I40rxyuhauzwfuvjjnwy

オーストリア

CATEGORY | オーストリア

【2020年】年末年始ウィーン旅行を計画中の方必見!おすすめの過ごし方を解説

2019.12.19

年末年始をヨーロッパで過ごしたいという方も多いのではないでしょうか。年末年始はお祭り騒ぎになるウィーンでは、広場で様々なカウントダウンなどのイベントが始まります。ウィーンの年末年始の過ごし方や、観光スポット、気温の違いなどをまとめて紹介します。

  1. ウィーンで年末年始を楽しもう!①ウィーンの年末年始の様子は?
  2. ウィーンで年末年始を楽しもう!②市庁舎前広場での過ごし方
  3. ウィーンで年末年始を楽しもう!③旧市街地(シルヴェスター街道)での過ごし方
  4. ウィーンで年末年始を楽しもう!④国立歌劇場
  5. ウィーンで年末年始を楽しもう!⑤ウィーンフィルのニューイヤーコンサート
  6. ウィーンで年末年始を楽しもう!⑥舞踏会
  7. ウィーンで年末年始を楽しもう!⑦ホテルで楽しむシルヴェスターディナー
  8. ウィーンで年末年始を楽しもう!⑧ドナウ川クルーズ
  9. ウィーンで年末年始を楽しもう!⑨注意点【花火】
  10. ウィーンで年末年始を楽しもう!⑩注意点【酔っ払い】
  11. まとめ
Vgmnlkuwwoznnewjgyfr
引用: https://www.instagram.com/p/BrXCiLDhbuk/
ウィーンの年末年始は、お祭り騒ぎになることでも有名です。ウィーンでは大晦日は「シルヴェスター」と呼ばれ、多くの人たちが街へと繰り出していき、大賑わいとなります。クリスマスは家族とともにしとやかに過ごすのですが、その反面、ニューイヤーは盛大にはじけるのがウィーン流の楽しみ方です。展示会、イベント、コンサートに加えて、オペラやオペレッタ、ミュージカルなども豊富でいろいろな楽しみ方があります。また、若者はクラブで朝まで踊りあかしたり、バーでゆっくり過ごしたりと、人それぞれに楽しみ方が違います。大晦日から盛り上がりを見せ、カウントダウン、そして翌日元旦までお祭りモード一色です。日本は「三が日」といって、3日まではお正月気分が続きますが、ウィーンでは祝日なのは元旦のみなので、日本との文化の差もあります。また、クリスマスをすぎても、キリスト教徒のクリスマスが終わるわけではなく、1月まで続くのが普通ですので、クリスマスツリーやイルミネーションが年末年始でも見られ、クリスマスの雰囲気も楽しめます。クリスマスマーケットは終わっていますが、屋台はたくさん出ていて、お正月の縁起物や食べ物が売られています。縁起物としてウィーンで多いのが「ブタ」のモチーフです。「ブタ」は幸福を運んで来るのと、子孫繁栄の象徴です。なので、家の前などにブタの置物を飾ってお祝いをします。そのため、いたるところでブタのモチーフを見かけますが、それもウィーンらしさを感じられて楽しいです。
Kgwip5cbpp08surcrum8
引用: https://www.instagram.com/p/BoSWL-5HOzw/
O1ek1l2iiomj38uehcq3
引用: https://www.instagram.com/p/BrcylgTh7jR/
色々な過ごし方がありますが、やはりカウントダウンのメインイベントが開かれる、ウィーンの市庁舎前広場で元旦を迎えるのが盛り上がります。元旦が近づくにつれ、多くの人たちで賑わいを見せます。元旦になると、市庁舎前では大規模なカウントダウンが行われ、新年とともに花火が打ち上げられてシュテファン大聖堂の鐘が鳴り、盛り上がりは最高潮に達します。花火の後にはウィンナーワルツが流れ出し、人々が手を取り合いながら踊り始める姿は、美しい新年を迎えるにふさわしい賑わいで、素晴らしい過ごし方の一つです。とにかくすごい人混みになりますが、とても楽しいイベントで日本では決して味わえない雰囲気ですので、おすすめの過ごし方です。
Cb1pw7zoy38z0und5tbc
引用: https://www.instagram.com/p/BrdkPvVgih6/
Nyxunyvdoblez446tv3m
引用: https://www.instagram.com/p/BrbwCo6Fgx8/
年末年始のハイライトともいえる旧市街では、街全体が巨大な舞踏会の会場になっており、人々がたくさん踊っているのを見ることができるので、旧市街へ繰り出すのもおすすめの過ごし方です。14時から1月1日の午前2時まで、シルヴェスター街道ではスナックスタンドが開かれ、美味しいお酒やおつまみを食べることができますので、一日中楽しい過ごし方ができておすすめの観光スポットです。たくさんのステージが設けられ、ショープログラムが常に開催されており、地元の人と観光客でとても賑わっています。ワルツやオペレッタはもちろん、ポップミュージックや音楽があふれており、とても楽しい雰囲気で年末年始を盛り上げています。ウィーンの街での過ごし方は人それぞれですが、ハイライトである旧市街地は絶対に外せない観光スポットなので、ぜひ訪れてみてください。
U5jpjpq4modxdodwkeme
引用: https://www.instagram.com/p/Brdt4PyFB3r/
Nuqdlh2cksod2x92lbeu
引用: https://www.instagram.com/p/BrH3rTMHVfs/
せっかくの大晦日をウィーンで過ごすのに外せないのが「オペラ」です。国立歌劇場では、観光客や地元の人たちもために、毎日のようにオペラが上映されています。当日の立見席のチケットも発売され、大晦日には、恒例のヨハン・シュトラウスの「こうもり」が上映されます。オペラは難しそうと思う方も、この「オペレッタ」ならおすすめです。「オペレッタ」は小さなオペラの意味があり、オペラよりも上映時間が短く、コメディ風なので見やすいです。「こうもり」は、大晦日をテーマにしたオペレッタで、舞踏会のシーンもあり、演出が豪華なので大晦日にふさわしく、ウィーンでは恒例の行事です。ウィーンの大晦日の気温は最低気温が氷点下1度、最高気温も4度と寒いので、温かく大晦日を過ごしたいという方には特におすすめで。また、劇場前には巨大なスクリーンが設置されるので、チケットが取れなかった人も、パブリックビューイングが可能です。気温は日本の東京と同じくらいかそれ以上に冷え込むので、パブリックビューイングを狙っていかれる方は、温かい服装で出かけるのが良いです。
