G3l7tlin3nx9tqgks8q4

ニュージーランド

CATEGORY | ニュージーランド

ニュージーランドのお土産まとめ!女子ウケ抜群15選【2019年】

2019.11.21

ニュージーランドの大自然を楽しんだ後は、お土産タイム。ニュージーランド旅行土産で定番のチョコレートやクッキー、大人気のマヌカハニー、また女子にお土産で喜ばれるコスメグッズ。 現地在住ならではのお買い得なまとめ買いの方法、おススメの買う場所をお伝えします。

この記事に登場する専門家

Dbqjql344iugvjsgqr1g

青森在住の駆け出しライター

小川 真紀

青森県全体・岩手県北の観光グルメ・ドライブコースなどおまかせください。

  1. ニュージーランド旅行のお土産
  2. ニュージーランドお土産①ウィッタカー「チョコレート」
  3. ニュージーランドお土産②ベジメイト
  4. ニュージーランドお土産③レッドシールの「プロポリス歯磨き」
  5. ニュージーランドお土産④Trilogy(トリロジー)のローズヒップオイル
  6. ニュージーランドお土産⑤「クッキータイム」
  7. ニュージーランドお土産⑥「1ドルチョコレート」
  8. ニュージーランドお土産⑦「大きい板チョコ」
  9. ニュージーランドお土産⑧「マヌカハニー」
  10. ニュージーランドお土産⑨「ティムタム」
  11. ニュージーランドお土産⑩「ミント」
  12. ニュージーランドお土産⑪「インスタントコーヒー」
  13. ニュージーランドお土産⑫「女子にオススメ!美容コスメグッズ」
  14. ニュージーランドお土産⑬「ニュージーランド産ワイン」
  15. ニュージーランドお土産⑭「女子に大人気のかわいい雑貨」
  16. ニュージーランドお土産⑮「Farmers」
  17. まとめ

ニュージーランド旅行土産は、海外旅行土産定番の大きいサイズのチョコレートやクッキーをはじめ、おしゃれな女子から喜ばれる海外美容コスメグッズなど様々な種類のお土産があります。 特にニュージーランド最大の都市、オークランドのクィーンストリートには、お土産をまとめ買いする定番のスーパーマーケット「カウントダウン」と「ニューワールド」があり、朝7時くらいから、夜10時まで空いており、場所もcityの中心にあるので迷うことなく行けると思います。 スーパーマーケットでは、2個で●ドル、5個で●ドルなど、まとめ買いがお買い得です。 今回は、主にオークランドcityでのお買い得なお土産の買い方、自分用へのお土産や友人、会社へのお土産、またお洒落に敏感な女子から喜ばれる海外コスメに関するお土産などを、オークランド長期滞在者ならではの目線でお買い得情報をお伝えします。

Evyt3y2ygfcfw2cuv8kc
Jdc9j9lai6l0jrrcsocy

ニュージーランドのお土産に、ウィッタカー「チョコレート」が大人気!これは、ニュージーランドで一番美しいチョコレートとして話題の人気チョコレートです。しかも、高級ブランドではなく、一般のスーパーで手頃な値段で買えるのでおすすめ!

見た目はゴールドパッケージでとてもキュート。とにかく種類がとても多く、時々ですが、他のお菓子とコラボして販売する限定商品があるのだとか!お値段だけ見るとお高い印象。でも、日本と比較すればかなりの大きさなのでお得感がありますよ!チョコ好きな女子やばらまきにいかがですか?

ニュージーランドのお土産におすすめ「ベジメイト」。ベジメイトとは、ビール酵母で作られた発酵食品。現地の人たちはパンに塗って食べたり、いろんなアレンジして食べるそうですよ。甘いというよりもしょっぱいという印象。塩辛よりも半分くらいの辛さと思ったほうが良いでしょう。

他の海外の食品では、同じく黄色い容器の「マーマメイト」があり、違いが判らないという人がいるようです。ベジメイトはマーマメイトよりもビーフブイヨンの風味があり、味がとてもマイルドです。しかも発酵食品なので「葉酸・ナイアシン・カリウム・鉄」といった栄養成分抜群。これは女性に喜ばれますよ!

ニュージーランドのお土産に、レッドシールの「プロポリス歯磨き」がおすすめ。ニュージーランドと言えばマヌカハニーが有名。しかし、はちみつの女王としてなじみの深いプロポリス配合の歯磨きは、現地でなかなか入手困難なほど貴重なのだとか。そのためお土産に人気です!

