L47bq19k76oe3gyyw7ac

長崎

CATEGORY | 長崎

長崎県観光を120%楽しむための、おすすめ穴場ポイントを紹介!

2018.05.17

長崎県にはハウステンボスや軍艦島、温泉をはじめとする観光スポットがたくさんあります。もちろん長崎の定番観光スポットもいいですがせっかく行くなら穴場をゆっくり回りたいですよね?ゆっくり穴場が満喫できるおすすめ観光スポットをたくさんご紹介いたします。

  1. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット1 「諏訪神社」
  2. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット2 「弓張岳展望台」
  3. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット3 「平戸ザビエル祈念教会」
  4. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット4 「雲仙地獄・雲仙温泉」
  5. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット5 「黒崎半島・猿岩」
  6. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット6 「展海峰」
  7. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット7 「池島」
  8. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット8 「世界遺産 グラバー園」
  9. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット9 「七ツ釜鍾乳洞」
  10. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット10 「軍艦島」
  11. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット11 「ハウステンボス」
  12. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット12 「島原城」
  13. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット13 「小浜温泉」
  14. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット14 「伊王島」
  15. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット15 「長崎美術館」
  16. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット16 「国崎半島自然公園」
  17. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット17 「九十九島水族館 海きらら」
  18. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット18 「陶芸の館」
  19. 【長崎県】絶対に楽しみたい!おすすめの穴場観光スポット19 「福江海中公園」
  20. まとめ
W7ybi9knogw8ziirfj54
引用: http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-88-59/dxgsj977/folder/950361/07/18625607/img_2?1282968235
引用: http://shirasakisekkei.in.coocan.jp/suwa1.zinzya02.jpg
おすわさんと呼ばれる長崎県「諏訪神社」。諏訪神社、諏訪大社と呼ばれるお社は全国に1万2千社ほどありますが、その1万2千社の総本社が長野県にある諏訪大社です。長崎県の諏訪神社は「鎮西大社」とも呼ばれ、長崎県の総氏神さまです。慶安元年(1648年)に徳川幕府によって現在の地に社殿がつくられました。その後火災にあい境内のほとんどの建物が焼けてしまいましたが明治2年(1857年)に社殿が再建され、昭和59年と平成6年には造営が行われました。諏訪神社には武神・厄よけの神様である「諏訪大神」、縁結びの神様である「森崎大神」、海上安全の神様である「住吉大神」の3つの神様をお祀りしています。この神社はパワースポットとしても人気で婚活や、縁結びに効果があると人気です!「男石」と「女石」と「両性合体石」があり女の人は男石を、男の人は女石を踏んでから両性合体石を更に踏んでお参りをすると縁結びの願いが叶えられると伝えられます。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hsabetto/20070903/20070903160426.jpg
引用: http://www.rurubu.com/season/special/tada/img/main/A4601601a.jpg
佐世保にある穴場展望スポット「弓張岳展望台」。展望台のある場所は西海国立公園にも指名されています。弓張岳にある展望台は佐世保市内から佐世保港、アメリカ海軍佐世保基地、そして九十九島が一望できる絶景ポイントです!昼間の景色ももちろん最高ですが夜景もとっても綺麗で「日本夜景100選」の1つでもあり夜景もおすすめです!佐世保にいった際にはぜひ展望台からの景色をお楽しみください。
引用: http://www1.odn.ne.jp/tomas/hirado12035.jpg
Mgtnttfturhr9dvvgmmx
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=sETp%2bY%2fV&id=28F38D6351082FCF87B908F2F48E0D0614F79514&thid=OIP.sETp-Y_VdshQfB3DT3an0QHaFv&mediaurl=http%3a%2f%2fwww.city.hirado.nagasaki.jp%2fkanko%2fbnka%2fimages%2fbnk16-2_0.JPG&exph=269&expw=347&q=%e5%b9%b3%e6%88%b8%e3%82%b6%e3%83%93%e3%82%a8%e3%83%ab%e7%a5%88%e5%bf%b5%e6%95%99%e4%bc%9a&simid=607988597721206316&selectedIndex=18&ajaxhist=0
大天使聖ミカエルに捧げた協会「平戸ザビエル記念教会」。禁教がとけて信徒が住むようになり1931年に建てられ、ザビエル像を建て、「平戸ザビエル記念教会」と名付けられました。丘の上にある教会で高台にあるので市街地からでも教会の十字架がを見ることができます。ザビエル教会の周りにはたくさんの寺院がありその風景を見ているだけでも心が癒されるそんな場所です。異国情緒あふれる平戸ザビエル教会、SNS映えも間違いなしです!
