A2ekvqpc87qfjf8x0dla

マレーシア

CATEGORY | マレーシア

マレーシア料理の特徴は?定番料理や東京にあるおすすめ店をご紹介【2018年】

2018.10.18

マレーシアは美しいビーチや近代的な街並みも魅力的ですが、旅行の醍醐味は何といっても美味しいご当地グルメ!特徴あるマレー料理や中華料理・インド料理など。美味しいおすすめマレーシアグルメを一気にご紹介。東京でも食べられるマレーシアグルメのお店もご紹介しちゃいます。

  1. 多彩なマレーシア料理
  2. マレーシア旅行のおすすめ料理1 ラクサ(Laksa)
  3. マレーシア旅行のおすすめ料理2 バクテー(Bak Ku Teh)
  4. マレーシア旅行のおすすめ料理3 チキンライス(Chicken Rice)
  5. マレーシア旅行のおすすめ料理4 ナシ・レマ(Nasi Lemak)
  6. マレーシア旅行のおすすめ料理5 サテー(Satay)
  7. マレーシア旅行のおすすめ料理6 ナシ・ゴレン(Nasi Goreng)
  8. マレーシア旅行のおすすめ料理7 ミー・ゴレン(Mee Goreng)
  9. マレーシア旅行のおすすめ料理8 スチームボート(Steam Boat)
  10. マレーシア旅行のおすすめ料理9 ロティチャナイ(Roti Canai)
  11. マレーシア旅行のおすすめ料理10 バナナリーフカレー(Banana Leaf Curry)
  12. マレーシア旅行のおすすめ料理11 カヤトースト(Kaya Toast)
  13. マレーシア旅行のおすすめ料理12  フィッシュヘッドカレー(Fish Head Curry)
  14. マレーシア旅行のおすすめ料理13 チャークイティオ(Char Kway Teow)
  15. マレーシア旅行のおすすめ料理14 チキンカレー(Chicken Curry)
  16. マレーシア旅行のおすすめ料理15 ビーフレンダン(Beef Rendang)
  17. マレーシア旅行のおすすめ料理16 カンコンブラチャン(Kangkung Belacan)
  18. マレーシアのお店での注意点
  19. マレーシア料理が食べられるお店(日本)
  20. まとめ

マレーシア料理は多国籍料理?

引用: https://www.instagram.com/p/BoeSVu8lrSb/?tagged=%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%97%85%E8%A1%8C
マレーシアの人達は食べることが大好き。マレーシアの料理は「はずれがない」とよく言われます。マレー系・中国系・インド系などの多民族国家のマレーシアは、それぞれの民族の特徴を生かした民族料理や、それらの料理が融合された新しい料理などが目白押し!ここでしか食べられないマレーシア料理をぜひ食べてみて下さい。

マレーシアのグルメの特徴は?

引用: https://www.instagram.com/p/BmDcv4DFx6S/?tagged=littlepenangcafe
マレーシア料理は、マレー料理・中華料理・インド料理・ニョニャ料理の4つの代表料理があります。マレー料理は、ココナッツと香辛料を使ったほどよい辛さの中に、まろやかさと酸味・甘さの風味豊かな料理。中華料理は独自の進化を遂げたマレー中華。大陸から伝わった中華料理が、マレー風やインド風にアレンジされた新しい美味しさ。インド料理は、ココナッツや豆・野菜を使った香辛料たっぷりのスパイシーさが食欲をそそります。そして、マレー料理と中華料理のミックスされた家庭料理のニョニャ料理。それぞれの特徴を生かした料理達をぜひ食べ比べてみて下さい。
引用: https://www.instagram.com/p/BjRkORyDRQ8/?tagged=%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B5
マレーシアで必ず食べたい料理の一番に挙げられるのが、国民的麺料理の「ラクサ」です。日本のラーメンの様にマレーシアではポピュラーで、ご当地ごとに魚スープや鶏スープ、カレースープなどスープの味や麺が変わります。日本人にも食べやすく朝ご飯にもぴったり。国民みんなに愛されているラクサは絶対おすすめです。写真はコタキナバルのラクサで、「サラワクラクサ」に近い濃厚な魚介だしとココナッツミルクのカレー風味のスープです。