レッドシールの「プロポリス歯磨き」は、1本160g入って約500円くらい。フッ素などは含まれていませんが、プロポリスやペパーミント、ユーカリなどのハーブが入っているので天然殺菌効果があり安心ですよ。お口の健康を気にする女性のお土産にいかがですか?

ニュージーランドのお土産に、「Trilogy(トリロジー)のローズヒップオイル」がおすすめ。こちらはニュージーランド発祥のスキンケアブランド。ローズヒップをはじめとし、オーガニックなコスメを発祥する超有名ブランドです!オイルだけでなく、ボディケアなどにおすすめのラインナップはたくさんあります。

ローズヒップオイルは、美肌ケアに欠かせない必須脂肪酸がたっぷり含まれた100%オーガニックです。朝のケアや頭皮のマッサージや、ディフューズ、お風呂に10滴ほど入れるなど使い方は無限!ちなみにトリロジーのローズヒップオイル、世界中で20秒間に1つ売れているほどの人気商品!これは女子ウケ間違いなしです。

近年、日本でも「クッキータイム」の人気が高まり、少し値段は高いものの、東京に専門店があったりコンビニでも気軽に買えます。 この、ニュージーランドで大人気の「クッキータイム」1枚の大きさがでかくて分厚いのでとにかく食べ応えがあります。 日本ではあまりこのサイズのクッキーを目にすることが少ないため、お土産として喜ばれます。 1枚サイズで2-3ドルくらいで、スーパーでのまとめ買いがおススメです。 また勤務先や友人へのばらまき土産としておススメの小さいパックサイズも、まとめ買いとしてもおススメです。

Hhajxixm99arrdfmqil3

スーパーマーケットへいくと色々な種類のチョコレートが売っています。チョコレートと言えば、海外旅行土産の定番です。ニュージーランドでは、小さいチョコより、大きい板チョコの方が人気ですが、友人へのお土産として、小さいチョコはおススメです。この1ドルチョコは、たくさん種類があり、選んで楽しい、もらってうれしいお土産のひとつです。 また、まとめ買いでばらまき土産にもおススメです。

L5loezswglrnerwmfrdg

ニュージーランドのチョコレートと言えば、「キャドバリー」と「ウィッタカーズ」の2種類が最も有名です。どちらも、日本でよく見かける板チョコの倍以上あり、食べ応えがあります。 種類も、ミルクチョコからホワイトチョコ、中にクランチが入っているものなど、種類も多く、私も日本へ一時帰国するときには毎回この板チョコを10枚くらいまとめて買います。 買う場所は、スーパーがおススメで、オークランド中心にもあります。 安い時は、2つで6ドルもしくは1つ3ドルくらいです。

Wja89twanson94mqvpf9

マヌカハニーは、様々な年代から人気があり、日本でも雑誌やテレビで度々紹介されています。チョコレートなどと比べるとお土産として、値段は比較的高いですが、スーパーなら10〜20ドルくらいで買えるので、おススメです。

C9hjqicjz2vsubjigakj

「ティムタム」はオーストリアで有名なお菓子ですが、ニュージーランドでも人気がありお土産としておススメです。日本でも外国系スーパーや輸入雑貨店などで、売っているのをよさき見かけ、若い女性を中心に人気があります。こちらでも、おやつタイムや、友人などが集まった際、よく食べます。 値段もスーパーで、安い時は2パックで5ドルくらいで、種類も日本より多く、小さい袋に入っているサイズもあります。

Qcn5fvhvogax1fvtcbbr

あまりお土産として、ガイドブックには載っていませんが、「ミント」はお土産として、特に社会人や女性から人気です。値段もスーパーで2ドル前後で、同じ会社の人や女友だちにも配りやすく、クッキーなどと異なりケースに入っているため、型が崩れたり、割れてしまう心配もありません。この写真のミントは、メントスのミントで、見た目もかわいく、食べ終わった後も小物入れとして使用できます。 味もミント系と甘い味の両方があります。

Dphwhw540dbtc8cyga5j

ニュージーランドは、コーヒー文化がとても盛んで、至るところにカフェがあります。 日本と同じように、出勤前にコーヒーを買ったり、打ち合わせの場所として使ったり、友人同士、カップルの楽しいひと時の場所でもあります。 家庭でもコーヒーを楽しむ習慣があり、スーパーでもインスタントコーヒーがたくさん売っており、お土産のひとつとして、コーヒー好きな人にオススメです。種類も、お湯で溶かすだけのブラックコーヒーから、ニュージーランドで有名な「フラットホワイト」、カプチーノやラテ、カフェモカなど、種類も豊富です。 値段も5-10ドルくらいで、賞味期限もお菓子より長いので、家庭でも、ニュージーランド旅行の思い出として楽しめます。

