Vzsctwiwlus4wrvmtvmu

鹿児島

CATEGORY | 鹿児島

種子島のお土産【鹿児島】これでもう迷わない!人気ランキング9

2018.11.28

「種子島」と言えば、鉄砲伝来の地。ロケット打ち上げ。最近では、安納芋のスイーツがコンビニの商品としても人気です!そんな種子島の、名産品は?どこのお店がいいの?お菓子は何が有名?などなど種子島のお土産人気ランキングを作成しました!これでお土産選びは大丈夫!

  1. 種子島お土産ランキング1 HTV安納芋タルト(お菓子)
  2. 種子島お土産ランキング2 スペースフード(名産物)
  3. 種子島お土産ランキング3 冷凍安納芋(名産物)
  4. 種子島お土産ランキング4 種子島焼酎(名産物)
  5. 種子島お土産ランキング5 鉄砲豆銃兵(お菓子)
  6. 種子島お土産ランキング6 火縄銃兵衛グッズ(名産物)
  7. 種子島お土産ランキング7 衛星りんかけ(お菓子)
  8. 種子島お土産ランキング8 離島戦隊タネガシマン グッズ(名産物)
  9. 種子島お土産ランキング9 種子島を見てきました(お菓子)
  10. まとめ
種子島といえば、宇宙センターです。種子島宇宙センターは日本最大の敷地面積を誇るロケット発射場です。そのため、日本のロケットのほとんどは種子島から打ち上げられます。また、発射台は、岬の突起部分近くにあるため、景色が非常に良く「世界一美しいロケット基地」とも呼ばれています。ロケットの発射があるときは、島は見物客で埋め尽くされるといいいます。
そんな、種子島宇宙センターお土産物店の限定商品が「HTV安納芋タルト」です。4個入りで750円!「HTV」とは、宇宙ステーション補給機のことで愛称は「こうのとり」。パッケージを開けると中は筒状の「こうのとり」が出てきます。その中には、種子島産の安納芋を100%使用した安納芋のタルトが入っています。また、パッケージには写真付きで「こうのとり」の説明もついています。種子島名産の安納芋と、種子島の象徴である宇宙センターの2つが楽しめる一品です!打ち上げ限定記念品なので、いまだけです!!
種子島宇宙センターに行ったら、ぜひ購入してほしいのが「宇宙食」です。実は種子島宇宙センターのお土産ランキング上位5つは、すべて宇宙食です。もはや種子島の名産物といっても過言ではない宇宙食。お値段は各378円~。
種類も豊富で、全部で17種類もあります!ちなみに、一番人気は「たこやき」その後は、「プリン」「カレー」「バニラアイス」「チキンライス」と続いていきます。「おもち」や「おにぎり」なんていうのもあって色々試すこともできます。話の種にもあるユニークなお土産です。また、なかなかお店に売っているものではないので喜ばれるお土産の一つ。おすすめです!
いまや全国各地で聞く「安納芋」。スイーツのような甘さと、なめらかな食感が人気の秘訣です。実は、安納芋は種子島の安納地区で採れたお芋のことです。つまり、種子島の名産物です。安納芋は第二次世界大戦中後に、東南アジアに行っていた兵士が種子島に持ってきたものとのこと。沖縄産の「唐芋」よりはるかに甘く、瞬く間に種子島の人々の舌を魅了しました。
近頃では、身近なスイーツ店やコンビニの商品に「安納芋使用」と書かれていますよね!いまでは全国に広がっている人気っぷりです。種子島は、高い山がなく割り合い平坦な島です。そのため、海からのミネラルを含んだ潮風がまんべんなくいきわたり、安納芋を生産するにはこれ以上な土壌となっているのです。全国で栽培が解禁になった今でも、やはり種子島産が本家なのは間違えないでしょう!
お店によってお値段は異なりますが、参考までに3kgで1,200円程度、5kgで1,980円程度です。種子島産の安納芋が自宅で味わえます。おすすめの食べ方は、甘さを最大限に生かせる焼き芋です。お菓子感覚で食べられます!
