Bnn9iavavbbxfpigeh7m

ボスニア・ヘルツェゴビナ

CATEGORY | ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナ観光・注意事項とおすすめ人気観光スポット

2018.05.08

ヨーロッパと中東の文化を受けエスニックな魅力溢れる国、ボスニア・ヘルツェゴビナ。歴史や自然を感じられる観光名所が沢山あります。観光先としてあまり馴染みがないため、治安が気になる方も多いでしょう。ボスニア・ヘルツェゴビナの物価や行き方も合わせて紹介していきます。

  1. ボスニア・ヘルツェゴビナってどんな国?
  2. 治安はいいの?観光するうえで気を付けることは?
  3. 【ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ観光名所】修道院ワイナリー
  4. 【ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ観光名所】スタリモスト橋
  5. 【ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ観光名所】正教会
  6. 【ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ観光名所】ウナナショナルパーク
  7. 【ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ観光名所】タキヤ・ブラカジ
  8. 【ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ観光名所】サラエボ ウォー トンネル
  9. 【ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ観光名所】バシュチャルシヤ
  10. まとめ
旧ユーゴスラビアのひとつであり、ヨーロッパと中東の中間にあるボスニアヘルツェゴビナ。地理的にも、歴史的も、双方の文化が交わり様々な影響を受けてきたとても興味深い国です。話される言語は、セルビア語、クロアチア語、スロベニア語、マケドニア語。宗教は主にカトリック、正教、イスラム教。一つの国でありながら、いろいろな文化を体験できる国なのです。どんな歴史の元、現在のような多様な文化になったのでしょうか。

歴史

ボスニアヘルツェゴビナは、旧ユーゴスラビア連邦でした。その地理的な背景から、異なる文化をもつ民族を寄せ集めた国家であり、モザイク国家とも呼ばれていました。1991年に、マケドニア、クロアチア、スロヴェニアが分離を宣言したことから、ユーゴスラビア内戦が起こります。その後ボスニアヘルツェゴビナも1992年に独立を宣言しました。現在も、まだ対立感情がなくなった訳ではなく、課題が残されていますが、EUの条件が民族対立の克服であるために対立は治まっています。

物価

Maf1tprrcwlxenew9ewo
現地通貨ははコンベルティビルナ・マルカ(KM)で、2018年5月現在、1KM=約66.7円です。ヨーロッパの中でも物価は安い方です。例えば、お水500MLは0.55KM=約36円。ビール1本は約66円程度。物価が安いと食事やお買い物がより楽しめます。  

行き方

Nclwrjmfebrmeiofq0mg
ボスニア・ヘルツェゴビナの玄関口はサラエボ空港です。日本からの直行での行き方はありません。中東の主要空港(ドーハ、ドバイ、イスタンブールなど)もしくは、ヨーロッパ(フランクフルト、ミュンヘン、ローマ)を経由しての行き方となります。または、クロアチア観光のついでにバスツアーなどで陸続きで訪れることもできます。おすすめは、クロアチアからモンテネグロ・ボスニアヘルツェゴビナの2か国を回れるバスツアーに参加する行き方です。
R9vr3yekhbruk175zvb8
日本人にはあまり馴染みのない国であるため、治安を不安に思う方も多いと思います。ボスニア・ヘルツェゴビナは1995年の紛争終結後、和平が定着して治安は安定しています。凶悪犯罪も少なく、安心して観光ができる国です。しかし、一部地域は外務省の安全情報にて「危険レベル1:十分注意してください」に指定されています。行かれる前に外務省の治安情報も確認しましょう。観光するうえで気を付けるべき点もいくつかあるので、ご紹介いたします。

スリ

Ggzjmnpj3ekjxofru8t9
凶悪犯罪は目立たず治安の安定したボスニア・ヘルツェゴビナですが、失業率がヨーロッパの中でも高く、スリ・置き引き・ひったくり等の犯罪は多発しています。日本人観光客は、お金を持っていると思われて狙われやすいです。レストランでの食事中も、視界の入らない背もたれにかけたりせず、注意をしましょう。カバン多すぎる現金は持ち歩かないようにしましょう。

テロ

Gwiao83ykzensfabnzv7
近年大きなテロは起こっていませんが、イスラム過激派による爆弾テロやテロ未遂事件が起こっています。イスラム国の戦士として参加していたボスニアヘルツェゴビナ国籍者が国内に戻ってきているとも報告されています。これはボスニアヘルツェゴビナに限らずヨーロッパ全体で言えることですが、テロの潜在的な脅威は常にあります。イベント、お祭りや週末の人混みが多いところは狙われる可能性があるので、治安の悪そうなところ共になるべく避けるようにしましょう。

地雷

T7an19ucac16o9qfcgde
紛争時に埋設された約12万個の地雷(国土の約2%)がまだ残っており、除去作業が現在も続いています。残っている場所は、主にスルプスカ共和国の境界周辺地域とクロアチアとの国境周辺です。観光地や人通りの多い場所では心配は要りませんが、廃墟や草むら、郊外などへはむやみに行かないことをお勧めします。
ボスニア・ヘルツェゴビナにはいくつか修道院ワイナリーがあります。雰囲気たっぷりの中でオシャレにワインテイスティングを楽しみましょう!

