Yakjwke93otcybroqycn

ドイツ

CATEGORY | ドイツ

本当は教えたくない!ハンブルクのお土産ワインショップ5選【2018】

2018.12.24

ハンブルクで人気のお土産は、ワイン!本当は教えたくないけど・・・今回はハンブルクに行くあなただけに、お土産におすすめの人気のワインとワインショップをまとめました。これさえ知っておけば、ハンブルクのおいしいワインをいつでもお土産に持って帰れますよ。

  1. 1,ハンブルクの人気のお土産ワインショップ(EuroWeinKontor)
  2. 2,ハンブルクの人気のお土産ワインショップ(Der Bocksbeutel in Den Colonnaden)
  3. 3,ハンブルクの人気のお土産ワインショップ(Stratmann)
  4. 4,ハンブルクの人気のお土産ワインショップ(Weinkeller Hamburg, Mövenpick Wein Deutschland GmbH & Co. KG)
  5. 5,ハンブルクの人気のお土産ワインショップ(Jacques’ Wein-Depot)
  6. 6,ハンブルクの人気のお土産ワインショップ(Wein & Boules)
  7. 7,ハンブルクの人気のお土産ワインショップ(Wein-Outlet Delventhal)
  8. 8,ハンブルクの人気のお土産ワインショップ(Zwölf°C)
  9. ハンブルクのお土産におすすめのワイン(Riesling)①
  10. ハンブルクのお土産におすすめのワイン(南部の赤ワイン)②
  11. ハンブルクでお土産にワインを買ったら
  12. ハンブルクってどこ?
  13. ハンブルクの治安
  14. ハンブルクの気候
  15. ハンブルクの交通機関
  16. ハンブルクのワインとショップ!総まとめ
ヨーロッパの厳選したワインのみを取り扱うワインショップで、あなたのお気に入りのワインが必ず見つかるお店がここ。値段も手ごろなものからあり、あなたのお土産の予算にあったワインが見つかります。地元の人も通う人気ショップで、ショップの店員もかなりの物知り!しつこい営業はなく、必要な情報は細かく教えてくれます。
ハンブルク市内のコロナーデンの通りにあるフランケンワイン専門のお店です。日本未上陸のフランケンワインのみ取り扱う店で、ハンブルクの旅行のお土産におすすめ!フランケンワインのロゼワインは日本では見かけることはないのではないでしょうか。
一部のワインは試飲も可能ですし、なんとチーズなどのおつまみもあったり・・・。ワインはフランケンワインのみの取り扱いですが、ワイングラスやワインにぴったりと合う食べ物も販売されていて、ワインと一緒にお土産に買って帰りましょう。
地元民御用達の人気ワインショップがこちら!左手にワインショップ「ストラートマン(Stratmann)」がある。店長が主宰するワインテイスティングのイベントは、とてもユニークで有名!魚と合うワインを選ぶのが得意な店長、魚料理にぴったりのワインをお土産に探すなら、彼に相談しながらおすすめのワインをゲット!
地域ごとにわかりやすくワインが陳列されていて、ワイン好きは絶対に訪れるべきワインショップ!品揃えはどこの店にも負けません。ワインの知識も豊富なスタッフが接客してくれて、ワイン好きのあなたはついつい話し込んでしまいそう。ヨーロッパのワインがメインですが、他の地域のワインも少し取り扱っていますよ。
赤ワイン、白ワイン、食前酒など、ワインをとにかく幅広く取り揃えています。ワイン愛好家の人はもちろんのこと、お土産用のワインもここで揃います。この店のワインは、世界各国から集められた輸入物で、ドイツのワイン以外ももちろん手に入ります。ワイン貿易は主にフランス、スペイン、イタリア、チリがメインで、安価で高品質のワインが手に入るお店です。
多くのワインショップを訪れている人も、ここが世界で一番という人がほとんどなのが、このワインショップ!上質なワインが壁に陳列されていて、そのディスプレイ方法もわかりやすく、そして美しい!5ユーロほどのものから高額のものまで様々で、どれにしていいか迷ったらスタッフに聞きやすい雰囲気が◎ワイン初心者にもわかりやすく英語で説明してくれます。
