Lwzvmskpylgn3dtlfejx

ポーランド

CATEGORY | ポーランド

年末年始旅行!ワルシャワのカウントダウン完全攻略【2019年度版】

2018.12.06

年末年始はワルシャワへ!他の国に比べると日本から旅行で行く人が格段に少ないワルシャワ。情報は少ないものの、このワルシャワのカウントダウン、かなり盛大なんです!今回はここ、ワルシャワで訪れておきたい観光地やカウントダウン前に知っておきたい情報をまとめました。

  1. ワルシャワのカウントダウン
  2. ワルシャワのカウントダウン ①いつ
  3. ワルシャワのカウントダウン ②行き方
  4. ワルシャワのカウントダウン ③服装
  5. ワルシャワのカウントダウン ④注意したいこと
  6. ワルシャワのカウントダウン ⑤交通機関
  7. ワルシャワのカウントダウンに参加!オススメの場所 ①インドア・パブやクラブ
  8. ワルシャワのカウントダウンに参加!オススメの場所 ②旧市街
  9. ワルシャワのカウントダウンに参加!オススメの場所 ③ヴィスワ川周辺
  10. ワルシャワの年末年始旅行!おすすめの観光スポット ①ワジェンキ公園
  11. ワルシャワの年末年始旅行!おすすめの観光スポット ②ワルシャワ聖ヨハネ大聖堂
  12. ワルシャワの年末年始旅行!おすすめの観光スポット ③ショパン博物館
  13. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/Bq0nodTH6jz/
年末年始は暖かいところで年越し!という人が断然多い日本。寒い日本から遠ざかった場所に旅行に行きたいですよね!ハワイやグアムが年末年始の年越し旅行で人気ですが、最近ではヨーロッパ旅行も注目され始めました。特にポーランドのワルシャワは物価も安く年末年始は航空券も安くなるのでこの時期に休暇が取れるのであればとってもお得に旅行ができちゃいます。
引用: https://www.instagram.com/p/BqxJahkFyJX/
ワルシャワのカウントダウンのいいところは、他のヨーロッパ諸国と違い、カウントダウンパーティに無料で参加できるところ。ワルシャワのメインのカウントダウンは有名な歌手も多くステージにのぼり、かなり盛り上がります。
引用: https://www.instagram.com/p/BOt3ZoolFJg/
1月6日までクリスマスマーケットもイルミネーションも続いていて、もちろん年末年始もイルミネーションを見ることができます。クリスマス後に到着してもなんだかお得な感じ!カウントダウンはもちろん数分前からですが、それまでたくさんのイベントやステージと、花火や爆竹がそこらじゅうであがります。日が暮れたころから外でご飯を食べたり、年越しに備えておくといいでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/zhm-oiK0KU/
LOTポーランド航空というのが東京から直行便を週に5便、運航しています。以前まで週4便でしたが2018年から増便しました。ポーランド人気が高くなってきた証拠ですね。また、年末年始の旅行でワルシャワへ行く場合は、機内食に年越しそばなどが出ることも多く、機内でもなんだかリラックスできますね。
引用: https://www.instagram.com/p/BrBT85fhpHa/
ワルシャワは本当に寒い!特に年末年始のカウントダウンの時期は極寒です。ミニスカートや生足は完全にNG!とにかく防寒が必須。ロングダウンコートでも寒く感じるかも。ニット、ニットキャップ、マフラー、手袋にロングダウンでお尻がすっぽりとかぶる恰好がおすすめ。
引用: https://www.instagram.com/p/BrBT9FQg9oY/
ブーツもムートンブーツなどの暖かくてフラットなものがいいでしょう。スニーカーだとちょっと底冷えするかも。動きやすくていいですが、靴下屋レッグウォーマーなどの足元を温めるものをスニーカーと合わせたほうがいいでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BnikWfIgX0h/
ヨーロッパの他の国に比べるとワルシャワは治安が結構いいほうなんです。軽犯罪はもちろんどこかで発生していますが、それ以外は、命の危険を感じるような大きな犯罪に巻き込まれる可能性は他の国よりははるかに低いといっていいでしょう。もちろん、日本のように、お財布を落としても帰ってくるようなことはありませんが・・・。ワルシャワのカウントダウンは混みあいますので、スリや置き引きなどに注意しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BPPQPzzA3L3/
ワルシャワに到着して感じるかと思いますが、ポーランド人ってとっても親日家なんです!こんなにやさしくて親切?!っていうくらいフレンドリーでいい人たち。性格も日本人に似ているところが多く、仕事にまじめでコツコツやるタイプ!観光中も、彼らのフレンドリーな一面を見ることが多いでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bqqqr8lBV5u/
一点、日本や他の国でやっていいのに、ワルシャワではNGなことがあります!それは、外でお酒を飲むこと。ポーランド人ってお酒飲まないの?!そんなことありません。お酒好きな人がとっても多いんですが、法律で道端でお酒を飲むのは禁止されているので誰も飲まないんです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bqpq4yHnEHd/
