Efo9klyoj8t1wvc0nu98

福島

CATEGORY | 福島

【2018年】福島の湯本観光ならココ!温泉やグルメなど徹底解説!

2018.12.05

福島の湯本と言われる地域は温泉とグルメの宝庫といわれています。福島は海の幸もあれば山の幸もあり、温泉もたくさんあって素晴らしいところです。湯本温泉でゆったり疲れた体を癒すだけではもったいない!ぜひ充実した観光旅行にしてください。

  1. 福島の湯本観光・温泉やグルメなど!①鶴の足湯広場
  2. 福島の湯本観光・温泉やグルメなど!②いわき湯本温泉
  3. 福島の湯本観光・温泉やグルメなど!③ブロンズ通り
  4. 福島の湯本観光・温泉やグルメなど!④カフェサーフィン
  5. まとめ
引用: https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/14/81/c1/02/caption.jpg
まず湯元温泉街に足を運んだらJR常磐線湯本駅から徒歩8分くらい、温泉街中心にある「鶴の足湯広場」へ行ってみてください!こちらは湯本の天然温泉の足湯を無料で利用することができます。
引用: https://www.arukunet.jp/wp-content/uploads/2018/06/34ec319b2464e4560919d4602f86d750.jpg
大小の足湯がありますが、大きい方は“あつ湯”で、小さいほうが“ぬるま湯”となります。両方合わせてだいたい7~8人くらい入る事ができ、お好きな方を選んでくださいね。またペット専用の足湯もあるので、ペット連れでも大丈夫ですよ!

詳細情報

住所:福島県いわき市常磐湯本町三函204 TEL:0246-44-0500(野口雨情記念湯本温泉 童謡館) アクセス:湯本駅から徒歩5分 営業時間:7:00~22:00 休日:なし 備考:無料・駐車場あり
引用: http://kankou-iwaki.or.jp/wp-content/uploads/2017/01/0fa76e418ce56eebac72e2ab6353c7a1.jpg
せっかく湯本観光へ訪れたのなら、やはり「いわき湯本温泉」へ宿泊するべきでしょう。泉質は硫黄泉で婦人病や神経痛などに効果があるといわれ、昔の江戸時代には湯治客が年間で約2万人ほど訪れていたとのことです。
引用: https://trvimg.r10s.jp/share/image_up/31822/LARGE/oIUgmH.jpeg
「いわき湯本温泉」は創業300有余年、歴史上もっとも古い温泉街と言われ、江戸時代の諸大名の宿として利用されてきました。この「いわき湯本温泉」は温泉郷です。たくさんの旅館やホテルがあるので、お好みの宿探しをして利用してみてください。

詳細情報

住所:福島県いわき市 常磐湯本町天王崎 TEL:0246-43-3017 (いわき湯本温泉旅館協同組合) アクセス:いわき湯ICから車で10分 備考:HP / http://www.iwakiyumoto.or.jp/welcome.stm
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/67/ed/c278fb6493ce6f6cc5da753c212a1d0c.jpg
湯本駅前通りには、たくさんのブロンズ像があちこちにあります。数えてみると9体ものブロンズ像があり、彫刻家の黒川晃彦作のフルートを拭く少女や、トランペットを吹く人など1体ずつみんな形が違います。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180102/21/world-ring/ae/39/j/o0640048014104015993.jpg?caw=800
その1体ずつの違いは、奥深い背景があり、それぞれの思いや存在などが物語として想像することができます。まるで思いをはせるようなストーリーだったり、いろんな想像を思い描くのも素敵ですよ!

詳細情報

住所:福島県いわき市常磐湯本町地内 TEL:0246-42-4322(いわき湯本温泉観光協会) アクセス:0246- 営業時間:24時間 休日:なし 備考:毎年8月「夏の夕べ」が開催される
K63auiobstv3xrvwj8uz
引用: https://www.instagram.com/p/BoymNpIHkg1/
散策し終わったら、ゆっくり「カフェサーフィン」でティータイムはいかがですか?場所は湯本駅前徒歩2分、昭和とローカルチックな雰囲気のおしゃれなカフェです。雑貨屋さんと兼ねており、ランチもディナーも行っています。
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/20400/20400273.jpg
こちらのカフェはワイワイ数人で訪れるというよりも、なんとなく誰か待ち合わせをしたい時や、1人で静かな時間を過ごしたいというようなシーンで利用されています。もちろん湯本観光のちょっとした軽食にも利用されてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20151001/23/ayavwh/1e/d2/j/o0800060013441561618.jpg?caw=800
住所:福島県常磐湯本町天王崎26 1F TEL:0246-43-0381 アクセス:常磐線湯本駅から徒歩10分 営業時間:10:00~18:00 休日:月曜・第2日曜 備考
引用: http://iwakifm.sakura.ne.jp/sw/wp-content/uploads/2016/01/14ddcbd43d3
福島にて、地域の地元の人の温かさや心が温まる環境に恵まれて湯本観光の思い出に残る一ページになること間違いないでしょう。福島には湯元温泉という素晴らしい観光スポットがあり、福島県の誇りでもあります。開湯の歴史も深く、由緒ある町で観光を楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://img-cdn.guide.travel.co.jp/article/111/30475/A774E99448114F208110579B1359E1DE_L.jpg