Vv2kbhlzetdlrkbe4opt
引用: https://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/17576/image
引用: http://tenspa.dee.cc/kojigoku-u11.jpg
長崎県を代表する温泉地「雲仙温泉」。雲仙温泉は雲仙地獄とも呼ばれ、温泉の噴気に包まれた場所です。いたるところから高温の温泉と噴気が噴出し硫黄の香りが漂います。この噴気とは海底に溜まったマグマだと考えられていますが、溜まったマグマが岩を縫うように裂け目を通って上昇し、高温の熱水となりその熱水とガスとが考えられています科学反応をおこし噴気となって現れます。ここを雲仙地獄と呼びたくさんの温泉が沸きだしています。雲仙温泉は源泉98度の硫黄泉でリウマチ、糖尿病、皮膚病に効果があると言われています。温泉は98度ですが噴気の最高温度は120度もありまさに地獄という名前がぴったりです!雲仙地獄の名物は噴気で蒸した「温泉たまご」です。このたまごを食べると長生きができると言われ、「1個食べると1年、2個食べると2年、3個食べると死ぬまで生きられる」という伝説があります。ぜひ長崎の名湯を訪れてみてください。
V0girieubxbeibs0tqdv
Wlj7rx2byyvrrpegyivb
壱岐のシンボルの岩「猿岩」。日本を代表する奇岩で、壱岐の中でも有名な景勝地です。猿岩のある黒崎半島は壱岐の西部にあり1400人ほどの小さな集落です。戦時中は基地や砲台があったため立ち入ることの出来なかった半島です。医者さえも立ち入ることができなかった場所が戦後開放され、豊かな自然とともに観光スポットとなりました。その黒崎半島を代表するのが「猿岩」です。高さ48メートルの大迫力の岩で、背中に子猿を背負っている親猿に見えることからこの名前がつきました。よーく見ると、眉、目、鼻などしっかりありこれはすべて自然にできたものです。猿の背後には東洋一の砲台がそのまま残されており、戦争の跡を目にすることができます。
引用: http://drive.nissan.co.jp/C/IMAGEC/2/29107/29107_1_xl.jpg
引用: https://ent.smt.docomo.ne.jp/wp-content/uploads/2016/05/20161011_kyusyu_shell_5.jpg
佐世保市にある展望台「展海峰」。180度のパノラマで眺めがよく九十九島が目の前に広がる人気の絶景スポットです!展望台の下にはお花畑が広がり四季折々人々の目を楽しませてくれます。春には約15万本の菜の花が咲き、黄色のじゅうたんになります。菜の花の開花時期に合わせて「展海峰菜の花ウォーク」が行われました約2時間のウォーキングコースができます。展海峰ふれあい工房から俵ヵ浦半島までをぐるっと一週する菜の花ウォークは大変人気があります。秋になると15万本のコスモスが花を咲かせます。この時期には「展海峰コスモスウォーク」が行われ、コスモスを見ながら世界遺産の「佐世保要塞・丸出山観測所跡」までのコースでこちらも人気のあるコースです。もちろんお花の咲いていない時期でも綺麗な景色は見られますのでぜひ訪れてみてください♪
引用: https://78.media.tumblr.com/tumblr_lvt26u03O01r6ljnyo1_r1_1280.jpg
引用: http://www.fringe81.com/blog/wp-content/uploads/2014/07/IMG_4903.jpg
炭鉱の町「池島」。池島は長崎県長崎市にある周囲4キロの小さな島です。1952年に松島炭鉱の用地として石炭の池島の開発が進んできました。1959年から2001年の閉山にいたるまで49年の間池島では石炭の開発が進められてきました。池島の石炭は高価な石炭として日本のエネルギーを支えてきました。最盛期の頃は池島に8000千人を超える人々が生活をしており賑わいをみせていました。閉山から17年がたち人口もだんだんと減りわずかな人々が島に残っていますが現在でも当時のアパートや炭鉱設備が数多く残されています。実際に坑道の見学ができヘルメットを身につけトロッコに乗り坑道の中へと入っていきます。校内では実際にここで働いてた方が案内をしてくれ、かつてどのように石炭が掘られていたかなどを丁寧に説明してくれます。実際に使われていたドラムカッターなどを動かすことができ、ここでしか出来ない体験にわくわくします!炭鉱を五感で体験できる「炭鉱弁当」も人気です!
