Xtavquo3ha1extappn8x

オランダ

CATEGORY | オランダ

【2019年】今年の年越しはアムステルダムで!カウントダウンイベント完全攻略

2018.12.06

アムステルダムで2019年を迎えるカウントダウンなどの年越しイベントを楽しんでみませんか?可愛らしい建物など見どころも多いアムステルダムはいつもと違う年越しの旅行におすすめです!今回はアムステルダムで楽しむカウントダウンイベントなどご紹介したいと思います。

  1. アムステルダムで2019年を迎えよう!カウントダウンや年越しイベント、おすすめホテルは?1・花火を楽しもう
  2. アムステルダムで2019年を迎えよう!カウントダウンや年越しイベント、おすすめホテルは?2・アムステルダムで花火を買える?
  3. アムステルダムで2019年を迎えよう!カウントダウンや年越しイベント、おすすめホテルは?3・飾り窓地区は爆竹に注意
  4. アムステルダムで2019年を迎えよう!カウントダウンや年越しイベント、おすすめホテルは?4・カウントダウンは楽しめる?
  5. アムステルダムで2019年を迎えよう!カウントダウンや年越しイベント、おすすめホテルは?5・オリボルンを食べよう!
  6. アムステルダムで2019年を迎えよう!カウントダウンや年越しイベント、おすすめホテルは?6・ホテル エセレーア
  7. アムステルダムで2019年を迎えよう!カウントダウンや年越しイベント、おすすめホテルは?7・NH シティ センター アムステルダム
  8. アムステルダムで2019年を迎えよう!カウントダウンや年越しイベント、おすすめホテルは?8・子供と一緒にアムステルダムで年越しをするなら
  9. アムステルダムへのアクセス
  10. まとめ
L3rfx2qe0cu0z5pbbnsb
引用: https://www.instagram.com/p/BrB157tHt-f/
アムステルダムのカウントダウンでは、日本では職人でしか打ち上げが出来ないような大きな花火を一般の人びとが決められた時間内ではありますが自由に火を付けバンバンと打ち上げるのが慣例です。 他にもロケット花火、爆竹など、とにかく激しいのが特徴で、他の国ですとカウントダウンの3、2、1の後で大きな打ち上げ花火が上がりますが、アムステルダムの場合は23時くらいから不定期に街のあちらこちらで打ち上げ花火が上がりますので、花火がいたるところで長時間にわたり楽しめます。
Kijvdctyvodkmqheya8p
引用: https://www.instagram.com/p/BrBl1AaHKUb/
Mwsfzfpyfg0djbujnv04
引用: https://www.instagram.com/p/BoHIOLsHBac/
日本では考えられませんが、実はオランダでは花火の流通販売は禁止されていることで知られていますが、カウントダウンと新年のお祝いの為に例年12月29日〜31日の3日間のみ、花火を店頭で購入することができるんです。 危険物として考えられているので購入できる年齢には制限があり、基本的には12歳以上からしか買うことが出来ません。また、大きな花火や打ち上げ系の花火などは16歳以上や物によっては18歳以上でないと購入できないこともありますのでご注意ください。 そして、購入する花火の量も最大25キロまでと決まっています。 ここまで規制が厳しいのにも理由があり、オランダで購入できる花火は日本で通常売られているよう手持ちの優しいタイプの花火ではなく、取り扱いがかなり危険と思われる大きな打ち上げ花火や爆竹、ロケット花火などといったジャンがメインとなっているからです。 多くの人はあらかじめ花火を予約して、29〜31日の間に取りに行くのですが、旅行者の場合はそうもいきません。基本的には外国人旅行者は現地在住の友人でもいない限り花火は購入できないと考えておいた方が良いでしょう。 花火を使用できる時間も大晦日の午後6時から元日の午前2時までと厳しく定められています。
A8sncqep1p98xryicfjk
引用: https://www.instagram.com/p/BqHpVzXB65e/
Dfulfdsm5lonirxrx3tg
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2fEAxBFz6/
