// FourM
Fbcip1optqd7nfabfasg

韓国

CATEGORY | 韓国

初めて過ごす釜山の年末年始!イベントやお店の営業情報などガイド

2019.12.19

旅行代金の高い年末年始でも比較的リーズナブルに旅行ができる都市のひとつは「韓国・釜山(プサン)」。今回は初めて釜山で年末年始を過ごす観光客向けに、現地のカウントダウンなどのイベントや気温、おすすめのお店などをご紹介します。短い休みしか取れない人にも近場の釜山はイチオシですよ。

  1. 釜山の年末年始!移動手段におすすめの地下鉄!
  2. (1)釜山の年末年始①『光復路通り』の釜山クリスマスツリー文化祭りー年明け6日まで続くクリスマスムード
  3. (2)釜山の年末年始②『チャガルチ市場』でお正月の買い出し―昆布や干物が大人気!
  4. (3)釜山の年末年始③『クムスポックク』のてっちりで忘年会ー元大統領も来店!
  5. (4)釜山の年末年始④『龍頭山公園』でカウントダウンと除夜の鐘―釜山のカウントダウン会場といえば、ここ!
  6. (5)釜山の年末年始⑤『広安大橋』の初日の出ー元日限定歩行者天国
  7. (6)釜山の年末年始⑥『エデンバレースキー場』で初すべりー釜山から車で一時間半
  8. (7)韓国の年末年始の風景ー祝日は1月1日のみ
  9. (8)釜山の年末年始の気候・気温ー東京とほぼ同じ
  10. (9)韓国・釜山の基本情報ー短い休みしか取れない方にイチオシ
  11. (10)「釜山の年末年始」のまとめ

年末年始も動いてくれる交通手段、地下鉄。

地下鉄などの載り方を在住者が解説しています!

釜山で年末年始を過ごされるなら、是非読んでみてくださいね!

D2wkiq14p2osjbgixlwm
引用: https://www.flickr.com/photos/bapeman_tw/23986322369/
一般的に「年末」といえば、クリスマスのシーズンからでしょうか。ここ釜山で、一番盛り上がるクリスマスイベントは、なんといっても「釜山クリスマスツリー文化祭り」。このイベントは、12月1日から年明けの1月6日まで、約1.2キロメートルの南浦洞(ナムポドン)の光復路通りを、大小さまざまなクリスマスツリーやイルミネーションで飾ります。

2018年は10回目!

Ce1crtloy8n5s3hfp4ya
引用: https://www.flickr.com/photos/bapeman_tw/24245900012/
今年10回目を迎えるお祭りなので、盛り上がること間違いなし。昌善(チョンソン)三叉路のあたりに舞台が設置されます。地下鉄1号線南浦(ナムポ)駅7番出口から徒歩3分のロケーション。東京とはあまり変わらない気温の釜山ですが、この季節、夜間は冷えますので、暖かい服装でお出かけください。

「釜山クリスマスツリー文化祭り」詳細情報

Js9mzpwsjqjzgippbarl
引用: https://www.flickr.com/photos/107810913@N02/31559189330/
Cffuejgwcswkshrvli2y
引用: https://www.flickr.com/photos/7272097@N08/5061418190/
「チャガルチ市場」は、韓国を代表する海産市場。大規模な市場ですが、地下鉄1号線チャガルチ駅10番出口からわずか徒歩2分の抜群のロケーション。生物だけではなく、干物や昆布、海苔などの乾物も売られていますので、お正月の買い出しに訪れてもいいですね。値段交渉が面倒な方は、隣接する「農協農産物百貨店(農協ハナロマート)・チャガルチ店」がおすすめ。

新鮮な魚介類がリーズナブルなお値段で

Xsujyai1omyprpkqhxou
引用: https://www.flickr.com/photos/courthouselover/43502772265/
薬味代ひとり5000ウォンが必要ですが、1階のお店で魚を購入し、食堂で食べることもできます。調理の仕方などの説明に自信がない場合は、2階にメニューのある食堂がありますので、そちらでも安くて新鮮な魚を食べることができます。市場、食堂とも朝から22時までの営業。第1と第3火曜日が定休日です。