Zxctncypmfc5z7fwpjab
Uzgg8htrcmcdupzw3elu

私は、美容グッズやコスメが大好きで、普段からスーパーなどに、新商品がないかチェックしています。女子にとって美容グッズやコスメは普段から使うもので、お土産として、大変オススメです。日本でも見かけるニベアなどの定番はもちろん、ニュージーランドでは、ココナッツの香りが比較的人気があり、ココナッツオイルやハンドクリーム、シャンプーなど様々な種類があります。 また、マヌカハニーを使ったハンドクリームやボディクリームもよく見かけます。 お菓子と違い、比較的重いのであまりたくさんは買えませんが、美容マニアにはとても喜ばれます。

Gsnpkdha7vmilynatspx
Fjn1dtjj7qpkewbevzdp
Tbynrt4ffiq8om1yzph1

ニュージーランドでは、ワインが有名です。レストランやカフェ、バー、各家庭でも普段からワインを飲む習慣があり、特に週末はお洒落なカフェやバーでワインを楽しんでいる人をよく見かけます。外で飲むと1グラス、最低でも10ドル前後しますが、スーパーでは1本10ドルくらいから売っているため、お土産としてワインはオススメです。ワインの種類は白は「ソーヴィニヨン・ブラン」「ピノグリ」「シャルドネ」の3種類。特にピノグリはフルーティな味わいで飲みやすいです。 赤は「ピノノワ」「メルロット」が有名で、ステーキなどの肉料理にオススメです。 また、日本ではあまり見かけない、ピンク色の見た目がかわいいワイン「ロゼ」は女性同士でのパーティにオススメです。 スーパーは比較的安いですが、箱にはあまり入っていないため、タオルなどで、巻くか、プレゼントなら、空港で売っているお洒落な箱に入ったワインがオススメです。

Zpngh76aahgg4mlvhw8r
Jpqvprftg2pmwjqqzseg

ニュージーランド国内で、女子に大人気のかわいい雑貨店を紹介します。 ニュージーランド国内全国に展開している「Typo」という店です。日本でいうカワイイ雑貨屋さんに当たるお店です。 オークランドには、Queen streetの中心にあり、郊外のショッピングセンターにもあります。店内には、いつも女子で賑わっており、日本人旅行者や、修学旅行の団体も見かけます。 学校や仕事で使えそうなかわいいペンやノート、マグカップや携帯ケースなど、お土産やプレゼントに最適です。 値段は日本の雑貨店と比較して高いですが、ノートやペン、マグカップなど2-3個くらいなどまとめ買いすると、よりお買い得になります。 また、クリスマス時期などはセールをしており狙い時です。

Fla4jlojkgnewmvpxnwn
A65jvdl4826x1fgvuop6

「Farmers」は日本でいう、高級百貨店に当たるような場所です。 おもちゃや、少し高めの洋服、本、雑貨、化粧品など様々な物が売っています。 普段使いはもちろん、少し高めのものを買いたいときや、お土産としてのプレゼントにも最適なお店です。 日本でも売られている「メイベリン」や「ロレアルパリ」などの化粧品はもちろん日本未上陸の「エッセンス」化粧品コスメ、これは日本でいう「キャンメイク」のようなプチプラでしかも質が良い化粧品として10代、20代の若い女性はもちろん様々な世代の女性から普段使いの化粧品として使われています。 コスメも、時々セールで、2個買うと3個目は半額になるなど、日本未発売のコスメはまとめ買いがおススメです。 また、シャンプーなどスーパーでは売っていない10ドルから20ドル前後の少しリッチな物もたくさん売っており、友達や会社の先輩へのお土産、また自分用へのお土産として、大変おススメです。 場所は、オークランドなら、シティー中心のクィーンストリートにあり、大きい看板が目印です。

Kjrw1wgw2y0oqz4j9ga9
H1sqla9qle6wbj5hdkph
Jh3jl1kkaoilnty51obj
Ddfqnrb5jmzhwset5olc

海外旅行において、お土産選びは大きな楽しみのひとつでもあります。 私も日本へ一時帰国する際にはいつも、楽しみながらお土産を選んでいます。 この記事がこれからニュージーランド旅行へ来る方へのひとつの参考となって頂ければ幸いです。