Aipwhkzszdbcysf4vbv1

インドネシア

CATEGORY | インドネシア

失敗しないバリ島のお土産選び!外さない25選【2019年版】

2019.07.01

バリ島旅行の思い出にお土産を選ぶのはわくわくしますが、そんなに時間を取れないので事前にどんなものが人気なのか知っておきたいですよね。今回はそんな方におすすめの、バリ島のお土産に喜ばれるコスメや雑貨、お菓子やチョコレートをたっぷりとご紹介します!

  1. バリ島お土産ベスト1!Sensatia(センセイシャ)のコスメ
  2. バリ島お土産ベスト2!ellips(エリップス)ヘアビタミン
  3. バリ島お土産ベスト3!goodのクリームバス
  4. バリ島お土産ベスト4!UTAMA SPICE(ウタマスバイス)のリップバーム
  5. バリ島お土産ベスト5!Mustika Ratu(ムスティカラトゥ)のローズウォーター
  6. バリ島お土産ベスト6!BOKASHI RUB OIL(ボカシオイル)
  7. バリ島お土産ベスト7!COCONA(ココナ)のココナッツオイル
  8. バリ島お土産ベスト8!アタ雑貨(カゴバック)
  9. バリ島お土産ベスト9!ガラスキャンドルケース
  10. バリ島お土産ベスト10!ジェンガラの陶器
  11. バリ島お土産ベスト11!お香
  12. バリ島お土産ベスト12!KYKULLO(キクロ)のビーチタオル
  13. バリ島お土産ベスト13!Molto(モルト) 柔軟剤
  14. バリ島お土産ベスト14!ガムランボール
  15. バリ島お土産ベスト15!シルバーアクセサリー
  16. バリ島お土産ベスト16!KOU CUISINE(コウキュイジーヌ)のジャムとハーブソルト
  17. バリ島お土産ベスト17!Barong Cookie(バロンクッキー)
  18. バリ島お土産ベスト18!えびせんべい
  19. バリ島お土産ベスト19!ナシゴレンの素
  20. バリ島お土産ベスト20!Arak Bali(アラック)
  21. バリ島お土産ベスト21!East Bali Cashews(イーストバリカシューナッツ)
  22. バリ島お土産ベスト22!Pod Chocolate(ポッドチョコレート)
  23. バリ島お土産ベスト23!Monggo(モンゴ)のチョコレート
  24. バリ島お土産ベスト24!Kopi Luwak(コピ・ルアック)
  25. バリ島お土産ベスト25!木製のオシャレな看板
  26. まとめ

お土産にもおすすめなバリ島ナチュラルコスメと言えば、「Sensatia(センセイシャ)」です!オーガニックな化粧水やクリームなど数多くのナチュラルコスメを取り扱っているので、いろいろと揃えたくなりますね。その中でも特に人気なのは固形石鹸です。日本で購入するとお値段は高めですので、バリ島土産に大量にまとめ買いしていく観光客もいるほどです。

小さい石鹸が数種類まとめて入ったセットもあるのでお土産にも購入しやすいです。ホテルやスパなどでも使われているお肌に優しい石鹸を使ってリラックスできる癒しを日本にも持ち帰れるなんて素敵ですよね。美容好きの女の子には特に喜ばれること間違いないですよ。

見た目も可愛く、新しいタイプのヘアオイルとして全世界で話題沸騰中の「ellips(エリップス)」ヘアビタミンは女の子へのお土産に喜ばれること間違いなしです!「エリップスを使ったら天使の輪ができてサラサラになった!」と、その効能の高さも知られており、日本のある有名コスメレビューサイトも高評価を得ています。色や形も可愛く、効果も絶賛されているこちらのヘアオイルはお土産におすすめですよ。

Iwfcmfvcvry7qilqwnmd
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558503870/iwfcmfvcvry7qilqwnmd.jpg

