T4jaoxgrd10je7tp11s9

北海道

CATEGORY | 北海道

【時期別】北海道旅行で絶対後悔しない服装をご紹介

2018.05.16

観光名所から美味しい食べ物までが詰まっている北海道。旅行に行こう!と思って計画したのはいいけど、日本の極寒北海道、どれだけ寒いのだろうと、服装に悩みませんか?北海道旅行へ行くにあたって、季節別の服装を紹介しようと思います!

  1. 北海道旅行の服装を考えてみる
  2. 北海道旅行の服装を考えてみる1:北海道の気温
  3. 北海道旅行の服装を考えてみる2:最高気温
  4. 北海道旅行の服装を考えてみる3:最低気温
  5. 北海道旅行の服装を考えてみる4:11月から3月にかけての服装
  6. 北海道旅行の服装を考えてみる5:4月から6月にかけての服装
  7. 北海道旅行の服装を考えてみる6:7月から8月にかけての服装
  8. 北海道旅行の服装を考えてみる7:室内行動が多い場合の服装
  9. 北海道旅行の服装を考えてみる8:冬の季節の靴について
  10. 北海道旅行の服装を考えてみる9:子供の服装
  11. 北海道旅行の服装を考えてみる10:便利グッズ
  12. まとめ
北海道旅行へ行こうと目的地が決まったら、次に考えるのが服装ですよね。北海道は冬の季節だと、氷点下を記録します。ニュースを見られる方だと、雪が沢山積もり一面が銀世界といった風景を見た事があるのでは無いでしょうか?今回の記事では北海道旅行へ向かう際に、季節別の気候やオススメの服装についてご紹介していきます。
北海道の平均気温は地域によって少し変わります。実際に東京をと比べて見てみましょう。

東京の平均気温

夏の季節は湿気も高くムシムシしていて暑く、冬は風が強く寒いと思われる方が多いと思いますが、日本の首都、東京の平均気温をはどのくらいなのでしょうか?気象庁の情報ですとこちらです。

北海道(札幌)の平均気温

続いては、北海道の平均気温についてです。今回は代表地点として札幌です。
最高気温がわかればどのくらいなのかわかるはずです。

北海道は涼しいの?

まずは東京の最高気温からです。やはり夏の時期の7月が1番暑く「31.8℃」でした。この気温は体感では場合によって実際はもっと暑いと思うと、日本特有のジメジメした夏が思い浮かぶ事でしょう。エアコンのかかった部屋から出る為に、玄関のドアを開けた瞬間にあの「ムワッ」とした空気と太陽の照りで日焼けを起こす人によっては嫌な季節でしょう。続いて北海道では1番暑くて同じ7月の「27.7℃」でした。流石に、20℃前半とはいきませんでしたが、それでも各地に比べたらとても涼しく感じる方なのでは無いでしょうか?
寒い寒い北海道の冬はどのくらいなのでしょうか。

氷点下!

続いては、最低気温です。東京では1月の最低気温が1番低く「1.7℃」でした。やはり、本州に住んでいる方だとよく聞く気温であり肌寒さを感じる気温では無いのでしょうか?風が強い日などではマフラーをする方もチラホラいるくらいですね。一方、北海道では同じく1月の最低気温が1番低く「-7.0℃」でした。東京と比べると約10℃近く気温さがあります。流石北海道であり氷点下を超えてきますね。ここまでの寒さとなると、簡単な上着を羽織るだけでは間に合わず、首筋の冷え対策のマフラー、手がかじかんでしまわないように手袋、冷たい風に当たり痛くならないように耳あてなどの防寒対策が必須となってくる事が伺えます。

あっという間に積もるほどの大雪

11月から3月にかけては冬の季節であり、風が吹くと身体の芯まで冷えてしまうのではないかというくらい冷え、雪が降り始めると気付くと数十センチも積もっている状態です。この季節は間違いなく油断をしないようにしましょう。

北海道旅行この時期の服装は?