引用: http://www.360navi.com/photo/42nagasaki/05nagasaki/01glover/10photo06.jpg
H76msiwnyeqnftvmerih
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b2-1f/asd70g/folder/1206951/84/59969284/img_0?1287146864
引用: http://www.glover-garden.jp/bd/files/event04.png
長崎県長崎市にある世界遺産「旧グラバー住宅」のある「グラバー園」。長崎は横浜、函館とともに古くから開港された場所として栄えてきました。16世紀後半にはここ長崎に異国の商人がたくさんやってきました。その長崎港にら洋風の建物がたくさん立ち並び、長崎外国人居留置が誕生しました。その地につくられたのが「グラバー園」。トーマス・ブレーク・グラバー邸をはじめとする国指定重要文化財の住宅や、貴重な当時の洋風な建物がたくさん見ることができます。いくつもある建物の中でも絶対に見ておきたい建物が「グラバー邸」です。グラバーはスコットランドの出身で貿易商人の一人として日本にやってきました。グラバーの住居は長崎にある洋風の建物の中でも1番古く、日本に現存する木造洋風建築としては日本最古です。造船や製茶などの貿易を通して日本の近代化を育てたトーマス・ブレーク・グラバーの歴史が知れるグラバー園、ぜひ訪れてみてください。
引用: http://new-cloudfront.zekkei-japan.jp/images/spots/awpoxdo74516uj6dsh7bujxf59pfznjhq.jpg
Pevkldb1oa12sw5cs4zm
国の天然記念物「七ツ釜鍾乳洞」は西日本随一と言われる鍾乳洞です。七ツ釜鍾乳洞のある場所は昔海だったところで世界的にも珍しい鍾乳洞です。鍾乳洞の総延長は1500メールとかなり巨大で、いくつもの洞穴があわさって出来ており、鍾乳洞群と呼ばれています。この鍾乳洞群の中には現在洞穴が35個発見されており西日本で最大です。七ツ釜鍾乳洞は今から約6430年前に形成されたと考えられています。高さ4メートルにもなる「鍾乳石」や、洞窟内の壁に見られる小さな粒の集まり「洞穴サンゴ」も見ることができます。時期によってはコウモリに会えることもあります!七ツ釜鍾乳洞には自然のコウモリが生息しており、訪れる時期によってはコウモリを見ることもできます。もちろん個人で行くこともできますが、地底探検ツアーにも参加するこもができるのでツアーもおすすめです!個人では入れない未公開の場所にも入ることができます。ツアーに参加される方は予約を忘れずに!