アッサムラクサ(ペナンラクサ)

引用: https://www.instagram.com/p/BiBacXqjsik/?tagged=%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B5
最も有名なラクサはペナン島で食べられている「アッサムラクサ」で、別名「ペナンラクサ」とも言います。このラクサの特徴は、魚の身を細かく砕いたとろみのあるベースに、柑橘系の酸味と唐辛子の辛味の効いたサッパリスープです。麺は米粉の太麺でスープによく絡む絶品です。

リトルペナンカフェ(Little Penang Cafe)

引用: https://www.instagram.com/p/BbJB_wLj9QP/?tagged=littlepenangcafe
ペナン島のローカルフードが食べられるお店。スリア KLCCのショッピングモールの最上階にあり、ペナンラクサなどのペナン島フードが手軽に味わえる地元客にも大人気のお店です。

ニョニャラクサ

引用: https://www.instagram.com/p/BiSEjaElNWT/?tagged=preciousoldchina
マラッカ生まれの「ニョニャラクサ」も良く食べられているラクサで、アッサムラクサとは全く味が違います。味の特徴は、たくさんのハーブやチリを使ったカレー風味がベースで、そこにココナッツミルクを加えてマイルドな辛さに仕上げています。具はエビと赤貝が入り、麺は細い卵麺かビーフンを使用。マレー料理と中華料理の文化と料理法が一つになって生まれたニョニャラクサの味は、一度食べたら病みつきになる?

プレシャス・オールド・チャイナ(Precious Old China )

引用: https://www.instagram.com/p/BW7YhGJDwIl/?tagged=preciousoldchina
チャイナタウンのセントラルマーケットの2Fにある、多彩なニョニャ料理が食べられる大人気レストラン。中はペナンやマラッカから取り寄せたアンティーク家具が置いてあり、昔の中国風のノスタルジックで落ち着いた雰囲気。ここのニョニャラクサはリピーターが多いクオリティの高い味。マレーシアの素朴な家庭料理達をぜひ楽しんでみて下さい。
引用: https://www.instagram.com/p/Bl28HTrBKdx/?tagged=%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%BC
バクテーは中華料理がマレーシアで独自に発展した中でできた料理です。この料理の特徴は、ぶつ切りの骨付き豚肉や内臓肉を、中国醤油と漢方薬のスパイス・野菜と一緒に長時間コトコト煮込むこと。独特の味のスープが浸み込んだ柔らかい肉の味が、意外とあっさりしていてご飯もドンドン進みます。イスラム教のマレー人は戒律上食べないので、主に中国系の人に好まれています。健康に良いですよ。

新峰肉骨茶(Sun Fong Bak Kut Teh)

引用: https://www.instagram.com/p/BlOxKkShVc_/?tagged=%E6%96%B0%E5%B3%B0%E8%82%89%E9%AA%A8%E8%8C%B6
クアラルンプールでバクテーと言ったらここと言うほどの超有名店です。1971年創業、KLモノレール Imbi(インビ)駅から徒歩約5分のクアラルンプールの中心部にある、ローカルな食堂が立ち並ぶ一角にあります。創業当時から受け継がれてきた、秘伝の漢方スープで煮込んだ柔らかい豚肉が絶品。疲れた体にスープがじんわり染みわたります。屋根付きの屋外席もあります。
引用: https://www.instagram.com/p/BaJcsISHLTj/?tagged=%E5%8D%97%E9%A6%99%E9%A3%AF%E5%BA%97
チキンライスはマレーシアの代表料理。鶏ガラスープで炊いたご飯と蒸した鶏かローストポークがセットになっています。(単品あり)ご飯と鶏肉を一緒に炊き上げるお店もあり、鶏ガラスープのダシの味が効いたご飯は、あっさりなのにしっかり系。ふっくらと炊きあがった蒸し鶏はお好みのソースかチリをかけて食べます。一度食べたら忘れられない味のマレーシア・チキンライスをぜひ食べてみて下さい。

南香飯店(Nam Heong Chicken Rice)

