Lnzkuwjctaqqjgnmwsxg

オランダ

CATEGORY | オランダ

すごい!アムステルダムのカウントダウン完全攻略【2019年度版】

2018.12.05

アムステルダムのカウントダウン情報紹介します。オランダ最大の都市アムステルダムはカウントダウンを過ごすおすすめの観光スポットです。街のいたるところで花火が上がり大盛り上がり。人気のスポットとおすすめホテルを紹介するので参考にしてみて下さいね。

  1. アムステルダムのカウントダウン花火事情
  2. スリル満点!アムステルダムのカウントダウン?!
  3. アムステルダムカウントダウンイベントスポット①Oosterdok(ウースタードック)
  4. アムステルダムカウントダウンイベントスポット②Dam Square(ダム広場)
  5. アムステルダムカウントダウンイベントスポット③Nieuwmarkt and China Town(ニューマルクトと中華街)
  6. アムステルダムカウントダウンイベントスポット④Central Canal Rings(セントラルキャナルリングス)
  7. アムステルダムカウントダウンおすすめのホテル①Grand Hotel Amrath Amsterdam(グランドホテルアムラスアムステルダム)
  8. アムステルダムカウントダウンおすすめのホテル②Amsterdam Marriott Hotel(アムステルダムマリオットホテル)
  9. アムステルダムってどんな街?
  10. まとめ
日本の夏の風物詩といえば花火ですが、諸外国では個人で自由に花火を楽しむことを規制している国は少なくありません。それもそのはず。個人で楽しむ場合の花火も手持ち花火というより、爆竹系やロケット花火が海外では人気です。そのためイギリスなど多くの国は花火を買う際年齢確認(18歳以上)が必要なほど危険なものとされています。
Bphiykdhtugizyevt51s
引用: https://www.instagram.com/p/Bq-jWUrlj19/
アムステルダム有するオランダも花火の規制がある国の一つです。オランダで個人花火を楽しむことができるのは31日の18時から元日午前2時までと厳しく管理されています。ちなみに購入できるのも12月の29日から31日の3日間限定です。
Uwssnqrj1hcgplnzntde
引用: https://www.instagram.com/p/Bq_FDqIAg2f/
1年で8時間だけ花火が楽しめるとなると、もちろんここぞとばかりに地元の人は花火を楽しみます。人が集まる場所では無数の花火が打ちあがり、マンションの窓からもロケット花火が容赦なく降ってくる、日本では考えられない光景が。当然事故も多いですが見ごたえ抜群です。人混みの中心部は避けるなど、十分安全には配慮してアムステルダムの花火ナイトを楽しんでみてはいかがでしょうか。
C5kcpcsjlnwkjm3hvmky
引用: https://www.instagram.com/p/Bq-d4w8BOlb/
日本人の私たちが想像するプロの方の花火が打ちあがるカウントダウンイベントが行われるのはウースタードックとよばれるアムステルダム最大の港です。国立海事博物館の西側に大きなカウントダウンボックスが設置され、年越しとともに盛大な花火が打ちあがり、いろんな国から集まった観光客や地元の方が一丸となって新年を祝います。ベストポジションはPrins Hendrickkadeがおすすめです。
Wrp5apyboqh7libaesyd
引用: https://www.instagram.com/p/BOwZhPqAO_v/
Mdcbbxz6auzvz2ttxivw
引用: https://www.instagram.com/p/BOW-qsuhqPz/
アムステルダムのカウントダウンスポットとして1番有名なのはダム広場です。アムステルダムのへそとも呼ばれるこの場所のカウントダウンイベントもアムステルダムで1番盛り上がります。カウントダウンと同時に一斉に各々爆竹を鳴らし、その後はクラブ状態に。とにかく盛り上がりたい方には1番おすすめのスポットです。
Oquegbrqqg7qqdgddbgc
引用: https://www.instagram.com/p/BmwaRBjn9Le/
Xilzrukc14wxw0mguimq
引用: https://www.instagram.com/p/Bqjq6t_FWO5/
このエリアで楽しめるのは集まった観光客や地元の方の打ち上げ花火だけではなく、伝統的な中国のライオンダンスも楽しめます。中華圏の国で旧正月に披露される猛獣のアクロバットショー。ヨーロッパとアジア圏が融合したユニークなカウントダウンを楽しみたい方はこちらがおすすめです。
Leqntczyccx0ovr19nhi