引用: https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/01/1c/b8/7f/caption.jpg
引用: http://static.panoramio.com/photos/large/23742824.jpg
引用: https://t3.ftcdn.net/jpg/01/36/01/22/500_F_136012215_KnREuP72uGWlGFJIwczD7DJbdcwBgG8q.jpg
石炭産業の歴史を今に伝える「軍艦島」。軍艦島は昔海底炭鉱のあった島で周囲1.2㎞の小さな島です。軍艦島で石炭が発見されたのが1810年です。海面下約1000メートル以外の場所からとれる石炭はとても良質で、閉山までの間1570万トンの石炭が掘られていました。大正5年頃になると日本で最初の高層鉄筋アパートがたくさん建築され、最盛期の昭和35年頃には約5300人の人が暮らしていました。人口密度は当時の東京都の9倍もあったそうです!人々はこの島でなに不自由なく暮らしていましたが、主なエネルギーが石炭から石油へと移ったことにより昭和49年に軍艦島の炭鉱は閉山となりました。閉山後働いてた人や家族は島をさり今は無人島となっています。2015年には「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録されました。平成21年より観光客の上陸が許可されツアー会社が軍艦島ツアーを組んでおりますので軍艦島へ行かれる際にはツアーにお申し込みください。
Jtug0ugmf60khmecbfdc
引用: http://www1.nanka-e-tabi.com/ntiweb/photos/kokunai/OSA/%EF%BC%A8%EF%BC%B4%EF%BC%A2/2013上期HTB.jpg
Pttd9yykhi9dtywqwcvb
引用: https://cdn.jalan.jp/jalan/img/4/kuchikomi/0774/KL/ce6ed_0000774078_1.JPG
長崎県といったら「ハウステンボス」。穴場!という場所ではありませんが長崎県訪れたならば絶対に外せない観光スポットです!一度は耳にしたことがある名前かと思います。ハウステンボスはお花に光、そして音楽、ゲームなど1日では遊びつくせない6つの王国です。お花の王国では一年中四季折々のお花が咲き誇り人々の目を楽しませてくれます。光の王国では一年中光の世界が美しいイルミネーションで彩られます。そしてゲームの王国では子供から大人まで楽しめるゲームがいっぱい!音楽とショーの王国ではポップミュージックなどのショーが1日中行われています。健康と美の王国では自分にあった健康法のアドバイスをしてくれます。そして最後のロボットの王国では2015年にオープンし、人気の最先端ロボットの世界を楽しめます。
引用: http://img.4travel.jp/img/tcs/t/tips/pict/src/104/865/src_10486569.jpg
引用: http://www.unzen-geopark.jp/image/dddb187348dae3a18606e694927b11a7.jpg
島原城は元和4年(1618年)に松倉豊後守重政が7年の歳月をかけて築いたお城です。築城されてから約250年に渡って4氏、18代が居城してきましまた。島原城は5層の天守閣を中心とひ、大小あわせて50もの櫓があり、安土桃山時代の建築様式を取り入れたお城でした。しかし明治維新後お城はやっかいものとなり全国のお城は次々と取り壊されてしまいました。その時にこの島原城も残念ながら取り壊されてしまいましたが昭和39年に天守閣が再建され他の櫓も次々と再建されました。現在天守閣は資料館になっており島原城の歴史を知れる貴重な資料館です。
Altdzvc47gvqykfoyn2l
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/suzukidesu23/20141201/20141201114831.jpg
長崎県を代表する温泉地「小浜温泉」。小浜温泉のお湯は塩化ナトリウム物泉で源泉が100度、日本一暑い温泉です。神経痛やリウマチ、痛風などに効果があると言われています。小浜温泉の名物はなんといっても「ちゃんぽん」。長崎に行ったら食べなきゃ帰れない名物ですよね!もう1つが「温泉たまご」です。源泉100度を利用して作られる温泉たまごは心も体もぽかぽかにしてくれます。温泉街をゆっくり散策しながら食べ歩きもおすすめです!
Dryoazszybkakhtf2ncc
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=tnjGbL47&id=24236821B6F101442BC8C926DC7E30086191D631&thid=OIP.tnjGbL47-Ld0HupIqp40WwHaFM&mediaurl=http%3a%2f%2fimg.4travel.jp%2fimg%2ftcs%2ft%2falbum%2f500%2f10%2f76%2f70%2f500_10767063.jpg%3f1366303597&exph=351&expw=500&q=%e4%bc%8a%e7%8e%8b%e5%b3%b6&simid=607997226301653834&selectedIndex=3&ajaxhist=0
引用: https://dom.jtb.co.jp/yado/photo2/ll/8/8228002/82280021000000015.jpg
長崎県長崎市にある小さな島「伊王島」。伊王島は東京ドーム100個分ほどの小さな島です。2011年には「伊王島大橋」が完成し、車で渡ることができるようになりました。伊王島には「伊王島灯台」や、「聖ミカエル教会」、「伊王島リゾートホテル」が立ち並び島全体が観光スポットになっています。伊王島の1番の魅力がとにかく海が綺麗です。「太陽の海岸」と名付けられた海水浴場は白い砂浜に青い海ここでしか見られない絶景です!ゆっくりのんびり過ごしたいという方におすすめです!