目でも楽しめる修道院ワイナリー

日本ではなかなか出会える機会のないボスニアヘルツェゴビナ産のワイン、現地で試してみたくありませんか?古くからワイン造りをトゥブルドシュや国際品種カベルネなど、様々なワインが楽しめます。修道院ワイナリーは、雰囲気も良くて最高です。

ワインと一緒に食事も楽しめます

ワインセラー見学のあと、美味しいワインとともにランチを楽しんでみてはいかがですか?見学したばかりの歴史を学んだワインとともに頂く食事は格別です!
お土産に修道院ワイナリーで作られたワインがおすすめです。日本でなかなか手に入らないボスニアヘルツェゴビナ産のワインは喜ばれること間違いなし!ラベルもかわいいです。

詳細情報

Cellars of the Tvrdos Monastery
Trebinje 89101, Bosnia and Herzegovina +387 59 273-910
トルコ語で古い橋という意味のスタリ・モスト。橋周辺の絶景は、ボスニアヘルツェゴビナの有名観光名所です。
写真のように、橋を含めた景色を見るためには少し離れたモスクからがおすすめです。橋は石畳でできており、階段になっていますので、渡るときは気を付けて歩きましょう。

橋の上から飛び込むプロダイバーのパフォーマンスも

なんとこの橋は、この高さからの飛び込みが観光名物!ダイバーによる飛び込みは大迫力!※危ないので真似しないようにしましょう。

橋の周りはお土屋さんがたくさん!ショッピングを楽しもう

橋は観光客で栄えているため、お土産屋さんもたくさんあります。物価が安いのでお土産探しもはかどります。秋冬は夕方(16時半頃)にはもう日が落ちて暗くなるので、お店も閉まってしまいますので注意しましょう。

夜はまた違った表情でとっても神秘的

日中は後ろの山や緑色の川など、大自然の中での橋がとても素敵ですが、夜はまたライトアップされていて素敵です。夜ご飯の後に再び寄ってみてはいかがでしょうか。
見晴らし最高の丘の上にある正教会(Hercegovacka Gracanica)への街からの行き方は、車かツアーです。少し道が分かり辛いですが、標識に従って向かうことができます。

散策の後は併設されているレストランでお食事

散策にのあとは、併設されているレストランへ!見晴らし抜群で、お料理はホームメード感溢れるセルビア伝統のスープがおすすめです。スタッフの人たちも親切だと評判のレストランです。

丘の上は冷えるので夏でも羽織物を

丘の上は一気に気温が下がり冷え込みます。夏でも肌寒いので、羽織物を持っていきましょう。
ボスニア・ヘルツェゴビナの北西に位置するウナナショナルパークは、自然いっぱいで1日中楽しめるアクティビティがあります。公園への入場料は日本円で約800円です。

スリル満点のラフティング体験

全長18キロにも及ぶラフティングコース体験ができます。物価が安いので料金は約1200円で楽しめます。18メートルもある滝の上から落ちる瞬間はスリル満点です!

マイナスイオンを感じながらハイキング

ハイキングコースも充実しています。滝かのマイナスイオンを感じながらゆっくりとハイキングするのおすすめです。

大自然の中で魚釣り

魚釣りのアクティビティも日本円で約2400円で体験できます。日本の釣り堀とはちがう、絶景の中での魚釣り体験はおすすめです。
崖の横に建っている修道院タキヤ・ブラガジ(Takija Blagaj)はとても神秘的です。

外観や周辺の自然まで楽しめる

対岸から見る修道院はとても綺麗です。川沿いにはレストランあるので、この神秘的な景色を臨みながら食事を楽しめておすすめです。

散策の後はトルココーヒーでリフレッシュ

散策の後は近くのカフェで一休み!日本人にあまり馴染みのないトルココーヒーですが、ボスニア・ヘルツェゴビナではよく飲まれています。カフェでは約90円で飲むことができます。少しビターで爽やかな酸味のあるトルココーヒー、ぜひ試してみてください。
サラエボが内戦でセルビア軍に包囲された当時に、物資を運ぶために作られたトンネルの一部を見ることができます。トンネルの中を実際に歩き、歴史を感じることができます。

外観は普通の古民家風

敵軍に見つからないように、よくある古民家の下にこのようなトンネルが作られました。当時の人たちがいかに必死で生命ラインを保持していたかが分かります。

街からの行き方

空港の近くにあり、街からは少し離れています。行き方はトラム3番でIlidza停留所で降りたところにあるバスターミナルからになります。そこからバス32番で終点で降り、川を渡って直進すると到着します。
サラエボの中心地にあるバシュチャルシヤ(bascarsija)ではショッピングに食事にと、街歩きが楽しめます。

お土産屋さん巡り

たくさんのお土産物屋さんが軒を連ねていて、観光客で賑わっていま。ここはトルコの色が強く、異国情緒あふれる雑貨であふれています。
見ているだけで楽しいですね。トルコへ行ったような感覚になれる場所です。

ボスニア・ヘルツェゴビナ料理を楽しむ

S8nnjzlvid7hkp9lgljq
引用: https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294450-d1524643-Reviews-Dveri-Sarajevo_Sarajevo_Canton.html#photos;geo=294450&detail=1524643&ff=307782839&albumViewMode=hero&aggregationId=101&albumid=101&baseMediaId=307782839&thumbnailMinWidth=50&cnt=30&offset=-1&filter=7&autoplay=
ボスニア・ヘルツェゴビナ料理はこってりした味付けのものが多く、シシケバブやチェヴァプチチと呼ばれるひき肉料理が有名です。バシュチェルシャにはそのようなボスニア・ヘルツェゴビナ料理を楽しめるレストランがたくさんあります。物価が安いのでお得にたくさん食べられます。
いかがでしたか?治安も良く物価の安いボスニア・ヘルツェゴビナには歴史的な建築物や街、美味しい料理、大自然がたくさんあります。皆さんがボスニア・ヘルツェゴビナで素敵な時間を過ごすことを願っています。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BgeGWeljWx1/?hl=de&tagged=bosniaherzegovina