引用: https://www.instagram.com/p/Bfnv5WHgJ3Q/?taken-at=270480932
チャイナタウンにあるクアラルンプールで一番おいしいと評判の老舗の名店です。自慢の蒸し鶏(ローストチキンもある)はふっくらと柔らかくジューシイで、あっさりした味の中に鶏の旨味がギュッとつまった絶品。卓上のショウガ・チリ・中国醤油を混ぜたソースで食べます。ご飯は鶏のスープで炊いていて、単品でも鶏のセットでも注文できます。日本語のメニューもあるので安心。しかもリーズナブルと絶対食べておきたいおすすめです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bn_b8uQlpQL/?tagged=nasilemak
地元っ子達に「朝御飯ならこれ!」と愛されている朝食定番メニューのナシ・レマ。ナシ・レマはココナッツで炊いたご飯と、揚げたカリカリの小魚・ピーナッツ・ゆで卵・目玉焼きやキュウリなどがトッピングされています。特徴は店ごとに違う秘伝のサンバルと言う辛いソース。具とご飯と一緒に混ぜたりかけたりして食べます。時にはカレーがそえられることも。日本人にも食べやすいので試してみて下さい。

ビレッジ・パーク・レストラン(Village Park Restaurant)

引用: https://www.instagram.com/p/Bd_GoYgFW_r/?tagged=villageparkrestaurant
ナシ・レマの名店「Village Park Restaurant」は、マレーシアの首相や芸能人などのセレブ達もやって来る超人気店。こちらの人気メニューは「ナシ・レマ・アヤムゴレン」と言うチキン付きのナシ・レマです。チキンは皮はパリッと中はジューシーで柔らかく、ポイントの特製サンバルソースは濃厚な旨味の効いたピり辛味。小魚やピーナッツを混ぜ込んだココナッツミルクで炊いたほんのり甘いごはんにサンバルソースが絶妙にマッチ。マレーシアの国民の味を堪能してください。
引用: https://www.instagram.com/p/Bn3Vz_Egh_Z/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%86%E3%83%BC
屋台メニューの定番「サテー」は、スパイシーな下味をつけた鶏肉や牛肉・羊肉などを、串に刺して炭火焼きにした「マレー風焼き鳥」です。甘辛いピーナッツソースに漬けて食べますが、そのままでも味付きなのでOK。。脂身と皮は除いてあるのでヘルシーと大人気。下味はお店ごとに違うので好みの味を見つけてみて下さい。ビールのお供にもピッタリ!「サテーと言えば鶏肉」と言うほど鶏肉がポピュラーで、牛肉や羊肉は鶏肉ほど普及していません。

アロー通り(Jalan Alor)

引用: https://www.instagram.com/p/BoSt1L3Fj2A/?tagged=jalanalor
アロー通りは、クアラルンプールで最大の屋台街。長さ約200mの通りにサテー・ラクサ・ナシレマ・などマレーシアのローカルフードの屋台がひしめいています。先に屋台を回ってみてから食べたい屋台の側の席に座り、席番か場所を教えて注文、席に料理が来たら支払うシステムです。サテーはいくつもの屋台がありますが、写真の「FAT BRATHER SATAY」(ファットブラザーサテー)が種類も豊富でおすすめです。
アロー通り(Jalan Alor/ジャラン アロー) 住所:No.1,Jalan Alor, 50200, Kuala Lumpur 電話番号:0321442463/0321483413 営業時間:17:00~翌 3:45 屋台によって異なります。定休日:無休(店舗による)※旧正月期は休みの店もあり。アクセス:KLモノレール・ブキッ・ビンタン駅から徒歩約3分。日本語対応なし。英語はOK。
引用: https://www.instagram.com/p/BoSZ_hknr-E/?tagged=nasigorengayam
日本でもよく知られている「ナシ・ゴレン」は、ご飯と野菜をオイスターソースとニンニク・チリなどで炒めたピリ辛の「マレー風チャーハン」です。トロリとした少し半熟の目玉焼きを混ぜ込めばもう絶品の美味しさ。付け合わせにえびせんやチキンと食べることが多く、レストランなどではいろいろ付いた豪華なナシ・ゴレンが出て来ることも。屋台でも気軽に食べれるのでぜひ挑戦してみて下さい。