引用: http://tpnavi.com/store_7022_640X480.jpg
引用: https://www.nihonsekkei.co.jp/wp-content/uploads/2016/09/npma_123-1.jpg
穴場の美術館といったら「長崎県美術館」です。長崎県美術館は「長崎水辺の森公園」に隣接する2005年にオープンした美術館です。常設展、コレクション展、企画展があり様々な作品が展示されております。常設展では「菊畑茂久馬」や長崎県を代表する工芸品、スペインのフランシスコ・デ・ゴヤの作品など数多くの作品が常時展示されています。企画ではその時期限定で様々な企画が行われその時にしな見られないレアな作品も展示されます。館内にはミュージアムショップやカフェもありますので美術館オリジナルのスイーツを食べながらゆっくりできるのもいいですね♪ゆっくり長崎の美術に触れたいという方におすすめの美術館館です。
Uuozyfwzkxbuwl9gwzap
引用: http://livedoor.blogimg.jp/fukucyan_jp-part2/imgs/f/8/f81d9f5c-s.jpg
国崎半島自然公園は約16000万平方メートルの小さな公園です。県立自然公園に指定されビーチが目の前に広がる景勝地です。県立の自然公園に指定され、しっかりと整備もされているので、足の洗い場、炊事棟やお手洗いも完備されています。ビーチが目の前にあるので海水浴はもちろん磯釣りも楽しむことができます。テントなどを持参すればテントをはるスペースも十分にあるので宿泊も可能です。夏のシーズンは海水浴やキャンプの人達で賑わいますがその時期をさけて訪れれば静かで波の音を聞きながらゆっくりでにる穴場スポットです。
Hwnii5qwqeruykoxtdwx
Irlzcd77ygekqz2dtdax
美しい九十九島の海の中を再現した水族館「きらら」。日本の海には約3500種の魚が生息していますが、そのうち九十九島の近海には約1000種の魚が暮らしています。魚の他にもクラゲ類が100種類以上、カニ類は60種類以上、その他にもたくさんの海の生き物が生息しています。その九十九島の海にくらす海の生き物を展示し、海の中を再現した地域密着型の水族館です。可愛らしいバンドウイルカやきららのボス的な存在のタマカイ、アオウミガメ、クラゲなどたくさんの海の生き物に出会えます。ぜひ九十九島の海の中に探検に出てみてください。
Hlf1fr3unshsgmdymisc
引用: http://ec2.images-amazon.com/images/I/51OcYXB0yhL.jpg
「陶芸の館」はやきもの公園の一角にあります。400年の歴史を誇る波佐見焼きの伝統と歴史、そして匠たちの技を見ることができます。波佐見町には窯元や伝統工芸のやきものなどが35ほどあります。そのやきものの歴史を知れる館で、実際に自分で絵付け体験もできるので旅の思い出に世界に1つだけのやきものが作れます。
Beubugbtwfvfwgl6eyp0
引用: http://img.4travel.jp/img/tcs/t/tips/pict/src/136/422/src_13642270.jpg?20160302202948
引用: https://d233tsjqri9sf7.cloudfront.net/files/kanko/1505/1505--c633abf5bc29f19a17417e9924f52a7d.jpg
福江海中公園は穴場の観光スポット!五島の海をボートから眺められる周遊がおすすめです。1972年に国の海中公園に指定された竹ノ子島周辺をグラスボートに乗ってまわることができます。グラスボートとはボートの下部がガラス張りになっており、その窓から美しい海を眺めることができます。ガラスの窓からは美しいサンゴや五島の海に生息するたくさんの海の生き物を見ることができ、近くで見る魚たちは息を飲むほどの美しさです。海が綺麗だからこそ見れる五島の海の生き物をぜひシーガルと呼ばれる船に乗ってお楽しみください。
長崎を120%楽しめる観光スポットはいかがだったでしょうか?これを参考に楽しい旅のプランを考えてみてください♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/image.cozre.jp/wp-content/uploads/2015/01/02p.jpg