引用: https://www.instagram.com/p/Bnnd2BDCw4T/
W3pca7cox1prcyphstni
引用: https://www.instagram.com/p/Bq5QFBrFhCT/
アムステルダムの運河ツアー発着地のこの場所は、地元の方が思い思いに打ち上げ花火を楽しみます。ロケット花火なども360度打ち上げられるのでとっても危ないですが、日本では味わえない戦場のような雰囲気が味わえます。なかなかできない体験なので、勇気のある方は花火をもって訪れてみてはいかがでしょうか。
C6wst8csikezkrlldkj5
引用: https://www.instagram.com/p/BOHT0-ojG7R/
カウントダウンの花火は楽しみたいけれど、お子様連れで外を出歩くのは危ないので不安といった方におすすめなのが、グランドホテルです。港側の客室の窓からは、ウースタードックに打ちあがる美しい花火をのんびりと楽しめますし、窓際の客室でない方も屋上が解放されているので、ベストスポットで花火を楽しむことができますよ。
Xd7i8m3z8uekkzsj9i3a
引用: https://www.instagram.com/p/BM57IMsD3LO/
Zr5llbdcnfmisrzvmhhx
引用: https://www.instagram.com/p/BkdGYnNA53q/
マリオットホテルの窓からも街中あちこちで上がる花火を客室から楽しめると大変人気のホテルです。ゴッホ美術館などの観光地にも近く、アメニティーがロクシタンなのも女性には嬉しいサービスです。
Eryzuuubntbdze9ewagv
引用: https://www.instagram.com/p/_rPTEXpYoJ/
Mcu1sh1ikmcqf2cqitdy
引用: https://www.instagram.com/p/BQkjqhohfdY/
アムステルダムは成田や関空からKLMの直行便が就航しており、12時間で訪れることができるアクセスの良い人気の観光都市です。
Olz42hkmuabng412l99h
引用: https://www.instagram.com/p/Bp951YGnBxi/
そんなオランダ最大の街アムステルダムは市内に運河が張り巡らされた自然と都市がうまく融合したとても美しい街並みが魅力です。5年に一度の大きな船の祭りセイルアムステルダムは世界各地から600以上もの大小さまざまな船がアイ港に集結し、貿易港町としてのアムステルの確固たる地位を象徴しています。前回は2015年に開催されたので、次回は東京オリンピックと同じ年2020年に開催されます。
Weztrkuriwsqyalysob1
引用: https://www.instagram.com/p/BlwL5dlhQX_/
観光スポットとしては、年中行列の絶えないアンネフランクの家やゴッホ美術館などみどころも満載です。ちなみにアンネフランクの家は完全予約制です。夏休みや年末年始などピーク時期には売り切れとなる日も多いので、予定が決まったらすぐ予約を入れることをお忘れなく。
Edcfv1tsipa7crgnnlzv
引用: https://www.instagram.com/p/BqvCmXQlWga/
そして売春とマリファナが合法となっている裏文化でも有名な街です。こういった裏文化からは距離を置きたい方へのアドバイスとしては、まずコーヒーショップは要注意です。カフェのつもりで入ったコーヒーショップ、実はその多くがマリファナを楽しむ場所となっています。入る前にはよくお店の雰囲気を確認する事をおすすめします。
Bpoqkfwk0765mrfbgpvf
引用: https://www.instagram.com/p/BqxGv5kgJea/
そしてもう一つの裏文化「飾り窓」。セクシーな女性が檻に入ってダンスを踊っている日本ではありえない光景が広がるエリアがあります。それも子供連れも多く行きかう街のど真ん中。なぜアムステルダムではこれらが合法なのか。ものは考えようで、厳しく取り締まれば取り締まるほど深刻な犯罪が増えてくるので、マリファナなどの比較的体への影響が少ないものは合法にし、コカインや大麻の使用を防ぐ狙いや、売春も政府の管理下に置くことで深刻な事件を防ぐといった狙いがあるそうです。
Ml7xujnzvxyfhir4wyve
引用: https://www.instagram.com/p/Bq13f8SFKTV/
オランダ最大の都市アムステルダムの年末カウントダウン情報でした。ぜひこの時期に訪れる方は参考にしてみて下さいね。
Queuuedfjzml7rf8cnqe
引用: https://www.instagram.com/p/Bq-WD1XnUOc/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BdbKXI7jAUY/