ちょっと外れた場所にあるので、車があるととっても便利!スタッフがとってもフレンドリーで、ワインの知識もかなり豊富です。ワインをよく知っている人でも、初めて知るようなこともあるでしょう。価格面でもかなり手頃なものが多いので予算を抑えて、本数多くワインのお土産を買えるのはいいですよね。
白ワインをお土産に買うならこの店に足を運んでみましょう。あなたのリクエストに応えて、ぴったりと合ったワインを用意してくれます。特に白ワインなら、この店のスタッフはどの店よりも知識は豊富!ワイン初心者で、質問がちょっと、ばかばかしいかも・・・と思ってもまずは言ってみましょう。どんな基本的な質問でもしっかりと回答してくれますよ。
リースリングワインといえば、ドイツの有名なブドウの品種から作られるワインで、特に白ワインが人気がありますね。ライン川流域の産地のリースリングワインは特においしいので、お土産に買うならリースリングワイン(白)は外せません。日本人の口に合うワインになっています。
ドイツのワインはリースリング以外にもあり、南部では、黒ブドウの栽培が盛んです。ドイツ産のピノ・ノワールは特に人気で、お土産にもぴったり。品質等級などがワインボトルにしっかりと表記されているのがドイツのワイン。初心者にもわかりやすいので、お土産に買うのにも選びやすいんです。甘口・辛口など、お土産を渡す相手がどんなワインが好きなのか、来る前にこっそりメモしておきましょう。
お土産にワインを買ったら、持ち帰るときに気を付けなくてはなりませんね。ワインボトルがスーツケースで割れてしまったら、お土産どころではありません。ワインを買ったらしっかりとつつみましょう。特にラップするものを購入する必要はなく、購入した際に軽く包んでくれる場合がほとんど。スーツケースの下の部分や側面に当たらないようにタオルや洋服の袖などで更にボトルを包めば完璧!
ハンブルクは聞きなれない名前ですよね。ドイツの都市で、ベルリンに次ぐ第二の都市で、かなり大きな州になっています。日本からハンブルクまでは直行便がないので、どこかで経由して向かうしか方法はありません。ヨーロッパ経由便が人気があり、時間に余裕があればストップオーバーでドイツ以外にもう一か国寄るのもおすすめ!
ハンブルクはヨーロッパの中でも比較的治安が良い場所です。日本人の駐在員も多いエリアなので、昼間の街歩きもメインロードであれば夜も安心して歩くことができます。ただ夜は治安のいいエリアでも移動はタクシーなどがおすすめ。軽犯罪などに巻き込まれないように、自身でも気を付けましょうね。
ハンブルクの中でも、特に治安が悪い地域はザンクトパウリ地区など。歓楽街なので、夜は特に通るのは避けましょう。薬物、喧嘩、犯罪が多く発生しています。とはいっても、こういった地区以外は先ほども言ったように、治安は良いほうなので、昼間の観光や散歩にはそこまで気を張らずに!
もちろんハンブルクにも冬はあります。北ドイツに位置しているので、冬は寒いと思われがちですが、ドイツの他のエリアに比べるとそこまで寒くはありません。とはいっても、もちろんコートやジャケット、防寒は必須。とにかく首元や腰回りはしっかりとカバーできるようなロングコートがおすすめ。
ハンブルクの移動で便利な交通手段は、地下鉄・バス・と自転車です。なかでも地下鉄はかなり便利で、ハンブルク市内の移動はほぼこれで済んでしまいます。1日乗車券があるので、観光に電車移動をするなら一日乗車券があったほうがいいでしょう。週末は24時間走っているので、かなーり便利!
いかがでしたか。ドイツというとビールのイメージが強く、ワインが忘れられがちですが、ワインもドイツ国内で作られていますし、ヨーロッパのおいしいワインも多く輸入しています。ハンブルクに行く際にはお土産にワインを検討してみてはいかがでしょう。素敵なハンブルクの旅を!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Brpq3SqA1Uk/