エリップスヘアビタミンは、ハーディーズやハイパーマーケットなどの大型スーパーマーケットで手に入れることができ、お値段も安いです。お菓子などの甘いものは苦手という友達用のばらまきにもおすすめです。場所によってはコンビニにも売っていることがあるので、お土産を探す時間がない方でも比較的購入しやすいですね。色によって効能が違うので、買う際にはよくチェックしてみてください。ちなみに、ピンク色は日々の保湿・ケア用で使いやすいタイプなので一番人気ですよ。

Hlopvcicfvk693373cdn
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558444571/hlopvcicfvk693373cdn.jpg
Jpzaifpumhpydf1ww0yc
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558505515/jpzaifpumhpydf1ww0yc.jpg

シャンプ―の後に髪と頭皮に塗ってマッサージし、15分ほど置いてシャワーで流すと髪にコシとツヤがよみがえるというヘアケア用のクリームバスです。種類はアボカド、グリーンティー、ジンジャー、キャロットなどがありますが、アボガドが特に人気です。日本の美容院でも同じものが使われていることもあるほど評価が高く、お土産にもおすすめです。

Obsdhuvv5yc7tlfwnnky
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558505550/obsdhuvv5yc7tlfwnnky.jpg

「UTAMA SPICE(ウタマスバイス)」はオーガニックケア用品の名店として知られおり、特に100%自然成分のみで作られたリップ・バームが人気を集めています。ココナッツオイルと蜜蝋で作られているため伸びが良く、値段も1本100円程と大変安いので、ばらまき用のお土産に何本か購入しておくのもおすすめです。

他には無添加シャンプーやボディクリームなども人気で、世界中のファンに愛されています。ナチュラルなデザインのパッケージも可愛いので、リップバームと一緒にボディクリームなどもお土産に人気ですよ。

「Mustika Ratu(ムスティカラトゥ)」のローズウォーターは、美容好きの女の子注目のお土産です。種類もいくつかあるのですが、ホワイトローズウォーターが特に人気です。「女性らしさ」を意識させてくれるローズの香りは、女性に人気の香りですので喜ばれること間違いなしですよ。お値段もお手頃でコンビニやスーパーなど、比較的どこでも買える人気のブランドですので、お土産選びに時間のない方にもおすすめですよ。

コンビニやスーパーなどでも手軽に手に入るお土産が「BOKASHI RUB OIL(ボカシオイル)」です。バリ島では一家に一本はあると言われているオイルで、胃もたれ防止のために飲んだり、うがいなどで使用されています。200種類以上のハーブとココナッツオイルが配合して作られており、万能薬としてバリ人に愛用されています。お値段は1本200円程度なのでちょっとしたお土産に良いですよね。

「COCONA(ココナ)」は、あのミランダカーもおすすめしているココナッツオイルです。バリ島では代々、自家製のココナッツオイルを作る家庭もあり、バリに住む人々の必需品になっています。特にココナの製品はバージンココナッツオイルを使用しているため、肌にも髪にも優しいオイルです。化粧落としとして使用することもできるので、便利で重宝されるのも分かりますよね。

インドネシアに自生する植物である「アタ」を乾燥させて手編みした雑貨はバリらしいお土産を選びたい方にぴったりです。バックやカゴなど、夏らしい雰囲気のアタ雑貨は、近年日本でも注目を集めており、百貨店などで展示会が行われることも多いです。

細かくしっかりと編まれたアタ製品は壊れにくく、デザインの様々なのでとてもオシャレで人気です。特にランチョンマットやカゴバックは複数個購入しても使えるものなので、日常をちょっとオシャレに暮らしたい方には嬉しいお土産ですよね。いろいろ見ていると欲しくなるので、お友達用と自分用にそれぞれ買ってみるのもおすすめですよ。

オシャレさんやインテリア好きの方にピッタリなのは、バリ島のビーチクラブやレストランでも使われているガラスキャンドルケースです。基本的に値段は交渉ですが、500円~1,000円程度とそこまで高いものではありません。色や形も様々で、ひとつあるだけでもとってもオシャレになるのでおすすめです。