「チャガルチ市場」詳細情報

Xvm2zsans7tiuv7aebxx
引用: https://www.flickr.com/photos/mizzlovelybonz/6730132525/
Oqiuiajo5koeszi6bl2s
引用: https://www.flickr.com/photos/tfurban/43041561272/
一年の締めくくりのイベントに、フグのお店で忘年会はいかがでしょうか。気温の下がる冬には、とくにお鍋(てっちり)がおすすめ。「クムスポックク(geumsubokguk)は、釜山で大人気の24時間営業のフグ料理のお店です。地下鉄2号線海雲台(ヘウンデ)駅1番出口から徒歩10分。創業は1970年、故・朴正煕(パク・チョンヒ)大統領も来店したことのある名店です。日本語のメニューもあり安心。

「クムスポックク」詳細情報

Oewhsxrjb4ivkuz0uud1
引用: https://www.flickr.com/photos/francesca911/6802372998/
年をまたいで、釜山に滞在できる人には、ぜひ現地でカウントダウンイベントに参加してみてください。釜山で一番盛り上がるスポットは「龍頭山公園」。最寄り駅は、南浦駅で、チャガルチ市場や国際市場からも徒歩圏内。カウントダウンの合図とともに、花火が上がり爆竹が鳴ります。例年大混雑で、ここは気温の低さを感じられない熱気。標高180mの丘の上にある龍頭山公園に行くには、普段はエスカレータを使いますが、この日は混雑のため徒歩になる場合があります。歩きやすい靴で挑みましょう。

除夜の鐘は33回

Tfwumqczrozlbqbaltwe
引用: https://www.flickr.com/photos/tamasv/6810227999/
遂に0時をまわり、新年になるやいなや、願いを書いた風船たちが釜山の空に昇って行きました。それと一緒に、始まるのが打鐘式。韓国では33回鐘を打ちますが、これは観世音菩薩が衆生済度のために、33に分身したという仏教説話から由来したといいます。また、他の説では、1919年の日本統治下での韓国で起こった独立万歳運動の血判書に署名した、当時の独立運動家の代表33人を記念したものだともいいます。

ライトアップされた釜山タワーと除夜の鐘が幻想的。釜山タワーは、高さ120m。展望台からは、釜山市内を360度一望できます。年中無休で、午前中10時から夜の23時(発券締め切りは22時半)までのオープン。タワーの1階と5階にお土産物を売るお店があり、2階ではトリックアートが体験できます。

「龍頭山公園」詳細情報

E4rvkymuyk91zkhq0kdf
引用: https://www.flickr.com/photos/ad_ventures/16135477578/
釜山っ子の人気の初日の出スポットは「広安大橋」界隈。広安大橋の上層部が、6時~9時の間、歩行者に開放されます。例年3万人の人出が見込まれます。日の出時刻は7時30分ごろですが、周辺には大晦日から、あたたかい食べ物や飲み物を売るお店が出ます。おでんのお店や防寒具を売るお店もあり、気温の低い明け方には助かります。

釜山っ子自慢のデートスポット

G7mhexjvko7vna10nzlc
引用: https://www.flickr.com/photos/kaiserjuergen/14210739742/
「広安大橋(クァンアンデキョ)」の別名はダイアモンド・ブリッジ。総延長7420mもの巨大な橋で、天気がよければ、日本の対馬からも双眼鏡で見ることができます。ライトアップされた広安大橋は、ため息が出るほどロマンティック。もちろん、釜山屈指のデートスポットにもなっています。広安里海水浴場までは、地下鉄2号線広安(クァンアン)駅5番出口から徒歩約13分。

「広安大橋」詳細情報

Bxcbrndgj9fs3kch7kpv
引用: https://www.flickr.com/photos/65817306@N00/6777136918/
Q8vxxjdkjfgcxbonnitx
引用: https://www.flickr.com/photos/65817306@N00/6777138038/
韓国釜山でスキーを楽しむなら、釜山から一番近いエデン・バレー・リゾート(Edenvalley Resort)は絶対見逃せません!釜山の都心から車で約一時間半ほどで日帰りでの利用が可能です。エデン・バレー・リゾートには傾斜度と滑走距離が様々なコースがあり、初心者から上級者まで自分にぴったりなコースを選べます。利用者がひとつのコースに集中しないように綿密に設計されたコースで、快適に滑ることができます。

