Djvbmmyct33azqhcldoo

タイ

CATEGORY | タイ

バンコクの観光地・ここは行っておきたい人気スポットランキング5選

2018.05.15

「微笑みの国」そして「バックパッカーの聖地」と呼び声の高い東南アジアきっての一大観光地バンコク。その魅力は何回行っても尽きることはありません。今回ご紹介するのは安定の観光地バンコクで比較的穴場として紹介されることが少ない人気スポットをご案内します。

  1. 何度でもリピート!バンコクの魅力は尽きることはない!
  2. バンコクおすすめ観光地<人気の穴場ランキング>①東南アジアNO.1の水族館「シーライフ」
  3. バンコクおすすめ観光地<人気の穴場ランキング>②やっぱり日頃の疲れを癒したい方におすすめ「ヘルスランド」
  4. バンコクおすすめ観光地<人気の穴場ランキング>③バンコクの新ショッピングスポット「センチュリー・ザ ムービープラザ・スクンビット」
  5. バンコクおすすめ観光地<人気の穴場ランキング>④刺激満点!サバイバルゲーム施設「Lazgam」
  6. バンコクおすすめ観光地<人気の穴場ランキング>⑤絶景ルーフトップバー「オクターブ」
  7. 何度でも楽しめるバンコク!是非リピーターになってください!
バンコクは日本人にとって馴染みやすくリピーターになる方が多い観光地です。バンコクのおすすめ観光スポットは山ほどありますが、今回ご紹介するのはいわゆる鉄板の観光地ではなく、比較的新しいスポットや少し穴場感のある違った楽しみ方がしたい方にもおすすめなスポットのご紹介となります。
サイアムパラゴンの地下にあるシーライフ・バンコク・オーシャンワールドは東南アジア最大級の水族館でBTSのサイアム駅直結で行くことが可能な都会の大人気水族館です。バンコクで水族館?と思った方でも楽しめるくらいの巨大な施設で水族館としては世界でも2番目に大きな規模となっています。館内はまるで海の世界を冒険する気分ような気分にさせてくれるワクワクするアトラクション施設のような場所です。特徴としては常夏のタイとは無縁のペンギンが見れたり、頭上をたくさんの魚が泳ぐ地下通路、水族館をダイビングするオプショナルやボートで周遊できるオプショナルなど巨大なだけでなく、今までにないようなレジャー施設となっています。バンコクに何回か訪れている観光客の方でも十分楽しめる穴場スポットです。
ヘルスランドは一見名前は怪しいですが、バンコクに複数店舗出店している人気のマッサージ店で高級感漂う店構えながらも庶民的な価格で施術を受けれるところが非常に魅力なマッサージ店です。店内はアロマの香りが漂い、きちんと掃除が行き届いたまるで日本のマッサージ店さながらの清潔感がキープされています。お値段は以下バンコクのアソーク店のものですが、2018年5月現在で通常のタイ古式マッサージが2時間500B程と一般のマッサージ店と比べても良心的な価格設定となっています。バンコク都内には8店舗、パタヤに2店舗を構えていますが、土日はやはり人気で混み合うため、行かれる予定のある方は事前に予約をした方がスムーズなようです。是非高級感をお手頃で楽しめるヘルスランドのマッサージはいかがでしょうか。
バンコクには数多くの素敵なショッピングモールがありますがどこも行き飽きたな〜という方におすすめなのがBTSのオンヌット駅前に2017年12月にオープンした大型ショッピングモール「センチュリー・ザ ムービープラザ・スクンビット」です。Century Theaterという映画館が併設され、ショッピングモールには日本で有名なリンガーハットや吉野家、大戸屋、マツモトキヨシなど馴染みの多い日系企業が数多く出店しているので長期滞在の合間やオンヌット周辺にお住いの日本人の方にもおすすめの施設となっています。
2016年にバンコクの中心部プロムポンに誕生した「Lazgam」はホテル内でサバイバルゲームを体験できるという一風変わったタイの最新施設です。1ゲーム15分ほどで最大32人の6チームで対戦できるサバイバルゲームは体育館ほどの施設内でレーザー銃を使って相手を攻撃することでポイントが加算されるといった仕組みで、合計点が多いチームが勝利するというゲーム内容となっています。子供連れのご家族や友人同士でもワイワイ楽しめるアトラクション施設となっており、普段日本では全くやらないという方でも時間を忘れて夢中にさせてくれるスポットです。
バンコクの観光スポットとしてもはや定番となりつつあるルーフトップバー。レッド・スカイやシロッコなど有名店には行き飽きたという方にもおすすめのルーフトップバーがバンコクマリオットスクンビットホテルの最上階に位置する「オクターブ」です。BTSのトンロー駅から徒歩約3分の場所にあるオクターブは最上階48階から360度のパノラマ絶景が評判のお店です。オクターブは3段式のルーフトップバーとバンコクのルーフトップバーでは珍しくそれぞれ個性が異なる3層を楽しむことが出来ます。混む時間帯は大体20時~23時くらいですが、開放的なバーに音楽が流れた落ち着く空間なので夕暮れあたりの早めの時間にいってゆっくりお酒を味わうのがおすすめです。ドレスコードもそこまで厳しくはなく、短パンにシャツなど街歩きの恰好の方もいますのでお気軽に訪れたい方もおすすめです。是非バンコクの煌びやかな夜を堪能してみましょう。
今回ご紹介した5選はメイン観光地ではありませんが、リピーターの方や寺院・遺跡巡り以外も楽しみたい方におすすめのスポットです。バンコクも東京と同じく様々な文化を取り入れ常に進化を続けていますので、今後も発展が楽しみな場所です。是非皆さんもバンコクの魅力をどんどん発掘していきましょう!