この時期では、アパレル業界では保温性の高いインナーを各社で販売しています。普段着る服の下に肌着として着るだけで体感温度が圧倒的に変わりますので必須です!その上から、可能であればあったかい裏起毛がついた分厚い服を着たり、セーターなど保温性の高いものを着ると良いでしょう。女性の方だとタイツを着られる方もいると思いますので、できれば分厚い110デニール以上のタイツを着るようにしましょう。薄手の物だと寒さに耐えられない可能性があります。あとは可能であれば、マフラー、手袋、耳あても用意しましょう。耳あては100均でも売っていますので、あるのと無いのでは全く違いますのでぜひ用意を!

3月からは暖かい?この時期の服装は?

東京では3月と聞くと少しずつ冬の季節から、春の季節へと変わって来るので暖かく感じる場面が多くなってきます。しかし、北海道は違うのです!4月でも北海道では雪が降ることがありますので油断は禁物です。中に着る服はまだまだ長袖が良いでしょう。そして、上には羽織る物を持っていきましょう。暑ければ脱げば良いので多少分厚くても良いですが、軽く薄手のものでも間に合います。
この季節になると、東京ではとても暑い季節となっています。男性の方は半袖半ズボンが当たり前になるのでは無いでしょうか?北海道では、この季節になっても日中外を歩いていても、汗ばんだりする事が少ないです。人によっては肌寒さを感じる方もいらっしゃいますので、できれば半袖半ズボンではなく下は長袖、上は半袖にカーディガンなど羽織れるものがあると良いのかなと思います。
室内での行動が多いです場合ですと、大体の施設、店舗では暖房など空調がかかっている事が多いです。もし、室内の暖房がキツ過ぎたり、直接空調の風が当たるような場所に滞在していないといけない場合は暑くなってくる場合があります。そんな時は、上着を出来るだけ暖かくなれるダウンなどの素材の物にしておいて、中に着る服を少し薄めでも良いのかもしれません。暑い、寒いがあれば上着で調整をする事が可能です。
どのような靴がいいのでしょうか?

スニーカー?

流石に冬の季節では雪が降るので、スニーカーや革靴はおすすめできません。この二つですと、素材にもよる場合はありますが、足元の雪が染みこんでしまいます。大通りの歩道などは比較的除雪されている事が多いと思いますが、食事に行く店舗が少し裏路地の方ですと除雪されていない場合が多いのでズッポリ雪に入る場合があります。足が濡れてしまうと足先まで冷えてしまい、歩くのも困難になってしまう場合があります。ブーツなどの革靴の場合は水が染み込み痕になってしまいます。長靴とまではいきませんが、防寒防水素材のものもありますので靴屋さんで聞いてみると教えてくれます。
家族旅行で行く場合ですと、お子さんも連れて行く方もいらっしゃると思います。お子さんの年齢にもよりますが、小さなお子さんだと冬は極寒ですのでいつも以上に分厚い服と、上着はダウンなどの風を通さない防寒着にしてあげましょう。さらに、服の中には貼るタイプのカイロを貼ってあげるなどして対策もしてあげると良いでしょう。靴に関しては、きっと普段見られない雪を見ると気分も上がり入ってしまったりするかもしれません。せっかくの雪なので思う存分遊んでもらうためにも長靴を履かせてあげると良いですね。観光する場所によっては基本的に外の場合もありますので、スキーウェアなどがあれば着せてあげるのもよく例であげるとあさ旭山動物園では外の行動なので子供はスキーウェアを着ている子が多く見られるので、浮く心配もありません。
北海道は足元が滑りやすく、溝が無い靴だったりすると滑りやすくとても危険です。しかし、そういった時にも対策として普段の靴につける簡易的なスパイクがあります。こちらを使う事により、せっかくの北海道旅行で転倒などをして怪我をしてしまう事を防ぐ事ができますのでおすすめです。北海道のコンビニでも取り扱っている場合がありますので、どうしても必要そうであれば覗いてみてはいかがでしょうか。
いかがでしたでしょうか?北海道は他の多くの地域とは服装が異なります。季節の北海道に応じた服装をして、せっかくの北海道旅行中に風邪を引いたりしないようにし、名所を巡り、美味しい物を食べて楽しい観光へいってらっしゃいませ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Biyr-y5goiZ/?tagged=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93