O0mhbcsf9heu70uo6gps

愛知

CATEGORY | 愛知

【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選

2019.12.23

初詣と並び、アミューズメントパークなどの年越しのカウントダウンイベントが人気です。ここでは名古屋を中心に恒例となっている年越しイベントのなかでも人気のベスト10を紹介します。名古屋のカウントダウンイベントの概要に迫ります。

  1. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:①名古屋城カウントダウンライブ2020
  2. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:②木曽三川公園カウントダウン
  3. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:③西三河願いごとカウントダウンフェスタ
  4. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:④ナガシマスパーランド ニューイヤーズ カウントダウン
  5. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:⑤ラグーナテンボス ニューイヤーズ カウントダウン
  6. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:⑥ジルベスター&ニューイヤー カウントダウンコンサート in あつた
  7. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:⑦八事山興正寺 第九コンサート・除夜の鐘
  8. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:⑧東別院 初鐘×D-K Live デジタル掛け軸
  9. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:⑨定番神社「熱田神宮」
  10. 【2020年】特別な年越しを!名古屋のカウントダウンイベントおすすめ10選:⑩定番神社「大須観音」
  11. まとめ:【2020年】名古屋のカウントダウンイベント
引用: https://pbs.twimg.com/media/DSVphsSUEAAI_0X.jpg
「尾張名古屋は城でもつ」と呼ばれるほど名古屋城は地域の中心であり観光の目玉だったことがうかがえます。毎年恒例「名古屋城冬まつり」は年の瀬の12/31〜新年の1/14まで多彩で様々なイベントが開催されます。
Iz8zfq7xbghw0tkva6gb
引用: https://www.instagram.com/p/BdYkcfHARNx/

なかでも大晦日のカウントダウンライブは、美しくライトアップされた名古屋城の雄姿を仰ぎ見てたいへん盛り上がる年末最後のイベント。当地からデビューをはたした「TEAM SHACHI」などが出演するカウントダウンライブ。会場は名古屋城西の丸特設ステージ、PM9:00からで、入場料¥500はなにより買い得。

イベント情報の詳細はこちらから

Ub9och1jmb8kctnkgz5v
引用: https://www.instagram.com/p/BdX8eI1H3bx/
愛知県と岐阜県に跨がる木曽三川公園。今年も年末花火とイルミネーションに彩られたカウントダウンイベントが開催されます。大晦日の夜8:00の「オープニングアイドルコンサート」から始まり、9:30からメインイベントのカウントダウンのイベントに続きます。
Toviqdvxtcirpmwfbnyx
引用: https://www.instagram.com/p/BdcWxUyAk_s/?tagged=%E9%B3%B4%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE
お笑い芸人が集まり、年越しイベントがピークに達する頃、冬の花火が今年最期の夜空に舞い上がり、会場の人と新年を祝う中京地区最大級の一大ページェントとなっています。会場には多くの屋台が出て正月気分が一気に盛り上がります。参加費無料で且つ広大な公園ということで1000台以上の駐車スペースが確保されているのも心強いです。

イベント情報の詳細はこちらから

L5ahvydevnlt7wjjkpmr
引用: https://www.instagram.com/p/BdZRWPEFwzE/
場所は「自然と親しむ」「花のある暮らし」をテーマにした安城産業文化公園、通称「デンパーク」。名古屋の東方、西三河地区最大の年末カウントうダウンイベントが開催されます。大晦日PM:7:00からイベントは始まり、周辺のご当地ゆるキャラが集合し、「カウントダウンライブ」「願いごろカウントダウン」「カウントダウン花火」などで盛り上がります。
Wsfkunbjor4ebm1iblwn
引用: https://www.instagram.com/p/BdctlsfFWJt/
いよいよ新年が近づくと、ベートーヴェンの交響曲「第九」の合唱「喜びの歌」が壮大に謳われ新年に突入します。入場は、デンパーク入場券込みの¥1000、駐車場は広く無料。新しい年、新しい時代への「喜びの歌」となり、沿道に並ぶ屋台も熱気に華を添えた年末の恒例のイベントです。

イベント情報の詳細はこちらから

Ehwvnryqzrnpzasv0i8i
引用: https://www.instagram.com/p/_-WOPzNuP6/
各地の毎年恒例のカウントダウンイベントは、カウントダウンライブと花火がセットになって、パターン化しているように見えますね。しかしどういう花火か、どんなアーティストが来るのかで、様相は一変します。中京地区最強のアミューズメントパーク、ナガシマリゾートの実力はやはり力強く豪華です。
Tbqa3jfdwolgjxeihqxp
引用: https://www.instagram.com/p/BdYrEaNhRSj/
出演者の詳細はホームページに詳しいので、そちらを見て頂くとして、大晦日当日の遊園地の営業は、いったん16:00に終了し、スパ施設も17:00に終了します。そしてカウントダウンイベントは再び20:00から満を持して始まります。豪華な年越しイベント、前売りチケットは¥5200+乗り物乗り放題です。

イベント情報の詳細はこちらから

引用: https://pbs.twimg.com/media/DsxxCI-U8AAxEiX.jpg
場所は海、三河湾に面した「ラグーナテンボス」。「遊ぶ」「楽しむ」ために考え抜かれたあらゆるモノが揃ったアミューズメントパークです。年越しイベントは大晦日の午前10:00から始まり、年を越えて15時間も続く大イベントです。
Hcghpi5dexnlu34npv0h
引用: https://www.instagram.com/p/BrTi90mhIZx/
宿泊施設も完備しているので、徹底的に遊べちゃう施設ですね。入場パスポート¥5300を手にすれば、施設内のアトリウムで休んだり、朝4時まで入浴できる「天然温泉ラグーナの湯」などで無料シャトルバスを待つだけ。さらに少し疲れたらレンタルルームも、ホテルもあり。

