Mqawmw1xkvoxjuxbf585

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

【2020年】旅先で年越しを!ボストンの年末年始の過ごし方を完全ガイド

2019.12.19

年末年始を海外で過ごす方の中には、人気の観光地ボストンに旅行を考えている方も多いのではないでしょうか。ボストンの年末年始は、ド派手ではないものの、楽しいイベント盛りだくさんです。ボストンで年末年始を楽しむための、おすすめの過ごし方をまとめます。

  1. ボストンの年末年始の過ごし方:町の様子は?
  2. ボストンの年末年始の過ごし方:ボストンコモン
  3. ボストンの年末年始の過ごし方:雪像
  4. ボストンの年末年始の過ごし方:パレード
  5. ボストンの年末年始の過ごし方:アイススケートショー
  6. ボストンの年末年始の過ごし方:花火
  7. ボストンの年末年始の過ごし方:ファースト・ナイト
  8. ボストンの年末年始の過ごし方:公共交通機関が無料!
  9. ボストンの年末年始の過ごし方:ボストン名物をレストランで
  10. まとめ
Uwub2wvzm9te5ypmtxmw
引用: https://www.instagram.com/p/BrdyEq9HOJw/
シーフードグルメが大人気の観光スポット、アメリカのボストン。美味しいロブスターを目当てにやのってくる方も多いのではないでしょうか。そんなボストンで年末年始を過ごされるという方も多いはずです。ボストンでは、クリスマス前からクリスマス当日までは、町中がお祝いムード一色になります。キリスト教徒が多いアメリカでは、多くの人々がクリスマスを最大の楽しみにしており、盛り上がりを見せます。しかし当日は家族とともにお家でゆっくりとお祝いする風習なので、日本のように派手に騒いだりはないのが現実です。クリスマスが明けてから新年までは、ニューイヤームードが強まり、クリスマスオーナメントを売っていたお店は新年をお祝いするグッズに変わります。日本と違って、クリスマスは1月まで続くので、街のあちこちでイルミネーションや、ツリーを見かけることもたくさんり、クリスマスと新年が混ざったような感覚です。年末年始はクリスマスと違ってお祭り騒ぎをするのが恒例なので、大晦日の町はたくさんの地元の人たちや観光客が溢れかえります。浮足立つような華やかな雰囲気で、町の人たちも新年を楽しみにしているのが伝わってきます。
Axete4r8k26kg8rzetjr
引用: https://www.instagram.com/p/xThOLlRnnU/
Yeshsqqzymgd6xdopd9k
引用: https://www.instagram.com/p/Bp0lNG7gGV8/
ボストンの人々の憩いの場である「ボストンコモン」。実は、アメリカ最古の公園としても有名です。夏になると噴水から水が吹き上がって、人々をいやしてくれるのですが、冬のボストンは雪が降りますので、一面の雪景色となります。新年まで巨大なクリスマスツリーが飾られており、フォトスポットになっています。公園周辺はとても賑やかで、常に人がたくさんいます。露店なども出ており、様々なニューイヤーグッズが売られています。面白い帽子や眼鏡、光るグッズなどさまざま。ぜひそちらを購入して、アメリカ人と一緒にニューイヤーを楽しむのがおすすめです。
Mza4ol3rjyqb1xaghnrb
引用: https://www.instagram.com/p/BAB1jPkr1cb/
Udthf3c1qjtiysd2ztqs
引用: https://www.instagram.com/p/BAB16aWL1c_/
ボストンの町には、雪像や氷像が設置されており、ライトアップされています。ボストンの中心駅となる「ガバメントセンター駅」や、「ボストンコモン」にも雪像が設置されていて、人だかりが常にできています。フォトスポットでもあるので、写真を楽しむ人や観光客もとてもたくさんいます。氷像には腰掛けたりもできるので、ぜひ写真などをとって楽しんでみてください。
Gnqowxurq2u6s6d0srva
引用: https://www.instagram.com/p/BOtfdyjh88r/
C6jq2alkdq652j9zdvki
引用: https://www.instagram.com/p/Bgo8drdHeRP/
雪の寒さにも関わらず、ボストンの町中やボストンコモンでは夜に大きなパレードが開催されます。道路を封鎖して、パレードが通っていく様は、日本では見られない光景なので旅行のハイライトにもぴったりです。多くの旅行客、観光客、地元の人たちが集まって、みんなで鳴り物を鳴らしたり一緒に歌ったり歓声を上げて楽しみます。ボストンコモン内でのパレードでは、子どもたちがかわいらしい仮装をして車に乗って姿なども見られて、観光客にも大人気です。
M6qo4xbfqpv24uekp8ia
引用: https://www.instagram.com/p/BgehGe3ARhf/
Vwkdqadzbuhn6c21phba
引用: https://www.instagram.com/p/BrdTs_kAGMN/
ボストンコモンでは大晦日にはたくさんのイベントをしていますが、なかでも旅行客にも大人気なのがアイススケートのショーです。ゆっくり見たい方は、時間よりも前に行かないと、とても混雑します。屋外でスケート場ができるほどの寒さなのですが、地元の人と観光客でショーはとても盛り上がります。アイススケートを見たことがないという方は、こちらのショーはとてもおすすめです。