アムステルダムのどこにいても、正直花火は楽しめますし爆音を聞くことも可能です。 その中でも、最も激しいのでは?と言われているのが合法のエリア「飾り窓地区」です。 運河に沿って女性たちが男性を誘う飾り窓に並ぶことで有名なこの地域、23時半くらいからもう爆竹の音は鳴りやまず、危険を避けるためにカフェなどに入ってその様子だけを店内から観察しようかな、などと思っても、最悪の場合はロケット花火が店内まで飛んできます。 日本でこれをやったら警察に通報が行きそうですが、そこは外国、よっぽど怪我人がでるなどの事態に陥らない限り、大晦日だけは無礼講なのか周囲にいる地元民は誰も気にしません。 この危険を伴う大騒ぎを肌で感じたい!という訳でなければ飾り窓地区に足を踏み入れることはやめて他の繁華街、出来れば万が一のためにも宿泊しているホテルの近くで花火と年越しを楽しみましょう。
Nffe7hj5zv9ntrwadjbt
引用: https://www.instagram.com/p/BpxLYhQlJyw/
Ynomsou7cmte71vnatdj
引用: https://www.instagram.com/p/BrB2kC5Ahuw/
アムステルダムで年越しを迎えようと旅行の計画を立てる時に注意しなければならないのは、まずアムステルダムで他のヨーロッパ諸国のような荘厳な美しさの中で皆で声を合わせてカウントダウンをして、0時になった瞬間に持参したシャンパングラスを合わせてダンスをしたりキスをしたり南欧のようにブドウを食べるなどの穏やかな体験は難しいということです。 アムステルダムのカウントダウンは、ひょっとすると爆竹の騒音にかき消され、ひょっとすると(というか殆どの場合)気が付くと日付が変わり年を越していたということが往々にしてあります。 ダム広場など市内中心地など他の国であればカウントダウンが始まりそうな広い場所は、必ずと言ってよいほど爆竹天国になってしまいますので、もしも静かにカウントダウンをしたい!危険だから出歩けない!と思うのであればホテルでTVを見ていた方が良いのかもしれません。 オランダでは毎年年末になると「オランダ人の好きな曲トップ2000」という番組が放映されます。日本でいうと紅白歌合戦ぐらい、大晦日になると自然に始まる番組ですので、これを見ながら下記でご紹介するオリボルンを食べるのも外国らしい雰囲気があっておすすめです。
Dptdb6gkh5d957eouetm
引用: https://www.instagram.com/p/BrB2FwCAja8/
Elhz0bt6qrizrx31ftoo
引用: https://www.instagram.com/p/Bq-zmHslTMO/
オランダには、晩秋から年末にかけてだけ食べられる冬のスイーツがあります。オリボルンというオランダ式の揚げドーナツのようなもので、熱々のところを屋台で買って食べるのがオランダ流です。 大晦日の夜、ホテルの部屋で「オランダ人の好きな曲トップ2000」を見ながら頬張っても良いですね。 屋台で買えば1個770セントから1ユーロで購入できるオリボルンは粉砂糖をかけて頂きます。 OLIEBOLLENやGebakkraamという看板が出ている甘い香りの漂う屋台を街中で見つけたら、さっそくトライしてみてくださいね! 味わいは普通のドーナツとは少し違っていて、外側はカリっと、中はモチモチッとした食感で癖になる美味しさです。
Qi2n9r8j8zbdq1mv3458
引用: https://www.instagram.com/p/Bq9d0WEFcNv/
Uph9ifnxn0ujq4yeqvhl
引用: https://www.instagram.com/p/BS_W48olF83/
ホテルエレーセアは、カウントダウンが飾り窓地区と同じく盛り上がる広場として知られているダム広場から300mほどの近距離にあるロケーションの素晴らしいホテルです。 ダム広場でのカウントダウンは時間帯によっては爆発音が鳴りやまないほど花火が打ち鳴らされますので、危険と言えば危険ですが、宿泊を近隣にしておけばなにかあっても(危険だなと感じても)すぐにホテルに戻れるので安心ですね。 ホテルの一部の客室からは運河の景色が一望できますので、ご希望の場合にはリクエストを伝えておくと良いでしょう。 館内のラウンジから見える景色は良く、運河の流れをゆったりと眺めながら、無料のサービスコーヒー、紅茶、ショコラドリンクを楽しめます。また、ファミリーにも嬉しい子供用の塗り絵を用意した小さな図書室も利用できちゃいますよ。 また、ホテルからはマダムタッソー美術館や王宮などの観光地も徒歩圏内で行けますので、カウントダウン以外の時もロケーションが良いホテルとしておすすめです。
Gakqdtjyex6gwyax0f9n
引用: https://www.instagram.com/p/BfYEtIdHUWE/

