S8uzmujx9ovdnzc82kxt

秋田

CATEGORY | 秋田

東京にもある!秋田のアンテナショップのおすすめ品7選!【2018年度版】

2018.10.25

最近何かと話題の秋田県には人気の観光地やお土産が沢山あります。 秋田県に旅行に行きたいけれど、なかなか忙しい。そんな方におすすめはアンテナショップ! 今回は、東京にもある!秋田のアンテナショップのおすすめ品7選!【2018年度版】をご紹介いたします!

  1. 東京にもある!秋田のアンテナショップのおすすめ品7選!【2018年度版】
  2. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】秋田県とは?
  3. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】秋田ふるさと館とは?
  4. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】アクセス
  5. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】駐車場情報
  6. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】おすすめしたいお土産をご紹介!
  7. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】1.きりたんぽ
  8. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】2.横手やきそば
  9. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】3.稲庭うどん
  10. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】4.だまこ鍋
  11. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】5.いぶりがっこ
  12. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】6.比内地鶏
  13. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】7.もろこし
  14. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】実際に行きたい!秋田県内での人気のスポットは?
  15. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】秋田県おすすめスポット➀角館武家屋敷
  16. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】秋田県おすすめスポット②鶴の湯温泉
  17. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】秋田県おすすめスポット③田沢湖
  18. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】秋田県おすすめスポット④抱返り渓谷
  19. 【東京で秋田の名産品が買える?!秋田のアンテナショップ・おすすめ品紹介】秋田県おすすめスポット⑤千秋公園
  20. まとめ
秋田県は、東北にある県のひとつです。今年、高校野球で準優勝した高校が秋田県だったり、秋田県が人気になったり最近は日本国内でも秋田県の認知度がどんどん上がっていっています。自然豊かで観光客にも非常に人気です。日本海に面しており、海や山にも囲まれており、名産品もたくさんあります!
秋田県は日本海に面しており、気候区分は日本海側気候に分類される。日本海側気候の中でも特徴として沿岸部の冬季の降水量自体はそれほど多くないが、日照時間が極端に少ないことが挙げられる。 内陸部では低温のため、同じ日本海側の山形県や新潟県と同様に県内陸部のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯に指定されており、雪が多く降り積もりやすい県である。冬季間の日照時間は全都道府県の中で最も少ない。そのため、朝晩の放射冷却現象が起こらず(鹿角市と仙北市などの内陸部を除く)、特に日本海側沿岸部などは北関東よりも朝の気温が高いことも多いなど緯度の割には温暖であり日較差が非常に小さいのが特徴である。内陸部の一部はケッペンの気候区分による亜寒帯湿潤気候(Dfa,Dfb)となり、寒さが厳しい。また、秋田沖付近に発生する極低気圧からもたらされる暴風雪やゲリラ豪雪が見られる。 一方で、夏季は高温多湿でどんよりとしており梅雨明けのないまま秋を迎えることも珍しくない。しかしながら、太平洋側から吹く季節風は奥羽山脈の山々に遮られ、フェーン現象が発生することがある。太平洋側に冷害をもたらすと言われるやませも高温乾燥した風となり、特に県内陸部中央から県内陸南部では気温が上昇し真夏日や猛暑日になることもあり、特に仙北市周辺ではこの風が豊作をもたらすとして「宝風」と吟われる。 現在の秋田県は、令制国での出羽国と陸奥国の各一部(明治初年にそれぞれ分割されたうちの羽後国と陸中国の各一部)からなる。「秋田」の名前の由来は、飛鳥時代の斉明天皇4年(658年)に阿倍比羅夫の日本海遠征において、この地を訪れ地名を「齶田(あぎた)」と報告したことから始まる。「齶田(あぎた)」はアゴに似た地形から付けられたものだともいわれており、雄物川河口部の古地形のことを示している可能性がある[3]。 その後、天平5年12月26日(734年2月4日)に庄内地方にあったとされる出羽柵が高清水の岡に移し置かれ、後に天平宝字年間頃には、「秋田城」と呼ばれるようになり、「秋田」の表記で定着した。中世後期には日本最古の海洋法規集「廻船式目(廻船大法)」には三津七湊の一つとして「秋田湊」と呼ばれ重要な湊の一つに数えられた。