Fouvnozitwij8nndyqex
引用: https://www.instagram.com/p/BrdxMZGH0h3/
Jq94rx6ccwwmjhe8ef35
引用: https://www.instagram.com/p/BOtAgs2j9CS/
ボストンコモンでは、夜19時と新年を迎える零時に花火が上がります。多くの旅行客や観光客が押し寄せて、すごい人だかりになり、一番盛り上がりを見せます。零時の花火が近くなると、特に人々の数が増え、みんな被り物や眼鏡、光るグッズを持って、「ハッピーニューイヤー」と声を掛け合う姿が見られます。19時から上がる花火は「Family Firework」と呼ばれ、家族みんなで楽しんでもらうための花火です。
Kppilkcqkr1pl0e3mqqj
引用: https://www.instagram.com/p/BBX23FAkUAR/
X48v1zhznid7mhtd0gnu
引用: https://www.instagram.com/p/Bq3a7x8gMqx/
ボストンではファーストナイトという一大イベントがあります。その始まりは1976年と古く、15ドルで「ファーストナイトボタン」を買うと、様々な公共施設が無料で入れるというものです。約40もの施設が無料で入れ、コンサートや劇場、博物館、映画館などが含まれています。ボストンの町のメインビッグイベントで、多くの人々が「ファースト・ナイト」を楽しみにしています。こちらの「ファースト・ナイト・バッジ」をお目当てに来ている方も多いと思いますので、普段あまり行かない施設に行くのも楽しいですし、せっかくの年末なのでイベントを楽しむのもグッドです。おすすめなのはボストン美術館で、アメリカでも最大級規模の美術館が無料で入れるのはとてもお得です。せっかくなので、いろいろな楽しみ方がありますので、ご自身のプランに合わせて「ファースト・ナイト・バッジ」を活用してみてください。
Znramigstarx1ihuvmcw
引用: https://www.instagram.com/p/BdYfoYMDWn-/
Lxkwg3kydflscjwgafjc
引用: https://www.instagram.com/p/Bc8AUQRDAxq/
アメリカのいくつかの州や町では、大晦日の夜は公共交通機関が無料になるところがあります。ボストンもその一つで、夜の20時を過ぎると、公共交通機関であるメトロが無料になります。駅によっては19時過ぎから改札を開放してしまうところもあり、アメリカ人がとても年末年始を楽しんでいる様子がうかがえます。改札が開きっぱなしで電車が乗り放題というお得な時間なので、旅行客も地元の人たちもみんな出かけはじめます。人口密度が高くないので、改札がとても混雑して稼働しなくなるというようなことはなく、スムーズに乗り降りができるのも魅力です。気が早い駅員さんは「ハッピーニューイヤー」と声をかけてくれたりしますので、うきうきした感じは旅行をさらに楽しく盛り上げてくれること間違いありません。
Vvsl0r1erkbmgg0qs287
引用: https://www.instagram.com/p/BbfGHwZDFN8/
Tq9mlckzfp3x6czounto
引用: https://www.instagram.com/p/BraJiJKnqKz/
ボストンといえば、新鮮なシーフードやロブスターが旅行客にも大人気の観光スポットです。ボストンは海が近いので新鮮なシーフードが魅力です。そして、クラムチャウダーも町の名物です。ボストンは大ぶりのハマグリを使って作られ、しかもビックリするほどの大盛りなので、それとパンだけで満足してしまうこともしばしばです。ですが、せっかくボストンに来たなら、ロブスターはぜひ食べたい一品です。老舗レストランでは、とても美味しいロブスターを食べることができます。老舗でも格式張っていないところが多いのが、ボストンの魅力です。また、クインシーマーケットなどで、ちょっとリーズナブルに食べるのもグッドです。どうしてももっと安く食べたいという方は、ボストンの北の港町「ロックポート」まで行くとお値段も安く食べることができます。手軽に食べたい方は、ホットドッグのパンにロブスターをたっぷりと詰め込んだ「ロブスターロール」が美味しいです。ボストンのローカルフードなのでいろいろなところで食べることができ、とてもおすすめです。
D7l7ftixqsroir2tahdj
引用: https://www.instagram.com/p/BreDAQjhAW1/
Pksp4toffx6rlfndsrla
引用: https://www.instagram.com/p/Brc7wpmgygB/
ボストンの年末年始は、ボストンコモンを中心に、パレードや雪像がライトアップされたりと、とても楽しく過ごすことができます。また、20時以降は地下鉄が無料になり、カウントダウンのイベントにもとても参加しやすいです。ぜひ楽しくボストンで年末年始を過ごしてみてください。
Ohkgyrjfuo22mym0z01a
引用: https://www.instagram.com/p/BrRA3R7nQiX/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/vLln_bI1gaU