O50taqddrsaoilpwqt2u

シンガポール

CATEGORY | シンガポール

シンガポールのナイトサファリ完全攻略【2018年度版】~時間やアクセス~

2018.10.22

今回ご紹介するのはシンガポールの動物園についてです。シンガポールにはシンガポール動物園とナイトサファリがありますが今回はナイトサファリにしぼって紹介します。営業時間やチケットの値段、アクセス方法、予約方法までご紹介しますので行かれる際の参考にしてみてください!

  1. 1:シンガポールナイトサファリ 場所編
  2. 2:シンガポールナイトサファリ アクセス編
  3. 3:シンガポールナイトサファリ オープン時間編
  4. 4:シンガポールナイトサファリ 料金編
  5. 5:シンガポールナイトサファリ トラムツアー編
  6. 6:シンガポールナイトサファリ ウォーキングトレイル編
  7. 7:シンガポールナイトサファリ ショー編
  8. 8:シンガポールナイトサファリ ショー編②
  9. 9:シンガポールナイトサファリ食事編
  10. 最後に

ナイトサファリの場所

まず最初に紹介するのはナイトサファリがある場所についてです。シンガポールに一度でも行かれたことがある方ならお分かりだと思いますが、シンガポールの国土はとても小さいです。この小さい国土のどこにナイトサファリがあるの?と思われた方もたくさんいたと思います。ナイトサファリの場所はシンガポール北部のマンダイレイクという場所にあります。シンガポールの中心部は高層ビルが立ち並んでおり動物とは無縁の場所ですが、マンダイレイクという場所は自然が生い茂っており都会とは違ったシンガポールの風景で、まさしく動物がいそうな場所といった感じです。

ナイトサファリへの行き方

ではシンガポール北部のマンダレイクいう場所にはどのようにアクセスすればいいかアクセス方法をこちらでご紹介します。ナイトサファリへのアクセスの仕方はMRTで最寄駅までいってバスか市内中心部からバスかの2通りが一般的です。時間や値段を気にしない場合は好きな場所からタクシーで行くこともできます。MRTを使用してアクセスする方法はクランジ駅で下車してナイトサファリ行きのバスに乗ります。市内からの場合はオーチャードロード周辺を走っているブルーライン、ブギス周辺を走っているオレンジラインの2路線からアクセスすることができます。バスで場合の料金は片道6シンガポールドルで所要時間は約1時間です。

ナイトサファリオープン時間について

続いてはナイトサファリの営業時間についてです。「ナイト」というくらいなので営業時間はもちろん夜からです。ナイトサファリの営業時間は19:45分から24:00までで、最終入場は23:15分までです。定休日はなく年中無休で営業しています。冒頭でシンガポールにはシンガポール動物園があるとご紹介しました。シンガポール動物園は日中営業している動物園でナイトサファリの隣に隣接しています。営業時間は8:30から18:00までです。両方とも営業時間がかぶっていないので動物園三昧を堪能したい方は簡単にハシゴすることができるのでおすすめです。残念ながら共通チケットというものはなく、チケットはそれぞれ購入しなければいけないので注意してくださいね。

ナイトサファリ料金について

ナイトサファリのチケット料金についてです。ナイトサファリのチケット料金は大人45シンガポールドル、子供30シンガポールドル(3歳から12歳まで)です。2018年10月現在のレートに換算すると大人のチケット代は約3700円、子供のチケット代は約2500円ということになります。高くもなく、安くもない妥当な金額といったところでしょうか。このチケット代金には英語のトラム(園内をまわるバス)代も含まれています。日本語のトラムもあるのですが、希望する場合はチケット料金に+10シンガポールドルになります。なおチケットは事前の予約が可能で予約サイトによって10%から26%の値引きがあるので、あらかじめ予約サイトを使って予約されておくことをおすすめします。予約サイトの一例ですが、ナイトサファリの公式ホームページから予約すると10%割引があります。また楽天グループであるVoyaginから予約すると26%の値引きがあります。家族で行く方にとってこの値引き率はかなり大きいのでぜひ予約して行きましょう。

トラムツアーについて

トラムツアーというのはトラムというバスのような乗り物に乗って園内を周遊することです。このトラムツアーには英語版のトラムツアーと日本語のトラムツアーがあります。日本語があるというところに日本人観光客の多さがうかがいしれますね。トラムツアーは約40分かけて園内を周遊します。日本語のトラムツアーを利用する場合は事前予約はとくになく、現地に着いた順で予約をします。日本語トラムの時間は日~木は19:25、19:45、20:10、21:05で金土は19:25、19:35、19:45、20:10、20:20、20:30、21:05になります。

ウォーキングトレイルについて

トラムコースではなく自分達のペースでゆっくりナイトサファリを堪能したい方にはウォーキングトレックというコースがあります。このトレイルコースは見たい動物によって4つのコースがあります。それぞれトレイルコースの名前があり、レオパードトレイル、イーストロッジトレイル、フィッシングキャットトレイル、ワラビートレイルがあります。1コース約20分なので全制覇することができますし、見たい動物いるコースだけ回るという方法もあります。

Thumbuakar Performanceについて

ここまでナイトサファリ概要や園内周遊についてご紹介しました。ナイトサファリには動物鑑賞意外にも人気のイベントが2つあります。まず1つ目はThumbuakar Performance(サムバーカーパフォーマンス)です。Thumbuakar Performanceは簡単にいうとファイヤダンスです。迫力のあるファイヤーダンスが間近でみることができます。公演は1日3-4回あり、公演時間は約20分です。

Creatures of the Night Showについて

もう1つのショーの名前はCreatures of the Night Show(クリーチャーオブザナイトショー)です。Creatures of the Night Showではアニマルショーです。カワウソや大蛇があっと驚くショーを展開します。開催時間は19:30、20:30,21:30、22:30の計4回(ただし22:30は金曜日のみ)、一回の公演時間は約20分後です。トラムツアー終了後の場所にあるのでぜひ立ち寄ってみてください。

サファリナイトでの食事について

最後にご紹介するのはナイトサファリでの食事についてです。ナイトサファリにはフードコートやレストランがいくつかあるので食事に困ることはありません。だいたいオープン前に食事を済ませるかたが多いです。レストランで一番の人気は写真にあるBONGO BURGERSです。本格的なハンバーガーを食べることができます。その他にもイタリアンやインド、シンガポールローカル料理を食べることができるお店があります。
ここまでナイトサファリの概要についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?マリーナベイサンズやオーチャード、ユニバーサルスタジオなど華やかなエリア、場所のイメージが先行するシンガポールですが、このようなまったっく逆のエリアもあることをお分かりいただけたと思います。日本でも限られた場所でした経験することのできないナイトサファリはシンガポール旅行では気軽にいくことができます。またシンガポールは日本の各地から直行便が就航しており、7-8時間でいくことができので、ぜひ次回の旅行先にはシンガポールも検討してみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/wm_archiv/7486028056/sizes/l