J85ovnlayevguabs2m5j

イギリス

CATEGORY | イギリス

イギリスのカレーの特徴・歴史・レシピなどまとめてご紹介!【2018年度版】

2018.10.13

イギリスでは国民食と言われるのが、「カレー」だとご存知ですか。イギリスのカレーはインドカレーが主流。今回は、カレーの食べ方はもちろんのこと、歴史や特徴、レシピなども紹介しちゃいます。イギリスに行ったら、紅茶?ビスケット?まずはカレーを食べましょう!

  1. 1, イギリスでカレー(歴史)
  2. 2, イギリスでカレー(インドカレー)
  3. 3, イギリスでカレー(レシピ)
  4. 4, イギリスでカレー(特徴)
  5. 5, イギリスでカレー(食べ方)
  6. 番外編・イギリスでカレー(日本・タイカレー)
  7. まとめ
Buus9omawpg80cjsxmma
引用: https://www.instagram.com/p/BotwfAZDtlN/?taken-at=239855996
イギリスのカレーの歴史はとても深く、1700、1800年代にさかのぼるといっても過言ではありません。また、カレーが浸透した背景には様々な言い伝えがあり、現代ではどれが100%本当なのかわかりません。ただひとつわかっていることは、インドやパキスタンを植民地としていたイギリス。珍しい香辛料も植民地から手に入れました。その後、移民としてインド人が多くイギリスにやってきた際、同じインド・パキスタン系の移民向けに家庭の味を楽しんでもらおうと始めたレストランが繁盛し始めました。
現在では「Indian Cuisine」 と書かれたインド料理店のほとんどはパキスタン系の移民やその家族。何世代にもわたって営業しているレストランも少なくありません。イギリス全土でのレストランの数は8000店舗はゆうに超えるといわれています。
イギリスに来ると、インド料理やが数多く目に入るでしょう。周辺はふんわりとスパイスのいい匂いもして、食欲を誘います。種類も多く、カレー好きのイギリス人向けに改良されたインド料理も多くあります。
中でも、チキンティッカやコロネーションチキンはその代表料理。チキンてぃっかはヨーグルトにつけたチキンをタンドリーするスタイルで、まろやかな味がイギリス人に人気です。コロネーションチキンはカレーではなく、カレーのスパイスをふんだんに使ったカレー風味の鶏肉。サンドイッチの具やベイクポテトの具として見かけることが多いですね。
カレーのレシピは家庭によって様々。また、本場インドでは、エリアによって全く違う味のカレーになるといわれています。ただ、スパイスの使い方や組み合わせ方には基本がもちろんありますから、紹介しましょう。

・自宅でもできる!失敗しない基本のレシピ

U8wljxyw2itvdzivcakh
引用: https://www.instagram.com/p/BotyeW1nuKm/?tagged=spices
レッドチリパウダー ターメリックパウダー クミンパウダー コリアンダーパウダーは、基本のき!絶対に必須アイテムです。最近では100均でも手に入れることができる香辛料!
その他にカレーの具を準備します。鶏もも肉、玉ねぎ、香菜、トマトピューレ、 にんにく・しょうが、塩を用意しましょう。香辛料は野菜や肉を炒めた後に入れ、水を入れて煮込みます。たったこれだけで本格的なインドカレーの出来上がり。
イギリスのカレーはインドカレーがメインで、日本のようにカレーのルーを使いカレーを作るわけではありません。クミン、唐辛子、ターメリックなどの香辛料をメインにカレーのルーを作っていくのが特徴です。基本の香辛料の組み合わせは実は決まっていて、それさえ覚えてしまえば、実は自宅でも簡単に作れちゃうんです。 本場インドでは、南と北のインドカレーでは味が全く違うと言われていますが、両方の味が一気に楽しめるのがここ、イギリスのカレーなんです。
Pojvwgi0cvalng6nvwep
引用: https://www.instagram.com/p/BoYmjMfAGrb/?tagged=indianbeer
イギリスでカレーを食べる際、インドカレーだからと言って、手で食べる必要はありません。レストランの中を見渡すともちろんインドやパキスタン系のお客さんが手で食べている姿を目にしますが、基本的にはナイフ、フォークとスプーンでいただきましょう。特に食べ方の指定はありませんのでご安心を。
インド料理を提供しているレストランは、彼らの料理に大変誇りをもっていて、レストラン内も清潔に保たれ、また接客態度ひとつとってもとても素晴らしいんです。特に何から食べなくてはいけないという食べ方のルールはありませんが、できればインドビールやラッシーなどの飲み物をまずは頼みましょう。
レストランでは、スターターを頼むほうがよりスマートに見えますし、上品。スターターとメインを頼むと「Poppadom」いりますか?と聞かれるかと思います。一人一枚ずつ頼むとちょうどいいでしょう。 これはクラッカーのような薄い食べ物で、4種類ほどのソースとともに運ばれてきます。

ナンかライス

カレーには、ナンかライスを頼みます。日本と違い、セットにはなっていないので、カレーを頼んだら、ナンかライスを頼むのを忘れずに。ちなみに日本の米はほとんど扱っておらず、ポロポロとしたお米が出てきます。ナンにもライスにもいくつか種類があります。
インドカレーはとにかく種類が多いんです。何が何だかわからないものもあるでしょう。そんな時はお店の人におすすめを聞くのが一番!辛いのが大丈夫?ナンとライスはどっちが好き?などいくつか質問されますが、その回答内容によってあなたにピッタリのカレーを選んでくれますよ。
たしかに10年ほど前まではイギリスでカレーと言ったらインドカレーがほとんどでそれ以外のカレーはあまり流行っていませんでした。しかし最近はインドカレーの人気は衰えてはいませんが、日本のカレーやタイカレーも大人気。特に日本のカレーの中でも「カツカレー」は大人気で、アジア系レストランには必ずと言っていいほど用意されています。
また、イギリスからタイへの旅行客も増え、タイ料理もかなり人気があります。特にタイカレーは人気で、タイレストランは常に混雑しています。最近では、タイ料理はポッシュな料理のひとつともなっていて、ドレスアップしてディナーを食べるイギリス人の姿も多く見かけます。
いかがでしたか。イギリスに来たら紅茶?!はもちろんですが、カレーもぜひ食べて帰ってもらいたい! イギリス各地で、手ごろな値段で量も多く、本格的なインドカレーやタイカレーが楽しめますよ。辛さもほとんどの店が調節してくれるので、辛いのが苦手でも大丈夫!素敵なイギリス旅行になりますように。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BoshM_-AljC/?tagged=indiancurry