いまや全国どこに行っても飲まれているお酒「焼酎」。居酒屋さんに行けば、どこのお店にも焼酎はあるという人気ぶりです。その焼酎の発祥の地と言えば九州の鹿児島です。種子島にもいくつか酒造があります。一つ目に紹介したいのは、「種子島酒造」。商品は、種子島ならではで、種子島の名産物である「安納芋」を使った焼酎もあります。「夢尽蔵安納」や「黒麹づくり安納」、「炭火焼安納芋原酒」です。他にも、紫芋を使った「紫(ゆかり)」や「紫極」など豊富なラインナップが売りです。
そして、もう一つご紹介したいのが、110年以上の歴史を持つ「高崎酒造」です。高崎酒造の「しま甘露」は、1965年に発表されてから、50年以上愛され続けている焼酎です。種子島の名産物であるお芋を使った焼酎は、ふくよかな味わいにまろやかな香りです。ちなみに、「甘露」とは、古代の中国やインドで天から降る甘い露、長寿を保つ露、死者を復活させる露などど云い伝いのある言葉です。他にも、「黒甘露」や「しまむらさき」、「しま安納」などの商品があります。
懐かしい味を思い出させてくれる「鉄砲豆銃兵」。こちらは、鉄砲伝来の歴史と種子島の名産物である黒糖、落花生をふんだんに使ったお菓子です。お値段は、388円。お土産店なら取り扱っているところが多いので、気軽に買えるおすすめのお土産です。また、パッケージにプリントされた火縄銃を持ったピーナッツは元祖ゆるキャラともいえるかわいらしさです。
種子島を歩いていると、マンホールにこんなキャラクターが描かれています。
キャッチコピーは「あなたの心を狙い撃ち」。まるで歌の歌詞のようです。このかわいらしいルックスでひそかにブームです。
火縄銃兵衛は、西之表市のキャラクターです。火縄銃兵衛のグッズは、種子島のお土産で外せません。レターセットにクリアファイル、メモ帳など、自分用にも親しい友人にもぴったりのお土産です。
製造元はりんかけ堂。ピーナッツに種子島産の黒糖をまぶされており、食べ始めたら止まらないお菓子です。素材の味をそのまま生かしているので、純粋においしいと感じるお菓子です。子どもから大人まで楽しめます。また、パッケージには、鉄砲や衛星、お芋に火縄銃兵衛が描かれており、種子島の有名どころを一気に集める正直さが潔いです。お値段は、400円とお手頃です。お土産を取り扱っているお店ならたいがいある定番の一品です。
1996年から活動している、種子島のご当地ヒーロー。タネガ・イエロウ・チュウタ(黄金の戦士)、タネガ・レッド・ベニィ(赤紅の戦士)、タネガ・ブルウ・ジュウベェ(蒼青の戦士)、花の精・ふようの4人から成るヒーローです。悪の組織ジャアスロウ帝国から種子島を守るために日々戦っています。
ちなみに、タネガ・イエロウ・チュウタは南種子町の「宙太(ちゅうた)くん」から、タネガ・レッド・ベニィは中種子町の「ベニーちゃん」から、タネガ・ブルウ・ジュウベェは西之表市の「火縄銃兵衛(ひなわじゅうべえ)」から名前をもらうという徹底した種子島をプロモーションしる姿勢が心を打ちます。
そんな、離島戦隊タネガシマンのグッズを是非手に入れましょう!SMAPや明石さんまなど、超大物芸能人との共演も果たしています。また、ロケット発射などのイベントごとにはいち早く駆け付けているので、ショーも見てみましょう!ショーの中では、種子島弁も楽しめそうです。
こちらは、種子島に行ってきたことをストレートに伝えたい方におすすめ。「〇〇へ行ってきました」ではなく、「見てきました」というところがなんとも種子島らしいです。中身は安納芋のお菓子です。
いかがでしたでしょうか。今回は、種子島のお土産をご紹介しました!鉄砲伝来の地、宇宙センター、安納芋など知ってはいるけど、実はよく知らない種子島。魅力いっぱいの種子島のお土産はこれで決まりです。友人知人に種子島の個性たっぷりのお土産を買って帰りましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BYpo8rGDEs1/?tagged=%E7%81%AB%E7%B8%84%E9%8A%83%E5%85%B5%E8%A1%9B