イベント情報の詳細はこちらから

引用: https://nice-time.jp/agwp/wp-content/uploads/2018/11/fe7877ddfb6ec739e6154f6d42e057ae-940x529.jpg
最近は日本各地で行われるジルベスター・コンサート。クラシック音楽を中心にした年越しの音楽会。ジルベスターはドイツ語で大晦日、正確にはジルベスターコンツェルト、英語ではニューイヤーズイブコンサート、と言うことになります。なかでもその嚆矢と言えるのがウィーンフィルのジルベスターコンサート、テレビで観ることができます、観ていて楽しいですね。
名古屋市熱田文化小劇場のジルベスターコンサートの最大の特徴は、大晦日のカウントダウンに合わせたコンサートと言うだけでなく、新年を祝うのに、大好きなクラシック音楽を聴き、新しい年を迎えたその足で、名古屋地区最大の初詣のメッカ、熱田神宮に徒歩で移動できるということでしょう。

イベント情報の詳細はこちらから

引用: https://pbs.twimg.com/media/Bc0XprrIcAAr8zs.jpg
カウントダウンイベントというと、何か洋風のイメージを浮かべますが、考えてみれば、「初詣」こそ古来日本の最大級の年越しのイベントでしたね。ここ興正寺では、毎年恒例となった、ベートーヴェン最期の交響曲第9番「合唱付」を境内で演奏し、そのままカウントダウンから新年という和洋折衷的な年越しイベントを開催しています。
Nst7yhe0sn1sjqeww0u2
引用: https://www.instagram.com/p/BdXjBstDYRN/
第9演奏は観覧無料、終楽章の大合唱の頃になると、参拝客で一杯になり、年が変わり、一気に正月ムードに。除夜の鐘も志納(¥100)で撞くことができます。またここには東海地区唯一の重要文化財の五重塔があり、光に照らされ新年を一緒に祝ってくれているようです。

イベント情報の詳細はこちらから

引用: https://pbs.twimg.com/media/DSHHLbNUMAEYllM.jpg
名古屋地区最大の梵鐘は、大晦日の夜誰でも撞くことが出来ます。大祓を済まし、人が持つとされる108の煩悩を払う、というのは見飽きた光景かも知れませんが、日本人にとって何時の時代にも重要な年越しのイベントです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DSYakISWsAA_F5V.jpg
当寺の最大の年越しイベントは、最新鋭の機器と新感覚のアーティストによるお寺全体のプロジェクションマッピングで、年末年始のカウントダウンを愛でるイベントです。カウントダウンに向かって同時進行で、新作能が篝火の中、能舞台で披露されるのもここの特色で、新しいアートと日本の古典芸能とのコラボレーションを堪能します。

イベント情報の詳細はこちらから

Mvlulfoqkog8efvzaadv
引用: https://www.instagram.com/p/BdomeNPFLQk/
大晦日の初詣こそ日本的なカウントダウンイベントと書きましたが、やはり名古屋地区最大の初詣スポットは外せません。広大な鎮守の杜で待つ年越しの瞬間は、やはり日本独特のもので、厳粛な年越しのカウントダウンイベントという感じがします。道路は混雑し交通規制が敷かれ、正月三が日もたいへん混み合います。
Imhgfhvdyrnlsra51pee
引用: https://www.instagram.com/p/BO1qVNehUn0/
東京で言えば明治神宮並みの混雑で、屋台やおみくじ、御守りなどの店に群がる人で大賑わい。年越しの時間帯は立錐の余地がないほど混み合います。例年230万人もの初詣客が訪れる場所です、時間をずらす、公共交通を使うなど、混雑を避けていくのも在りかも知れません。

イベント情報の詳細はこちらから

Bp4qnyagqzuarxbklvrn
引用: https://www.instagram.com/p/BOsMDvyjRj7/
熱田神宮の荘厳さと打って変わって、市民に親しまれる「北野山真福寺宝生院」は通称大須観音の名で「観音さん」といえばここを指すほどです。どこか東京浅草、浅草寺の境内に似た雰囲気を持つのは、その親しみやすさからでしょうか。
Ogemgzyaeaompmcpcl5e
引用: https://www.instagram.com/p/BdcUU3ZFNf-/
その親しみやすさで、平素から参拝客は多い場所ですが、国宝を持っていたりと由緒正しい寺院です。地下鉄の大須観音駅を降りれば直ぐ、という立地で初詣客がたいへん多い場所ですが、大晦日のカウントダウンの時刻になると動けなくなるほど人が溢れ、新年を迎える気持ちが高鳴ってきます。

イベント情報の詳細はこちらから

名古屋地区のカウントダウンイベントを紹介してきました。いかがでしたか、行きたいイベントがあったと思います。古き良き除夜の鐘を撞くイベントから最新のデジタル技術を駆使した年越しイベント、大人数みんなで楽しみながら迎えるカウントダウンイベントなど様々ですね。良い年をお迎えください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ed/ed982c7f6893f329129dc89e4ffcda30_t.jpeg