ホテル エセレーア/Hotel Estheréa 詳細

●住所/Singel 303-309・ 1012 WJ アムステルダム, オランダ
Gaxyrpdethcs8zemgeen
引用: https://www.instagram.com/p/BpPqKt7B9QK/
こちらのホテルも上記でご紹介したホテルエセレーアと同じエリアにあり、ダム広場からたったの徒歩5分、シンゲル広場を見下ろすことが出来る素晴らしいロケーションにあります。 ホテル内には雰囲気の良い高級ダイニングもありますので、年越し前の大晦日ディナーを頂くのも良いですね。レンタル自転車の手配などもできますが、カウントダウンは人混みがすごいので必ず徒歩で出かけるようにしましょう。 ショッピングエリアも近いので、買い物に疲れたらすぐにホテルに戻って休めるのも嬉しいポイントです。
Sy1sfuy5aubvfbkiftl9
引用: https://www.instagram.com/p/BMObOhpgHQn/

NH シティ センター アムステルダム詳細

●住所/Spuistraat 288-292・1012 VX アムステルダム, オランダ
Hbys1ceeq4yeh3xu16h3
引用: https://www.instagram.com/p/Bq90PAPlFCQ/
小さな子供連れでのアムステルダムのカウントダウンは、基本的にはあまりお勧めできません。他のヨーロッパの都市と違いアムステルダムのカウントダウンや年越しは火器の使用が激しくどこにロケット花火などが飛んでくるのか分からないとういうのが理由です。 またお祭り騒ぎで大きな花火に一般道で素人がバンバン火をつけているような中、人混みでウッカリ子供とはぐれてしまったら・・・と思うとやはり怖いですよね。 おすすめは、広場などの近くのホテルに宿泊し、ちょっとだけ表に出て雰囲気だけを楽しんだら、あとはホテルの窓から表を眺めてお祭り騒ぎを上から見下ろして温かい部屋で揚げドーナツのオリボルンを家族で頬張るのが良いでしょう。
Zyowd7khvmomajw4iefs
引用: https://www.instagram.com/p/Bq8T2dRgo9b/
Gj8d1ge8tzsskcmdghqo
引用: https://www.instagram.com/p/BnTVz4Whir3/
アムステルダムへは成田や関西国際空港から毎日直行便が飛んでいます。11時間半ほどかかりますがトランジットが無いのはやはり便利ですね。 また、フランクフルトやロンドンを経由するなどの方法もあります。 また列車好きにはパリで降機し、高速列車でアムステルダムへ入るのも旅情があって人気があります。
Cyyjt9cie1pukqwtwozj
引用: https://www.instagram.com/p/BqAqoqBAqxL/
F7689fycu7pmrz73igjg
引用: https://www.instagram.com/p/Bq4yRocAI7N/
いかがでしたか?かなり激しい年越しで有名なアムステルダム。いつもと違うカウントダウン体験をしてみたい方にはおすすめです。 是非次の年越しで花火の爆音に包まれるスリリングな旅行をお楽しみください!
Biw9umulnpyrrrffg2hk
引用: https://www.instagram.com/p/BqQ-hRRhpFh/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bq9T_XNllAT/