フートンフードコート(Hutong Food Court/十號胡同 )

引用: https://www.instagram.com/p/BmASqyZHJJ6/?taken-at=772251341
KLモノレール・ブキッビンタン駅直結のショッピングモール「ロット10」の中にある、有名店を揃えた今最も注目のフードコートです。老舗のクオリティの高い味をそのままに、軽食から食事まで気軽に味わえます。屋台街を再現したスペースは、室内なのにチャイナタウンか夜市の様なエキゾチックな雰囲気。清潔でクーラーもきいているので、安心してゆっくりと料理を味わえます。ナシ・ゴレンも人気メニューです。
十號胡同 フートンフードコート(Lot 10 Hutong) 住所:Lot 10 Shopping Centre (LG Floor) 50250 Kuala Lumpur 電話番号:0327823840 営業時間:無休 定休日:10:00~22:00 アクセス:KLモノレール Bukit Bintang(ブキッ・ビンタン)駅から徒歩1分
引用: https://www.instagram.com/p/Bomy-W8lLap/?tagged=meegoreng
屋台飯の国民的定番メニューのミー・ゴレンは、言わば「マレー風焼きそば」です。卵麺とたっぷりの野菜やシーフードなどを、オイスターソースとチリなどのスパイスで炒めます。目玉焼きとエビせんのトッピングもつきます。卵麺以外にもビーフンを使った「ミーフー・ゴレン」などもあります。マレーシアに来たら一度は食べるっきゃない!

Tg'sナシカンダール (Tg's Nasi Kandar)

引用: https://www.instagram.com/p/BdzTtwYnZwd/?taken-at=956810800
ミーゴレンは、マレーシア人のソウルフード。屋台やレストランなどどこでも食べられますが、ここでは地元客に大人気の「Tg'sナシカンダール」をご紹介します。名前の通り「ナシカンダール」と言う、ご飯にいろいろな具をのせてカレー風のスープをかけて食べる料理が看板メニューですが、ここのマトン(羊肉)のミー・ゴレンが、肉が柔らかくて具沢山の絶品なんです。ナシゴレンやカレーなどもあるので、お友達と何品か注文してシェアしながら食べてみて下さい。インビ駅の近くにあります。
引用: https://www.instagram.com/p/BOj_OSPgjxP/?tagged=%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88
中華料理系のお店で食べられる「スチームボート」は、ドーナツ型の専用鍋に肉や野菜・魚介類などを入れて煮込む「マレー寄せ鍋」。この料理の特徴は水炊きの様にスープが味の決め手。あっさり味のスープによって味の良し悪しが決まります。特製チリソースや醤油ダレにつけて食べます。「マレーシアは暑いのに鍋?」と思っちゃいますよね?でもマレー国民大好きメニューです。

客家飯店(Hakka Restaurant)

引用: https://www.instagram.com/p/BoWUgYqDpPN/?tagged=hakkarestaurant
マレーシアでは、知らない人がいないと言う「スチームボート」の超有名店です。巨大ショッピングモール「パビリオン」の近くにあります。開放的なオープンエアなので、クアラルンプールの美しい夜景を食事をしながら楽しめます。日本語のメニューもあり注文もし易くしかもリーズナブル。美味しさもボリュームも満点の客家飯店でクアラルンプールの夜を満喫してください。
引用: https://www.instagram.com/p/BZzX8DzHV51/?tagged=%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8A%E3%82%A4
小麦粉を薄くのばして焼いてパイ状に畳んだナンの様なパン(ロティ)に、チキンや魚・豆のカレーソースをつけて食べるマレーシア人の軽食です。朝食やおやつにも大人気。生地にバナナや卵が入ることもあり、もっちりとした薄い生地がカレーに絡まり絶品の味。どんどん進んじゃいます。屋台で鉄板の上のロティを回転させながら広げるのを見れば、マレーシアにいるんだなとテンションあがります!