「JENGGALA KERAMIK(ジェンガラケラミック)」は、最も有名バリ島の陶器メーカーです。バナナリーフなど独特なデザインの食器が有名で、とておオシャレで洗練されたデザインです。小さなお皿で1枚500円程度とお手頃なお値段なので、バリ島のリピーターの方も多く訪れます。中には家の食器はジェンガラケラミックのお皿で揃えているという熱狂的なファンもいるほど、観光客はもちろん現地の人にも愛されている陶器メーカーです。

国によってその土地の香りって違いますよね?バリの思い出に「バリの香りを持ち帰りたい!」という方におすすめなのが「お香」です。ふんわりと香るお香の匂いは日本に帰っても、バリ島のリゾート気分思い出させてくれます。スーパーなどでも手軽に購入でき、お値段も比較的安いのでちょっとしたお土産にもおすすめですよ。

「KYKULLO(キクロ)」のビーチタオルは、カラフルな色とオシャレなデザインで世界中で人気沸騰中!バリ島に住むイタリア人がデザイナーを務めるブランドで、片面はバティック、片面はしっかりとしたタオル生地という珍しいデザインです。日本でも購入可能ですが7,000円~8,000円程お値段は高めです。バリ島なら約半額のお値段で購入できるのでせっかくならバリ島で購入してみてくださいね。

作りも丈夫ですし、日本でもたくさん使えること間違いなしです。デザインがオシャレなのでインスタ映えにももってこいですね。

バリ島のあの高級ホテルの香りが楽しめると人気が高いのが、「Molto(モルト)」の柔軟剤です。お土産に柔軟剤ってなかなかないかと思いますが、とっても良い香りで日本人にも人気の柔軟剤です。スーパーなどでは1回分の小さいパックも売られていてお値段もお手頃なので、バラマキ用土産にもぴったりですよ。

「ガムラン」とは、バリ島で宗教儀式の際に使われる楽器のこと。小さくて日本では見かけないような模様をした楽器なのでバリらしいお土産にはぴったりですよね。とても繊細で神秘的な音を奏でるガムランボールはお守りにも良さそうですし、ガムランボールを使ったネックレスなどのアクセサリーもありますよ。

バリ島にあるチュルク村は、銀細工が有名で、街中でもシルバーアクセサリーをよく見かけます。一つ一つが手作りで、丁寧にかつ細かい模様で作られたバリ島のシルバーアクセサリーは繊細で美しいと評判を集めています。観光がてらに本場のシルバーアクセサリーを求めてチュルク村訪れてみるのも良いですね。

「KOU CUISINE(コウキュイジーヌ)」は、白い壁で洗練された雰囲気が魅力の、手作りジャムとソルトのお店です。新鮮なフルーツを使った手作りジャムと、バリ島で生産された天然塩を販売しており、商品も店内もこだわりが詰め込まれています。素材そのものの味を生かしたジャムは、バリ島のリゾート気分を満喫できるトロピカルな味わいで、おみやげにぴったりです。

会社の上司や学校の友達用などにばらまきお菓子をお土産にするなら「Barong Cookie(バロンクッキー)」がおすすめです。バリ島の聖獣「バロン」の形をしたお菓子で、1つ1つ包装されており、味はプレーンやコーヒー、ココナッツ&パームシュガーなどがあります。バリ島リピーターにもバリっぽさを感じられる定番のお菓子として大人気です。

こちらのお菓子はティルタエンプル寺院の聖水が使われており、バリ島ならではの素材にこだわって作られています。スーパーやお土産ショップなどでも手軽に購入することができます。お菓子をお土産にするならバロンクッキーがおすすめですよ。

お値段もお手頃なのでばらまき用お菓子にもおすすめなのが、一度食べるとやみつきになる「Krupuk(クルプッ)」と呼ばれるえびせんべいです。お家で油で揚げると、アジア料理でよく見られるサクサクのえびせんべいになるので、子どものお菓子にも丁度良いですよ。スーパーなどで手軽に購入できます。

Gypw4dyw5tbqkxhriiar
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558511952/gypw4dyw5tbqkxhriiar.jpg