東京都内で秋田県に旅行したような気分を味わうことができる秋田ふるさと館は、秋田のアンテナショップです!秋田県内で人気のお土産を購入することができるのでおすすめです。秋田県は、なかなか行くことがないという方も気軽に秋田県に来たような気分を味わうことができます。有楽町にあるお店なのでアクセスもよくて便利。また、北海道で人気のお土産を購入することができる北海道どさんこプラザも近くにあるので是非一緒にお土産を購入してみてはいかがでしょうか?
米どころであり、酒どころである。特に日本酒の消費量が多く酒の飲み過ぎが多い。[53]また雪国のため漬け物などの保存食が発達した一方、濃い味が好まれる影響もあり、ガンの死亡率は全国上位となっている[54]。 きりたんぽは、もともと県北の食文化であるが、現在は秋田の代名詞として有名となり、全県で食べられるようになった。きりたんぽ鍋の出汁の多くは比内地鶏(天然記念物比内鶏の改良品種)で取っている。 魚はハタハタを大量に消費し、一時は絶滅寸前まで追い込んだが(1980年代後半頃 - 2000年代前半頃)、禁漁や漁獲制限などを経て現在では資源が回復しつつあり、再び食卓に並ぶようになった。ハタハタの卵をブリコという。また、ハタハタの魚醤をしょっつるといい、鍋料理が有名。ハタハタをすしにした鰰寿司も祝の席などで食べられている。 ほかに、とんぶりやじゅんさいなどの珍しい野菜も食べられている。一部の地域では納豆に砂糖を入れたり、赤飯にも多く砂糖を入れて作るなど甘みの多い味付けをする所もある(特に県南部で顕著である[要出典])。ひきわり納豆の消費も多い。イナゴを佃煮などにして食べる食習慣もある。 だまこもち 稲庭うどん - 日本三大うどんの1つ。 金萬 - 蜂蜜と卵を使用した白あんのまんじゅう。「株式会社 金萬」が製造。(都まんじゅうを参照) ババヘラ - 主に露店販売される氷菓。夏になると、幹線道路沿いなどでババヘラの露店を多数見かけることができる。 さしぼ - イタドリの新芽。山菜。水煮の缶詰も販売されている。 さなづら もろこし バター餅