ワルシャワでの移動は、トラム・バス・地下鉄です。トラムが結構便利で利用する人がとっても多いですね。観光で結構移動するかなというのであれば1日券(24時間)がいいですが、ただカウントダウンに参加するだけなのであれば、1回券で十分でしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BqnJCXhHen0/
その他に、ワルシャワパスというのがあり、このパスを持っていると観光スポットが無料で入場できます。このワルシャワパスにいくらか追加すると周遊観光バスが乗り放題になるので、自身の予定にあった方法を利用するといいでしょう。ただ、年末年始に気を付けなくてはならないのは、観光スポットが休館日じゃないかどうか・・・。カトリックのルールに従い、日曜日・祝日は店を閉めている場所がほとんどなんです。
引用: https://www.instagram.com/p/BpdHybIHVR5/
場所がたくさんありすぎて書ききれないのですが、ワルシャワはクラブやバーでの年越しもチケットなどが必要なく、入場料はある程度発生しますが、物価も安いのでそれほど高く感じません。学生向け、シニア向け、一般の他に、ロック好きの人向けのものやロシアの音楽で年越しなど、選びきれないほどたくさんのカウントダウンが街では行われます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bq5var0BXkQ/
カップルや友達とわいわい年越しするなら、「Ritual Club Warsaw」がおすすめ。かなりラグジュアリーで、おしゃれな空間なので、ドレスアップは忘れずに!
引用: https://www.instagram.com/p/BqzrJ7gAW03/
やっぱりカウントダウンは外でしなきゃ!というあなた、旧市街のカウントダウンに参加しましょう。カウントダウンの三かは無料で、特設ステージも設けられます。また、この日ばかりは、旧市街広場周辺のパブやレストラン、クラブもすべて明け方までオープンしていて、お祭り騒ぎです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bq729IrBBWr/
そして、外で見る大特典として、超特大の花火があがること。数分にわたり、冬の澄み渡った空にきれいな花火が広がります。これを見る前からすでに一般人が花火や爆竹をやっていますが、やはりカウントダウンと同時に見るワルシャワの花火はまた違った美しさがあります。
引用: https://www.instagram.com/p/Bq7gotElytS/
正式なカウントダウンは行われませんが、観客みんな一丸となってカウントダウンをしだすのでヴィスワ川周辺で年越しをするのがおすすめ。川の周辺では花火があがるので、新年の幕開けを美しい景色と美しい花火でお祝いしましょう。ただ、ここ、地元民で結構混みあっている場所なので、花火をちゃんとみたいなら、少し早めに行って場所をとっておいたほうがいいでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bj-J4HWHVZH/
ワジェンキ公園には、宮殿があり、ここ、水上の宮殿としてとっても有名なんです。夏には毎週週末にショパンのコンサートが行われ、多くの市民と観光客が集まります。冬は観光客も一気に減り、人通りもありませんが、ゆっくりと歩くのには気分転換になっていいでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bq417JdFeLa/
冬は、雪が積もっていて、滑りやすくなるので気を付けたほうがいいですね。また、夏以外はかなり閑散とするのでいつも以上に寒く感じますから、暖かい恰好をしていきましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BrBX2BohAYN/
ゴシック様式、バロック様式・・・まぁ様々建築方法が変わった大聖堂。何度か再建されて今に至るわけですが、現在でもその美しい姿は美しいまま。今でも結婚式やコンサートなどに利用されることも多いんです。豪華で煌びやかな宮殿のようではもちろんありませんが、他の大聖堂とはまた違った魅力を持っています。
引用: https://www.instagram.com/p/Bq9QEZ2nZDc/
内部の写真はうまくとれるんですが、この大聖堂の外観は写真になかなか納まらない!道幅が狭いので、ちょっと離れたところからとっても正面の写真をうまくとるのは結構難しい。空いている時間をねらって、ゆっくりカメラに収めましょう。カメラに収まらなければ仕方ない!あなたの目に焼き付けてきてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BY3ohaaFE-L/
芸術に触れるならショパン博物館への滞在は必須でしょう。ポーランドといえばショパンですよね。ショパンの生家はワルシャワではなく、別の街にありますが、博物館はこの街にあります。芸術や音楽がそんなに詳しくなくても楽しめる博物館になっています。
引用: https://www.instagram.com/p/BrBK2PBlzFq/
いかがでしたか。まだまだワルシャワの情報が少ないですが、少しでもこの情報があなたの旅行の参考になれば幸いです。今年の年末は難しくても、また来年チャンスがあります!毎年毎年レベルアップしているワルシャワの年末年始のイベント、早く足を運びたいものですね。素敵なワルシャワの旅を!