ナシ・カンダール・ペリタ(Nasi Kandar Pelita)

引用: https://www.instagram.com/p/BHDEdOPB-vN/?tagged=nasikandarpelita
KLCCから歩いて3分のところにある、イスラム系インド料理のお店です。ナシ・カンダールが看板メニューですが、朝はロティチャナイを食べようと地元の人達でにぎわいます。とっても軽いクレープのようなロティがカレーに絡んで美味しい!オープンエアで入りやすく、24時間営業なのでいつでもインド料理が食べられます。チェーン店なので市内にも支店があります。
引用: https://www.instagram.com/p/BkytfueHEV1/?tagged=%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%96%99%E7%90%86
バナナリーフカレーの特徴は、何といってもお皿の代わりにバナナの葉を使うところ。敷いたバナナの葉の上にご飯や野菜・おかずをのせて、器に入ったカレーがそえられます。これにフライドチキンや魚のフライ、シーフード料理などを別料金で付けることが出来ます。リーズナブルな価格の上、基本ご飯とカレーはおかわり自由なところが嬉しいですね。

Sri Nirwana Maju(スリ・ニルワナ・マジュ)

引用: https://www.instagram.com/p/BjRNlgqB-UX/?tagged=srinirwanamaju
地元で最も知られている「バナナリーフカレー」の美味しい、ローカルなインド料理のお店です。朝早くから地元のお客さんで溢れかえり注文もほぼ「バナナリーフカレー」。バンサールにありアクセスが難しいのでGrabタクシーがおすすめです。白飯かビリヤニ(インド風ピラフでチキン・マトンなどから選ぶ)を選ぶと、机にバナナリーフが敷かれて付け合わせや野菜・ご飯が置かれ、持って来てくれた3種のカレーから一つをを選んでかけてもらいます。カレーはチキン・マトンなど日によって種類が変わります。手で食べるのが基本なのでスプーンが欲しかったら頼んでください。
引用: https://www.instagram.com/p/Bh0Q3Lug5CE/?taken-by=oldtownwhitecoffee
マレーシア国民の軽食ナンバーワンが「カヤトースト」。味の特徴は、やっぱり「カヤジャム」。ココナッツミルクと卵・砂糖・パンダンリーフを煮詰めて作ったジャムです。軽くトーストした食パン(フランスパンも)にカヤジャムを薄く塗り、パンの真ん中に硬いままのバターを挟んでからもう一度焼いて出されます。トロっと溶けたバターの塩味とカヤジャムの甘さが絶妙な美味しさ。マレーシアに行ったら絶対に食べて欲しい逸品です。ちょっと一休みにカフェや屋台で、コーヒーや紅茶と一緒にいただいてみてはいかがですか?

オールドタウン ホワイト コーヒー /スリア KLCC店(OldTown White Coffee /Suria KLCC)

引用: https://www.instagram.com/p/BooW9j1FwxT/?tagged=oldtownwhitecoffee
マレーシアの地元コーヒーチェーン店です。たっぷりのカヤジャムにとろけるバターが甘じょっぱくてクセになる美味しさ。定番の温泉卵とアイスホワイトコーヒーとセットでぜひ食べてみて下さい。お食事メニューもあるのでランチにも便利。しかもとってもリーズナブル。気軽に入ってひと時の休息を。
引用: https://www.instagram.com/p/BooHhIWARvK/?tagged=fishheadcurry
「フィッシュヘッドカレー」は、その名の通り「レッドスナッパー」と言う大きな魚の頭が入ったスープカレーです。濃厚なココナッツミルクの甘味に魚のだしの旨味、野菜の柔らかな甘みと多彩なスパイス達が絶妙にマッチ。スパイシーながらもマイルドな辛さで、酸味も効いた意外とサッパリして食べやすい味です。魚の頭も大きく身がたっぷり付いているのでみんなでワイワイつついて食べて下さい。シンガポール発祥で、それ以外はマレーシアでしか食べれない料理です。

グランドママズ/パビリオン店(Grandmama's /Pavilion)