有楽町が最寄り駅なので、非常に便利です。JR山手線や京浜東北線の有楽町駅・有楽町線の有楽町駅、または銀座一丁目駅。また、東京メトロの丸の内線や銀座線や日比谷線、千代田線の銀座駅。これらの駅からは徒歩で約3分ほどで行くことができます。また、少し距離は離れますが、日比谷駅からでも行くことができます。この場合は徒歩8分ほどです。どれも徒歩圏内で行くことができます!
秋田のアンテナショップでは、駐車場もあるので、車で来たい方も便利なのでおすすめです。駐車場の収容台数は、計180台※障害者用4台なので、週末でも沢山の車を収容することができます。営業時間:7:00~24:00で、料金は30分毎に300円かかります。沢山買い物をしたいと思っている方や、自動車で行きたい!と思っている方は是非駐車場を利用してみてはいかがでしょうか?アンテナショップは、年末年始以外は基本的にオープンしているので、是非訪れてみてはいかがでしょうか?
それでは、秋田のアンテナショップでおすすめしたいお土産をご紹介いたします。どれも日本が誇る人気のお土産なので、非常に美味しくておすすめです。東京にいながらも、秋田県に行くような気分を楽しむことができます。秋田県に行きたい!と思っているかたもそうでない方も是非購入してみてはいかがでしょうか?
秋田で有名なグルメといえば、きりたんぽが有名ですよね!きりたんぽというのは、硬めに炊き上げたご飯をすりつぶして、串に巻き付けて焼いたもののことを指します。お餅のような食感ですが、食べ応えもあり、食べ歩きなどにも人気のグルメとして知られています。この秋田のアンテナショップでも販売しているので気になる方は是非購入してみてはいかがでしょうか?そのまま食べても美味しいですし、味噌などを塗ったり、お鍋にいれて、お鍋の具材としていただくこともおすすめです!
秋田のアンテナショップ内で人気グルメとして知られている横手やきそば。この商品も秋田の名産品です、秋田県内でも多く販売されており、地元の人はじめ観光客にも人気です。横手焼きそばの特徴といえば、一般的な焼きそばよりも太目の麺を使用した太麺と、目玉焼きです。目玉焼きは半熟にして焼きそばと合わせて食べても美味しいですし、カチカチの卵でも美味しいのでおすすめです!また、具材はお好みですが、豚肉などをしようするのがおすすめです!家庭用でも、お土産にも喜ばれること間違いなしなので是非チェックしてみてくださいね。
日本三大うどんのひとつに入っているほど有名な稲庭うどんは、秋田県の名産物。秋田の旅行に行ったことのある方はご存知の通り、秋田県民にも県外からの観光客にも愛されているグルメです!この稲庭うどんは普通のうどんより麺が細いことが特徴です。食べていてもそうめんのような感覚で食べることができるので、おすすめです。稲庭うどんは沢山のブランドから販売されているので、お好みの稲庭うどんを購入してみてはいかがでしょうか?そのうどんは、ざるを使って食べることが一般的です!
きりたんぽと非常によく似ているだまこ。だまこは、串にささず、丸めているので、つくねのようなイメージですが、中身は同じくかために炊いたお米をすりつぶして作ったものです。だまこ鍋は、そんなだまこを使用した鍋で、秋田県民に愛されている家庭料理のひとつ。特に寒い冬の季節には、秋田県の家庭ではだまこ鍋を食べることができるそうです。お土産コーナーでは、様々なメーカーからだまこ鍋が販売されていて、とっても美味しいので是非食べてみてはいかがでしょうか?
秋田で人気のお土産といえば、いぶりがっこがあります。いぶりがっことは燻製したお漬物のことで、ごはんと一緒に食べても美味しいですし、お酒のおつまみにもぴったりのお漬物です。いぶりがっこは一般的に大根を使用していることが多いのですが、お土産コーナーには様々な種類のいぶりがっこがあるので、是非いろんな種類のものからチェックしてみてくださいね。自宅用にもおすすめですし、お土産にも最適なので是非チェックしてみてください!
秋田県産のブランド鶏として非常に有名な比内地鶏。そんな比内地鶏はお土産屋さんでも大人気の商品です。日本三大地鶏にも認定されているほど、非常に人気のある鶏です。比内地鶏を使用したレトルト商品なども沢山販売されているので是非お気に入りのものを見つけてはいかがでしょうか?レトルトのハヤシライスやカレー、他にも炊き込みごはんなどもあります。ブランド地鶏なのでお土産にも喜ばれること間違いなしです、是非チェックしてみてくださいね!
秋田県の人気のお土産の1つ、もろこし。もろこしとは、小豆の粉にかたに流し込み、焼き目を入れてつくる秋田の伝統菓子です。和菓子が好きな方にも、そうでない方にもおすすめのお土産です!ほろほろとした食感がとっても美味しいのでおすすめです!口の中で小豆の香りがふんわりと広がり、甘すぎるわけでもないので、一度食べると癖になる味です!秋田県内でも非常に人気で、秋田県民のみならず観光客の方にも非常に愛されています。是非購入してみてはいかがでしょうか?
秋田の名産品をたくさん見たら、実際に秋田に行きたい!そう思ったから藻多いのではないでしょうか?是非秋田県に旅行してみたはいかがでしょうか?そこで、実際に秋田県にいったい際に行ってみたい!秋田県内で人気のスポットをご紹介いたします!
まるで昔の時代にタイムスリップしたかのような気分を味わうことができる角館武家屋敷。ここは観光客にも非常に人気の高い観光スポットとして知られています。昔ながらの屋敷が並んでいるすごく広い通り沿いに沢山の塀が並んでいおり、非常に情緒あふれる景色が広がっています。ここは、秋田県内でも非常に桜が有名な場所ということも知られているので、春の時期に訪れる際にはぜひ桜をみてはいかがでしょうか?他にも、秋には紅葉も非常に美しいので紅葉を見に来る観光客もたくさんいます!
秋田県は沢山の温泉があることでも知られています。人気の温泉スポットであるので、湯めぐりをしている観光客も沢山います。是非秋田県に旅行に行く際には温泉を楽しむのはいかがでしょうか?特に、鶴の湯温泉は数年前に日本でも大ブームになった秘湯が沢山ある場所としても知られています。乳白色のお湯は、入ると肌がすべすべになるので、是非は行ってみてはいかがでしょうか?
湖の中でも非常に人気で、日本国内でも有名な観光スポットととして知られています。田尻湖は日本一の深さ、そして非常に美しい透明な湖です。美しい瑠璃色をしており、湖ではなかなかないような美しさです!観光で湖を見るだけではなく、釣りを楽しむことができるので釣り好きの方にも必見です!
秋田県内でも人気の高い観光スポットである抱返り渓谷は、秋田県の中でも非常に美しい観光名所です。渓谷まではハイキングやトレッキングをしていくことができるので、特に行楽シーズンのお出かけにはおすすめです!遊歩道は税日されているので歩きやすいですが、念のためトレッキングをシューズや、動きやすい靴などで行くことをおすすめします!
秋田県内で歴史的な建造物は沢山ありますがその中でも有名な千秋公園。ここは、江戸時代の藩主である佐竹氏のいたとされている久保田城の城跡で、のちに公園となりました。市民の憩いの地となっておりますが、歴史的な光景もそのまま残っています。久保田城表門は、ドラマや映画のロケ場所としても有名です。売店には秋田名物のグルメも販売していて、食べ歩きもできるのでおすすめです!
いかがでしたでしょうか?秋田のアンテナショップ・秋田県の観光スポットをご紹介いたしました!是非参考にしてみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.flickr.com/photos/36856587@N00/43664937772