553
また、急に雨が降って来た時に備えて、水をはじくウォータープルーフタイプの上着や雨具などの準備もしておくと安心ですね。
引用: http://www.toshinjyuken.co.jp/aichi_nagoya/wp-content/uploads/2018/06/acc155b29c5aec039f62efbe17fdf74c_s.jpg
日本の夏よりもさらに体感温度が高く、高温多湿な暑さの厳しいこの季節の服装は、Tシャツにショートパンツがベスト。衣類の素材としては軽くて速乾性のあるものや、肌にピタッとくっつかないコットン素材のものやシルク・リネンなどの肌さわりの良い服がベストです。また、日差しの強さも大変厳しいため、日焼け対策としてサングラスも持っておくと良いでしょう。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/1/4/6/IMGP2161.jpg
このように夏の暑さが厳しいマカオですが、ホテルやレストラン・ショッピングモールやカジノなどの建物内ではかなり冷房が効いており、寒さを感じるレベルでもあるでしょう。そのため、外出時にはバッグの中に上からサッと羽織れるカーディガンやパーカーなどを必ず携帯しておきましょう。
引用: http://hattori.osaka-park.or.jp/files/3114/1023/0566/season_top_autumum_03.jpg
マカオの観光ベストシーズンといわれている秋の服装は、日中の外出時にはTシャツとジーンズがちょうど良いです。しかし、朝晩や夕方以降には気温が下がり少し肌寒く感じることも多いので、上からサッと羽織れるカーディガンやセーター・パーカーなどを持っていると良いでしょう。
引用: https://img.travel.rakuten.co.jp/mytrip/content/howto/macau-girlstrip/images/2-2.jpg
また、12月にもなるとさすがにTシャツだけでは寒く感じることが多くなるため、日中であっても上からカーディガンもしくは長袖のシャツを着るようにし、ジャケットなどの防寒具の準備も忘れないようにしましょう。
引用: http://k-mari.com/kmwp/wp-content/uploads/2017/01/eef14c435554227fc27ea1716a7f238a.jpg
秋に続いて晴天続きの快適な季節である冬の服装は、徐々に寒く感じる日が増えるため適度な防寒具が必要となります。とはいえ、徹底した防寒具や厚手のダウンジャケットなどを準備する必要はなく、厚手のセーターやコートなどを持っておくと快適に観光旅行を楽しめるかと思います。
引用: https://kiyo-tokyo.co.jp/pic-labo/llimg/jfdnofnofd.jpg
しかし、1月下旬の寒波が来る時期になるとダウンジャケットを羽織った服装の人も度々見かけることになります。

夏場でも冷房対策はしっかりと

引用: http://illustratedbooks.up.n.seesaa.net/illustratedbooks/image/parka_white.png?d=a1
上記でも軽く触れましたが、マカオではホテル・レストラン・ショッピングモール・カジノなどの建物内に加えて、バスやフェリーなどの公共交通機関でさえも冷房が寒いくらいにガンガン効いています。海外にはよくあることですが、日本人の私たちにとっては堪え難いほどの寒さですので、外出時には必ずサッと羽織れるカーディガンやセーター・ジャケットなどを持っていくようにしましょう。マカオでは、うだるような暑さを記録する真夏でさえも建物内などは寒いので、油断禁物です。

冬場でも暖房はほとんど効いてない

引用: https://www.sozai-library.com/wp-content/uploads/2017/04/air-conditioner_heater_10557-450x337.jpg
年間を通じて温暖な気候のマカオの空調は、暖房設定がついていないものが多いため、ほとんどの施設で暖房は効いていません。このあたりの事情が、冬場は外が寒くても建物内は暖かい日本とは違うため注意が必要です。ジャケットなどの防寒具を着たまま食事する風景は、冬場のマカオでは当たり前なのです。
引用: https://www.compathy.net/magazine/wp-content/uploads/2017/01/4539500901_1340074731_b-640x429.jpg
上述のとおり、マカオの観光ベストシーズンは秋にあたる10〜12月。この頃は気温も湿度も落ち着き、降水量も急激に減るため大変過ごしやすい気候で町歩きなどにも最適です。また、冬場も少し肌寒く感じることがありますが、町歩きには最適の気候なのでおすすめです。反対に、マカオの夏にあたる5〜9月の間は高温多湿な上に降水量も多く、極め付けには台風が頻発する時期ということもあり観光には適していないですね。
引用: https://skyticket.jp/guide/wp-content/uploads/shutterstock_208858363-e1494218850830-680x383-1.jpg
マカオで開催される主なイベントやお祭りは、観光のベストシーズンに合わせた時期に多く開催されます。
引用: https://cdn-image.as-web.jp/2016/11/20101444/3042-765x510.jpg
特に11月に開催される「マカオ・グランプリ」という市街地をレースで走るイベントは有名で、街全体が大盛り上がりします。
引用: https://www.macaushimbun.com/wp-content/uploads/2013/09/foodfes.jpg
また、同じ時期にマカオのグルメイベントである「マカオ・フードフェスティバル」も大人気で、マカオのグルメはもちろん世界各国のさまざまなグルメを堪能することができます。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/43/00/src_10430075.jpg?updated_at=1366908975
他にも、1月下旬〜2月上旬にわたる旧正月や、12月のクリスマスシーズン、4月のイースターなどの時期には中国本土や香港からの旅行客で大変賑わい、ホテル代も高騰する時期となります。日本とはホリデーシーズンが違う中国圏ならではのイベントシーズンというわけですね。
引用: https://macaunavi.com/wp/uploads/fckeditor/blog/uid000001_20090216102045b6896a2e.jpg
マカオでは、夏の7月と冬のクリスマスの時期に大規模なバーゲンセールが開催されます。買い物天国である香港が有名ではありますが、マカオでも大変な賑わいを見せているこの年に2度のバーゲンセールは、冬の方が割引率が高いためお得です。また、冬の方が日本人の休暇にも合うため訪れやすいですね。日本では考えられないことですが、大人気で有名な高級ブランド店もバーゲンセールを行うのです。割引率がより高いのは冬の方。ハイブランド店の割引がほとんどない日本では考えられませんが、マカオでは人気のハイブランド店もセールを行います。バーゲンセールを狙ってマカオを訪れるには冬がおすすめです。合わせて、現地でゲットできるブランドのお店などを渡航前にぜひチェックしてみてくださいね。
引用: https://s.skygate.co.jp/pc/sa_city/oversea/images/mo/mo_img_k49_01.jpg
今回はマカオの天気・服装・台風情報・旅行のシーズンをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。カジノにグルメ・ショッピングはもちろんのこと、世界遺産巡りや町歩きも旅の醍醐味であるマカオでの旅行。天候や気候に左右されず、楽しく快適な旅行をするためには事前に現地の気候や天気の情報をリサーチする必要があります。皆さまのマカオでの観光旅行が快適かつ有意義なものとなるよう、ぜひこの記事の気候情報を参考にして旅行の計画を立ててみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://rollinn.net/wp-content/uploads/2017/03/macau-casino-830x460.jpg