Eqeo8o0eidpda8uws4dz

レバノン

CATEGORY | レバノン

レバノン観光・旅の前に知っておきたい治安や物価などの現地情報

2018.05.15

レバノンは、「中東のパリ」と呼ばれ美しい風景が広がっています。レバノンの観光スポットは、大自然の絶景やレバノンの首都ベイルートが人気あります!レバノンの観光はあまり馴染みがない国かもしれませが、とても魅力のある国です。レバノンの観光や治安についてまとめました。

  1. レバノンの観光スポット①バールベック遺跡
  2. レバノンの観光スポット②カディーシャ渓谷と神の杉の森
  3. レバノンの観光スポット③モハメッド・アル・アミン・モスク
  4. レバノンの観光スポット④ジェイタ洞窟
  5. レバノンの治安、物価、ビザは?
  6. まとめ
最初にご紹介する、レバノンの観光スポットは、「バールベック遺跡」をおすすめします。レバノンの東部にあるベガー高原にある世界遺産に登録されている古代の遺跡です。

レバノン観光スポット

※名称:バールベック神殿(Temples of Baalbek) ※住所:Baalbeck, Lebanon
続いてご紹介するレバノンの観光スポットは、「カディーシャ渓谷と、神の杉の森」をおすすめします。世界遺産に登録されており、またレバノンの象徴として国旗にも描かれている「レバノンの杉」が生い茂り大自然の絶景が見える観光スポットです。

レバノン観光スポット

※名称:カディーシャ渓谷Qadisha (Kadisha) Valley ※住所:6 Km From Bcharre (Bsharre), Bcharre, Lebanon
続いてご紹介するレバノンの観光スポットは、「モハメッド・アル・アミン・モスク」をおすすめします。レバノンの首都ベイルートで、美しいブルーのドームを見ることができます。モスクの中は豪華で色鮮やかな雰囲気に感動します!ぜひ美しいモスクを訪れてくださいね。

レバノン観光情報

※名称:Mohammad Al-Amin Mosque (モハメッド・アル・アミン・モスク) ※住所:Martyrs' Square, Amir Bachir, Beirut, Lebanon
最後にご紹介するレバノンの観光スポットは、「ジェイタ洞窟」は有名です。レバノンの首都ベイルートから、10kmほど離れた場所にあります。洞窟へいくには、山の中腹までロープウェイで行きます。洞窟の中は神秘的な景色が広がります。自然が創り出す美しい絶景を見に行ってみてくださいね。

レバノン観光情報

※名称:ジェイタ洞窟 (Jeita Grotto) ※住所:20 km North of Beirut, Jitta, Lebanon

レバノンのビザ情報

レバノンへ入国時に与えられる最初のビザは、「短期滞在用30日」の入国査証です。レバノンへ60日以上滞在する際には、「レバノン公安総局」にて延長手続きが必要となります。レバノン現地入国管理局の最新情報を常にご確認ください。

レバノン・物価情報

レバノンは、日本と同じような物価となり、年々物価が上昇しています。レバノンの物価は安いとは感じられないです。外食、カフェ、食料品なども日本と同じくらいですね。交通費は日本より安いです。治安のことも考えて、ドミトリーやホテル選び、タクシーも正規ドライバーのタクシーに乗るなど注意してくださいね。

レバノン・治安情報

シリアの国境沿いの、レバノンの「アルサール」は治安情勢がとても悪く、外務省の海外安全ホームページではレベル4の渡航は止めてください。(退避警告)です。また、レベル3の場所も多く、(渡航中止警告)が出ています。レバノンの首都ベイルートは、レベル1で、十分に注意してください。となっています。※2018/5月時点
いかがでしたか。レバノンは、中東のパリと呼ばれ魅力あるれる観光スポットがあります。世界遺産に登録された大自然も絶景のスポットとなり、感動的な旅行になります。しかし、レバノンは危険な場所も多いですので、十分に注意して、素敵な思い出に残る旅行をどうぞ!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bf724EflFwc/?tagged=qadishavalley