引用: https://www.instagram.com/p/BkE7xQ7D-Ae/?taken-at=1028386017
ショッピングセンター「パビリオン」の中にあるマレー&中国料理のお店です。中はお洒落で女性にも入りやすい雰囲気です。フィッシュヘッドカレーは辛い中にもしっかりした旨味があり、クセがなく日本人にも食べやすい味。ショッピングの合間のランチにもおすすめです。量が多いのでお店の人に確認してから注文をして下さい。
引用: https://www.instagram.com/p/BXfnCUNBg8B/?tagged=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AA
「チャークイティオ」は、きしめんの様な平たいライスヌードルが特徴の焼きそばの様な麺料理です。ライスヌードルとエビや赤貝・中華ソーセージなどのたっぷりの具を、醤油やサンバルソース・オイスターソースなどで炒めます。濃厚な旨味と辛すぎない味でボリューム満点、老若男女に大人気の国民食です。ペナン島が発祥の地と言われ、地方ごとやお店によって味や具が違います。

フートンフードコート(Hutong Food Court/十號胡同 )

引用: https://www.instagram.com/p/Bivo86thDy-/?tagged=%E5%8D%81%E8%99%9F%E8%83%A1%E5%90%8C
ペナン風チャークイティオの美味しいお店と言ったら必ずここの屋台が上がります。ここでは「ペナン・フェイマス・フライド・チャークイティオ」( Penang Famous Fried Koay Teow )と言います。平たい特徴のある麺に大きなエビ・ザル貝・ニラ・中華ソーセージ・もやしなどがよく混ざって、しっかり脂が絡んだ逸品。トッピングの卵は鶏とあひるから選べます。涼しい室内でランチをゆっくり楽しんでみて下さい。
引用: https://www.instagram.com/p/BovmXTVl0K0/?tagged=malaysianfood
マレーシアで一番消費量の多い鶏肉を使った「チキンカレー」。マレーシアのチキンカレーの特徴は、ココナッツミルクを入れること。濃厚なコクとまろやかな甘さでマイルドな辛さになり、柔らかく煮込まれたチキンと野菜が、深い旨味のあるカレーによくなじんでいます。マレーシアのカレー屋さんなら必ずメニューにあるほどポピュラーなチキンカレーをぜひ一度食べてみて下さい。

ボンベイ・パレス・レストラン(Bombay Palace Restaurant)

引用: https://www.instagram.com/p/mKHo45TB6Q/?taken-at=20131603
「ボンベイ・パレス・レストラン」はベストインド料理レストランに何度も選ばれている、マレーシアで最も有名なラグジュアリー・レストラン。市内中心部の「ライフセンター」の中にあり、モノレールか無料巡回バスで行けます。内装は上品かつ高級感溢れる雰囲気で、スタッフも丁寧ながらもフレンドリー。どこかアットホームな雰囲気は気後れせず食事が楽しめます。コクのあるまろやかな甘さとスパイシーなバターチキンカレーは絶品の一言。少しお高いですが間違いなく最高の味が楽しめますよ。
引用: https://www.instagram.com/p/Bg7ph8FBVEa/?tagged=beefrendang
ニョニャ料理の代表的な料理「ビーフレンダン」は、牛肉をココナッツミルクやレモングラスなどのハーブでホロホロになるまで煮込んだ料理で「マレーシア風のビーフシチュー」です。ココナッツミルクのほのかな甘味と、ハーブの豊かな風味が特徴です。あまり脂っこくなくココナッツミルクで炊いたご飯とセットで食べます。各地方・各家庭のさまざまなこだわりの味があるローカルフード。他にもチキンで作るチキンレンダン、羊肉で作るマトンレンダンなどがあります。

マダムクワンズ/スリアKLCC店(Madam Kwan's)

引用: https://www.instagram.com/p/BaSrBMgh9yb/?taken-by=madamkwans
地元客にも観光客にも大人気のマレー料理の名店です。LRT KLCC駅より徒歩約5分,スリアKLCCのLevel4(日本でいう5階)にあります。モダンで清潔感のある室内で、伝統的なマレーシアの家庭料理「ニョニャ料理」を提供。ビーフレンダンの柔らかく煮込まれた牛肉に、ココナッツミルクで炊かれたほんのり甘いご飯がベストマッチ!マレーシアのママの味をぜひ体験してみて下さい。
引用: https://www.instagram.com/p/BoYVM50AwBb/?tagged=kangkungbelacan
マレーシアのニョニャ料理で必ずおかずに出て来る「カンコンブラチャン」は、空芯菜をブラチャンと言う小エビのペーストと、唐辛子のチリを混ぜた調味料で炒めた青菜料理です。エビの独特な香りのスパイシーな辛さで、細長い葉の柔らかい部分を食べます。辛いのがダメなら「ノーチリ」と言えば大丈夫。屋台やニョニャ料理のお店などで食べられますのでぜひお試しを。