深夜1時まで営業している「エデンバレースキー場」は、釜山近郊のゲレンデです。釜山の市内から車でわずか1時間半。地下鉄2号線で梁山駅から、1000番のバスに乗り換え、エデン・バレー・リゾート下車。釜山駅などからもツアーが出ています。交通アクセスは抜群です。詳細は引用元のサイトをご参照ください。

「エデンバレースキー場」詳細情報

Lgkdxmpsnogdsjeo0lma
引用: https://www.flickr.com/photos/adamdrew/5528285641/
旧正月(ソルラル)を盛大に祝う習慣のある韓国では、年始の公休日は1月1日のみ。そうはいっても、カウントダウンや初日の出鑑賞など、市民が楽しむイベントは日本とほとんど同じです。ちなみに、2019年の旧正月は2月5日の火曜日。2日が土曜日ですので、6日(水)までの5連休となります。

クリスマスは長く盛大に!

R1qi73ywx6wvhhd09xut
引用: https://www.flickr.com/photos/8879190@N06/43927538630/
1月1日は、お店が閉まって困るなどの不便はありません。キリスト教徒が国民の30%を占める韓国では、クリスマスは盛大。日本ならば、クリスマスツリーなどの飾りは12月26日に撤収されることが多いのですが、韓国は、年明け1月6日の「公現祭」あたりまで飾られます。あわただしい年の瀬だけではなく、年明けまでゆっくりとクリスマス気分が味わえるということですね。
Mnwjyttwuqohpdyjsepg
引用: https://www.flickr.com/photos/didiag4848/15544271923/
釜山の年末年始の気温は、最高気温9度前後、最低気温1度前後となり、東京と同じか若干低い程度です。ソウルに比べれば、最高、最低ともに5度ほど高く、冬の韓国を体験してみたい寒がりさんにはおすすめ。とはいえ、年末年始は夜間のイベントが多く、防寒対策はしっかりと。
Okaeftpveajl4s5i9ncj
引用: https://www.flickr.com/photos/rurinoshima/8765935833/
日本と釜山を結ぶ直行便は、成田、関空をはじめとする日本各地の空港から一日数便が就航しています。成田からは2時間半、福岡からは1時間弱で到着。短い休みしか取れない旅行者にはイチオシの旅先です。トップシーズンをはずせば、2万円未満の格安航空券やツアーも発売されていますので、リーズナブルに旅を楽しめますね。また下関から釜山へは一日一往復、フェリーが就航しています。2018年12月現在、1ウォン=0.1円。

旅行者はリーズナブルに滞在できます!

Uioavcpqrscoq6wrfley
引用: https://www.flickr.com/photos/acafe/7285981212/
韓国は物価上昇率が高く、現在の物価は日本と変わらなくなっています。ただ、タクシー(初乗り料金が2400ウォン=240円)やホテル代、食事代は、日本より安いので、旅行者に関しては比較的リーズナブルに滞在できるのではないでしょうか。

「関釜フェリー」詳細情報

Asao3bexek9di6mua83s
引用: https://www.flickr.com/photos/brainshadow/4214578653/
Hijflukykhygqhgwamqy
引用: https://www.flickr.com/photos/baronreznik/6155810251/
韓国・釜山の年末年始のイベントについてご紹介しました。釜山の冬はソウルに比べて温暖で、日本からのフライトもわずか1、2時間。日本語も通じやすく初めての人も快適に過ごせる旅先です。日本より長くクリスマス気分も味わえるのもポイント。旅費もお安いので、できるだけリーズナブルに海外旅行を楽しみたい人にもおすすめです。※掲載の情報は2018年12月現在のものとなります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

「韓国」詳細情報

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/8879190@N06/43927538630/