Hut5kgnfqry9dhtjkxsg

インド

CATEGORY | インド

インド観光・おすすめ都市や観光スポットセレクト9選【2018年版】

2018.05.09

インドへ行き「人生観を大きく変えたい!」と思う人はたくさんいます。しかし、「「インドの観光地って何があるの?」「どこ観光すればいいの?」なかなか旅行の計画が進まないと思います。そんな方のために、今回はインド旅行で絶対に欠かせない要素についてお話していきます。

  1. インドのおすすめ観光スポット①まずはここから!インドの首都「デリー」
  2. インドのおすすめ観光スポット②デリーにそびえる赤い城!「ラール・キラー」
  3. インドのおすすめ観光スポット③その壮大さはムガル帝国の象徴!「フマーユーン廟」
  4. インドのおすすめ観光スポット④ギネス認定の大迫力!「アクシャルダム寺院」
  5. インドのおすすめ観光スポット⑤イスラム文化の最高傑作!「タージマハル」
  6. インドのおすすめ観光スポット⑥あなたも悟りに到達!?「マハーボディ寺院」
  7. インドのおすすめ観光スポット⑦ヒンドゥー教の聖地!「プシュカル湖」
  8. インドのおすすめ観光スポット⑧「メヘランガール城塞」
  9. インドのおすすめ観光スポット⑨意外な観光スポット?インドの旅のお供と言えばコレ!
  10. まとめ
おすすめ観光地一つ目はインドの首都「デリー」です。おすすめの理由は何と言ってもデリーの世界遺産です。インドには36か所もの世界遺産がありますが、デリーには最多の4か所もの世界遺産があります。世界遺産好きの方や人生観を変えてみたい方にはおすすめの都市です。
デリーに訪れるだけであなたの今までの人生観はぶっ壊れてしまうかもしれません。それほどの魅力が詰まった都市が「デリー」なのです。
その他にもインド料理の定番「インドカリー」や「ナン」など、おいしい食べ物もわんさかあります。インド旅行で迷ったらまずはデリーから行ってみてください。また、デリーから各地方への観光スポットへは鉄道を使っていくことができるので交通面においても非常に便利な都市です。
インドに来たらまず訪れたいのはココ!首都デリーにある「ラール・キラー」。この「ラール・キラー」は2007年に世界遺産に登録されており、インドの観光地の中でも超人気スポットです。
夕日に映える「赤い城」はまさに絶景。写真では伝えきれない魅力がそこにはあります。ぜひその目でお確かめください。

観光情報

ラール・キラーの観光情報です。
住所:Red Fort Netaji Subhash Rd., New Delhi  電話番号:(011)23277705  アクセス:地下鉄「Chandni Chowk」駅より徒歩約15分  営業時間:日の出~日没  料金:500ルピー(ビデオ持ち込み料25ルピー)  定休日:月曜日
デリーにある「フマーユーン廟」は1500年代に創設された「ムガル帝国」の2代目皇帝である「フマーユーン」を埋葬している墓廟です。その周囲には砂漠文化の富の象徴である「水路」が張り巡らされています。
この墓廟はフマーユーン亡き後、彼の妻「ハミーダ」の命により建設されました。息をのむほどの美しさから夫への想いの強さを感じることができます。

観光情報

フマーユーン廟の観光情報です。
住所:Mathura Road,Nizamuddin,New Delhi,Delih 110013,India  アクセス:フマーユーンの居城であったプラーナー・キラーから南へ700m  営業時間:6:00~18:00  定休日:年中無休  所要時間:1~2時間

デリーにある「アクシャルダム寺院」は世界一大きなヒンドゥー教寺院としてギネスブックに認定されています。2005年に建設されたばかりの新しい寺院です。
夜にはライトアップされ、その美しさはとどまることを知りません。まさに世界一の名にふさわしい寺院です。
ここで注意したいのが寺院内にカメラを持ち込めないこと。写真撮影はアクシャルダム寺院の外部のみにしておきましょう。

観光情報

アクシャルダム寺院の観光情報です。
住所:Akshardham Setu, New Delhi 110092  電話番号:919911788187 アクセス:Akshardham駅より徒歩10分  営業時間:9:30~18:30  料金:無料  定休日:月曜日
絶対に外せないのがインド北部の都市アーグラにある「タージマハル」です。インドの代名詞と言っても過言ではない超おすすめスポットです。
実はこのタージマハルはフマーユーン廟の影響を受けている墓廟なのです。ムガル帝国の5代皇帝が亡き妻のために22年もの歳月をかけて建設しました。写真からでも愛情の深さが伝わってきます。
タージマハルではこのようにを先端をつまんで写真撮影するのがお決まり。旅の記念に1枚パシャリ。

観光情報

タージマハルの観光情報です。
住所:Agra,Uttar Pradesh 282001,India  アクセス:ニューデリーから電車で2時間

「マハーボディ寺院」はインドの北東部にある都市ブッダガヤにあります。ブッダガヤは仏教の発祥の地とも言われています。
寺院の裏には大きな木があり、かのブッダは「この木の下で瞑想を行い悟りを得た」という言い伝えがあります。ここに足を運んだ際にはあなたも瞑想をしてみてください。もしかしたら悟りが開けるかも??

観光情報

マハーボディ寺院の観光情報です。
住所:Bodhgaya,Bodh Gaya,India  営業時間:5:00~21:00

「プシュカル湖」はインドの北西部の都市プシュカルにあります。プシュカルはヒンドゥー教の聖地です。熱心なヒンドゥー教徒たちは一生のうちに一度はこのプシュカルに訪れます。
夕焼けに映えるプシュカル湖は息をのむほどの絶景。一度は訪れたい観光スポットです。

観光情報

プシュカル湖の観光情報です。
住所:Pushkar Lake, Pushkar, Rajasthan, India

「メヘラーンガル城」はインドの北部に位置する都市ジョードプルにあります。この城は15世紀に建設され、美しい装飾品や多くの芸術品により彩られています。
現在、城の内部は歴史の博物館として使用されています。かつてジョードプルで暮らしていた王族たちの暮らしを肌で感じることができます。また、城内にはあの世界的人気漫画「ワンピース」のキャラクターのモデルになった武器も見ることができます。
頂上かに大砲などの武器が飾られています。そしてジョードプルの都市を一望できます。眼下には「青の街」と呼ばれる都市が360度広大に広がっています。

観光情報

メヘランガール城塞の観光情報です。
住所:Mehrangarh Fort,Jodhpur,Rajasthan  アクセス:デリーから飛行機で約1時間  営業時間:9:00~17:00  定休日:年中無休  料金:Rs300 

インドはとても広大な国です。そこでインドでの交通手段には鉄道をおすすめします。インドでは国内全域が鉄道で結ばれており、移動には鉄道を使うのが大変便利です。世界遺産巡りをしたいときにもこの鉄道を使えば楽に行うことができます。
インドの鉄道と聞くと、このような状況を想像するのではないでしょうか?インドの鉄道は予約制のため、もし予約をしていなければ、あなたも写真の様に鉄道を利用しなければなりません。しかし、インドならではの光景なので一度味わっておいて損はないと思います。
インドの鉄道はクラスによって座席が分かれており、個室も用意されています。そのため、事前に予約すれば快適な旅を送ることができます。
いかがでしたか?ますますインドに行きたい欲が湧いてきたのではないでしょうか?この他にも、インドには伝えきれない魅力がまだまだ眠っています。ぜひ皆様自身の目と身体と心で体感していただければなと思います。必ずやあなたの人生観は新しいものへとなるでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BigJyABjM6A/?tagged=humayun