バリ料理で有名なのはやはり「ナシゴレン」ですよね。そんなバリの名物ナシゴレンが日本でも手軽に食べれる「ナシゴレンの素」はお菓子などの甘いものは苦手という友達へのお土産としても人気です。重量が軽く、かさばらないですし、お値段もお手頃なので、男女問わずお土産にするにはぴったりです。おいしいナシゴレンが手軽に楽しめるので、バリ旅行の思い出の味を、自分用に購入するのもおすすめですよ。

Tlchopwtk8iih9yu4pao
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558501313/tlchopwtk8iih9yu4pao.jpg

「Arak Bali(アラック)」とは、ココナッツの焼酎のことで、バリらしい雰囲気を味わうにはおすすめのお酒です。ココナッツ酒は東南アジアではとてもポピュラーで、こちらのアラックはバリ島・カランガッサム県が醸造元として知られています。非常に強いお酒で、度数の高いものだと60%近くになるそうなのでお酒に強い方、お酒好きにはおすすめのお土産です。

「East Bali Cashews(イーストバリカシューナッツ)」は、バリ島で生産加工されたカシューナッツを使用し、ヘルシーでオシャレなパッケージも可愛いと注目を集めています。可愛さとおいしさだけではなく、無添加、グルテンフリー、トランス脂肪酸ゼロ、コレステロールゼロ、GMO不使用、防腐剤不使用、無農薬栽培と体にも優しいので、普段お菓子を食べない健康志向の方にも喜ばれますよ。

Vesrpp0rnzgrohutctne
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558501221/vesrpp0rnzgrohutctne.jpg

1袋200円程度ですのでお値段も良心的ですし、身体にも優しいお菓子ですね。シーソルト味、カカオ味、チリクランチ味、キャラメルポップコーン味などいろいろな種類があるのでいくつか買っておくと話のネタにもなりますよ。

Fzouk4zakc1zouhpqdu8
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558501270/fzouk4zakc1zouhpqdu8.jpg

バリ島土産のチョコレートと言えば「Pod Chocolate(ポッドチョコ)」ですね!オーストラリア人オーナーによって立ち上げられたチョコレートブランドで、原材料はすべてバリ島産。人工甘味料や防腐剤は一切使われていないオーガニックなチョコレートで健康志向の方からも注目を集めています。お値段はチョコにしては少し高めですが、バリのチョコと言えば「ポッドチョコ」と言われるくらい有名なのでお土産に喜ばれますよ。

ベルギー人男性が立ち上げたチョコレートブランドでお土産としても人気が高いお菓子がMonggo(モンゴ)のチョコレート。一般的に安価なチョコレートは植物性油脂で作られていますが、モンゴのチョコレートは「カカオバター100%」作られているため口どけが良く、上品な味わいを楽しむことができます。スーパーなどでも購入でき、お値段は板チョコで300円ほどです。

「Kopi Luwak(コピ・ルアック)」はジャコウネコの糞から出る未消化のコーヒー豆を使って作られており、日本でも人気の高いコーヒーです。コーヒー好きの方もご存知の通り、世界一希少な高級コーヒーとして有名です。チョコなど甘いお菓子と一緒に食べたくなる苦みのある深い味わいです。現地ならではのお手頃なお値段で購入できるので、お菓子と一緒にお土産にするのもおすすめです。

Eks0cyopiujqssbo5i88
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558519860/eks0cyopiujqssbo5i88.jpg

「お土産に看板?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はバリ島の看板はオシャレでとても魅力的なものがたくさんあるのです。バリ島内に続々と店舗が増えており、街を歩いているとたくさん看板屋さんが目につきます。どことなくゆるく、南国リゾートを思わせる看板は旅の思い出に自分へのお土産としてもぴったりです。どのお店も種類がかなり多くいので、時間に余裕のある方はあちこち回ってみるのもおすすめですよ。

Be63gbylgaspsql1glad
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558586311/be63gbylgaspsql1glad.jpg

今回は、日本からも多くの観光客が訪れる人気のバリで買いたいお土産をご紹介させていただきました。定番のお菓子からリゾートならではの美容コスメ、バリの雰囲気を存分に味わうことができる雑貨など、喜ばれること間違いなしのアイテムばかりです。バリ旅行を存分に楽しんで、お土産選びに頭を悩ませないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。