Xtendsd24bxkbpuepm8n

イギリス

CATEGORY | イギリス

イギリスの有名なミュージカル!服装や歴史、劇場もご紹介!【2018年度版】

2018.10.22

イギリス・ロンドンにあるウエストエンド地区はブロードウェイに引けを取らないくらい質の高いミュージカルが楽しめるエリアです。今回はイギリスのミュージカルの歴史や服装、有名な劇場などの情報をまとめてご紹介!イギリスに行く予定がある方はぜひ参考にしてください。

  1. イギリスでミュージカルを鑑賞しよう!
  2. イギリスのミュージカル情報①歴史
  3. イギリスのミュージカル情報②有名な劇場
  4. イギリスのミュージカル情報③服装
  5. イギリスのミュージカル情報④おすすめ作品
  6. イギリスのミュージカル情報まとめ
イギリス、なかでもロンドンはエンターテイメントの街として知られています。ロンドンに行く予定がある方は、観光だけでなく質の高いミュージカル鑑賞をするのもおすすめ。ここでは、イギリスのミュージカルの歴史や服装などについて少し予習していきましょう。
ミュージカルの歴史はオペラに起因すると言われています。世界初のミュージカルは1927年にアメリカで公開されたもので、1971年以降にイギリスで初めての作品が公開され、数々の名作が生み出されました。世界的に有名な『レ・ミゼラブル』や『キャッツ』、『オペラ座の怪人』はイギリス・ロンドン生まれのミュージカルです。
アメリカでミュージカルとえばブロードウェイですが、イギリスではロンドンにあるウエストエンド地区に劇場が集まっています。公演されている作品数は毎日20以上。イギリスで有名な劇場のひとつが長い歴史のある「ハー・マジェスティーズ・シアター」です。1705年にオペラハウスとしてオープンした施設で、『オペラ座の怪人』が長期間上演されています。

ハー・マジェスティーズ・シアターの基本情報

英名:Her Majesty’s Theatre
住所:Haymarket, London SW1Y 4QL
電話番号:+44 844 412 4653
開演時間:通常19:30開演、木・土曜日は昼の部もあり
アクセス:ピカデリーサーカス(Piccadilly Circus)駅かチャーリングクロス(Charing Cross)駅から徒歩3分
初めてミュージカル鑑賞に行くという方はどのような服装で行けばいいか悩むかもしれせん。劇場のドレスコードはスマートカジュアルです。男性はネクタイは不要ですが、ジャケットやドレスシャツを着用。女性はドレスやワンピースなどを着るといいです。外国人観光客のなかにはカジュアルな格好をしている人もいますが、短パンサンダルなどはNG。少し着飾って出かけましょう。
イギリス・ロンドンでは数多くの作品が上演されていますが、なかでも人気が高くおすすめのものを3つご紹介します。何を観るか決められない方はぜひ参考にしてください。

『レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』は1985年にロンドンで初めて上演されて以来、急速に人気を高め現在も上演が続く、世界一有名なミュージカルのひとつ。長時間の上演の間には見どころが満載で、英語がわからなくても迫力ある演技や歌に感動します。上演されているのは、長い歴史がありアクセスもしやすいクィーンズ・シアターです。

『オペラ座の怪人』

イギリスを代表するミュージカルのひとつ『オペラ座の怪人』は、数々の名作を生み出した作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーの作品。シャンデリアが落下するシーンや湖から怪人とクリスティーヌが登場するシーンなど終始作品の世界に引きこまれます。上演している劇場はハー・マジェスティーズ・シアターです。

『アラジン』

1992年に公開されたディズニー映画をミュージカル化したもの。ブロードウェイでも人気が高く、日本でも劇団四季によって上演されています。映画を観たことがある方はより理解しやすいでしょう。上演している劇場は「プリンス・エドワード・シアター」です。
イギリスのミュージカルに関する情報をご紹介してきましたが、いかがでしたか?イギリスを訪れる機会がある方は、ぜひ時間をつくって質の高いミュージカル鑑賞もお楽しみください。きっと忘れられない夜になりますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmLtvxxnFiW/?tagged=hermajestystheatre