Wzkdyhgcz2s1lcftalt3
引用: https://www.instagram.com/p/Bo140qYFHWI/
Eegc8ras0zylucijiwmb
引用: https://www.instagram.com/p/BrI0KSAA8Vc/
日本でもテレビなどで取り上げられる、ウィーンの年始の名物、ウィーンフィルの「ニューイヤーコンサート」。チケットは一年前に申し込み、抽選に当たらないと演奏を聴くことができないという、倍率の高いコンサートです。しかし、チケットがないからといってあきらめる必要はありません。楽友協会ホールでは、全世界へ同時中継されていますが、チケットに外れてしまった方や市民のために、市庁舎前広場でパブリックビューイングが可能です。スクリーン前には地元の人も観光客もたくさんいます。気温が低い中での鑑賞なので、しっかり着込んで行くようにしてください。
Vhz7hrxzun2juuawqehp
引用: https://www.instagram.com/p/BqrxBK7hmnF/
Yx8uylahtk3xhij6joyy
引用: https://www.instagram.com/p/BrU4seuHOc9/
王宮で繰り広げられるシルヴェスター舞踏会や市庁舎前では、シルヴェスターガラというオーケストラ演奏に合わせてワルツを踊ります。市庁舎前広場では、大晦日の賑わいから、元旦までずっと楽しいイベントが続けられており、カウントダウンが終わり、新年が始まると、そこからはニューイヤーパーティーの始まりです。ダンスを踊ったり、食べ物を食べたり、朝までパーティーが続けられます。あちこちでニューイヤーマーケットが開かれて、縁起物が売られているので、お土産に購入しても良いです。観光客も地元の人たちもみんなで盛り上がりを見せてお祭り騒ぎなので、日本では味わえない年末年始が過ごせること間違いありません。
Ajfk3gdnur2e3x8o60kw
引用: https://www.instagram.com/p/BrFYAsHlqcF/
Y9bj2rbmujyn6vrbw3mf
引用: https://www.instagram.com/p/BrdtpjrBEXu/
気温の寒い中、お出かけするのはちょっとと思う方にもおすすめなのが、「シルヴェスターディナー」です。ウィーン市庁舎やホテルでは、大晦日に合わせたごちそうをフルコースで楽しむのも、ウィーンでの楽しみ方の一つです。広場前でも多くの屋台で食べ物を買うことができますが、ぜいたくなひと時を大切な人と過ごしたいという方は、ぜひレストランのコース料理をゆっくり楽しむというのも素敵な過ごし方です。
A0ebjsey0jktkb0flg48
引用: https://www.instagram.com/p/BrYRbJfBtIe/
U8rn1ertayfu02avkgub
引用: https://www.instagram.com/p/BrU4PjEBVcr/
新年を美しいドナウ川の流れを眺めながら、年末年始を過ごすのも特別な思い出になります。ドナウ川クルーズは毎日運航されており、多くの観光客にも大人気です。ディナー付きのクルージングもあり、大晦日限定のクルーズでは、普段と違った楽しみ方ができてとてもおすすめです。
Sqxflj6dijoxhfrjcpao
引用: https://www.instagram.com/p/BrTXqKeHX-_/
引用: https://images.pexels.com/photos/327509/pexels-photo-327509.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=1&w=500
ビックリするのが、市庁舎前広場などで零時を回るころになると足元に現れる爆竹です。爆竹はいきなり表れて足元を通過していくので、足元に気を付けながら歩くようにしてください。
引用: https://images.pexels.com/photos/450301/pexels-photo-450301.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=1&w=500
引用: https://images.unsplash.com/photo-1527838245215-e0f0eef2c66d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9
気温が低いこの時期限定の「プンシュ」という甘いお酒が飲めて、観光客も地元の人たちも大盛り上がりのウィーン。気を付けたいのは、悪酔いした酔っ払いの人たちです。絡んでくることもありますので、柔軟に対応してかかわらないようにするのがベターです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1518704558972-aed9f85b393a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9
ウィーンの年末年始は、楽しみ方がたくさんあり、お祭り騒ぎとなります。様々なイベントや恒例行事も多く、観光客も地元の人たちも楽しく過ごせます。ぜひ思い出に残る年末年始をウィーンで過ごしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.stocksnap.io/img-thumbs/280h/4YCUSQYEWA.jpg