アロー通り(Jalan Alor)

引用: https://www.instagram.com/p/Bn-LONYjYI8/?tagged=jalanalor
クアラルンプールに来たら一度は足を運ぶ「アロー通り」。いろいろな屋台料理が揃っていますが、肉料理と一緒にぜひカンコンブラチャンも食べてみて下さい。開放的な屋台でみんなとワイワイおしゃべりしながら囲む料理は、南国情緒たっぷりの一夜の良い思い出になること請け合いです。

お酒類が置いてないか、あっても価格が高い

引用: https://www.instagram.com/p/Bol3ET1FdeZ/?tagged=tigerbeer
マレーシアは人口の約60%がイスラム教の国です。イスラム教ではお酒は禁止で大半の人がお酒を飲まないので、酒税は高く設定してあります。なので地元のローカルフードのイスラム系のお店などでは酒類を置いてないことも多いです。またイスラム教徒以外の人々が利用する、ホテル・カフェ・レストラン・パブなどでは置いてありますが、アルコール代が食事代よりも高くつくことも良くあります。ビールやカクテルは日本の約2倍の価格と考えて注文をして下さい。

豚肉料理がメニューにない所もある

引用: https://www.instagram.com/p/BmsfMKkgHU8/?tagged=%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1
これも上記の理由と同じですが、イスラム教徒は豚肉を食べられません。例えばインド料理のお店でも、イスラム系のお店には豚肉のカレーなどはありません。イスラム系以外のお店では、中国系マレーシア料理のバクテーなどの豚肉料理があります。もしマレーシア人のお友達と一緒にお食事されるなら、ぜひ配慮してあげて下さい。
マレーシアグルメは食べたいけどなかなか旅行まで行けないという方に、日本でも本場のマレーシア料理の味が楽しめるお店をご紹介します。お友達や大事な方を誘って、マレーシア気分をぜひ楽しんでください。

ペナンレストラン(東京/芝公園)

引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r0342560360274
日本でもペナンラクサが常時食べられるお店です。このお店の特徴は、ペナン島出身のご主人が作られる現地の味そのもののペナン料理。リピーターや外国人客も多くその味のクオリティを証明しています。アットホームで暖かな中にもマレーシアテイスト溢れるインテリアで、あなたもペナン島気分になれる? 写真引用:食べログ

マレー・アジアン・クイジーン(東京/渋谷)

引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r1738267362632
モダンで落ち着いた雰囲気が良いマレーシア料理のお店。本場のマレーシア人シェフが作る本格マレーシア料理に、マレーシア人やマレーシア通の日本人たちが通う、日本風でない現地そのままのマレーシアグルメが楽しめます。URL: http://www.malayasiancuisine.com/index.html 写真引用:食べログ

ラサ(東京/銀座)

引用: https://uds.gnst.jp/rest/img/7gd9r8nx0000/s_0n8f.jpg?t=1480496588
マレーシアの王族など国賓も訪れるマレーシア政府推奨店。常時60種類以上の本格的なマレー料理が食べられます。銀座と言う立地に相応しいシックで落ち着いた雰囲気で、マレーシアの映像や写真などまるでマレーシアにいる様。人気の「サテー」はマレーシア航空ファーストクラスで出されるサテーと同じもの。ゆっくりマレーシア料理を堪能してください。写真引用:ぐるなび
引用: https://www.instagram.com/p/BnTGPveA1bv/?taken-by=madamkwans
何を食べても美味しいグルメ天国と言われるマレーシアのおすすめ料理をご紹介しました。マレーシア人は外食が大好き。民族色豊かな料理から素朴な家庭料理、早くて安い屋台料理まで。マレーシアに行かれたら美味しい料理達を、ぜひ食べ歩きをして楽しんでみて下さい。